2009年09月29日

BODYSTEP 77

新曲。今月から始まったので今月中は新曲だろうと思っていたら、早くもmixに。インストラクターに聞いたら、あっさり「終わりました」と。

新しい動きとして、4曲目のステップ台に手をついてのハーフバーピー。BODYSTEPらしくない動きです。5曲目にはBODYATTACKでは定番のスケーターがありました。10曲目のピークは2曲構成で、途中で曲が変わります。前回76の「ムーンウォーク」のようなトリッキーな動きはありません。

結局、新曲を体験できたのは1回だけになってしまったので、記憶に残っていることが少ないです。インストラクターに「もう1回やりたい」って言ってみましたが、やってもらえるかどうか・・・。

Track List
01.Live Your Life - Global Nation feat. Simone F
02.The Boy Does Nothing (Bimbo Jones Remix Radio Edit) - Alesha Dixon
03.Hot n Cold - Martina Lorene
04.Hot Shot - DJ Microman
05.Survivor - Pearl Star
06.C'Mon C'Mon - BuzzBoxxx
07.Burn (Pop Embassy Mix) - Jessica Mauboy
08.Just Dance - Dutch Swing
09.In Person - ToneTonic
10a.Fire - DJ Reflex
10b.It's Not Right (But It's OK) - Party Playaz
11.Feel It 2008 - dB Bomb
12.Stand By Me - Seal
posted by ysdhrs at 23:29| Comment(0) | スポーツクラブ | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

RAKUWAネック

スポーツクラブで貰った商品券の有効期限が今月末までだったので、興味半分でRAKUWAネックを買ってみました。この手のものはいろいろあり、効果はどうなのか試してみたいと思ったからです。気休めなのかも知れませんが・・・。

43cmなのでちょっと短いかなと思いましたがピッタリでした。シリコーン素材なので汗をかいても気にならなさそうです。

RAKUWAネック.jpg
posted by ysdhrs at 22:38| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

オラホビール

これも信越五岳トレイルランニングレースからの帰り。

長野駅構内のお土産店で信州の地ビールを見つけました。「ゴールデンエール」「アンバーエール」「ケルシュ」の3種類。帰りの新幹線で飲もうと思っていましたが、飲まずに自宅まで持ち帰りました。眠かったので・・・。

オラホビール_1.jpg
オラホビール_2.jpg
posted by ysdhrs at 23:55| Comment(4) | | 更新情報をチェックする

野沢菜茶づけ

今度は、信越五岳トレイルランニングレースからの帰り。送迎バスで長野駅に。予約してあった新幹線の発車まで1時間弱。

信州限定があるとのゆっちさんからの情報をもとに、長野駅構内のお土産店内を探しました。すぐに見つかりました。やっぱり野沢菜でしたね。

野沢菜茶づけ.jpg
posted by ysdhrs at 23:44| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

高山亭

信越五岳トレイルランニングレースのため長野へ。斑尾高原行き送迎バスの出発まで時間があったので、長野駅周辺でランチ。

長野だったら蕎麦でしょってことで、探し始めて早々に見つけた高山亭に入りました。時間があるといってもたっぷりあるわけではないので、選んでいるヒマはありませんから。「季節のおすすめ きのこつけ汁そば」ってメニューとは別にデカデカとポップで見せつけられたので、それを注文しました。

つけ汁にはきのこがたくさん。きのこ以外に鳥肉も入っていました。ざるには細切れになっていた蕎麦もありましたが、ここでは普通なのかな。

きのこつけ汁そば@高山亭.jpg
posted by ysdhrs at 23:15| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

信越五岳トレイルランニングレース 2009 (第2関門~ゴール)

第2関門を出発後、しばらくすると異変。また来たしまった睡魔。去年のハセツネの時と同じ状況。この辺りは熊が出るらしいので、うかつに休むことができません。動き続けるしかないのですが、まともに走れず歩くしかありません。ペースも通常より遅い歩きになります。特に林道では登りも下りもダメ。失速です。時間ははっきり覚えていませんが、1時間近くだと思います。

林道から登山道に入る辺りから徐々に回復に向かい始め、登り切った後の下りからエンジン全開。先のことは余り考えず勢いよく下ります。そろそろヘッドライトが必要な暗さになってきましたがギリギリまで粘り、古池の手前辺りから点灯。ここ辺りは前後に人がいなく一人旅。第6エイドでようやく人がいました。

第6エイドを出た当初は後方に人がいましたが、戸隠キャンプ場から再び一人旅。いつの間にか後方に人がいなくなりました。戸隠神社奥社までの道のり、行けども行けども誰も人がいません。

ヘッドランプがなければ真っ暗です。
信越五岳トレイルランニングレース 2009 コース途中_2.jpg

途中いたスタッフに聞くと前の人とかなり離れているらしい。ランナーズハイになっているみたいで、脚が前に前に出ます。第7エイド手前でようやく人影が見え、そのまま抜き去りました。第7エイドを過ぎると最後の第8エイド兼第3関門(89.7km)。エイドで温かい蕎麦を食べてから、20時20分頃通過。スタートから約14時間50分。

両脚の脹ら脛はパンパンです。さらに時々、右太腿裏がピリッとしますが他は大丈夫そう。あと約10km。もう一踏ん張りです。最後に飯縄山の1,840mまで登らせるコースはサディストか思うような設計。登山道入口にいたスタッフに所要時間を確認したら、1時間ちょっととのこと。一気に登り切り1時間で到着。見えると言われていた長野市街の夜景は霧でまったく見えません。オマケとして、ヘッドランプも霧の状態だとどうなるかも把握できました。すぐに下山開始。途中で石川さんが登ってきてエールをもらいました。約3km続く足場の悪い下りも勢いよく下り、ハイな状態が続いています(笑)多くの人に先を譲っていただきました。

下山後も勢いそのままに走り続け、スタッフから「あと900m」の声があると、最後のスパート。長い900mだと思っていたら残り500mの表示。長い400mだった。ゴール直前にコースアウトしそうになりましたが、17時間8分33秒でゴールできました。長い旅が終わりました。

信越五岳トレイルランニングレース 2009 ゴール.jpg

突然現れる睡魔。来月のハセツネでも起きそうなのが不安。原因を突き止めたいが、誰に聞けばいいのか・・・。
posted by ysdhrs at 23:59| Comment(4) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

信越五岳トレイルランニングレース 2009 (スタート~第2関門)

レースは朝5:30スタート。まだ日の出前なので薄暗く気温も低め。寒いぐらい。スタートはいつもやや前の方に並びますが、今回は気持ち後ろ目。自分の走りだとどれぐらいかかるのか、まったく検討がつきませんので、目標は日付が変わるまでにゴール(制限時間22時間)としました。

信越五岳トレイルランニングレース 2009 スタート.jpg

スタートしてしばらくは斑尾山周辺を走ります。コースガイダンスのとおり急傾斜は少なく、走ることができる登りや下り。トレイルランニングのコースとしては言うことなしです。斑尾山を登る途中振り返ると素晴らしい眺めが堪能できました。ただ、見えている山の方まで走ると考えると・・・。

信越五岳トレイルランニングレース 2009 斑尾山より.jpg

斑尾山と袴岳を登った後は、10km近くある長い下り。脚を使い切らないようセーブしながらの走りとなります。下り切ると第3エイドで、ここにあった冷やしトマトは美味しかったです。ここからは川沿いをしばらく走り、飽きてきた頃にようやく登山道に入りました。

途中こんなところも。
信越五岳トレイルランニングレース 2009 コース途中_1.jpg

しばらく登ると下り開始。途中50km地点を通過。まだ半分(笑)。第1関門まで気持ちよく走ることができます。それに前後にほとんど人がいないので、快適です。一応ここでもセーブです。第1関門(51.5km)を12時半頃通過。スタートから約7時間です。

第1関門を出発するとすぐ黒姫高原コスモス園内に入ります。周りに観光客がいる中を通過します。

信越五岳トレイルランニングレース 2009 黒姫高原コスモス園.jpg

ここを抜けるとしばらくは林道の登り。今回の失敗と思ったところはこの登りを歩いてしまったこと。かなり長い時間だったと思います。そろそろ走ろうかと思った頃、すぐに下りになってしまいました。吊り橋をとおり発電所横の急な登りを越え、笹ヶ峰ではウッドチップが敷き詰められたところを走り、キャンプ場では遊びにきていた人からキュウリをいただきました。ありがとうございます。

第2関門(66.6km)の乙見湖に15時半前頃に到着。スタートから約10時間。ここでドロップバッグを受け取り。ヘッドランプをバックパックに詰め込みます。着替えも入れていましたが、気温も寒さは大丈夫そうだったので、着替えずそのままとしました。シューズは軽さを重視したものからソールのやや厚めで幅広なものに履き替えたので、足は気持ち楽になりました。今回は、足にワセリンを塗り込んでいたので水脹れを防止出来ていましたので、ここでもワセリンを再度塗り込み、ソックスも履き替えました。

残り3分の1。第2関門を出発です。
posted by ysdhrs at 23:57| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

信越五岳トレイルランニングレース 2009 (前日)

今年から始まった大会。「95%以上がトレイル」ってことと信越五岳の景色に惹かれ、行程が100kmということを余りよく考えず勢いで申し込みました。何とかなるだろうって。大会が近づくにつれて不安は大きくなってきましたが、ついにその大会の22日を迎えました。

前日21日にスタート地点がある斑尾高原へ出発。長野新幹線を使うと自宅から2時間程で長野駅に着きます。意外と近い。長野駅から送迎バスで1時間。斑尾高原に到着。受付を済ませ、コースガイダンスまで時間があるので、先に宿泊先のペンションにチェックイン。

斑尾高原.jpg

コースガイダンスが始まる時間が近づいたので再び会場へ。この大会のプロデューサーでトップ選手の石川弘樹さんによるコースガイダンス。高低差がわかる3Dの地図を利用した凝ったものでした。説明を受け改めて100kmは長いと感じてしまいました。石川さんは「旅」と言っていました。トレイルランニングのレースは、私はいつもやっつけ作業みたいに走るのみでしたので、今回はその「旅」を楽しめれば良いなって思うようになりました。

信越五岳トレイルランニングレース 2009 コースガイダンス.jpg

コースガイダンスの後は、競技説明とウェルカムパーティー。パーティーでは地元の和太鼓の演奏もあり、その迫力に聞き入ってしまいました。

信越五岳トレイルランニングレース 2009 ウェルカムパーティー.jpg

ウェルカムパーティーは19時まででしたが、当日の準備をしたかったので少し前に会場を後にしました。
posted by ysdhrs at 23:46| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

体成分分析

慢性化しつつある右太腿の痛みと、なかなか治らない両脚の腓腹筋の痛み。走りには意外と影響しないので放置気味でしたが、今日、インターネットで偶然見つけた接骨院に行ってみることにしました。皇居ランコースに近く、ランナー向きの接骨院です。

電気治療とマッサージ治療でしたが、時間をかけて丁寧にやっていただきました(他に誰もいなかったから?)。去年捻った左足首の関節が少しずれていると指摘され、それも直してもらいました。直す瞬間「ゴリッ」って音がしたらしいのですが、私には聞こえませんでした。痛みも感じなかったし・・・。

また、インソールのこと、脛の外側(前脛骨筋)の鍛え方等、走ることについていろいろアドバイスも受けることができました。

それから、初回無料だったので、体成分分析をしてみました。体成分分析のほか、筋肉と脂肪の割合、部位別筋肉バランスと脂肪バランスも測定されました。測定結果の見方をレクチャーしてもらい、私の場合、体幹と両脚の筋肉発達率が95~98%だったので、これを115%ぐらいになるように筋トレもしたほうが良いと言われました。皇居を走るようになってから筋トレをする時間が短くなったので、もう少し時間をかけてすることにしよう。

体成分分析09.09.20.jpg

次回は体のゆがみも測定してもらう予定です。
posted by ysdhrs at 23:38| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

2009北海道マラソン完走証と記録証明書

8月30日の北海道マラソンの完走証が届きました。もう随分前のような気がします。完走証が届く前に、登録競技者の公認記録証(記録証明書)も届いています。

2009北海道マラソン完走証&記録証明書.jpg

完走証には5km毎の通過タイムとスプリットタイムも記載されています。さらに、スプリットタイムはグラフ化されています。改めて見てみると、スプリットタイムはジリ貧になっているのがよくわかります(苦笑)特に、体の変調のピークだった40km~ゴールまでは酷いものです。このグラフがフラットか右肩上がりになるような走りにしたいですね。

2009北海道マラソン完走証.jpg

ちなみに、この大会はネットタイムってのは存在しないようです。
posted by ysdhrs at 23:37| Comment(2) | ランニング | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

ETC

遅ればせながら、ようやくETCが付けられました。

しばらくなかなか手に入りませんでしたが、最近は出回る数が多くなったのか、ネット通販で買えました。取り付けはディーラーのサービス工場に持ち込み、1万円ちょっとかかりました。やっぱり高い。

ETCカードは既に持っているので、いつでも使えます。でも、高速道路を走る機会、どれぐらいあるんだろうか・・・。

ETC.jpg
posted by ysdhrs at 23:48| Comment(2) | | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

山草のみち

今日は普段は取得しない代休でした。山を走る日を捻出するためです。最近では8月7日にハセツネの試走に行ったのが最後。1ヶ月以上前になります。この間フルマラソンもあったので、ロード中心になっていました。

予定ではハセツネの試走(武蔵五日市~鞘口峠)のつもりだったのですが、朝起きられませんでした(苦笑)それ以外に、予定とは裏腹に、何となく足が武蔵五日市に向きたがらないというか・・・。

走らないわけにはいかないと思ったので、地図や雑誌を見てコース探し。お昼頃スタートとなるとあまり長い距離は無理なので10~15kmぐらい。どうせなら走ったことがないコースかあまり行ったことがないところにしたい思いもあります。それで決まったのが、部分的に走ったことのある、関東ふれあいの道の「山草のみち」。前回の「湖のみち」も今回と同じような状況で決めています。私にとっては、困ったときの「関東ふれあいの道」?

山草のみちコース略図.jpg

急いで準備し、12時過ぎに御岳駅に到着。ここから惣岳山~岩茸石山~黒山~棒ノ嶺と向かうコース。御岳駅~惣岳山~岩茸石山は以前、逆ルートで走ったことがあります。惣岳山までは登りばかりですが、思った以上に体が動いたので一安心。惣岳山の山頂は展望が得られないので、数分休んでから岩茸石山へ。惣岳山の山頂すぐ下りと岩茸石山の山頂手前の登りは急坂でしたが、それ以外は緩い登り。13時30分過ぎに岩茸石山の山頂に到着。ここで簡単な補給。

目指す棒ノ嶺の山頂は曇っているようです。

岩茸石山山頂より.jpg

黒山までは何度もアップダウンしながら少しずつ登っていきます。黒山の山頂もほとんど展望が得られませんでした。棒ノ嶺までもう少し。途中の山道も少し薄暗くなり霧がかかってきました。

棒ノ嶺までの道.jpg

ゴンジリ峠までくれば、長い木の階段を上り切ると棒ノ嶺の山頂。ゴンジリ峠は名栗湖からのルートとの合流点。以前トレイルランツアーで来たことがあるルートです。

15時少し前に棒ノ嶺の山頂に到着。広い山頂はクリアですが、肝心の展望は霧で何も見えません。棒ノ嶺は今回で3回目になりますが、うち2回は何も見えずです。

棒ノ嶺山頂.jpg

ここでも簡単な補給をし、下山開始。来たルートを戻るのではなく、関東ふれあいの道のルートどおり、川井駅へ続く奥茶屋へ下ります。急な下りで滑りやすいところあり、快適には下れません。逆ルートにすれば良かったかなと思いながら一気に下ります。

奥茶屋を過ぎると間もなく舗装路の変わります。川井駅までバスが通っていますが、時刻表を見るとバスが来るのは1時間以上先。最初から期待していなかったので、川井駅までだらだら下る舗装路を走ります。長いな~と思っていた頃に川井駅に到着。16時を少し過ぎた頃でした。距離は約16kmで、所要時間は休憩時間を含め3時間40分ぐらいでした。
posted by ysdhrs at 23:16| Comment(0) | 関東ふれあいの道 | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

牧のうどん&ホームラン

13日の日曜日から14日にかけて、北九州の小倉と黒崎出張。久しぶりの休日出張になりました。

お昼少し過ぎに福岡空港に着いたので、一度行ってみたいと思っていた「牧のうどん」に行くことにしました。牧のうどんは主に福岡県が中心のうどんチェーン店です。空港店が福岡空港の滑走路から見えますが、空港から結構歩きます。自動車で来るのが普通なんでしょう。

店内はほぼ満席。厨房も活気に溢れています。お店の人にお勧めを聞いて、肉うどんにトッピングとしてごぼう天を追加したものとかしわ飯を注文。うどんは麺の固さも固麺・中麺・柔麺から選べます。今までに食べた福岡のうどんは柔らかめだったので、固麺にしました。

丼いっぱいにうどんが詰まっています。食べている途中で麺が出汁を吸ってしまった場合に備えてか、追加の出汁が入ったやかんも一緒に出てきます。肉はちょっと甘過ぎかな。ネギは自由に入れられるようになっています(下の写真はネギを入れる前)。

食べ終わって店を出る頃は、待っている人で行列になっていました。

肉うどん+ごぼう天@牧のうどん.jpg

店は空港の完走路沿いなので、展望台がありました。

牧のうどん 空港店.jpg

14日のランチは黒崎のラーメン店「ホームラン」。ランチタイムだけラーメンと焼き飯のセットがメニューにありましたので、そのセットメニューにしました。ラーメンは豚骨ですが、あっさりしていました。特別これといった感想はなし。セットの焼き飯は旨かったです。

ラーメン@ホームラン.jpg
posted by ysdhrs at 23:26| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

TOKYOウオーク2009 第5回大会 皇居外苑エリア

7月に続き2回目のウオーキング大会です。今回も一番距離が長い約20kmのコース(実際は21km)にエントリー。コースは日比谷公園~市ヶ谷~神楽坂~護国寺~とげぬき地蔵~都立六義園~東京ドーム~日本武道館~皇居~日比谷公園です(大半は皇居外苑エリアから離れていますが・・・)。

自宅を出る時は曇りだったので、雨が降ってくるまでにゴールしようと思っていたら、会場へ行く途中から雨。がっかりです。日比谷公園でスタート受付を済ませ、9:30にスタート。雨が上がったり降ったりの繰り返し。傘を差しながら歩きました。

霞ヶ関の官庁街、とげぬき地蔵、東京大学、東京ドーム等、見えるものとしては前回の東京湾岸エリアよりは退屈しませんでした。また、護国寺近くの和菓子店(「群林堂」)と、本駒込のラーメン店(「つけめん 四代目けいすけ」)と2つも店先での行列を見かけました。気になります。

途中から傘を差さなくてもいいぐらいになった頃から、ペースアップ(もちろん走っていません)。3時間50分ぐらいで日比谷公園に戻ってきました。

TOKYOウオーク2009 第5回大会 文京シビックセンター.jpg
posted by ysdhrs at 23:58| Comment(0) | ウオーキング | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

鮭と昆布茶づけ

北海道にもありました。地域限定の永谷園「鮭と昆布茶づけ」。釧路空港ではなかった(見つけられなかった?)けど、新千歳空港で見つけました。

永谷園のホームページには情報なし。まだ他にもあると思うので、遠出をしたら探してみよう。

鮭と昆布茶づけ.jpg
posted by ysdhrs at 22:38| Comment(4) | | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

The Beatles リマスター盤

オリジナルアルバム全14作品のリマスター盤のリリース日が今日でした。世間でニュースになるぐらいなんですね。深夜にCDショップには並んでいませんが早速入手。事前にネット通販で予約したので、リリース日に合わせて届きました。

まだ少ししか聴いていませんが、当然音質は良くなっています。こもった感じだった音もクリアに聞こえます。ただ35,800円は結構大きな出費です・・・。

The Beatles リマスターCD.jpg
posted by ysdhrs at 23:55| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

BODYATTACK 66

今月は新曲の月。BODYATTACKのマスタークラス(60分)も、火曜日のクラスに出るのも久しぶりです。相変わらず人気クラスのようで人が多いです。

コリオはコンビネーションが多かったですが、目新しさは感じませんでした。4曲目のプライオメトリック・トラックのサイドステップとスクワットがちょっと変わっているかも。5曲目のアッパーボディコンディショニング・トラックではプッシュアップ多すぎ、キツイ。数えてなかったけど何回あったかな。いつもより明らかに多いと思う。

8曲目のインターバル・トラックはボーナストラックとしてもう1曲あり、インストラクターはあまり違いはないと言っていたが、次回以降で。

Track List
01.Just Dance - De-Grees
02.Womanizer - Skipping Crew
03.Fly On The Wall - Dana deWit
04.Big Fiesta - Beat Bandits From Outer Space
05.Get Shaky (Ian Carey Vocal Mix) - The Ian Carey Project
06.When You Leave - CJ Murry
07.Wild Wild West 08 - Party Playaz
08.I Kissed A Girl - Space Jammers
09.Take It To The Limit - Badlands
10a.Can't Get Over(Short Disco Mix) - September
10b.Right Round - Flo Rida feat. Ke$ha
11.I'm Yours - Jason Mraz
Bonus Track (Interval).Rise Again - Rhythm Twins
posted by ysdhrs at 23:54| Comment(0) | スポーツクラブ | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

My箸が当たる

吉野家で、茨城・栃木・群馬・埼玉・長野・新潟限定のスクラッチキャンペーン。特賞は吉野家オリジナルMy箸。約40日のキャンペーン期間中に3回行き、3回目でMy箸が当たりました。確率的にどうなんでしょうか。なるべくなら、ここでクジ運使いたくない・・・。

店で使っている箸と同じだったりして・・・と嫌な予感がしましたが、考えすぎでした。箸ケース付きですが、箸にも箸ケースにも「吉野家」の文字入り。My箸として使うのはちょっと恥ずかしいかも。

吉野家オリジナルMy箸.jpg
posted by ysdhrs at 21:01| Comment(6) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

札幌市内観光(北海道大学植物園)

札幌滞在最終日の1日。帰りの飛行機まで少し時間があったので、前日月曜日で休園日だった北海道大学植物園に行くことにしました。

植物園ですが、博物館と重要文化財群があります。目的は植物園より、どちらかというと重要文化財群を見ることです。札幌では洋式建築物ばかり見ていることになります(苦笑)。平日なので来園者はほとんどいません(そのほうが落ち着きますが)。

最初に重要文化財群を見て回りました。

宮部金吾記念館.jpg

博物館本館.jpg

博物館倉庫.jpg

博物館鳥舎.jpg

博物館便所.jpg

博物館事務所.jpg

バチェラー記念館.jpg

見終わった後、本来の植物園を見て回りましたが、花の咲く時期とずれているので、ほとんどが緑色でした。咲いていれば見応えがあると思うライラック並木もこのとおりです。

北海道大学植物園 ライラック並木.jpg

約1時間程でしたが、植物園全体を回ることができました。

ここで札幌市内観光はおしまい。この後、空港へ向かいました。
posted by ysdhrs at 01:06| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

札幌市内観光(北海道大学)

続き。
ここ北海道大学も北海道マラソンのコースです。北海道大学の構内は誰でも立ち入ることができます。マラソンコースを逆走するように、南門から構内へ入り散策しました。

フランス・ルネッサンス様式建築の古河記念講堂

古河記念講堂.jpg

クラーク像

クラーク像.jpg

北海道大学グッズの売店もある交流プラザ「エルムの森」(旧昆虫学及養蚕学教室)。1901年建設。
この辺りのエルムの森と言われるようにエルムがたくさんある場所では、絵を描いてる人(市民と思われる)がたくさんいました。

交流プラザ「エルムの森」.jpg

これも建てられてから長い旧図書館。1902年建設。

旧図書館.jpg

ここからマラソンコースだった長いメインストリートを北へ歩き、札幌農学校第2農場(モデルバーン)へ。

札幌農学校第2農場は日本最古の洋式農場建築で重要文化財に指定されています。草地の中に建物が並ぶ景色は日本とは思えない雰囲気があります。

札幌農学校第2農場 精乳所&釜場.jpg

札幌農学校第2農場 秤量所.jpg

札幌農学校第2農場 動力室&脱ぷ室&収穫室&穀物庫.jpg

札幌農学校第2農場 模範家畜房.jpg

札幌農学校第2農場 牧牛舎.jpg

札幌農学校第2農場 模範家畜房&牧牛舎.jpg

札幌農学校第2農場 種牛舎.jpg

札幌農学校第2農場 事務所.jpg

札幌農学校第2農場から再びメインストリートを引き返し、しばらくベンチで休憩したあと北海道大学を後にしました。

この日の観光はこれでおしまいです。
posted by ysdhrs at 23:57| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

札幌市内観光

初日29日は飛行機が遅れたこともあって20時前に札幌到着。翌日30日は北海道マラソンだったので、観光ができたのは3日めの31日と最終日の1日の朝少しだけ。少ない時間だったので、観光も札幌の定番のところになりました。

最初に行ったところは、大通公園の東端にあるさっぽろテレビ塔です。

さっぽろテレビ塔.jpg

高さ147.2mで、90mの高さにある展望台まで登りました。展望台からは大通公園が一望できます。遠くは少しぼんやりしていましたが、見渡すことができました。

さっぽろテレビ塔から見る大通公園.jpg

次は札幌市時計台です。10年ほど前に初めて見た時は、想像していたものよりとても小さく感じました。今回改めて見ると2階は講堂になっていて意外と奥行きがあることがわかりました。

札幌市時計台.jpg

札幌市時計台は、前日の夜、サッポロビール園からの帰りにも立ち寄ってみました。ライトアップも終わってしまっていた時間ですが、時計のところだけ明かりがありました。

夜の札幌市時計台.jpg

次は赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎)です。前日の北海道マラソンではゴールまで残り500m地点です。コースはこの赤れんが庁舎の前を通りました。体の変調で一番辛い状態だった時でしたので、ゆっくり眺めながら走るという状況ではありませんでした。再び訪れたこの日はゆっくりと眺められました。

庁舎内は部屋毎に文書館や資料館になっています。北海道の歴史に関するもの、北方領土や樺太に関するもの等の展示です。

赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎).jpg

ここは歴代の長官や知事の執務室です。

赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎)記念室.jpg

このあと北海道大学へ。別記事に。
posted by ysdhrs at 23:08| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

札幌定番グルメ

いつものネタ。8月29日~9月1日の札幌滞在中に食べた物です。

店名:サッポロビール園
メニュー:生ラム&トラディショナルジンギスカン
北海道マラソンの終わった夜、同じく完走した知人と完走の祝杯を兼ねて。さすがにジンギスカンはひとりでは行けません。
店に入る前から周りはジンギスカンの臭いが漂っていました。テーブルに置いてある焼き方の説明を見ながら焼きました。羊肉特有の臭みは思った程感じませんでした(麻痺していたか・・・笑)
ちなみに写真ではわかりにくいですが、鍋は北海道の形をしています。生ラム&トラディショナルジンギスカン@サッポロビール園.jpg

店名:どんぶり茶屋
メニュー:丸鮮丼
朝食として二条市場にある店まで食べに行きました。カニ、ウニ、イクラ、ホタテが少しずつ全部食べることができます。2,000円以上しますが満足です。
丸鮮丼@どんぶり茶屋.jpg

店名:ラーメン専門三代目 月見軒
メニュー:みそラーメン
行ってみたかった老舗のラーメン店が残念ながら定休日だったので、札幌駅から地下鉄に乗って行ってきました。11時30分開店後の間もない時間に入りましたが、ほぼ満席でした。
わざわざ地下鉄に乗って行ったのですが、戻ってきてから札幌駅近くにも店舗があるのを発見とういうオチがあります。
みそラーメン@ラーメン専門三代目 月見軒.jpg

店名:カレー&ごはんカフェ [ouchi]
メニュー:さらさらスープカレー
スープカレーも札幌の定番とは知りませんでした。
標準より少し辛めを選択しましたが、辛くはありませんでした。もう少し辛く注文しても良かったかも。骨付きのチキンは柔らかく、フォークとナイフできれいに身が取れました。
さらさらスープカレー@カレー&ごはんカフェ [ouchi].jpg
posted by ysdhrs at 23:59| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

2009北海道マラソン

8月30日、自分にとって初めてのフルマラソンの日となりました。

札幌のこの時期の気温は例年気温が25度~30度らしく、申し込んでから後悔。当日は少しでも涼しくなることを願っていました。前日の予想を見ると最高気温22度と低め。天気も日が出ることがありましたが曇りと言ってもいいぐらいでした。走るには良いコンディションです。北海道マラソンはテレビ中継もありヘリコプターも飛んでいました。

12:10に中島公園をスタート。陸連登録の恩恵で前から2番目のBブロック(最後列はHブロック)に並べましたので、約40秒でスタートラインを通過できました。突っ込み過ぎないように1km5分のペースを目安に走り維持することが目標。無理な追い越しをして無駄に体力は使わないことも心がけました。実際、スタート直後から周りのランナーと適度な間隔があって走りやすかったです。それにペースも適度な速さです。3km地点までにやや斜度がある登りが2ヶ所。その後9km地点まで緩やかな下りであとはほぼフラットに近いコースです。

5km地点を26分前に通過。スタートライン通過までの約40秒を考えるとまずまずです。給水ポイントは5km毎で給水ポイント間にスポンジがあり、2.5km毎に水が得られます。それ程暑くはないとは言え、水分は欲しくなります。必ず給水とスポンジは手にしました。10km地点を49分前半で通過。ペースが上がってしまいました。今後の貯金と考えることに。その後の15km地点、20km地点とも1km5分を切るペースでした。

中間地点を1時間43分ぐらいで通過。19km地点ぐらいから長い直線区間。折り返してくるトップランナーと擦れ違い始めます。真ん中に中央分離帯がありますが、ランナーはなぜか中央よりを走っています。給水ポイントで左に寄りますが、みんなトップランナーを見るため?

25km地点を少し過ぎたところで長い直線区間の折り返し。この辺りからペースが落ちてきたことがわかり始めました。30km地点を2時間29分ぐらいで通過。ここから先は自分にとってマラソンでは未知の距離に入ります。この大会は給食ポイントがありません。だんだん空腹感が出始めたので、ハンガーノックが気になります。パワージェルぐらい持って走るんだったと思いながら。途中、私設エイドをされている方から、バナナやチョコレートを貰えたので多少は回復しました。

35km地点を2時間56分ぐらいで通過。この時点で貯金を使い果たしました。この辺りからだんだん体に変調を感じてきました。空腹とは違うような感覚です。38km地点ぐらいから北海道大学のキャンパスを縦断します。キャンパス内に車道があるぐらい広く、たくさんの声援の中を走り抜けます。

北海道大学内の40km地点を3時間22分で通過。さらにペースダウン。体の変調も続いています。原因はわかりません。北海道大学を出ると正面に北海道庁の赤れんが庁舎が見えます。北海道庁に入ってすぐに、ついに立ち止まってしまいました。明らかに体がおかしい。歩かないことが一番の目標だったので、その場で両手を膝についてしばらく止まっていました。再び走り始めましたが、寒さを感じます。今回はタンクトップだったので余計なのか、肩の辺りを触ると冷たい。多少フワフワした感じがするが意識ははっきりしています。ゴールの大通公園まであと500mとわかったので、一踏ん張りしてフィニッシュラインを通過。3時間39分1秒。完走メダルをかけてもらいました。

とにかく座りたいと思ったので、芝生の上に座ると言うよりは倒れ込んだ感じ。しばらくそのままの状態でしたが、起き上がったところで救護スタッフに声を掛けられ救護テントへ。倒れ込んでいたところが救護テントの目と鼻の先。空きベッドに寝かされ体温、脈拍、血圧を測定。体温35.1度、血圧下58。軽い脱水症と言われました。気温も高くなかったし、給水も全部受けていたので、何となく納得できないのですが、事実のようでした。毛布を2枚かけられ30分ぐらいで顔色も戻ってきたようでしたので退院(笑)させてもらいました。

舐めてはいませんでしたが、思った以上にきつく感じました。ハーフマラソンのように勢いで一気にとはいきませんね。経験してようやくわかりました。

2009北海道マラソン.jpg
posted by ysdhrs at 21:07| Comment(6) | ランニング | 更新情報をチェックする