2008年07月31日

ようやく再開

北丹沢12時間山岳耐久レース前に左脚の内転筋を痛め、レース後もしばらく不調だった左脚も、ようやく普通に走ることが出来るようになりました。

無理して長引かせたくなかったので、完治するまではと思っていましたが、そろそろ再開しないと脚力が落ちていく心配もありました。最近は週1回だけ通っている整骨院の先生に走っても大丈夫かと聞いたら、あまり無理のない程度であればと言うことでしたので、昨日早速、スポーツクラブのトレッドミルで走ってみました。トレッドミルだと脚への負担は少ないですからね。30分で5km弱ぐらいのスピードで様子を見ながらです。痛みはありませんが、まだ少し違和感が残っています。

この日が来るまで1ヶ月以上かかりましたからねぇ。でも、唯一の例外がレース当日。この日だけは走れたのが奇跡的でした。

まあ、あまり焦らずにいきたいところです。
posted by ysdhrs at 01:19| Comment(2) | ランニング | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

Cyndi Lauper

これも1980年代に発売された紙ジャケ仕様&デジタル・リマスタリング音源CDです。

今は手放しましたが、1stだけはほぼリアルタイムでLPレコードを買って持っていました。当時の邦題は『ハイスクールはダンステリア』。どこからこんな邦題がついたのかセンスを疑います。

今も見た目はほとんど変わっていないようなイメージがありますが、55歳とのこと。でも間近で見れば良くわかるかも(笑)。特徴あるハイトーン・ボイスは、最近のアルバムでも変わっていません。

1st 『She's So Unusual』
2nd 『True Colors』
3rd 『A Night To Remember』

Cyndi Lauper.jpg
posted by ysdhrs at 22:25| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』『アメリカン・パイ』

久しぶりに土日とも休みでした。来週からまた休日出勤が続くので、今週末は自宅でゆっくりしていました。ってことで、気楽に観られたDVDの感想です。

『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』
前作から10年ぶり。前作は劇場で観ましたが、今作はDVDです。『Mr.ビーン』はNHKで放映していたテレビ番組で知り好きになりました。
前作はテレビ番組でやっていたネタをところどころに入れながらでしたので、テレビ版を無理矢理劇場版の長さにしたような印象がありました。だから、今作もあまり期待はできないだろうと思っていましたが、意外にもなかなか良かったと思います。みんなハッピーエンドでしたし。
ビーンはほとんどセリフがなく、ローワン・アトキンソンの表情と仕草で笑いを取っているといってもいいでしょう。その面白さは、10年経っても色褪せていませんでした。

『アメリカン・パイ』
『アメリカン・サマー・ストーリー アメリカン・パイ2』
『アメリカン・パイ3:ウェディング大作戦』
下ネタ嫌いの人は観ないほうがいいでしょう。思春期の男の子が通過する悩み(?)をおもしろおかしく表現しています。それほどいやらしくないエロさと下品な笑いがいっぱいです。
メインとなる登場人物の男5人(3作目では4人になっていましたが)については、ひとりひとりきちんとキャラクター設定がされて、わかりやすかったです。3作品(高校卒業前~大学卒業前)を通して、少しずつ大人になっているようでした。
くだらないさが面白いバカ映画ですが、ストーリーはどれも結末はうまくまとめてありました。ただのバカ映画ではないですね。
posted by ysdhrs at 23:43| Comment(2) | 映画 | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

平塚明太子

北九州出張で買って帰ることが多い明太子。いつもは「かば田」を買って帰るのですが、今回は「平塚」を買ってみました。「北九州名物」だけあって、福岡空港では見かけないようだったので、小倉で買いました。辛さは10段階あるようで、一番辛い「激辛」の次の「辛口」にしました。

で、それを今日食べてみました。私にとってはちょっと辛めですが、それが旨いです。
しばらくは、明太子を買うなら、この「平塚明太子」に決まりです。

平塚明太子_1.jpg
平塚明太子_2.jpg
posted by ysdhrs at 21:48| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

伊達の牛たん

今日は午後から日帰り仙台出張でした。仙台では打ち合わせは1時間で終了。思ったより早く終わり、あとは直帰するだけで早々と休日モードに(スミマセン)。

今回も牛タンを食べて帰ることにしました。「伊達の牛たん」で極厚芯たん焼きを注文。「数量限定」ってのに惹かれて(笑)期待どおり美味しかったです。麦ご飯とテールスープが付いた定食で1,980円とちょっと高めですが、払う価値ありだと思いました。
前回行った「味太助」の牛タンと、ここの極厚芯たん焼きはオススメです。

伊達の牛たん 極厚芯たん焼き.jpg
posted by ysdhrs at 22:39| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

筑紫うどん&想夫恋

昨日今日も北九州出張。まだまだ出張が続きます・・・。
ってことで、食べ物ネタ。出張の楽しみはこんなものですが。

博多駅近辺の「筑紫うどん」で食べた丸天うどん。380円と安い!
もう少しコシがほしいところですが、前回行った中洲の「川端うどん」よりは良かったかな。

筑紫うどん 丸天うどん.jpg

次は小倉で食べた焼きそば。
大分、福岡、佐賀に店舗がある焼きそば専門店「想夫恋」のチェーン店に行ってきました。今まで焼きうどんばかりに目がいっていましたが、ここの焼きそばは美味しかったです。また食べに行きたいですね。

想夫恋 焼きそば.jpg
posted by ysdhrs at 23:38| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

百果園のカットフルーツ

有楽町イトシアが出来て以来、この辺りの景色が変わりましたが、フルーツ店の百果園はそのままです。ここでは100円または200円で手軽にカットフルーツが食べられます。

時々立ち寄ることがありますが、今日も立ち寄りました。赤果肉のメロンをいただきました。

百果園.jpg
posted by ysdhrs at 20:21| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

樋口泰行 『変人力』

著者はマイクロソフトの代表取締役兼COOで、ダイエーの前代表取締役社長。ダイエーの再生を通して、改革型のリーダーシップについて書かれています。

求められる能力は「現場力」と「戦略力」と「変人力」。「現場力」と「戦略力」はよく聞かれるが、「変人力」ってのは聞いたことがありませんでした。著者によると「変人力」は「改革を猛烈な勢いでドライブする力」と述べています(著者が作った言葉かな?)。さらにその「変人力」の2つの資質は「ぶれない軸を持つ」ことと「異様なほどの実行力を持つ」こと。できそうだけど、特に「異様なほどの実行力を持つ」は、うまくいかないと力尽きてしまいますね(笑)

ダイエーの再生については、MBA取得者の著者であるが、意外と泥臭いことも実行されていたようでした。また、ダイエーの代表取締役社長の退任経緯から見ると、志半ばという感じがしました。
posted by ysdhrs at 21:21| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

Culture Club

最近発売された復刻LP帯の紙ジャケ仕様&デジタル・リマスタリング音源CDです。Duran Duran同様、これも1980年代前半に発売された初期作3タイトル。

当時はBoy Georgeのルックスが理解しにくい年頃でした(笑)歌声も何となく妖しい感じだし。
半分ぐらいの曲しか記憶にありませんが、懐かしいの一言です。

1st 『Kissing To Be Clever』
2nd 『Colour By Numbers』
3rd 『Waking Up With The House On Fire』

Culture Club.jpg
posted by ysdhrs at 01:59| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

コロー 光と追憶の変奏曲

今日は昨日の夜から徹夜作業をしたので、お昼前に帰宅。
2~3時間ぐらい仮眠して、上野の国立西洋美術館へ展覧会『コロー 光と追憶の変奏曲』を見に行ってきました。寝過ぎて夜困らないための外出です。

カミーユ・コローという画家は初めて名前を知りました。世間の認知度はまだまだ低めでしょうか。展覧会は日曜日にもかかわらず、あまり混雑していませんでした。それとも、たまたまかな。まあ、何の予備知識もなく見るのも新鮮味があって良いかも・・・と思いながら見ることにしました。

作品は風景画が多く、号数もあまり大きくない作品がほとんどでしたが、「樹木のカーテン、舞台の幕」というテーマで展示されていた森の中の風景画の作品群は印象的でした。また、コローに影響を受けた画家ルノワールやモネの作品も並べて展示してありました。人物画では、「コローのモナリザ」と言われる『真珠の女』はちょっとしたオーラを感じました。

コロー 光と追憶の変奏曲『真珠の女』.jpg

コロー 光と追憶の変奏曲『青い服の婦人』.jpg
posted by ysdhrs at 22:25| Comment(0) | アート | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

5,000万円の夜景

昨日、5月に新築マンションを購入した会社の知人宅を訪問しました。

都営大江戸線の勝どき駅から5分程度でしょうか。58階建ての49階です。ここまで高階層だと窓からの眺め良いと言うか、良すぎ!それに通勤も30分ぐらいとのことで、何もかもうらやましい限りです。
でも5,000万円だって・・・買えるわけな~い。

勝どき某所より.jpg
posted by ysdhrs at 11:58| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

広来飯店

今日は日帰り新潟出張でした。

現在、内転筋痛が吹っ飛ぶぐらいの太腿(大腿四頭筋)と脹ら脛の筋肉痛です。ぎこちない歩き方としていますので、できることならあまり歩きたくありませんが、仕事ですからそうも言っていられません。

出張と言えば、いつもの食べ物ネタです(ワンパターンですね)。
今日のランチは中国料理 広来飯店のエビそばです。塩ベースのあっさりしたスープで美味しかったです。

広来飯店 エビそば.jpg
posted by ysdhrs at 23:58| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

第10回 北丹沢12時間山岳耐久レース

昨日6日、2回めのトレイルランレースに出場しました。
2週間程前から痛めていた内転筋は、かなり快方に向かってきていましたが万全ではありませんので、やや不安を抱えた状態でレース当日を迎えました。また、ここ2週間は脚を安静にしていたため、ブランク状態だったことも体力的な不安要素でした。レースは距離44.37km、標高差は1,143m。今回はまったく試走なしの挑戦となりました。また、44.37kmは私にとっての最長距離です。

AM7:00スタート。この時点ですでに気温は高めです(後で知りましたが28℃だったようです)。最初は舗装路。脚の状態を気にしながら走ります。トレイルに入るとシングルトラックでしたが、思ったほど渋滞はなし。標高650mまで登りますが、すでにキツく感じてきました。登り切ると途中からまた舗装路を走ります。脚に不安がある私にとっては舗装路は嫌な感じです。下りきったところで、本格的な登りが開始です。標高1,300m、標高差900m、距離にして約6km登ります。山の中は多少涼しいかと思いましたが、期待するだけ無駄でした。登っても登っても頂上が見えません。自分のいる位置よりずっと先まで登っている人が見えると気が滅入りそうになります。頂上(分岐点)に着くと下りです。下りは下りで結構急で、最後の方はガレ場になっており、楽な下りではありません。下り切ったところで、第1関門通過です。制限時間は11:30でしたが、通過時間は10:20頃だったと思います(記憶が曖昧です)。給水場でバナナとキュウリを食べ、水をたっぷり飲んで先に進みます。
この時点で「リタイアすれば楽になる」という悪魔の囁きが頭をよぎりましたが、何とか耐えました(笑)

次は犬越路トンネル分岐まで登ります。標高1,160m、標高差580m。距離が約3kmと短いのがせめてもの救いでした。が、下りは炎天下の中、林道を走ります。天気も良く景色は良かったですが、あまり気分を変えられる余裕はありません。走っても走っても、延々と続くのではと感じられた長い林道です。「関門はまだですか~」と思い続けて約8km。第2関門目前に給水所がありました。ここでも水をたっぷり飲んで、両太腿とキャップに水をかけてもらい、100m程先の第2関門へ。制限時間13:00のところを、12:30に通過。ここを通過すれば、後はゴールまでの制限時間19:00まで6時間以上もあり一先ず安心です。
ウェーブスタートだったため、30分早くスタートした男子39歳以下は12:30が第2関門の制限時間。ここで涙を飲んだ選手を目の当たりにすることになりました。

いよいよ最後のピークである姫次に向かいます。標高1,433m、標高差823mで、距離にして約5.5km。ひたすら登るのみですが、気分的に余裕が出てきました。登りの中間あたりの風巻ノ頭で10分程休憩。ずっと眠気を感じていたので仮眠しました。後で聞いてわかったのですが、軽く脱水症状を起こしていたようでした。
風巻ノ頭から再び登り始めます。約1時間で、ついに最後のピークの姫次に到着。ゴールまであと9km。下るのみです。下り始めは歩いていましたが、何とか9時間以内にゴールと目標を決め、ここまでくれば内転筋痛もどうにかなるだろうと思い、半ばやけくそ気味に走りました。平丸分岐までの約4kmは走りやすかったですが、分岐後からは下りも急になり、もう勘弁して~って思うぐらい続きます。早くゴールして休みたい一心で走り続けます。姫次以降は人の間隔も疎らになっていましたが、20人以上は追い越したと思います。ゴールまで約1.2kmぐらいのほぼフラットな舗装路で失速。どうも舗装路はダメなようです。最後はヘロヘロになりながらゴール。
記録は8時間49分15秒でした。決して早いタイムではありませんが、とにかく完走できて良かったです。

来年は万全な状態で・・・と考えるところですが、思った以上に過酷でしたので、今は何とも言えません。コースもキツイですが、猛烈な暑さがさらに拍車をかけたようです。ウェアを絞ると汗が滴り落ちてきたのは初めての経験でした。補給食やサプリメントはいろいろ持って行きましたが、疲労もあってか固形物は受け付けませんでした。体験してよくわかりました。

第10回 北丹沢12時間山岳耐久レース.jpg
posted by ysdhrs at 23:58| Comment(6) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

川端うどん&インド料理ラルキー

定番になりつつある出張先での食べ物ネタです。

1日の夜に、宿泊した博多から地下鉄に乗って食べに行ってきました。中洲川端駅から徒歩5分ぐらいだったかな。お店の人に聞くと、「ごぼううどん」を注文されることが多いとのことでしたので、「ごぼううどん」にしました。

うどんの麺がきしめんのように平たく半透明。柔らかめでコシはほとんどありません。出汁にはうすくちしょうゆを使っているようで、やっぱりうどんの出汁はこうでなきゃと思いました。でも、味は思った以上に薄く、インパクトが足りなく感じました。

川端うどん ごぼううどん.jpg

2日のランチで5年前に初めて松山に来たとき以来、久しぶりにカレーを食べに行きました。インド人のシェフで本格的です。

食べたのは「チキン・ド・ピアザ」で、5段階からの辛さを選ぶことができ、私は3番め(辛口)を選びました。なお、3番めはインドでは普通の辛さとのこと。ちなみに5段階の1番目が「普通」で、5番目が「激辛」でした。
汗をかく程ではありませんでしたが、辛かったです。ライスとナンの選択で、ナンを選んだのが失敗。ライスであれば、もう少し辛さを中和できたもしれません。でも旨いです。

ラルキー チキン・ド・ピアザ.jpg
posted by ysdhrs at 23:37| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

新幹線0系

鉄道好きではありませんが、また新幹線です。
それに、また出張でした。今回は、昨日は北九州(小倉)で今日は松山の1泊2日でした。

現在、山陽新幹線でのみ1日10本定期運転している新幹線0系ですが、今年11月30日で定期運転が終了します。その新幹線0系が開業当時の白青ボディーで運転しているところを、昨日、偶然にも小倉から博多への移動で乗ることになりました。

もうこんなチャンスがないかもしれませんので、撮っておきました。

0系新幹線.jpg
posted by ysdhrs at 23:40| Comment(2) | 鉄道 | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

痛みの原因

そのうち直るだろうと高をくくっていましたが、1週間経っても左脚の痛みが引かなかったため、昨日の夕方、会社の近く(と言っても15分ぐらい歩きますが)の整骨院に行ってきました。

歩行や階段の上り下りは大丈夫。でも、ジョギング程度の走りだけでも痛かったのは、今回が初めて。診断の結果、内転筋が痛みの原因とのこと。整骨院の先生はさすがプロ、あっという間に特定です。と言うか、私が無知なのか・・・。

電気治療とマッサージを受け、テーピングをしてもらってきました。今週通える日は通うことにしました。

内転筋痛.jpg
posted by ysdhrs at 01:26| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする