2009年02月28日

『ダークナイト』『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』

今月は久しぶりにDVDで映画を観ました。

『ダークナイト』
『バットマン』がタイトルにつかないバットマン最新作(でも実際は「ダークナイト=バットマン」かも)。劇場で観ようと思っていたが、気付いたら上映が終わっていました。

ジョーカー役のヒース・レジャーはアカデミー賞とゴールデン・グローブで助演男優賞を受賞しただけあって、主役を食うぐらいの存在感でした。過去のバットマン作品で悪役を演じたジャック・ニコルソンやトミー・リー・ジョーンズぐらい圧倒されるまではなかったと思う。俳優としてのキャリアの違いか、個人的な好みの違いか。

トゥー・フェイスの登場は、ちょっとしたきっかけで転げ落ちてしまう人間の脆さを感じた。ラストのバットマンの判断はイマイチ理解できず、ストーリーも全体的に暗いイメージでした。でもその暗さが良かったりもします(捻くれてる?)。一方で、バットポッドっていう新しいビークルマシンが登場し、爆走するところはなかなかの見所だと思います。


『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』
2年前に観た『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』の感想を振り返って見てみると、良いことは書いていませんでした。詳細はほとんどきれいさっぱり忘れてしまっています。今作を観る前に、復習として再度観た方が良いのかなのと思いましたが、めんどくさい(笑)のでパス。結果的には詳細を覚えていなくても問題ありませんでした。

今作のストーリーは、前作『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』よりは良くなっていたと思いますが、ちょっとダークかな。でも深みがあるように思いました。少しばかり大人を意識したのか、ファンタジー的な要素が少なくなっているように思います。

ところでナルニア国物語の映画化は、まだまだ続くのかな?
posted by ysdhrs at 23:05| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

雫井脩介 『犯人に告ぐ』

帯の「劇場型犯罪 VS. 劇場型捜査」ってコピーに、少しばかり期待して読みました。それに2004年の「週刊文春ミステリーベストテン」第1位、第7回大藪春彦賞受賞など、さらに期待を持たせます。

ストーリーは犯人と刑事の駆け引きで展開する派手なものかと思っていましたが、警察がテレビ番組に出演して呼びけ、犯人からの手紙を待つ。随分地味でインパクトが足りない気がしました。

主人公の刑事についてはしっかりと描写されていましたが、刑事側からの視点で描かれていたためか、犯人VS.警察の関係で言えば、犯人の存在感が薄くアンバランス思います。結末も結構あっけなかったような・・・。

犯人捜しのストーリー展開に慣れすぎているせいか、期待した程、緊迫感やテンポの良さを感じられなかった。好意的に言えば個人的には新しい展開のストーリーが味わえたってこと?
posted by ysdhrs at 00:29| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

みなとや

アメ横にある海鮮系丼の店「みなとや」。今日は客先で夕方から打ち合わせで、そのまま直帰コース。途中下車して18時少し過ぎに行ってみました。目的は海鮮系丼ではなく、同じ店内のたこ焼きです。

土日の日中はいつも人だかりですが、平日だとさすがに少なめ。料金は4個200円と8個350円。「大だこ焼」なので、大きさは一回り大きい感じ。一回り大きいし、出来立てなので一口で食べようと熱くてやけどしそうになりました。一口で食べるのは危険です(笑)

大阪出身なのでたこ焼だけは自分なりの好みがありますが、この店のは柔らかさも良い具合で、美味しいです。癖になりそう。

みなとや 大だこ焼.jpg
posted by ysdhrs at 22:24| Comment(2) | | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

浅草寺

浅草寺がライトアップしているのを遅ればせながら最近知ったので、今日の夕方頃から行ってきました。

以前一度来たことがありますが、昼間に比べると人はあまり多くありません。仲見世もそう。歩きやすいです。浅草寺の建造物は木造でなく、鉄筋コンクリートです。歴史ある寺院として見ると、個人的に鉄筋コンクリートってのは「ちょっと違うよな~」って思います。

浅草寺境内だけでなく、周辺も少し歩いてみました。飲み屋が軒を連ねています。今度何人かで来てみたいって思えるような雰囲気で、楽しそうに見えました。

浅草寺 雷門.jpg

浅草寺 宝蔵門.jpg

浅草寺 本堂.jpg

浅草寺 五重塔.jpg
posted by ysdhrs at 22:23| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

Zest Premium Burger

昨日ラクーアで小腹を満たしたハンバーガー店。

ファーストフードかと思っていたら、注文が入ってから作り始めていました。その分、出来立てが食べられます。

注文したのはデラックススパイシーサルサバーガー。「デラックス」と言う割にはボリュームは抑えられていますので、イマイチ物足りない。ガッツリ食べるでなく、小腹を満たすのであればこんなものか。でも肉の味がしっかりしていて、まずまずかな。

Zest Premium Burger.jpg
posted by ysdhrs at 23:29| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

サンダードルフィン@ラクーア

いい歳したオッサンですが、絶叫マシンが好きです(実際は絶叫しませんが 笑)。

今日は夕方から会社で導入予定の製品のデモを見に水道橋まで外出。終了は18時過ぎていたので、帰社せず(初めからそのつもりはないけど)そのまま東京ドームシティへ。

同行者も同じく絶叫マシン好きなので、ラクーアの絶叫マシンである「サンダードルフィン」まで直行。待ち時間なしで乗り込みましたので、案外、心の準備が出来ておらずドキドキしてしまいました。寒いけど楽しい。5年程前に乗ったことがありましたが、それ以来です。1回1,000円ってのは、チョット高いかなと思いますが。

小腹を満たした後、もう1回乗ります。相変わらず待ち時間なしですが、あえて1番前で乗れるように待ち時間調整。1番前だと楽しさ倍増でした。

ラクーア サンダードルフィン.jpg
posted by ysdhrs at 23:29| Comment(2) | 観光 | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

montrail MOUNTAIN MASOCHIST

また買ってしまった。半ば買うとわかっていて店に見に行ってきました。

WILDWOODほど幅広ではないけど、それでも自分の足にフィット。手に持っただけではわかにくい軽さも、履いてみて実感。軽いです。ソールはSTREAKと同じなので気になるけど、アーチ部分にプレートが入っているようなので剛性がありそう。実際に走ってみて確認するしかない。30km以下の距離ならこのシューズでも大丈夫かな。

同じくmontrailのHARDROCK 09も軽量化されて興味ありです。

montrail MOUNTAIN MASOCHIST.jpg
posted by ysdhrs at 23:30| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

味芳斎

今日は東陽町の客先で打ち合わせ。お昼前に打ち合わせが終わったので、東陽町近辺でランチしようと思って店を探しましたが、意外とこれといったところが見つからず。東陽町では諦めて、会社へ戻る途中の大江戸線大門駅から少し離れたところにある、中国薬膳料理『味芳斎』へ行きました。以前から行ってみようと思っていた店です。

ここ店で辛くて有名らしい「牛肉飯」を注文。周りを見ると大半の人が注文しているようでした。見た目はカレーライスのようです。実際食べてみると、確かに辛いですが強烈な辛さではない。とは言いながら水を口に運ぶ回数が多かったのですが・・・。

味芳斎 牛肉飯.jpg
posted by ysdhrs at 23:56| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

北高尾山稜・南高尾山稜

今日はトレイルランツアーに参加。いつもは平日に参加なので、日曜日に参加するのは初めて。休日なので参加者が多いかと思いましたが、上級コースのためか意外と少ない。コースは高尾山を真ん中に北高尾山稜と南高尾山稜をグルッと1周。距離は約26kmです。

京王線高尾山口駅を8:30に集合し、準備運動をしてからスタート。1km程舗装路を走ってからトレイルへ。北高尾山稜を走ります。ほとんどハイカーと出会うことがありません。アップダウンが多く、特に登りは急坂です。長いダラダラして登りではなく、一気に登り切れてしまいます。意外とトレーニングになりそうです。今日は登りの時に心拍数を都度チェックしていて、たまに160以上になることがありましたが、ほぼ150前後でした。

堂所山(標高731m)で軽く補給休憩。この辺りから多くのハイカーに出会うようになりました。影信山(標高727.1m)まで進み、ここでお昼休憩。今日はとても2月とは思えない暑いぐらいの気温なので、休憩中もあまり寒くありません。

お昼休憩を済んだら再開です。小仏峠を通って城山(標高670.3m)へ。城山までもハイカーが多いため、あまり早くないペースです。城山から大垂水峠へのルートに入ると、高尾山へのルートと外れるのでハイカーが疎らになります。ここからは私達のペースで進みます。大垂水峠を過ぎると南高尾山稜に入ります。

大洞山(標高536m)までは、また登ることになりましたが、ここから先は下りが多く、走れるところが多くなります。この後、三沢峠、草戸峠を通ってスタート地点の京王線高尾山口駅に戻りますが、休憩らしい休憩はほとんど取らずに一気に走り、京王線高尾山口駅には15時前に到着しました。

約26kmって距離はそれ程長いとは思いませんでしたが、北高尾山稜のアップダウンが最後に利いてきたためか疲れました。それに2月とは思えない暑さも影響していたかな。ウエアは薄手にしましたが、それでも暑かったです。

堂所山山頂より.jpg

影信山山頂より.jpg
posted by ysdhrs at 23:03| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

カラカッタ

またカレーです。今日はお昼前から中目黒だったので、カレー店『カラカッタ』でランチ。カレーだけに「辛かった」と掛けているのかどうかわかりません。

写真ではわかりにくいですが、ほうれん草の緑色した「鶏肉とほうれん草のカリー」です。骨付きの大きな鶏肉が入っていました。鶏肉はとても柔らかく、ポロッと骨から肉が取れて食べやすかったです。

メニューの表記では辛めのカレーになっていましたが、私には「カラクナカッタ」です(笑)

カラカッタ 鶏肉とほうれん草のカリー.jpg
posted by ysdhrs at 23:40| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

『007/慰めの報酬』

昨日、横浜ワールドポーターズにあるワーナー・マイカル・シネマズみなとみらいで観ました。ちょっと遠征です。

オープニングはカーアクションから。ストーリーが進むにつれ、登場人物も増えてきて、だんだん???になってくる。ストーリーになかなか付いていけない・・・。途中から何となくわかるようになったが、エンディング間近のシーンでも再びよくわからないところが。

ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドは、前作と同じく野性味が溢れています。さらに今作は、やたら殺しまくっています。アクションシーンたっぷりで、気楽に観られて楽しめましたが、ストーリーに付いていけない部分はスッキリせずでした。

帰ってからいろんなインターネットサイトで確認してみると、どうやら前作『007/カジノ・ロワイヤル』の1時間後から始まっているようでした。前作を観てからかなり日が経ってしまっているので、細かいとこをまで覚えていません。事前に『007/カジノ・ロワイヤル』をもう1回観ておくべきでした。そうすれば、ストーリーにも付いていくことができて、スッキリできたと思います。今作も、もっと違った見方ができたかも知れません。後悔先に立たずです。
posted by ysdhrs at 00:08| Comment(2) | 映画 | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

鎌倉ハム キッチン・カーチス

以前、横浜赤レンガ倉庫に行った時から気になっていた店。今日行く機会があったので、ついに念願叶って入店。

ハムとソーセージの盛り合わせのSプレート。思っていた以上に量が多く、これで980円は安いと思います。その上、美味しいから言うことありません。昼間からビールを飲みながらで、贅沢な気分です。小腹が満たされました。

鎌倉ハム キッチン・カーチス Sプレート.jpg
posted by ysdhrs at 23:53| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

ジョージ秋山 『銭ゲバ』

貧しい生い立ちで、お金のためなら殺人さえも犯してしまう主人公。手段を選ばない行動で大金を手に入れ、金さえあれば何でも出来、思い通りになるという「お金がすべて」と言いながらも、お金で動く人間を嫌い、お金に対して復讐しているようだ。また、凶悪な顔がある一方で、真実(心の美しい人間)やささやかな幸せ(家族の温もり)など、決してお金で買えないものを求めている。ストーリーに引き込まれ一気に読んでしまいました。

1970年に『少年サンデー』で連載された漫画。少年誌で連載されていることが驚くぐらいの強烈なストーリーです。子供の頃から漫画雑誌を読む習慣がなかったのでわかりませんが、当時はこれぐらいは普通だったのかな?
posted by ysdhrs at 23:56| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

GREGORY Day Pack

先週、ネットで注文したGREGORYのDay Packが届いた。

荷物の入る容量を実際に確認していると、ファスナーの作りがおかしいことに気付いた。2つ付いているスライダーの向きが同じ。これじゃ2つ付いている意味がない。ホントに仕様?

購入先に問い合わせたら、製造時の不良との回答。返送したらGREGORYの代理店から代品が送られてきた。それから購入先のショップからお詫びのレターと粗品(タオルだけど)が届いた。検品を強化しますって。私には初めてのケースだったので、ショップの早い対応に思わず感心。

記念!?に不良箇所を撮っておきました(笑)

GREGORY Day Pack不良品.jpg

これが良品
GREGORY Day Pack良品.jpg
posted by ysdhrs at 23:20| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

たまには乗らないと

ここ最近ほとんど車に乗らなかったので、久しぶりにエンジンをかけようとしたら、バッテリーが上がってしまってかからず(ここまでは想定内)。

任意自動車保険のロードサービスを依頼して、エンジンがかかるようになりました。1時間ぐらい充電のためエンジンをかけっぱなしにした後、一度エンジンを切って、再度かけようとするとかからず(ここから想定外)。またロードサービスを依頼。同じ業者が駆けつけてくれましたが、なんだか気恥ずかしい(笑)。

おそらくバッテリーが弱っているとのこと。相当長い時間充電する必要があるみたいです。交換したのは前回車検時の約2年前。来月の車検で交換しようと思っていましたが、この状態だとディーラーに持ち込めないので交換を決断。

今と同じBOSCHのバッテリーはHow much ?ってことで調べると・・・定価3万円以上。高っ!!!車検で交換していた時はわからなかったけど、バッテリー単体でみるとこんなに高いとは・・・。
ネットで1万円台で販売しているショップがあったので、早速購入。届いたら自力で交換です。

エンジンルーム.jpg
posted by ysdhrs at 23:58| Comment(4) | | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

ジャンカレー

客先での打ち合わせの帰りに浜松町でランチ。
東京モノレールビルにある「ジャンカレー」って店です。

ランチタイムはカレー店ですが、それ以外は雀荘になるそうです。自動麻雀卓にテーブルクロスをかけてあります。もちろん1つのテーブルで4席。椅子は肘掛けがありゆったり座れます。

メニューは満貫カレー、役満カレー、倍満カレー、天和カレー等、麻雀のあがり手がネーミングされています(ちなみに私は麻雀はできません)。注文したのは大三元カレー。満貫カレー(ビーフカレー)と役満カレー(ビーフジャワカレー)と天和カレー(コールマンカレー)の3つのセット。天和カレーは超激辛になっていました。ほかの2つに比べて辛いですが、超激辛って程ではないような気がしました。意外と美味しかったです。

11時半頃に入店しましたが、12時前でほぼ満席でした。人気がある店なんでしょうか。

ジャンカレー 大三元カレー.jpg
posted by ysdhrs at 23:57| Comment(2) | | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

三浦アルプス

今日はトレイルランツアーに参加し、三浦アルプスへ行ってきました。「三浦アルプス」なんてものがあるのは今回初めて知ることになります。

9:00に逗子駅に集合し、第一運動公園からスタート。舗装路を走ってからトレイルへ。山中は案内が少なく今どこを走ってるかわかりづらい状態。でも、ついていけば良いだけなのがツアーの良いところです。しばらくすると見晴らしのある乳頭山(たぶん・・・笑)に。

乳頭山山頂より.jpg

そのあと南尾根を通って仙元山へ。ずっとアップダウンが続き、登りでも走れてしまうぐらいです。仙元山へは心拍数をぐっと上がった状態で到着。ちょっと無理したかな。ここでお昼休憩。
仙元山からは相模湾、江ノ島を望むことができました。でも天気はイマイチなのでぼんやりです。

仙元山山頂より.jpg

お昼休憩が終わって、仙元山を下り、再び舗装路を走ります。トレイルに戻り阿部倉山へ。標高161mはあっという間。ここから二子山へ行くはずが、阿部倉山山頂のごく狭いエリアでのプチ遭難はご愛嬌です(笑)
二子山は名前のとおりピークが2つ。下二子山は全然でしたが、上二子山は開けていました。標高はそれぞれ206mと208m。ここも低山です。最後の二子山からの下山もあっという間でした。

二子山(三浦アルプス)山頂より.jpg

本日の行程は約20kmとのこと。三浦アルプスは標高200mそこそこの山域なので、トレーニングには良いコースかもしれません。
posted by ysdhrs at 23:55| Comment(4) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

0.5cm

ランニングシューズ買い替えました。

ハーフマラソンを走ると左足親指に水ぶくれができたり、爪が黒くなったりします。今のサイズで指先には余裕があるようなのですが、なぜが左足の指だけなります。左右の足の大きさが違うかもしれません。右足は何ともないですから。

以前は左足も何ともなかったのに、走るようになってから足が大きくなったのでしょうか。それに、心なしか土踏まずも低くなってきているようで、整骨院で「扁平足気味」と言われたし(これはあまり関係ないか)。

ジョギング程度なら大丈夫そうですが、レースでは万全の状態で走りたいので、シューズは26.0cmから26.5cmにしました。2足とも2008年秋冬モデルなので安価で購入できました。今までと同じadidasのadizero CS4と、中級者レベル(レベルアップしないと)のさらに軽量のadizero LT4。ワイドラストしか足に合わないので、モデルは種類が少なく、カラーは選択の余地なし。偶然にも2足ともブルーです。

0.5cmの違いは履いた感じ問題なさそう。しばらく足馴らしです。

adizero LT4
adizero LT4.jpg

adizero CS4
adizero CS4.jpg
posted by ysdhrs at 23:56| Comment(2) | ランニング | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

企救山系縦走

1月31日(土)は出張先の小倉での休みとなりました。

以前から小倉より見える山を走ってみたいと思っていましたので、今回の出張ではトレイルランの装備持参し、企救山系と言われる山々を縦走しました。前日は1日中雨で、当日も夜遅くまで降っていましたが、朝には何とか雨も上がりました。でも、時より気にならない程度の雨がパラパラと降ってきます。まあ、何とか持つだろうってことで10時頃ホテルと出て、電車でスタート地点の門司港駅に移動。

門司港駅から企救自然歩道の起点である清滝公園を目指します。でも、どこから公園なのかわからなかったですが、あまり気にせず民家の脇を抜け車道をしばらく登って行くと、車道が終わり、企救自然歩道の案内板が見つかりました。ここからが企救自然歩道のようです。

企救自然歩道_1.jpg

15分程で風頭岩峰という眺めのよい場所に到着。天候がイマイチですが、ここからは関門海峡や関門橋、下関市などが見渡せました。また、これからの行き先となる矢筈山、その先の戸ノ上山や足立山も見えます。

企救山系_1.jpg

関門橋.jpg

風頭岩峰から5分程で、風師山(標高362m)山頂に到着。眺めは風頭岩峰がいいですね。
さらに進んで、奥田峠分岐。ここから矢筈山まで往復します。しばらく下って少し登り返しします。15分程で矢筈山(標高266m)山頂。山頂はキャンプ場になっていて眺めはなし。長居することなく奥田峠分岐まで戻ります。

ここからは企救自然歩道の標識に従って進みます。実はここから先の地図は持ち合わせていなくて、出たとこ勝負です。ところどころに企救自然歩道の標識があって迷うことはありません。この道でいいのかな?と思うと、絶妙のタイミングで標識が立っています。
途中からは道なき道のようなところを進んでいくと車道に出てきました。出てきたところにも、しっかりと標識がありましたが、ほとんど人が歩いておらず朽ち果てているように見えます。確かに「自然歩道」の看板に偽りなし(「自然」の意味は違うと思うけど)。

車道に沿って進んでいくと、程なく企救自然歩道の標識が現れました。ここから、また登山道になります。

企救自然歩道_2.jpg

ここからの道も、相変わらず人があまり歩いてなさそうな道です。しばらくすると城山霊園に出てきました。城山霊園内から車道としばらく舗装路を進みます。車道が長かったので不安でしたが、途中で案内があり、そして企救自然歩道の案内板が見つかりました。戸ノ上山への登山口です。

企救自然歩道_3.jpg

30分程で戸ノ上山(標高518.1m)山頂に到着。相変わらず天候はスッキリせず。山頂からの眺めもイマイチ。ここで少し補給休憩。寒いには寒いが堪らない程ではない。でも短時間で済ませて先へ進みます。

戸ノ上山山頂より.jpg

いよいよ、今回一番期待していた大台ヶ原の眺め。天候は良くないですが、それでも良い眺めだと思います。この辺りから遠くに小倉市街が見え始めます。

大台ヶ原.jpg

ここから足立山までアップダウンを繰り返します。登りは走って登るには急な坂が多かったと思います。下りは地面が雨で若干緩くなっているので、力の入れ具合が難しく勢いよく走り切れません。少々フラストレーションが貯まります。そうこうしているうちに、足立山(標高597.8m)山頂に到着。眼下には小倉市街が見えるようになりました。

足立山山頂より.jpg

後方を振り返ると縦走してきた山々が見えます。

企救山系_2.jpg

足立山から少し下ったところで分岐。妙見山~小文字山を通る企救自然歩道と、妙見神社へ下りるかのどちらか。

企救自然歩道_4.jpg

時間は16時近かったので、妙見神社へ下りるルートを選択。ひたすら下るのみだったので、多少足場が悪かったですが、飛ばせるだけ飛ばして下ります。16時20分頃に下山。約5時間30分の行程。距離は途中でGPS PODの電池切れで測定不能に。20~25kmぐらいはあると思います。

ちなみに、妙見山~小文字山のルートはは眺めが良い場所だったらしく、少し悔やまれます。もう少し下調べをしておけばよかった。今度また走るか・・・。
posted by ysdhrs at 23:42| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

小倉B級グルメ 第2弾

1月29日(木)~2月1日(日)の3泊4日の小倉出張。
休みの土日が含まれる最悪のパターンです。でも、ネタ作りに食べ歩いてきました(笑)

店名:中華料理 娘娘
メニュー:肉ヤキメシ
肉は甘い味付けの豚肉です。見た目は美味しくなさそうなのですが、食べてみるとまずますです。
夕方の中途半端な時間に行ったので、先客はなく後から1人入ってきました。慣れるとそうでもないのかもしれませんが、店の雰囲気は何となく少し入りづらさを感じました。

中華料理 娘娘 肉ヤキメシ.jpg

店名:玉子物語 エッグストーリー
メニュー:鮭マヨオムライス
事業所から比較的近くにあり、人通りの多い道に面しておらず、目立たない場所にありました。14時過ぎというランチタイムの終わるギリギリに行きました。そのせいか、私以外お客さんはいませんでした。
1番人気の鮭マヨオムライスを注文。ソースはデミグラス、ホワイトクリーム、カレーの3種類から選べますが、無難にデミグラスにしました。卵はふわふわマヨネーズもちょうど良いぐらいに利いていて、美味しかったです。また来たいお店です。

玉子物語 エッグストーリー 鮭マヨオムライス.jpg

店名:ふじしま
メニュー:天ぷら定食
店長らしき人以外、店員はみんなおばちゃんでした。創業50年以上らしい。注文してから出てくるのが早く、天ぷらのファーストフードのよう。海老天2つ含む天ぷら9品の定食です。味噌汁が意外と美味しかった。

ふじしま 天ぷら定食.jpg

店名:焼きやき屋 うろたんけ
メニュー:関門ダコ焼きうどん
小倉に行くと必ずどこかで焼きうどんを食べます。
この店にはランチタイムでなく夜に行ってきました。この日は夜間の仕事はなかったので生ビールも飲みました。

焼きやき屋 うろたんけ 関門ダコ焼きうどん.jpg

店名:錦龍
メニュー:特製チャンポン
器の直径は30cmぐらいあり、まるで洗面器のようでした(写真を撮る時に、割り箸を手前に載せてみました)。来るお客さんはほとんど特製チャンポンを注文していました。これで500円です。意外とあっさりしていてスープまで完食です。

錦龍 特製チャンポン.jpg
posted by ysdhrs at 23:06| Comment(0) | | 更新情報をチェックする