2010年05月31日

『トレイルランニング-入門からレースまで』

1995年刊行の『トレイルランニング入門』の全面改定版。ざっと見る限り、かなりの部分が変わっていました(『トレイルランニング入門』を読んだのは1年半以上前なので、細部までは・・・)。ページ数も増えていました。

タイトルから『入門』はなくなりましたが、内容は「入門」です。特に目新しく思うところはありませんでした。まあ、そのへんは承知して買ったようなものですから。

『トレイルランニング 入門からレースまで』.jpg
posted by ysdhrs at 00:25| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

みやぎ野

今日は朝から武蔵小杉で打ち合わせだったので、ランチも武蔵小杉で。

同行だった上司についていったラーメン店『みやぎ野』。13時近くでしたが、満席で10分ほど待ちました。

新メニューと思われる「カレーつけ麺」(たぶんこんな名前だった)にしました。買った食券を渡すと「7分20秒かかりますが良いですか」と。麺が太いからそれだけ時間がかかるようです。

麺はこの店の普通のつけ麺と比べても3倍ぐらい太い感じ。うどんに近い?カレーも適度な辛さだと思いました。半熟玉子も付いており、なかなかのボリュームでした。旨かった。

極太カレーつけ麺@みやぎ野.JPG
posted by ysdhrs at 23:36| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

「平城遷都1300年記念」切手

今日郵便局へ行った時に、局内のポスターに目がとまる。「平城遷都1300年記念」切手。なぜか気になる、気になる・・・。奈良関連に反応?(笑)あまり迷うことなく買ってしまいました。80円郵便切手が10枚で1シートです。

いつの間にかやめてしまっていましたが、実は中学生の頃、切手収集していました。今回で、再び収集に熱が入ったってことはないですけど、今日みたいに偶然見かけて気になったものはまた買ってしまうかも(笑)

「平城遷都1300年記念」切手.JPG
posted by ysdhrs at 23:57| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

トレイルランクリニック

久しぶりにトレイルラン・ツアーに参加。場所は弘法山と権現山。ツアーの入門コースで来て以来になりました。

今日はいつもとは趣向が違ってトレイルランクリニック。走り方のレクチャーだけでなく、アカデミックな話し(最大酸素摂取量、乳酸性作業閾値・・・ちょっと難しかった)もありでした。

バウンディング系トレーニング、外側に向いた膝の矯正の仕方、インターバルトレーニングの方法等、自分には初めて知ることもあり、とても役に立ちました。いろいろと個人的な質問の答えももらえたし。

自分ではあまり好きでないと思っているトレーニングも、確かに苦手にしていることなので、やれば絶対効果がでるとアドバイスというかお墨付き?をいただきましたので、今後是非実践していきたいと思います。

権現山山頂.JPG
posted by ysdhrs at 22:12| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

マイケル・ジャクソン遺品展

六本木ヒルズumuで開催されている『マイケル・ジャクソン遺品展』に行ってきました。

会場に着いたのは21時過ぎ。閉館は22時なので、あまり時間はありません。入場料を支払って中へ。ずらっと人が並んでいます。混んでいる?と思いましたが、よく見ると行列の先頭付近はガラガラ。皆さん律儀に展示品に沿って並んでいただけでした。大人げない私(笑)は、行列の外側から見て進んでいきました。

残念だったのは展示品の少なさ。あっという間に出口に来てしまったのでビックリです。入場料に見合った内容ではないと思いました。

開催期間の後半は展示内容が異なるようなのですが、それも見に来るかと言われると・・・。

MJ46 Keep on Loving.JPG
posted by ysdhrs at 23:59| Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

荻原浩 『誘拐ラプソディー』

ツキのない人生で前科と借金しかない伊達秀吉。自殺を図るもあれこれ理由をつけて、結局は自殺できずに失敗。そんなダメ男が、目の前に現れた家出してきた子供伝助を行き当たりばったりで誘拐。決して冷酷になれずお人好し。子供は脳天気。誘拐犯(伊達秀吉)と誘拐された子供(伝助)ともキャラクター設定の良さを感じました。

誘拐犯とそれを追う者。ハナからユーモアのあるストーリーとわかってしまっているからか、読んでいてあまり緊迫感がありません。誘拐犯になっても、伊達秀吉の運の悪さには笑ってしまいます。

逃亡劇は珍道中のよう。そこで生まれた伊達秀吉と伝助の2人の奇妙な「キズナ」が、温かい気持ちにさせる結末を見せてくれました。
posted by ysdhrs at 23:54| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

今回もブルー

ゴールデンウィーク中に運転免許証の更新手続きをしました。

前回の更新は3年前。更新前に1ヶ月の免停があったため、前回更新時に「違反運転者」ってことで、2時間の講習を受けゴールドからブルーの免許証に。

今回ゴールドに戻ると思ったのに、今回もブルーで2時間の講習。5年間無事故無違反でないとゴールドにならない。免停は4年前。巡り合わせが悪いです。

また、道路交通法の改正で、今回の更新で区分が「中型」に。条件には「中型車は中型車(8t)に限る」の記載も。でも、中型車なんて運転できなさそう。車両感覚がないし、曲がれないよ、きっと。

運転免許証.JPG
posted by ysdhrs at 23:47| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

三社祭

浅草へ三社祭を見に行ってきました。

人で溢れて歩くのもままならない、と勝手に思っていましたが、意外と大丈夫でした。また、3つある本社神輿も順路をチェックしておかないと見られないと思っていましたが、浅草寺周辺を適当にぶらぶら歩いていても何度も出会えました。近くで見ることもできました。

子供の頃だんじりを曳いたことがあるので、同じようにイメージとして神輿はもっと大きいものかと思っていました。実際見てみると、小振りな感じがしました。それでも十分重いと思いますが。

見ていて、一度担いでみたって思いました。でも体力的にきつそう・・・。

三社祭_1.JPG

三社祭_2.JPG

三社祭_3.JPG

三社祭_4.JPG

三社祭_5.JPG

posted by ysdhrs at 23:39| Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

細野真宏 『「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?』

この著者の本は数冊読んだことがあります。どの本も、とてもわかりやすく書かれています。読んでいる時や読んだ後は理解できた!って思っていても、日に日に忘れていきます(笑)この本でも、そうなりそうな気がします・・・。特に新書でさらっと読めてしまったし。

内容は、タイトルの年金のことだけでなく、「数学的思考力」(=論理的思考力)のこと、宝くじから始まって投資のこと、サブプライムローンのことが書かれています。

宝くじの当選しやすいと言われる販売所の行列のことについては、西銀座デパートチャンスセンターの行列を見るたびに、いつも思っていたとおりのことが書かれていました。当選者が多い販売所は、購入者が多いから。確率はどこでも一緒。ですよね。

タイトルの年金未納問題のことは、マスコミの誤った報道によるもの。その間違いを指摘しています。また、少子高齢化が進んでいるため、若い人が損をするというのも間違いであるとも。今の年金制度のしくみと、課題についてまで触れられており、よく理解ができました。
posted by ysdhrs at 23:33| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

カリーライス専門店 エチオピア

昨日から辛いモノを食べたいって思っていたので、今日、『エチオピア』へ行ってきました。

JR御茶ノ水駅から歩いて5分ぐらい。御茶ノ水駅で下りるのは久しぶり。以前は、スキー関連のものを買いによく御茶ノ水に来たものです。

カレーの種類は多くありませんが、辛さが選べます。「0・1倍・2倍・3倍・4倍・5倍・・・・・最高70倍まで可能です」とメニューに書かれています。「0で一般的な中辛口位になります」とも。「0」は、まあ良いとして「1倍」は倍じゃないから、おかしいのでは?なんて思います。

辛さは実際に食べてみないと基準がわかりません。71段階も分かれていると、1違うとどれぐらい違うのかなと。切りがいいところで「10倍」にしようと、店員さんに聞いてみると「大辛口です。食べられなくはありません。」と、これまたビミョーな答え(笑)

10分近く待って注文したチキンカリーが出てきました。辛そうな香りがするようなしないような・・・。少し口に入れてみる・・・少ししてから、じんわりの辛さを感じます。でも、思った程辛くはありません。お台場のデックス東京ビーチにある『陳麻婆豆腐』で食べた婆豆腐のほうが辛いと思いました。

辛さについては、結果的に若干物足りなく感じました。初めてなのでしょうがないですね。次に来る時は20倍ぐらいかな?

チキンカリー@エチオピア.JPG
posted by ysdhrs at 22:49| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

CHANEL EGOISTE

しばらく使っていませんでしたが、またこれに戻りました。

他のフレグランスをいろいろ使ってみたいのですが、10年近く使い続けてきたので、どうしてもこれに落ち着いてしまいます。保守的なんでしょうかね(笑)

CHANEL EGOISTE.JPG
posted by ysdhrs at 23:50| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

第20回 仙台国際ハーフマラソン

今日走ってきました。エントリーした時は、秋冬のハーフマラソンでは自己記録を思った以上に更新できなかったので、更新狙いでエントリーした大会。でも2月の東京マラソン後は、何となくロードの大会については燃え尽きた感があります。

3月は仕事の忙しさでロードの走り込みが大幅に減りましたが、お陰で左足のシンスプリントはほぼ完治。仕事が落ち着いた4月からの走り込みでは、イマイチ調子が戻らず。そんな状態で今日を迎えました。

仙台市陸上競技場のトラックでアップ。相変わらず調子はイマイチです。今日の仙台の気温はスタート時点で20℃。この時点で自己記録の更新はおそらく無理だと思いました。

10:10にスタート。日本陸上競技連盟登録者のみが走る大会で、ハーフマラソン1時間40分以内、またはフルマラソン3時間40分以内をクリアしていないとエントリーできませんので、やはりペースが速いように感じました。

競技場のトラックを1周し市街地に出ます。最初の1kmは4分15秒。自分のペースです。やはり思った以上に暑く、2km地点で早くも嫌になってきました(笑)5km地点を20分25秒で通過。意外と自分のペースで走れていますが、5km手前で給水してからペースが落ち始めたように感じました。大きなアップダウン(特に上り)があったので、10km地点は42分8秒(ラップタイム21分43秒)で通過。何とか持ちこたえています。

コースの後半は、下りもありますが、最後までじわじわした上り。10km地点とゴールの高低差が30mぐらいあります。10kmを過ぎてから少し力が入るようになりましたが、2~3kmしか持ちません。15km地点は1時間4分23秒(ラップタイム22分15秒)で通過。ペースが落ちてきています。1時間30分を切るのも難しいのではと思い始めました。

20km地点は1時間27分20秒(ラップタイム22分57秒)で通過。さらにペースが落ち、あと1kmを残した時点で、目標だった1時間27分台でのゴールは次回以降にお預けが確定となりました。まあ、無理だと思っていた通りです。

ゴールタイムは、最低限の目標である1時間30分切りもできず1時間32分12秒。この暑さとコースではしょうがないのですが、自分としては残念な結果となりました。もちろん力が足りなかったってのもあります。

走っている最中は今回限りと思っていましたが、悔しいのでおそらく来年も走ります(笑)

第20回 仙台国際ハーフマラソン.JPG
posted by ysdhrs at 23:39| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

瑞鳳殿&大崎八幡宮

今日と明日は出張以外で初めての仙台。

仙台入りしたのが14時過ぎだったので、ちょっとだけ仙台市内を観光。仙台城跡(青葉城跡)は以前に行ったことがあったので今回は除外し、仙台市内の観光スポットを循環するバスで、瑞鳳殿と大崎八幡宮に行ってきました。

先の行ったのは瑞鳳殿。瑞鳳殿は仙台藩祖伊達政宗公の霊屋です。バス停を降りてから、急な坂と緩やかな石段を上ります。観光客があまりいないので、周りは比較的静かで落ち着いた雰囲気でした。

かつては国宝に指定されていたそうでしたが、戦災で焼失し、現在は再建されたもの。徳川家康公を祀った日光東照宮と同じく、装飾が豪華絢爛な桃山様式の建築物です。

瑞鳳殿 涅槃門.JPG

瑞鳳殿_1.JPG

瑞鳳殿_2.JPG

瑞鳳殿_3.JPG

二代藩主伊達忠宗公の霊屋である善応殿と、三代藩主伊達綱宗公の霊屋である善応殿も並んでいました。これらも豪華絢爛な装飾ですが、瑞鳳殿とは格が違うようですね。

感仙殿&善応殿.JPG

再び循環バスに乗り大崎八幡宮へ。大崎八幡宮は、仙台藩祖伊達政宗公の命により造営されました。こちらの御社殿も桃山様式で、現存最古の権現造りの建築物だそうです。

大崎八幡宮 御社殿_1.JPG

大崎八幡宮 御社殿_2.JPG

御社殿の前にある長床は、御社殿とは対照的に簡素です。

大崎八幡宮 長床_1.JPG

大崎八幡宮 長床_2.JPG

循環バスの都合上、滞在時間は10分程度。最終の循環バスに乗って仙台駅に戻りました。
posted by ysdhrs at 23:34| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

貫井徳郎 『愚行録』

冒頭に出てくる母親による虐待の疑いがある3歳女児衰弱死の記事、一家4人惨殺事件に関する被害者の友人や隣人のインタビュー、妹が兄に語りかける独白、この3件がどう関連していくのか読んでいてわからなかったが、最後にすべて繋がりました。鮮やかって言っていいのか・・・。

このストーリーの本筋である一家4人惨殺事件に関する被害者の友人や隣人のインタビューでは、被害者の人柄についてはいい印象を持っている、本当にいい人だったと言いながらも、聞き手に悪い印象を与えるようなエピソードを話したり。学生時代の頃に味わった劣等感からか、ああいう死に方がふさわしいと言う人もいたり。

読み手も、だんだん被害者に対しての印象が悪く思えてくるようになります。インタービュー形式だから、読み手に語りかけられているから、特にそう思えるかもしれません。

同じ人物を語るにしても、複数の人がいると様々な角度から人物像が見えるが、同時に、語り手の僻みや妬み混じりの話しは嫌な気分にさせられます。これが人間の持つ愚かさが垣間見えているように思えました(だからタイトルは『愚行録』?)。

本筋の合間に出てくる、妹が兄に語りかける独白の部分も、不幸な生い立ちが語られています。両親による虐待や苛め。最後は衝撃の事実。どの内容も嫌な気分になります。

最初に「鮮やかって言っていいのか・・・」というのは、嫌な気持ちにさせられる結末だからです。でも、たまにはこの手の読後感の悪い本も良いかな(笑)
posted by ysdhrs at 01:53| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

水源のみち~奥武蔵の古刹を訪ねるみち~義経伝説と滝のあるみち

埼玉県の関東ふれあいの道。今日から踏破開始。

「水源のみち」からスタート。JR奥多摩線川井駅からバスで上日向まで行き、ここから棒ノ嶺に登ります。8時です。このルートはトレイルランニング・ツアーで来たことがあるので2回目になります。

約2kmのだらだらした上りの舗装路を走り、登山道へ。途中から急登。スタートしてから約50分で棒ノ嶺の山頂に到着。天気が良いので多くの山々が見渡せます。少し下ったところから、「水源のみち」の終点である名栗湖が見えました。

棒ノ嶺から見る名栗湖.JPG

その名栗湖に向かって下山。白谷沢に入ると水の流れる音が大きくなり、沢を右に渡ったり左に渡ったり。どんどん人が登ってくる中、自分だけが下り。何だか迷惑なことしている気分になります(笑)

ここのルートもトレイルランニング・ツアーで来たことがあるので2回目ですが、その時はここを登りました。沢を渡ることで足元に気を取られてはっきりと印象に残っていませんが、滝もあり涼を取れて気持ちが良いところだなと今日思いました。次回来るときは、ここを登りにしよう。

白谷沢_1.jpg

白谷沢_2.jpg

白谷沢を下り切ると名栗湖沿いを走り、河又名栗湖入口バス停で「水源のみち」(8.9km)は踏破。

河又名栗湖入口バス停から小殿バス停まで道路に沿って約1.5km程走り、再び登山道へ。ここから「奥武蔵の古刹を訪ねるみち」です。ここもすぐに急な登り。30分ぐらいで竹寺に到着。鳥居に茅の輪ってのは初めて見ました。

竹寺_1.JPG

竹寺_2.JPG

竹寺から尾根に沿って約30分。子の権現に到着。鉄製の大草鞋と下駄はインパクトがあります。大草鞋と下駄は本堂のすぐ側にあり、本堂へはひっきりなしに人が参拝しているのですが、この大草鞋と下駄に関心を持つ人が少ないのは、参拝者のほとんどはリピータ?

子の権現 本堂.JPG

子の権現 大ワラジ.JPG

子の権現 鉄ゲタ.JPG

子の権現から終点の西武線吾野駅まで約4kmは下るのみ。途中から舗装路に変わります。下り切ると西武線沿いに走り吾野駅に到着。ここで「奥武蔵の古刹を訪ねるみち」(9.5km)を踏破。駅前に売店と自動販売機があったので、冷たい飲み物を補給しながら10分程休憩。

今日最後は「義経伝説と滝のあるみち」。スタートは吾野駅です。コースの大半は登り。今日一番暑く感じた時間でした。最後まで走って登り切れないので、頑張れるところまで。あとは歩いたり走ったり。

顔振峠までは思った以上に近く感じました。富士山が見えるらしいですが、空気が澄んでいないと天気が良くても見えないです。この時期だとね。

顔振峠より.JPG

上りは傘杉峠まで続きます。傘杉峠まで来ると、あとは下り。黒山三滝までどんどん下ります。だんだん水の音が聞こえてきました。時々小さな沢を横切ります。沢の水は冷たくて気持ち良く、足を入れたいぐらいでしたが、まだ終わりではないので、手を入れるだけにしておきました(笑)

随分下ったように感じたので、途中通り過ぎてないか不安になりましたが、黒山三滝に到着。思った以上に立派な滝でした。これだと気付かずに通り過ぎることはありませんね。写真の左が女滝で、右の男滝です。特に男滝は近くにいくと勢いを感じます。ここも涼しくて気持ち良いところでした。

黒山三滝 男滝と女滝.JPG

女滝.jpg

男滝.jpg

三滝のもう1つ天狗滝は、男滝と女滝から少し離れたところにあります。近くに行ってみたかったですが、戻りのバスの時間が近づいてきていたので、遠目で見るだけになりました。

ここからさらに1km下って黒山バス停に到着。これで今日3つめの「義経伝説と滝のあるみち」(8.0km)を踏破。

今日3コース合計で26.4kmで、「水源のみち」と「奥武蔵の古刹を訪ねるみち」と繋ぐ連絡コースも含めると約28kmかな。休憩時間を含め約6時間。ほぼ予想どおりでした。

帰りも黒山バス停から越生駅まで、運行本数が少ないバスにタイミング良く乗れましたので、言うことなしです。
posted by ysdhrs at 23:49| Comment(0) | 関東ふれあいの道 | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

日光二荒山神社

最後は二荒山神社。

個人的に、神社は寺院ほど面白味がないと思っています。二荒山神社も例外ではありませんでした。

日光二荒山神社 拝殿.JPG

ここも本殿は修理中で外から屋根しか見ることができませんでした。

日光二荒山神社 本殿.JPG

日光二荒山神社 朋友神社.JPG

日光二荒山神社 日枝神社.JPG

日光二荒山神社 大国殿.JPG

日光二荒山神社 神輿舎.JPG

20分程山手の方に行くと別宮の滝尾神社があるので、そちらも行ってきました。滝尾神社内には、運試しの鳥居・縁結の笹・酒の泉・子種石等があり、稲荷神社もありました。訪れている人が数名いましたが、静かなところでした。何となく落ち着く場所でした。

滝尾神社 楼門.JPG

滝尾神社 拝殿・本殿.JPG

滝尾神社 滝尾稲荷神社.JPG

別宮としてもう1ヶ所、本宮神社ってところがあるようです。二荒山神社と滝尾神社と本宮神社で日光三社らしい。ここも帰ってから知りました。もちろん回り損ねています。

少々悔いが残る日光日帰りとなりました。
posted by ysdhrs at 23:50| Comment(2) | 観光 | 更新情報をチェックする

日光山 輪王寺

東照宮の次は、輪王寺へ。

日光駅から歩いてくると参道の案内があり、その参道を進むと最初に輪王寺が現れます。ここで社寺共通拝観券を買ったので、実際は少しだけ見学して東照宮へ行っています。

日光山 輪王寺 三仏堂.JPG

日光山 輪王寺 護法天堂.JPG

ここでのメインは、徳川三代将軍 家光公の廟所「大猷院」です。大猷院は離れたところにあります。東照宮から二荒山神社を通り過ぎ、大猷院へ。二荒山神社は後回しです。

中心伽藍の拝殿と本殿まで、仁王門、二天門、夜叉門と3つ門を通ります。家康公の廟所「東照宮」ほどではありませんが、美しく豪華な装飾がされています。

大猷院 仁王門.JPG

大猷院 二天門.JPG

大猷院 夜叉門.JPG

拝殿内は拝観ができ、徳川家光公360年御遠忌「御尊像」特別公開ということで、ちょっと遠目ですが見ることができました。

大猷院 唐門・拝殿.JPG

拝殿出て裏手の方に回ると金色を贅沢に使った本殿を見られます。豪華な外観です。

大猷院 本殿.JPG

最も奥にある皇嘉門。見た目は中国にありそうな形です。この先に、徳川家光公墓所がある奥の院です。東照宮のように中に入ることはできませんでした。

大猷院 皇嘉門.JPG

帰ってから調べてみると、輪王寺は慈眼堂や四本龍寺ってのも日光山中にあるようです。回り損ねました。突然思い立って行ったから下調べ不足ですね。
posted by ysdhrs at 23:46| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

日光東照宮

5連休初日の1日、日光へ行ってきました。目的は、世界遺産「日光の社寺」の二社一寺巡りです。

日光は今回で2回目。1回目は、母と伯母の付き合いで行った13年前(たぶん)。今回は前日夜に突然思い立って行ってきました。13年前のガイドブックを持って(笑)

ゴールデンウィークだから混雑を予想して、早朝に出発し、日光には午前8時前に到着。駅から十分歩いて行ける距離だろうと思っていたら、結構遠い。途中バスが追い抜いていかなかったので、バスを待って乗るよりは早く着いたと思います。

とにかく人気の日光東照宮へ。他はたぶんゆっくり見られるでしょうから。

石鳥居を入って境内へ。すぐ左には、五重塔があります。

日光東照宮 石鳥居.JPG

日光東照宮 五重塔.JPG

表門を入ると神厩舎には、人がたくさん集まっています。ここに「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻があるからです。

日光東照宮 神厩舎.JPG

ここで「見ざる・言わざる・聞かざる」のポーズを真似て写真を撮っている人の中で、「言わざる」は口を手で塞ぐのですが、口と一緒に手の指で鼻をつまんでいる人が・・・。「それ嗅がざるやろ!」って心の中でツッコミを入れておきました(笑)

日光東照宮 三猿.JPG

神厩舎の向かいに三神庫があり、屋根下には狩野探幽が下図した「想像の象」の彫刻。存在を知っている人が少ないようです。私も今回初めて知りました。手持ちの13年前のガイドブックで(笑)

日光東照宮 三神庫.JPG

日光東照宮 想像の象.JPG

いよいよ陽明門。豪華な装飾は見入ってしまいます。大きな門ではありませんが、迫力を感じます。

日光東照宮 陽明門.JPG

日光東照宮 廻廊.JPG

家康公の墓所がる奥宮への入口には「眠り猫」の彫刻。ここから200段程の石段を登ったところに、御宝塔があります。ここは別途拝観料がかかったのですが、その割には・・・でした。

日光東照宮 眠り猫.JPG

日光東照宮 奥宮御宝塔.JPG

残念ながら、唐門・本殿・拝殿は長期修理中。内部は拝観できましたが、外部装飾の修理なので、外観は少ししか見られませんでした。
posted by ysdhrs at 23:42| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

イム アロイ

昨日、また中目黒でランチのお店開拓。中目黒に行くとランチネタが定番化されつつあります(笑)

今度はインド料理『イム アロイ』です。山手通りから離れていて、落ち着いた雰囲気の中に、ちょっと派手な看板。13時過ぎに行きましたが、店内には結構たくさん先客がいました。

イム アロイ.JPG

ランチメニューは8種類あり、その中から「スパイシーチキンと玉子のせご飯」を選択。人気メニューなのか、後から入ってきた人も何人か注文していました。

味付けには特に気になるクセも感じなかったし、辛さが良い具合です、個人的には。玉子を混ぜると少しマイルドになります。ハマりそう。

スパイシーチキンと玉子のせご飯@イム アロイ.JPG
posted by ysdhrs at 21:23| Comment(0) | | 更新情報をチェックする