2009年07月31日

釧路市内観光

行程は湿原マラソンと湿原観光がメインなので、他に回ったところはどちらかというと時間調整というかおまけというか・・・。

初日は夕方遅くに釧路入りしました。翌日に湿原マラソンを控えているので、比較的近場で行けそうなところを探し、釧路に76日間滞在した石川啄木の関連資料や釧路港の関連資料が展示されている「港文館」に行きました。1階は喫茶店になっています。建物は旧釧路新聞社を復元したものだそうです。銅像は石川啄木です。

港文館.jpg

港文館の展示室.jpg

3日目の午前中は路線バスに乗って「米町公園」へ行きました。路線バスの乗客は私を入れて数名。採算はどうなんだろうと心配してしまいます。米町展望台からは釧路港が一望できました。高さはほとんどありません。

米町展望台.jpg

米町展望台から見た釧路港.jpg

米町公園から路線バスで釧路駅前まで戻り、今度は徒歩で「くしろ水産センター マリン・トポスくしろ」へ。月曜日ってのもあって、見学者は誰もいません。そもそも歩いてる人もほとんど見かけません。ここでは、釧路の水産業の実態や歴史が紹介されていました。

くしろ水産センター マリン・トポスくしろ.jpg

くしろ水産センター マリン・トポスくしろ 展示室.jpg

最上階の5階は展望室になっていました。

くしろ水産センター マリン・トポスくしろの展望室より.jpg
posted by ysdhrs at 01:24| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

釧路湿原(くしろ湿原一周号)

再び釧路湿原へ。また「号」ってついていますが、3日目の午後の今度は阿寒バスの定期観光バスです。2日目ののくしろ湿原ノロッコ号とは違って、展望台を回るツアーです。

それも、釧路市丹頂鶴自然公園、釧路市湿原展望台、コッタロ湿原展望台、細岡展望台をそれぞれ景勝時間20~25分で所要時間約4時間30分という何ともせっかちなツアーです(笑)事前に展望台へ行くって決めていましたが、どうやって行くか決めかねており、持って行ったパソコンで情報収集した結果、定期観光バスに決めました。申し込みも前日夜でした。

14時に釧路駅前を出発。午前中降らなかった雨が、しばらくすると降ってきました。釧路に来てからすっきりした天気の日はなし。ついてません。

最初の観光場所は湿原ではなく、釧路市丹頂鶴自然公園。野生ではありませんが、飼育されたタンチョウが見られます。ここでは、タンチョウは檻に囲まれたところに入れられていますが、上には檻がありません。タンチョウは縄張り意識が強く、仮に檻から出て飛んでいってもまた戻ってくるそうです。思わず感心。

釧路市丹頂鶴自然公園のタンチョウ_1.jpg

釧路市丹頂鶴自然公園のタンチョウ_2.jpg

20分間の観光時間を終え再び出発。次は釧路市湿原展望台です。この展望台は、前日の湿原マラソンを走っている時に見えていました。

釧路市湿原展望台.jpg

屋上の展望バルコニーからは霧でほとんど視界がありません。うっすらと見える程度です。この辺りは1周2.5kmぐらいの遊歩道がありますので、ぐるっと回ってみたいところですが、ここでも滞在時間は20分なので無理な話しです。

釧路市湿原展望台からの眺め.jpg

今度はコッタロ湿原展望台に向けて出発。コッタロ湿原展望台が近づくにつれ、ところどころで湿原が良い感じに見え、期待が高まります。駐車場から200段以上ある階段を登って、いよいよ展望台へ。ここでようやく見たかった景色が目の前に。雨はまだあがっていませんが、それでもよく見えました。

コッタロ湿原展望台から眺め_1.jpg

コッタロ湿原展望台から眺め_2.jpg

コッタロ湿原展望台から眺め_3.jpg

コッタロ湿原展望台から眺め_4.jpg

約25分滞在後、コース最後の展望台に向けて出発。コッタロ湿原展望台から舗装されていない道路を走って細岡展望台に到着。駐車場から緩やかな坂を200m程歩いたところに展望台がありました。コッタロ湿原展望台のような高さはありませんが、ここでも一面緑色の湿原が見渡せました。いつの間にか雨も上がっています。眼下には釧路川の蛇行も見えました。

細岡展望台からの眺め_1.jpg

細岡展望台からの眺め_2.jpg

細岡展望台からの眺め_3.jpg

ここで約25分滞在し、コースはこれで終了。出発地点の釧路駅前に戻ってきたました。今日は満足できました。

大都市に住み慣れていると公共交通機関で短時間で移動できる感覚でいますが、ここではかなり本数が限られています。定期観光バスの利用は正解でした。
posted by ysdhrs at 00:52| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

釧路湿原(くしろ湿原ノロッコ号)

釧路での2日目の午後、釧路湿原マラソンが終わってから、JR北海道のくしろ湿原ノロッコ号に乗って釧路湿原を見に行きました。

この時期のノロッコ号は1日2往復運転しています。見所ポイント(2ヶ所)で減速するのが特徴です。釧路駅14:52発のノロッコ号に乗りました。

くしろ湿原ノロッコ号.jpg

木製テーブル付きボックスシートの指定席である展望車です。

くしろ湿原ノロッコ号 展望車.jpg

出発してしばらくは街中の走りますが、だんだん湿原が見えてくるようになります。最初の見所ポイントである岩保木水門が見えてきたところで減速。釧路川の新水門(右)と旧水門(左)が見えます。

岩保木水門.jpg

沿線は背の高い木が生い茂っており、広い湿原を望める場所が多くありません。普通の山間を走っているように思えますが、ところどころで何とか見ることができました。

ノロッコ号からの車窓_1.jpg

ノロッコ号からの車窓_2.jpg

見所ポイントのもう1ヶ所である釧路川が蛇行しているところです。ここ何日かの降雨で増水しており、蛇行がちょっとわかりにくくなっています。さらに水も茶色くなってしまっています。

釧路川の蛇行_1.jpg

釧路川の蛇行_2.jpg

約1時間で終点の塘路駅に到着。駅舎はログハウス風です。

塘路駅.jpg

この駅で30分程待ち、再びノロッコ号に乗って釧路駅に戻りました。当たり前ですが、景色は行き帰りとも同じです。私と同じように帰りも乗っていて、景色には興味がなくなっている方もいました(笑)。

ノロッコ号からの車窓_3.jpg

車掌から全員に乗車証明書を渡していました(往復で乗ったので2枚いただきました)。

ノロッコ号乗車証明書.jpg

とても期待していたのですが、実際乗ってみて、「えっ?これで終わり?」って感じでした。どんよりとした空のせいか、楽しみ方を間違えたのか・・・。
posted by ysdhrs at 00:23| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

第37回 釧路湿原マラソン

7月26日に30kmの部に出ました。ついにロードの大会で遠征。それも北海道まで。

なぜこの大会かというと、30kmって距離がハーフマラソンより長くフルマラソンより短いから。探した時期ではこの大会しか見つけられなかった、ただそれだけ。今回の目標は、今後のフルマラソンを念頭にハーフマラソンとは違う走りをしないといけないってことで、5分/kmペースを維持し2時間30分でゴールすること。

前日に釧路入りしましたが生憎の天気。当日の朝も霧のような雨が降っていましたが、開会式が始まる頃には上がりました。開会式の後、9時30分スタート。30kmのエントリーは1,000名にも満たず、スタート直後の混雑もなし。雨は上がりましたが日差しがなく少し涼しいぐらい。ちょうど良いコンディションです。

最初の1kmを4分10秒で通過。速過ぎ。意識してペースを落とす。油断するとすぐペースが上がるのでイマイチ安定しません。コースは市街地、新釧路川堤防を走り、10km手前から釧路湿原道路に入ります。ここからだんだん湿原地帯になっていきます。約5km一直線です。湿原地帯は景色の代わり映えはほとんどありませんが、少し離れたところに牛が見えることもありました。10km地点を若干ペースが速く48分ぐらいで通過。これから自然に落ちるだろうと思ってペースは落とさず、このまま維持することにしました。1時間10分ぐらいで15kmの折り返し。

給水地点は5km毎にあり、給水地点と給水地点の間には水が染み込んだスポンジが置いてあります。20km地点のエイドは唯一の給食ポイント。バナナとスイカがあり、迷わずスイカをゲット。今年の初スイカ。ゆっくり食べる訳にはいかないので、大きく1口(笑)

再び釧路湿原道路から新釧路川堤防に入る頃は、自分にとってロード未経験の距離に入ります。ペースを抑えてきた分、まだ余裕があるはずが脚の進みが良くないのがわかります。意識して腕を振って修正するも、そう長くは続きません。無理してペースを上げて乱すことになるのも良くないと思ったので、あとはなすがままに。

コースは再び市街地。沿道では多くの方から声援をいただきました。今年37回目という歴史を感じました。しばらくすると残り5kmの表示。ここからゴールまでは意外と長くは感じませんでした。残り4kmの表示が2回あったのは??でしたが(見間違いじゃないはず)。

ゴールの釧路市民陸上競技場が見えてくるともう少し。競技場のトラックを4分の3周してゴール。タイムは2時間22分4秒。やはり後半ペースがやや落ちていましたが、目標よりは速いタイム。いつものハーフマラソンゴール後のように目一杯な感じにはなっていませんが、フルマラソンはあと約12km。どうかな・・・。

第37回 釧路湿原マラソン.jpg
posted by ysdhrs at 19:12| Comment(2) | ランニング | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

SHRIKE

また増えたバックパック(笑)

北丹沢12時間山岳耐久レースで使ったMARTIN WINGの背中のフィット感が良かったので、容量の多いSHRIKEもほしくなってしまった。MARTIN WINGと違って、既に持っているバックパックと容量がほぼ同じなので言い訳できませんが、まあ良いか。良いパフォーマンスを出しやすくするためには必要ってことで。秋の大会はこれで。

今まで使っていたGREGORYのバックパックはどうしよう・・・。

SHRIKE.jpg
posted by ysdhrs at 12:13| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

『金哲彦のランニング・メソッド』『あなたも3時間30分が切れる』

どちらも最近、内容は届いてからのお楽しみのネット通販で購入。

基本的にランニングについては自己流なので、こういった書籍で知識を得ることになります。教える人によってが違いがあるので、その中から自分にもできそうだったり、合いそうだりすることから実践です。

今回の2冊はページ数もそれほど多くなく、それに字数が少なかったり、文字が大きかったりで、さらっと読めてしまいました。この2冊で得られたこととして、「きれいに走るには、肩甲骨、丹田、骨盤を意識する」、「ソールの薄いシューズを履くこと」、「トレッドミルはフォーム矯正に最適(傾斜はつけない)」。表現の仕方は違いますが、2冊とも似たようなことを言及されているところもありました。

さっそく肩甲骨、丹田、骨盤を意識して走ることにしました。肩甲骨は以前から意識できていたので、あとの2つ丹田と骨盤。これがまたわかりくい。徐々にやっていくしかないです。それから、トレッドミルは皇居周回コースを走るようになってから、ほとんど使わなくなったので、再考しないと。取りあえずは雨が降った日に。

『金哲彦のランニング・メソッド』『あなたも3時間30分が切れる』.jpg
posted by ysdhrs at 22:53| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

皇居東御苑

いつもは周回コースを走っていますが、今日は今年1月以来の皇居東御苑の中に入ってきました。

前回は周回コースをランニングした後のクールダウンを兼ねて歩きましたが、今回はじっくり見学することにしました。15時過ぎぐらいに東京駅から歩いて、大手門から入場。見られるところはすべて見てしまおうと思って、ぶらぶら歩き回りました。

同心番所
同心番所.jpg

百人番所
百人番所.jpg

大番所
大番所.jpg

本丸
本丸.jpg

天守台
天守台.jpg

ここまでは前回も見たところ。今回は前回行かなかった二の丸の方も行ってみました。

白鳥濠
白鳥濠.jpg

白鳥濠と汐見坂
汐見坂.jpg

二の丸庭園は、この時期はただ緑一色。4月~6月頃が良さそうです。

二の丸庭園_1.jpg

二の丸庭園_2.jpg

他にも都道府県の木のエリアでは、全国からいろいろな木が集められ植えられています。宮崎県のフェニックスもありました。また、二の丸雑木林では、武蔵野の雑木林を土壌まで移してきたエリアで、あまり広くはありませんが、気持ちよく歩くことができました。

ヤマユリ.jpg

1時間以上かけて歩き回り、再び大手門まで戻ってきました。閉門時間が近づいてきたので、これ以上ゆっくりできませんでしたが、良い気分転換になりました。
posted by ysdhrs at 23:58| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

佐々木譲 『警官の血』

「このミステリーがすごい!」2008年度の第1位の作品。買ってから1年以上寝かせてました(笑)

家系三代にわたる警官の大河小説みたいなものです。初代は戦後、二代目は学生運動真っ直中の頃、三代目は現在(平成)。戦後や学生運動の頃の時代背景などしっかり描写されていると思いました。特に学生運動の潜入捜査は緊迫感がありました。二代目はそのせいでPTSDになってしまい、その描写もリアリティがありました。一方で三代目の物語は、なぜか少し物足りなく感じました。

初代の死の真実が三代目で解決したのである程度はスッキリしましたが、二代目の波乱の人生は救われず切なくなります。

ミステリーとはちょっと違うような気がしますが、ハードカバー上下巻の構成は読み応えたっぷりでした。でも、上巻を読み終わって下巻の読む前に、帯に書かれていたごく一部の下巻の内容を不用意に読んでしまった。その分、楽しみが半減。普段そんなところ読まないようにしているんだけど・・・。少し悔やまれます。
posted by ysdhrs at 23:23| Comment(2) | | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

TOKYOウオーク2009 第4回大会 東京湾岸エリア

ウオーキング大会は初です。競技性がなく気楽に参加できて、少しはトレーニングになるかなと思ったのがきっかけです。この大会を知ったのは先月なので、第4回からの参加となりました。

コースは3つあって、一番距離が長い約20kmのコースにエントリーしました。辰巳の森海浜公園~木場公園~仙台堀川公園~葛西臨海公園~夢の島公園~辰巳の森海浜公園で実際は19.2kmです。

スタート受付は9:00~10:00。9:30過ぎに辰巳の森海浜公園に受付を済ませ、9:45過ぎにスタートしました。市街地なのでひっきりなしに車が通る横の歩道を歩きます。もちろん信号待ちもあります。慌てて渡ろうとする人もいますが、焦る必要もないので、信号待ちも気楽です。中にはウオーキングだってのにジョギングしている人もいました。天気は時より日差しがありましたが曇り。それでも汗はたっぷりかきました。

再びゴールの辰巳の森海浜公園に戻ってきたのは13:10過ぎ。所要時間は約3時間25分。5時間ぐらいかかると想定していましたが、意外と早く着きました。はやり歩くのが早い大阪人だから?(笑)脹ら脛に軽く良い感じの疲労が出ています。目論見通りの結果です。

TOKYOウオーク2009 第4回大会 葛西臨海公園.jpg
posted by ysdhrs at 22:52| Comment(0) | ウオーキング | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

洋食専門 GABBEH

昨日夜遅くに北九州入りし、今日午前は黒崎、午後から小倉と回って帰京。

4回めの出張で、ようやく黒崎でのランチネタ。いくつかある商店街は人も疎らで、閉店している店も多く、お店探しも苦労します。そんな商店街の中に「洋食専門 GABBEH」(「ガベ」と読みます)がありました。

オムライスが美味しいらしいので注文。ランチセットにするとスープやサラダも付きます。サラダのドレッシングが良かったです。メインのオムライス。卵はフワフワ(もちろんそうじゃないと)。中のライスもデミグラスソースで味付けしているみたいです。

意外と量が多く、お腹いっぱいになりました。

洋食専門 GABBEH オムライス.jpg
posted by ysdhrs at 23:25| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

Ashlee Simpson 『Bittersweet World』

1stアルバムの頃はアイドルっぽいけど、ハスキーな声で歌うポップ・ロックが良かった。2ndアルバムはまあまあだった。

これが3rdアルバム。アイドルっぽさからの脱却しようとしたのか、ヒップホップ・R&B系のプロデューサーを起用して路線が変わってしまったようで。悪くはないけどまだしっくりしていない感じでイマイチ。

次作では、この路線を続けるか、元に戻すか興味深いところ。

01 Outta My Head (Ay Ya Ya)
02 Boys
03 Rule Breaker
04 No Time For Tears
05 Little Miss Obsessive
06 Ragdoll
07 Bittersweet World
08 What I've Become
09 Hot Stuff
10 Murder
11 Never Dream Alone
12 Invisible
13 Outta My Head [DJ Am Remix]
posted by ysdhrs at 23:47| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

アサヒ オフのモニター

いつ応募したっけ・・・。350ml缶が3本送られてきました。この手の応募をすることは滅多にありませんが、どうやら当選したようで。

試飲後に10問程度のアンケートに回答することになります。アンケート内容はまだ通知されていませんが、微妙な味の違いについての質問は勘弁してほしいです。わからないので(笑)

アサヒ オフ.jpg
posted by ysdhrs at 22:57| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

ゴーギャン展

7月3日から東京国立近代美術館で始まった『ゴーギャン展』に行ってきました。

今回の目玉はゴーギャン最高傑作と言われる『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』の展示。この作品を5分弱のVTRで解説するスペースがあり、その先を少し歩かせてから実物を展示という演出。さらに図解による解説もありました。ゴーギャンからいろんなメッセージが込められているこの作品。奥が深いと思いました。

いつものように、すべて見終わった後、逆流して印象に残った作品をもう1度じっくり見てから出口へ。展示点数は53点。ちょっと少ないかな。

ゴーギャン展.jpg
posted by ysdhrs at 23:41| Comment(0) | アート | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

『江戸城を歩く』

現在の皇居だけでなく、その周辺の断片的な遺構も紹介されており、それらを散策できるガイドブックになっています。東京の地図と江戸の地図も見比べられます。なかなかマニアックな内容だと思います。

読んでいると、この本片手に歩いてみたくなりました。

『江戸城を歩く』.jpg
posted by ysdhrs at 23:57| Comment(2) | | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

ハセツネ試走(浅間峠~鋸山)

先月に続き、今月も日本山岳耐久レース(ハセツネ)に向けて、今日は2回めの試走。今回もゆっちさんとです。コースは浅間峠~鋸山(コースではピークを踏まず)の約27kmとなります。

前回のゴール地点である浅間峠までバスで移動。最寄りの上川乗バス停から浅間峠まで登ります。途中、蜘蛛の巣をたっぷり被ることになりました。

9:20頃に浅間峠をスタート。去年試走1回とレース当日の2回走っただけなので、断片的にしかコースの記憶が残っていません。それに去年のレース当日は、西原峠まで自分自身失速した区間です。

今日は少しずつ記憶を思い出しながらになりました。だいたい覚えているところもあれば、ほとんど覚えていないところも。三頭山の下りから月夜見山までは標識を見ながらコースを確認しました。月夜見山手前辺りで軽く遭難。コースがなくなっているがそのまま進み、道なき道を上ったり下ったり、諦めて戻ろうにも戻り先がわからない・・・。何とか戻ることができ、改めてコースを辿るとコースが鋭角に曲がっていることがわからず直進していたことが原因でした。

御前山の登りの辛さは三頭山以上だってことを再認識。こんなに登りが長かったかな?と思いました。だんだん脚も疲れてきたところで大ダワまでの下り。相変わらず足場が悪いですね。大ダワから少し進んだ鋸山付近で今日は終了。16時30分ぐらいでしたので、休憩時間や軽い遭難時間も含めて7時間10分かかったことになります。思った以上にかかりました。

ここからは鋸尾根を通って奥多摩駅まで下りましたが、このコースを使って後悔しました。アップダウンは何度もあるし、足場も悪くトレイルラン向きではありません。1時間以上かかって下山。途中でイヤになりました(笑)次回は今日のゴール地点からスタートですが、この下ったコースを登りたくないので考えないと・・・。

今日は雨が降ってきたと思えば日が差していたりと、よくわからない天気でしたが、眺めはなかなか良かったと思います。あちらこちらから富士山を見ることができました。

御前山までの登りの途中より.jpg
posted by ysdhrs at 23:54| Comment(6) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

第11回 北丹沢12時間山岳耐久レース

昨年辛い思いをした北丹沢12時間山岳耐久レース。辛さを思い出して躊躇しましたが、結局エントリー。去年は万全の状態ではなかったので、今年はという思いで。

今年もウェーブスタート。去年は年齢での分割でしたが、今年は去年完走者およびフルマラソン記録上位者とそれ以外で分割。私は去年完走したので、AM6:30の最初の組です。今年は前日受付しなかったので、会場入りしてからスタート地点に行くまであまり時間はありませんでした。それでも真ん中より前の方です。天気は晴れ間も見え隠れしますが曇り。気温は去年程高くないようでした。

AM6:30スタート。最初は舗装路を走ります。ちょっと体が重いかなって思いましたが、何とか大丈夫そう。やはり気温は暑いことは暑いが去年程ではないと感じました。舗装路の後、最初のトレイルに入ってから少し渋滞。ここは想定内です。2回めの出場なので気持ちに余裕が持てます。下りでもほんの少し渋滞しましたが、再び舗装路へ。緩いアップダウンがありますが、安定して走れます(去年より進化したかな)。今年はコースが変わりこの舗装路の距離が伸び、鐘撞山へは違うルートから登ります。鐘撞山からさらに県境尾根分岐(標高1,280m)まで登ると下り開始です。ここは去年のとおりです。第1関門には2時間50分ぐらいで通過。去年より30分早いです。

第1関門先のエイドで給水とバナナを補給して先に進みます。去年は標高1,160mの犬越路トンネル分岐まで登りましたが、今年はここもコースが変わって標高1,000mの日陰沢源頭までの登りとなります。今年は「えっ、もう登り切った?」と思いました。160m違いを改めて実感。去年は炎天下の中、長い林道を下りましたが、今年は曇り。景色も見る余裕がありました。

第2関門手前で再びエイドで給水。キャンディもありましたが、暑さでくっついてました(笑)給水後、第2関門通過。ここはまででスタートから4時間20分ぐらい。去年の第1関門から第2関門までと比べると40分早いです。コースが変わったのが大きいです。トータルで1時間10分先行になります。

いよいよ最後の一山です。この区間(第2関門~ゴール)は去年と変わらず。一番辛いところだと思います。去年は途中で何度も立ち止まりましたが、今年は登りの中間点である風巻ノ頭まで我慢です。45分ぐらいで風巻ノ頭に到着。去年はここで眠くて仮眠しました。今年は、時々怪しい感覚がしたので、「またか?」と思いましたが、それ以上酷くはならず。ここで5分程休憩し、再度のピーク姫次(標高1,433m)に向けて再び歩き始めました。1時間もかからず姫次に到着。去年より早く登り切ることができました。ここまででスタートから6時間ちょっとです。

姫次から最後の下り。走りやすいので今年もここは走ります。平丸分岐からの5kmの急な下りは今年も相変わらずキツく感じます。下りは得意なほうですが、ここは脚に堪えます。7時間切りが見えてきたので、なんとか我慢して下り、残り1kmのガレ場も耐えて、6時間55分17秒でゴール。

今年は自分では満足のできる記録になりました。コースが変わったので単純に比較できませんが、去年より1時間55分短縮できました。

第11回 北丹沢12時間山岳耐久レース.jpg
posted by ysdhrs at 22:47| Comment(6) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

Becca 『Alive!!』

私お得意(笑)のガールズロック。この手のジャンルを聴くのが多いと、だんだん誰が良いかわからなくなりますが・・・。

19歳(今は20歳)の新人のファースト・アルバムです。CDショップで試聴して良かったので、ミニアルバム3枚もまとめて購入。声もパワフルでなかなか良いって印象を受けました。

M13はCyndi Lauperのカバー曲。Celine Dionもカバーしていました。三者三様、少しずつアレンジの違いがあり楽しめます。

01 I'm ALIVE!
02 Better Off Alone
03 Turn To Stone
04 Lose You Now
05 Guilty Pleasure
06 Tune Up Stereo
07 Outside Of You
08 Empty
09 Without You
10 Make You Mad
11 Perfect Me [Album Version]
12 Falling Down
13 I Drove All Night
posted by ysdhrs at 23:54| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする