2009年12月30日

カレー鍋 伝心望

初めての三軒茶屋。今日は今年最後の忘年会!?です。カレー鍋ってとても興味があったので楽しみでした。

カレーの味で肉などの味が良くわからなかったですが、慣れてくると何となくわかったようなわからなかったような・・・。最後は雑炊を食べて満腹。美味しかったです。

ダシはピリ辛と激辛もあるので、あと最低2回は楽しめます(笑)

カレー鍋 伝心望.JPG
posted by ysdhrs at 22:50| Comment(2) | | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

箱根峠~金時山

今日は今年最後のトレイルラン。奥多摩方面はいい加減飽きてきたので、まだ走ったことがない箱根の外輪山にしました。今回は今年、日本山岳耐久レースの試走で一緒だった、ゆっちさんと行ってきました。

8時半過ぎに箱根湯本駅に到着後、着替えを済ませバスで箱根町へ。箱根駅伝が近いこともあって箱根駅伝関連ののぼりがたくさん出ていました。特に箱根町までのルートは箱根駅伝5区のコースなので、バスの中で、こんな登りを走るの!?と。

箱根町のバス停を降りスタート。登山道の入り口がわからず、箱根峠まで車道を行くことになってしまいました(もっとしっかり調べておけばよかった)。箱根峠から登山道に入りました。しばらく登ると開けた尾根に。直ぐ横は芦ノ湖スカイライン。ずっと車やバイクの走る音が聞こえます。不思議な感覚です。右手には左右ともずっとハコネダケが続いていますが、切れ目より芦ノ湖が見えます。富士山は厚い雲がかかっていて上部が見えず。

箱根外輪山_1.JPG

山伏峠、三国山を過ぎ、湖尻峠で車道を渡ります。比較的斜度の高い登り。周りの見通しも良いが、風通しも良く寒い(笑)。ここでもハコネダケが続きます。

箱根外輪山_2.JPG

下ると箱根芦ノ湖展望公園。遠くに箱根町と右には三国山が見え、ここまで来たルートが確認できます。

箱根芦ノ湖展望公園より.JPG

さらに進むと今度は富士見ヶ丘公園。富士山は相変わらず雲に隠れています。天気は青空も出て悪くないのに・・・。

富士見ヶ丘公園より.JPG

富士見ヶ丘公園付近で短時間でお昼ご飯を済ませ先に進みます。じっとしていると寒いのでゆっくりできません。長尾峠を過ぎた辺りから大涌谷が見え始めました。遠くからでも噴煙が確認できます。

丸岳より.JPG

長尾峠、丸岳を過ぎ、乙女峠に。時折、山頂が雲の隙間から見えることがありますが、ここでも富士山の状況は変わらず。こんなにずっと富士山が見えるコースを走っているんだし。最後のチャンスにかけて、金時山まで登ります。

約30分程で金時山に到着。肝心の富士山は、山頂がわずかに見えただけ。空気が澄んだこの時期はきれいに見える確率が高いと思っていましたが、ダメな時はダメということですね。

金時山より.JPG

今回は金時山まで。下山開始です。途中、明神ヶ岳までのルートが見えます。走りやすそうです。外輪山はこの先、明神ヶ岳~明星ヶ岳~塔ノ峰と続きますが、またの機会に。日の長い季節であればこのまま走りきれたかな。

箱根外輪山_3.JPG

箱根湯本駅に帰るバス停についたのは15時頃。今回は休憩時間を含め約5時間でした。行程は約19kmだと思います。
posted by ysdhrs at 23:59| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

自分の周りで見た人の評価が良かったので、見ようと思っていたら上映終了。2週間しかなかったし。見そびれた~と思っていたら、今回のアンコール上映。今度は見逃さない。昨日ユナイテッド・シネマ浦和で見ました。

Michael Jacksonのパフォーマンスは今までPVぐらいでしか見たことはありませんでした。今回の映像はリハーサルなので、最高のパフォーマンスではないと思うし、生きていればMichael Jackson本人も公開することは拒否したかもしれません。映像から完璧主義者であることが感じられますから。でも決して手を抜いているようには見えませんでした。若いバックダンサーに引けを取らない体の切れ。50歳とは思えませんね。

Michael Jacksonには特に思い入れはありませんでしたし、スキャンダルやバッシングのゴシップ記事で書き立てられる程度のことしか知りませんでしたが、この映像で本当の彼を垣間見た思いです。ちょっと大袈裟な言い方ですが。

舞台裏のような映像もありますが、実際にライブを見ているかのような気分になりました。ライブで見てみたくなりましたが、今ではそれも叶わぬ夢です。あっという間の約2時間で、DVD等では味わえないライブ感。劇場で見られて良かったです。

ちょっと褒めすぎたかな・・・。
posted by ysdhrs at 23:04| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

満寿家

今日は「満寿家」でうな重。浦和では有名店のようです。浦和は日本でもうなぎの消費量が多いとのこと。知りませんでした。

実は以前一度入ろうと思って行ったことがありましたが、閉店後だったでした。今回は営業時間もしっかり確認済みで。行ったのは18時少し過ぎで、夕食にはちょっと早い時間かなと思いましたが、店内には先客も多くいました。

今日は奮発して特上(2,950円!)。かなり空腹だったこともありましたが、柔らかくて美味しかったです。ちょっとした贅沢でした。

うな重@満寿家.JPG
posted by ysdhrs at 23:44| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

垣根涼介 『借金取りの王子』

リストラをテーマにした連作短編集『君たちに明日はない』の続編です。

百貨店、生命保険、消費者金融、ホテルチェーンのリストラがメインストーリーですが、さりげなく主人公とその恋人との関係もストーリーに盛り込んであります。

基本的にはリストラ対象の人物を中心にストーリーは描かれており、その人物の人生は浮き沈みあり悲喜こもごも。でも結末は明るく未来があるような終わり方。前作同様どの作品も暗いイメージはなく爽やかで、スッキリとした読後感です。

表題作の『借金取りの王子』はなかなか感動的な展開もあって、収録作の中では一番良かったです。ただ、消費者金融の内情についてはリアリティがあり、私にはこんな業界では生きていけないって改めて思いました。
posted by ysdhrs at 23:58| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

光都東京・LIGHTOPIA 2009

皇居外苑と丸の内仲通りが会場。21日より始まり、皇居外苑会場へ行ってきました。

「光のアート・インスタレーション 光雲」は濠(日比谷濠、馬場先濠、和田倉濠)の石垣に白色LEDで飾り付け。光が水面にも映ることを利用して、より効果的になっているように思います。石垣は空、白色LEDは雲として表現しているそうです。

「光のアート・インスタレーション 光雲」_1.JPG

「光のアート・インスタレーション 光雲」_2.JPG

「アンビエント・キャンドルパーク」 は和田倉噴水公園に、メッセージを描いた明り絵を並べています。メッセージは小学生の他に芸能人が描いた明り絵もありました。明り絵はロウソクの光を思わせますがLEDだそうです。ありきたりのイルミネーションとは違ってちょっと幻想的ですね。

「アンビエント・キャンドルパーク」_1.JPG

「アンビエント・キャンドルパーク」_2.JPG
posted by ysdhrs at 02:01| Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』

昨日MOVIX川口のレイトショーで見ました。前作『完結編』を劇場で見てから26年。期待と不安を感じながら・・・。

気になっていたところ。古代進の声優が変わっていたことは、見ていてあまり気になりませんでした。旧作の声優は随分前に亡くなられていたようでした。宇宙戦艦ヤマト等メカはCG化され3Dになっていましたが、それ以外は2Dのまま。これも意外と違和感なく見られました。『完結編』で亡くなった主要な乗組員。実は生きていたということはなかったですね。前歴があるもので・・・。まあ、今回の乗組員のキャラクター設定が軽いのは時代を反映しているのか、少々その軽さが気になりました。

本編について。上映時間約2時間。星間国家連合軍との戦いと地球滅亡の危機からの救出と、宇宙戦艦ヤマトでは定番なのですが、詰め込み過ぎの感じがしました。限られた時間内に収めるためには仕方ないのかもしれませんが。もう1つ未解決のことはどうするんだろうと思っていると、エンドクレジットが流れ始めた。本編の途中からもしかしたらと思っていましたが、エンドクレジットの最後に「復活篇 第一部 完」。やっぱり続編があるのね。

旧作のイメージや思い入れが強いと批判される作品になると思います。新生『宇宙戦艦ヤマト』として見るべきものでしょう。個人的には思っていた程違和感なく十分楽しめました。次回作も見たいと思いました。
posted by ysdhrs at 12:32| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

丸和前ラーメン

昨日今日は北九州出張。今年最後の出張です。時折、小雪が舞う寒い日でした。

夜遅くに、小倉では有名らしい屋台のラーメンを食べに行きました。初めて小倉に出張で来た時に連れて行ってもらったことがあるので、今回は2回目になります。4年振りぐらいですが。屋台と言っても中は広いほうだと思います。店内に入ると自動的にラーメンのオーダーが入るらしく、注文する必要はないようです。

丸和前ラーメン店内.JPG

ラーメンはとんこつで、当たり前だけど濃厚。今回は飲んだ後のラーメンだったので、帰ってきた今日はしっかり走りに行ってきます。

丸和前ラーメン.JPG
posted by ysdhrs at 15:52| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

下鴨神社&上賀茂神社

13日の大会の後、前回京都に来た時と同様、わずかな時間を使って世界遺産巡りをしました。今回は初めて行くところになります。

まずは下鴨神社へ。京阪電車の出町柳駅から歩きました。参道は緑色も目立ちますし、葉がほとんど散ってしまった木もありましたが、まだまだ鮮やかな色を見せてくれていました。

下鴨神社 参道.JPG

だんだん鳥居が近づいてきて、鳥居をくぐると綺麗な朱色の楼門です。

下鴨神社 楼門.JPG

境内は思った程広くはありませんでしたが、観光客や下鴨神社で結婚式を挙げている方の記念写真撮影などで、そこそこ賑わっていました。

下鴨神社 境内_1.JPG

下鴨神社 境内_2.JPG

国宝の東殿と西殿は一般公開されておらず、隙間からちらっと見える程度でした。残念です。

下鴨神社 境内_3.JPG

続いて上賀茂神社へ。初めはちょっと遠いけど下鴨神社から歩いて行ってみようと思いましたが、途中でギブアップしてタクシーに乗りました。10分もかからずに着きました。

最初の鳥居をくぐると参道です。ここでは紅葉はなし。2つめの鳥居の手前に白馬がいました。土日だけ見ることができるようです。

上賀茂神社 白馬.JPG

境内に入ります。人は疎らで、下鴨神社と比べると地味に感じました。入ってまず目に付くのは、神様が降りられる憑代とされる「立砂」。綺麗な円錐形です。

上賀茂神社 境内_1.JPG

上賀茂神社 立砂.JPG

楼門をくぐるとその奥に国宝の本殿と権殿がありますが、同じく一般公開されていませんでした。

上賀茂神社 楼門.JPG

上賀茂神社 境内_2.JPG

しかし、「国宝・本殿特別参拝とご神宝の拝観」の看板が・・・。拝観料500円で神職の解説付きで見ることができました。でも、圧倒されるような雰囲気で写真を撮る勇気はありませんでした(笑)。そもそも撮って良いのかさえ聞けませんでした。

今回はここまでです。帰りは京都駅までバスで戻りました。
posted by ysdhrs at 01:52| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

醍醐寺

12日はちょうどお昼に京都着。宿泊先のホテルが京都駅八条口すぐの所にあったので、荷物を預かってもらい、前回、時間の都合で行けなかった醍醐寺の上醍醐へ行くことにしました。

京都駅から地下鉄を乗り継ぎ約30分。さらに醍醐寺まで歩きます。相変わらず観光客は疎らです。前回行った下醍醐の脇を抜け、上醍醐の登山口へ。入山料を納めて登り始めました。

上醍醐への登山道.JPG

翌日の大会の準備にはちょうどいいかなとか思いながら、石段を登ります。そういえばお昼ごはん食べていないとか(笑)登り切って少し下ったところに上醍醐寺務所が見えてきました。ここまで約30分です。この辺りは清瀧宮拝殿(国宝)と西国第十一番札所の准胝堂(昨年の落雷による火災で焼失)があったところです。

醍醐寺 清瀧宮拝殿.JPG

境内はさらに上まで続きます。途中、薬師堂(国宝)と五大堂がありました。私以外、誰もいません。

醍醐寺 薬師堂.JPG

さらに登って、ようやく醍醐山頂(標高450m)に到着。山頂には如意輪堂(重要文化財)と開山堂(重要文化財)がありました。ここから遠くに市街地を眺めることができました。

醍醐寺 如意輪堂と開山堂.JPG

これ以上何も見る所はなかったので、下山を始めます。まだ14時頃なのですが、どんよりした天気のためか少々暗め。木に囲まれた参道はさらに薄暗いです。下山途中で小雨に。傘を持ってこなかったので急ぎます。スニーカーなので無理はしません(笑)

再び登山口に戻ってきた頃は雨は上がっていました。登山口までの参道では、一番良い時期はもう過ぎていましたが、まだ秋らしさを見ることができました。

上醍醐への参道.JPG
posted by ysdhrs at 00:11| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

BODYATTACK 67

今日はBODYATTACKの新曲。今回は2回目ですが、1回目は45分のクラスなのでマスタークラス(60分)は初になります。普段は来ない曜日なので久しぶり。相変わらず参加者は多いです。

3曲目に新しいコンビネーション。ニー・クロスオーバー3回、シングル・ニー2回にターンの組み合わせ。スムーズにできましたが、近くの人とぶつかりそうになる(笑)6曲目のランニング・トラックは目新しさはないですが、曲が気に入りました。7曲目のアジリティ・トラックはサッカーボールをインサイド蹴るような動きがありました。8曲目のインターバル・トラックも目新しさはないですが、気持ちが盛り上がります。

全体的にはまあまあ良かったと思います。BODYSTEPと違って新曲を長くするインストラクターなので、しばらくは楽しめるかな。

曲では、10曲目の『Goodbye』のオリジナルはBananaramaの曲だと思います。

Track List
01.Closer - Chris Crew
02.Release Me - Agnes
03.Gimme More - Mandy Brewer
04.Rock It - Bhuvan Brothers
05.Boom Boom Pow - Beat Factory
06.Number 1 - Beat Bandits From Outer Space
07.Put A Donk On It - Northern Accelerators
08.Take Me To The Clouds Above - Global Nation
09.Zombie - Andrew Spencer & The Vamprockers
10a.Wherever - Stafford Brothers vs. Hoxton Whores feat. Frank Stafford
10b.Goodbye - Jessica Friendly
11.People Get Ready - Seal
posted by ysdhrs at 23:55| Comment(0) | スポーツクラブ | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

BODYSTEP 78

今月は新曲の月。先週末から新曲が始まり、今日体験しました。今日を逃すと次はいつ行けるかわからないし、77はあっという間に終わってmixに変わっていたので、今回も油断できない。行ける時に行っておかないと。

1曲目は最後にステップ台を使うだけで、あとはステップ台の周りを回ったり、ニーアップやイージーウォークの繰り返し。3曲目は、印象ではいつもあったようなターンステップがなし。5曲目はクォーター・ターンって新しい動きあり。7曲目のランジは意外とキツイ。8曲目のパーティステップのマンボ・チャ・チャ、最後まで怪しいステップになってしまった(笑)9曲目のスピードステップは単調なコリオ。今回は全体的に印象に残りやすかったです。

また、今回知っている曲が3曲ありました。1曲目のオリジナルはDead or Aliveの『You Spin Me Round (Like A Record)』だと思う。3曲目はDuran Duran、9曲目はThe Policeの曲ですね。

Track List
01.Right Round - TeTet Technologik
02.Pictures (Tonite Only Remix) - Sneaky Sound System
03.Girls On Film - Steady Rush
04.Like It Loud (Gabby Schmitt
05.Wiggle It - MadLab
06.She Is Beautiful - OneZeroOne
07.Circus (Junior Vasquez Club Circus) - Britney Spears
08.I Just Want To Dance - Dana deWit
09.Every Little Thing She Does Is Magic - Brendan Soward
10.Let It Rock - W.L.E.M feat. PI Joe
11.Be Without You - DJ Pierce
12.Someday - Mike Stone
posted by ysdhrs at 23:42| Comment(0) | スポーツクラブ | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

第16回 東山三十六峰マウンテンマラソン

今年最後の大会。1年前から興味があったのですが、ハーフマラソンにエントリー済みだったので断念し、今年ようやく念願叶ってです。

前日12日に京都入り。夜には鏑木毅選手によるトレイルランセミナーが開催され、それにも参加しました。40人ぐらい入れる会議室でウルトラ・トレイル・デュ・モンブランの話が中心でした。

第16回 東山三十六峰マウンテンマラソン トレイルランセミナー.JPG

大会は宝ヶ池公園のいこいの森を10時5分にスタート。コースは京都一周トレイルの一部30kmです。スタートからしばらくは混雑するとは聞いていましたので、なるべく前の方に並びましたが、フラットなコースなので集団はあまりばらけることはありません(ゴールしてからもっと前に並んいればとも思いましたが)。

宝ヶ池を1周し歩道橋を渡り(笑)、住宅街を抜け京都一周トレイルコースに向かいます。止まることはありませんでしたが、ランナーが1列になってコースを走ります。皆さん少々の登りでも歩かず走って登っています。私も周りの雰囲気に飲まれ?ペースを合わせます。遅すぎず速すぎずのペースなので慣れてくると順応できるものです。ほとんどがシングルトラックなので追い抜きができませんし、長い列になっているので、先へ先へは行けません。したがって、周りのペースに飲み込まれざるを得ませんでした。

最初の登りも長くはなく、下り基調になり住宅街に出ます。舗装路です。エイドで水とバナナを補給。大文字山に登ります。登り続けるとだんだんと眺望が・・・。京都市街が見渡せました。大会でなければ、もちろんしばらく眺めていたと思います。

第16回 東山三十六峰マウンテンマラソン.JPG

大文字山を下り始めると程なく中間点を15km。スタートから1時間47分ぐらい。相変わらず列をなしていますが、多少間隔が空いてきたようだし、下りだったので、このあたりからペースアップ。少しずつ追い抜きを始めました。

2つめのエイドでも水とバナナを補給。下りきるとまた舗装路と言うより車道(東山ドライブウェイ)。だらだらした長い登りです。今日は歩かず止まらずで走り切れました。車道から離れまたトレイルへ。程なく下り。滑る岩で転びそうになりましたがセーフ。しばらく下ると、またまた舗装路が登場。住宅街やお寺の境内の前を通り抜けます。この辺りは特に京都らしさを感じました。

最後のエイドであと5kmの表示。あっという間に思えました。最後は稲荷山の登り。どれぐらい登るのか把握していませんでしたので、下り基調になるとえっ?もう終わりって感じ。ゴールまでの表示が1km毎になっていますので、それもあっという間でした。3時間24分00秒でゴール。今回は余力ありのまま終わってしまいました。

もう少し前半はガツガツしても良かったかもしれませんが、今回は雰囲気を味わえたので満足です。この大会は来年もエントリーしたいと思います。
posted by ysdhrs at 23:55| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

新幹線の車窓から

いつもは遠くの山からでしたが、久しぶりに近くで見えました。

これを狙って、座席はE列を指定しました(笑)もちろんこれだけのために新幹線に乗ったわけではありませんけど。

写真を撮るのは思っていた以上に難しかったです。

新幹線から見た富士山.JPG
posted by ysdhrs at 17:19| Comment(4) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

横山秀夫 『看守眼』

定番の短篇集。短篇で直ぐ読めてしまうのが良いです。

6作品で主人公が、留置管理係の看守(『看守眼』)、フリーライター(『自伝』)、家裁調停委員(『口癖』)、情報管理課の警部(『午前五時の侵入者』)、新聞社整理部の元記者(『静かな家』)、県知事の秘書(『秘書課の男』)と警察関連だけでなくバラエティに富んでいます。

『午前五時の侵入者』と『秘書課の男』は保身のため主人公たちの姑息な行動は、普通にあり得そうでリアリティを感じました。『自伝』『口癖』『静かな家』はオチが良いと思いました。

表題作の『看守眼』は、私の中では読後の印象が他の作品と比べると薄かったです。
posted by ysdhrs at 23:57| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

初レッカー

今日、一般道を車で走っていると突然エンジンが7,000回転まで上がり下がらなくなりました。ブレーキを目一杯踏むと回転数は下がりますが、完全には止まらないのでクラッチをニュートラルにするとまた回転が上がります。何が起きたかわからず、まともに走れないし危ないので路肩に止めてエンジンを切りました。

確認のため再度エンジンを始動すると、また7,000回転まで上がります。これが起きる直前のシフトダウンさせる時に吹かせすぎてオーバーレブでエンジンがいかれてしまったか?リミッターがついているのであり得ない?等、考えてみましたがお手上げ。

とにかくどうにかしないとって思って、まずはディーラーのサービス工場に連絡。営業時間は30分程前に終わっていましたが、お願いして待ってもらえることになりました。次に自動車保険のロードサービスでレッカーを手配。20分ぐらいで来てくれました。

レッカー車に車を乗せて、私もレッカー車の助手席に乗せてもらい、ディーラーのサービス工場へ。ディーラーのサービス工場までは約10km程度。近くて助かりました。

レッカー車から下ろし、エンジンの状態を確認。15分ぐらいであっさりと直りました。あらら・・・。原因を聞くと、ステアリングコラムを覆っているカバーやフロアマット等複数のものが捻れて絡み、アクセルペダルが戻らなくなっていたとのこと。確かにETCを取り付けた時、運転席の足元周りをいじっていますし。でも、取り付けたのはここのサービス工場でなんですけど・・・。まあ、どうであれエンジンに問題がなく良かったです。

しかし、よくよく考えてみると、ぞっとするトラブルでした。走っている最中に突然でしたから。事故にならなかったのは幸いでした。やっぱり厄年だ、ってならなくて済みました。

レッカー車に乗ったプジョー306.JPG
posted by ysdhrs at 23:58| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

杉の木陰のみち

東京都の「関東ふれあいの道」もここが最後。行程も11.5kmと短め。コースも上養沢~日の出山~御岳山~御嶽駅と、大半が一度は通ったことがあるコースです。

そんなこともあって、朝は遅めの始動。スタート地点までは武蔵五日市駅からバスで移動することになり、運行本数もかなり少ないです。11:00発のバスに乗るには間に合わず、次の12:40発のバスに間に合うよう自宅を出ます。

雨が降るまでには帰ってこようと思っていましたが、武蔵五日市駅に行く途中で雨が降り始め、帰ろうかと迷いましたが、これぐらいの雨なら大丈夫だろうと思って予定通り決行。武蔵五日市駅から約30分で大岳鍾乳洞入口バス停に到着。バスから降りると意外と雨が強いことに気付く。ちょっと後悔。

13:15スタート。始めは緩やかな登りの舗装された林道。ここはゆっくり走ります。約1kmほどで山道に。途中走れるところがありましたが、日の出山までは登りです。さすがに紅葉もほとんどが落葉していましたが、ところどころでどうにか見ることができました。

日の出山までの途中.JPG

日の出山に近づいていると、見慣れた日本山岳耐久レースのコースと合流しました。今日は逆走することになります。日の出山山頂に約50分で到着。山頂の東屋で酒盛りをしているハイカーが2名。楽しそうでした。お酒を勧められましたが丁重断り、少し世間話をして御岳山に向かいます。雨足は弱まる気配はなし。そんな中でも御岳山から日の出山方面に向かうハイカーと何人ともすれ違いました。

約20分程で御岳山。御嶽神社まで登りましたが、境内には人が数名。みやげ物店が並ぶ山道はほとんど人が通っていませんでした。後は、御嶽駅まで下るのみ。走り続けることができますが、ずっと舗装路です。ケーブルカーの滝本駅まではやや急な坂。下りながら、脚の付け根や膝や足首をどうすれば柔らかく使って下れるか、いろいろ試しながら走っていると単調な下りも退屈せずに済みます。

ケーブルカーの滝本駅に到着。これから御岳山へ行こうとしている方が意外とたくさんいました。駅の側でも秋が残っていました。

ケーブルカー滝本駅付近.JPG

雨が降っていなければ滝本駅の売店で寄り道したのですが、今日は寄らずに御嶽駅に向かいます。吉野街道を渡ると多摩川沿いを走ります。このあたりは御岳渓谷。

御岳渓谷.JPG

多摩川沿いの遊歩道を上がると御嶽駅です。時刻は15:20頃。行動時間は2時間5分ぐらいです。あっという間でした。
posted by ysdhrs at 23:17| Comment(2) | 関東ふれあいの道 | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

「キミだけの、記念の1枚を探そう。」

29日の横浜マラソンの会場で、adidasのウェアやシューズを身につけていると撮影してもらえる企画が行われていました。私もスタート10分ぐらい前に撮影してもらいました。

その写真を受け取りにアディダス コンセプトショップ横浜へ。ショップに行くと店内にたくさん貼られていました。引換券を渡し受け取った写真を見ると・・・目付きがヘンです。眠たそうというか・・・。

店内に貼られている写真には含まれていなかったので、晒し者?にされていなかったのは救いでした(笑)

アディダスランニング共和国 特別企画「キミだけの、記念の1枚を探そう。」.JPG
posted by ysdhrs at 23:41| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

奥田英朗 『町長選挙』

『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』に続く伊良部シリーズ第3弾。

4編のうち3編は実在する人物がモデルのようです。
『オーナー』・・・プロ野球球団オーナー
『アンポンマン』・・・IT企業社長
『カリスマ稼業』・・・女優

『オーナー』と『アンポンマン』はすぐ誰のことかわかりました。でも、『カリスマ稼業』の女優はわかりませんでした(後で知りましたが)ので、面白みが半減?

この3編に登場する人物キャラクターが際立っていて、トンデモ精神科医の伊良部の存在感が少し薄くなってしまったように感じました。また、伊良部と同じく看護婦マユミも、キャラが変わった?って思うほどしゃべっています。表題作の『町長選挙』でも際だったキャラクターの登場人物はいないのですが、同じくです。

4編とも面白いのですが、今までの2作品『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』と比べると、イマイチかなって思いました。
posted by ysdhrs at 23:58| Comment(0) | | 更新情報をチェックする