2010年12月31日

SHINJUKU サザンライツ 2010-2011

クリスマスも終わって、どことなく出遅れた感がありますが、昨日見に行きました。

もう少し派手なイメージがあったのですが、ちょっと地味に感じました。人通りも新宿にしては少ないほう?まあ30日ですからね。

でも、私はなぜか気分が年末モードに切り替わらないままです(笑)

SHINJUKU サザンライツ 2010-2011_1.JPG

SHINJUKU サザンライツ 2010-2011_2.JPG

SHINJUKU サザンライツ 2010-2011_3.JPG

SHINJUKU サザンライツ 2010-2011_4.JPG

SHINJUKU サザンライツ 2010-2011_5.JPG

SHINJUKU サザンライツ 2010-2011_6.JPG
posted by ysdhrs at 11:35| Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

伊豆山稜線歩道(戸田峠~仁科峠)

昨日はゆっちさんと今年の走り納め。去年は箱根でしたが、今年は伊豆です。

感覚的に箱根と変わらないと思っていましたが、自宅からすごく遠かったです。朝4時起床。東海道線に2時間以上座っているとお尻が痛くなりますね。修善寺駅に9時前に到着。着替えなどをコインロッカーに入れ、戸田峠までバスで移動。バスはガラガラ。

10時前に戸田峠到着。思った以上に寒い。ウィンドブレーカーに着替えるつもりでしたが、ソフトシェルは脱ぐことができず。吐く息が白い。

スタートしてすぐに景色を堪能できます。戸田市街と駿河湾が広がります。振り向くと富士山が見えますが、上の方は雲に覆われています。

戸田市街と駿河湾.JPG

戸田峠~小達磨山.JPG

小達磨山を過ぎ、一度車道(西伊豆スカイライン)に出て、達磨山へ。スタートして30分程で達磨山山頂。早くも本日の最高地点(標高981.9m)。

達磨山山頂より_1.JPG

達磨山山頂より_2.JPG

これから先の稜線が見えます。

達磨山山頂より_3.JPG

達磨山を下って、少し車道を走ると伽藍山。ここが山頂?っていうようなところでした。伽藍山の後は、しばらく西伊豆スカイラインを走ります。次の道標がなかなか出てこないので、少々不安になりましたが、見つかりました。でも、気をつけないと見落としてしまいそうです。

トレイルを下っていくと、海がだいぶ近くに見えるようになりました。

伽藍山~船原峠.JPG

11時半前ぐらいに船原峠に到着。随分下った感じがします。戸田峠と仁科峠ほぼ中間ぐらいかな。

船原峠から先はしばらく林間が続きます。途中、海が見える棚場山山頂で補給休憩。

棚場山山頂より.JPG

吉奈峠~南無妙峠~土肥峠を過ぎ、魂の山の手前から再び稜線になります。稜線コースだって聞いていたのに、ずっと林間だったので、稜線は始めのほうだけだったのかな・・・って思っていたところでした。振り返ると、達磨山らしき山が遠くに見えます。随分離れましたね。富士山は相変わらず頭が雲の中。

魂の山手前.JPG

魂の山を下り始めると、稜線が続く前方の視界が開けてきました。

魂の山~宇久須峠_1.JPG

魂の山~宇久須峠_2.JPG

13時半前に宇久須峠に到着。太陽が出て天気が良いですが、風が強くて寒いです。ここでも補給休憩。じっとしていると寒くなるので、短時間で済ませ出発。次は風早峠です。

宇久須峠~風早峠.JPG

風早峠手前で猛烈な風が。海から上がってくる風なのかな。ちょうど谷のようになっているので、海からに風の通り道になっているのかも。峠の名前もそれっぽいですし。宇久須峠から風早峠までは1kmだったので、あっという間でした。

仁科峠まではあと少し。仁科峠からさらに400m先に仁科峠展望台があるので、そこまで登ることにしました。仁科峠展望台からも、達磨山らしき山と頭に少し雲がかかった富士山も見渡すことができました。

風早峠~仁科峠.JPG

仁科峠展望台より_1.JPG

仁科峠展望台より_2.JPG

伊豆山稜線歩道を進むのはここでおしまい。風早峠まで戻り、そこから持越温泉まで舗装路に沿って走ります。ずっと緩やかな下りです。山稜と違って風もありません。約4.5km走って持越温泉バス停に到着。バスの時間まで1時間半以上あるので、さらに先のバスの本数が多い湯ヶ島温泉口まで走りました。風早峠から湯ヶ島温泉口まで約10kmありましたが、そんなにあると感じませんでした。平坦か下りばかりだったからかな。

16時前に湯ヶ島温泉口バス停に到着しました。バスで修善寺駅まで戻り、日帰り温泉に寄って帰りました。

移動時間約6時間。行程は伊豆山稜線歩道の約19kmと風早峠~湯ヶ島温泉口の約10kmで合計約29kmです。景色は良かったですが、山稜はとにかく風が強く寒かった。
posted by ysdhrs at 23:51| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

BODYSTEP 82

テーマは「Freaky Fan」とのこと。ちょっとホラーっぽさを入れたコリオです。例えば、本来指先まで伸ばすところを、お化けっぽく手首から先を垂らしたりです。他にもテーマにオプションもいろいろありました。

選曲も、曲目のオリジナルはMichael Jacksonの曲で、5曲目は『アダムス・ファミリー』のテーマ曲と今回のテーマに合っています。1曲目には不気味な笑い声が入っていたり、6曲目にはドアを叩く音が入っていたりとホラーっぽいです。

強度は最近では高いように感じました。キツく感じました。

Track List
01.Things That Go Bump In The Night - Ultra Ego
02.Thriller - Classique
03.Dress You Up - Melanie Z.
04.Broken Heels - Sandy Minx
05.Addams Groove - Mad Playaz
06.Knock On Wood - Rhythm Twins feat. Yolanda
07.Just A Little Bit - Kids Of 88
08.So Fabulous, So Fierce (Freak Out) - Bounce, Bounce, Bounce!!
09.Bad Reputation - Badlands Inc
10.Not Myself Tonight - DJ Reflex
11a.Love Kills - Sander Klien
11b.Kick A*s - Pistolet
12.Sweet Dreams - Beyonce
posted by ysdhrs at 23:32| Comment(0) | スポーツクラブ | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

『武士の家計簿』

今年も取引先から招待券をいただきました(去年は『劔岳 点の記』)ので、有楽町の丸の内ピカデリーへ見に行ってきました。時代劇はあまり興味がないので、おそらく招待券がなければ見に行かない映画だと思います(笑)見に来ていた人は、ざっと見る限り年齢層は高めでした。

ほとんど予備知識なしで見ました。一緒にいただいたリーフレットの写真と、食事の倹約の場面を何か(何だっけ?)で見たぐらい。始まってすぐぐらいは何度か気を失いました(笑)が、ストーリーがつまらなかったわけではありません。ただの睡眠不足。

地味なストーリーですが、コミカルさに笑ってしまう場面もあって、思った以上に引き込まれました。特に中村雅俊と松坂慶子がそうでした。堺雅人は真面目一本槍な役だったので、引き立ちました。

ただ、後半以降はだんだんシリアスになってきました。前半のテンポの良さもなくなってきました。別にストーリーが良くないってわけではありません。そんな中でも胸にグッとくる場面もありました。

上映時間が129分もあったことを後で知りました。でも長くは感じられませんでした。意外と良かったと思います。
posted by ysdhrs at 23:19| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

関東ふれあいの道(埼玉県)踏破証

今年の5月4日から始め、12月4日で全コース踏破。決められた撮影ポイントで撮った写真とコースの感想書いたレポートを送付すると踏破証が送られてきました。

踏破証は東京都と同じくカードぐらいの大きさです。全県共通かな。東京都と違うのは、名前や日付が手書きで、ラミネート加工がされていません。記念バッチも色違いです。

「第283号」ってことは283人目なんでしょうね。

関東ふれあいの道(埼玉県)踏破証.JPG
posted by ysdhrs at 23:31| Comment(0) | 関東ふれあいの道 | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

『バベル』

菊地凛子がアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ話題になった作品。ようやくDVDで見ました。

モロッコ、メキシコとアメリカ、日本が舞台となり、それぞれでエピソードが展開して、最後には1つに繋がるストーリーです。時々このパターンの作品を見ることがありますが、この作品では、すごく細~く繋がっているように思います。ちょっと繋げるには無理があるような気がしました。ただ、見終わった後、何を伝えたかったのか私には理解しきれませんでした。

イントロダクションには、「遥か遠い昔、言葉は1つだった。人間たちは神に近づこうと、天まで届く塔を建てようとした。怒った神は言葉を乱し、世界はバラバラになった-旧約聖書の創世記に記されたバベルという街の物語だ。」「21世紀の今、この星全体が"バベル"のようになってしまった。(中略)言葉が通じる隣人や親子でさえも心を通わせることができない。(中略)情報化社会に暮らしているのは、どこにも届かない想いを抱いてさまよう私たちの孤独の魂なのだ。」と記されています。

これを読んで初めて、何を伝えたかったのか少しわかった気がします。それでも、何かもやもや感はあります。

見る人によって評価が別れる作品だと思います。
posted by ysdhrs at 23:46| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

小林よしのり 『天皇論』

これを読んで初めて、天皇について知ることができ、とても勉強になりました。

学校で習ってきて、ずっと信じて疑わなかった、大日本帝国憲法(明治憲法)下では「天皇主権」ということは、誤りであるとわかった時は衝撃的でした。学校で習ってきたことって何なんだろうって思いました。

天皇のことだけでなく、皇室や君が代等についてもわかりやすく説明されています。さらに皇位継承問題についても踏み込んで著者の考えを述べています。この問題については、いろいろと考え方があると思いますので、盲目的になってはいけませんけどね。

また、本来、祝祭日は祝日と祭日に分けられ、祭日とは祭祀を行う日であり、新嘗祭、春季皇霊祭、秋季皇霊祭がそうである。ただし、戦後GHQにそれぞれ、勤労感謝の日、春分の日、秋分の日と名前を改めされられたそうです。

とにかく、いろいろ書き連ねていくときりがないです(笑)。
posted by ysdhrs at 23:56| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

南部屋

松島の観光船乗り場のすぐ近くにあるお店。時期的に牡蠣と決めていました。

店に入った時間は13時半を過ぎており、お昼時には遅い時間のせいか、店内は数組のみでした。ただ、自分が食べ終わる頃に、人が一気に入って来ました。観光船が帰ってきたタイミングかもしれません。

生かきか、かき殻焼きが良いかなと思っていましたが、かき丼にしました。それでも、生かきを追加しようかと思いましたが、ちょっと贅沢し過ぎる値段になるので止めました(笑)

メニューはそば、うどん、海鮮丼等の他に牛たんまで。普通の食堂とは変わらないぐらい、バリエーション豊かでした。でも、お店はもともとうなぎ屋さんのようです。かき丼にかかっているタレも見た目はそれっぽい気がしましたが、味付けはちょっと違いました。

かき丼@南部屋.JPG
posted by ysdhrs at 00:28| Comment(2) | | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

2010SENDAI光のページェント

今回の仙台出張は、実はこれも楽しみでした。七夕まつりは運良く2年連続で出張と重なり、あとはいつかこれを見ることができればって思っていました。それが今年に実現です。

でも、先週半ば頃に、整流器のショートによる火災が発生し、中断のニュースを知りました。全面再開は早くても20日の見通しということも。今回はついていないなって思いました。

火災が発生したメインの定禅寺通以外に、西公園や勾当台公園でもイルミネーションが点灯されるので、そこだけでも見に行こうと思っていましたが、定禅寺通では試験点灯がされるとのことなので、少し希望が見えてきました。で、20時過ぎに会場へ。

初めてみるので、全面点灯と比べると、どれぐらい差があるのかわかりません。確かに点灯していないエリアはありました。でも、思ってた以上のものだったので満足できました。

写真の出来ですが、露光時間を長くできないので、ちょっと暗い感じになってしまいました。周りの建物からの明かりや車のヘッドライトも影響しています。なかなか見たまんまってわけにはいきませんね。良さが伝わりにくいです。

2010SENDAI光のページェント_1.JPG

2010SENDAI光のページェント_2.JPG

2010SENDAI光のページェント_3.JPG

2010SENDAI光のページェント_4.JPG

2010SENDAI光のページェント_5.JPG

2010SENDAI光のページェント_6.JPG
posted by ysdhrs at 06:26| Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

再び松島へ

今週末は休日出勤で仙台出張。仕事は夜中から明け方にかけての作業なので、土曜日はほとんど休みのようなもの。

お昼前に仙台入りし、松島まで行ってきました。一昨年9月以来、2回目です。前回は松島島巡り観光船に乗りましたが、今回は乗りません。伊達政宗公ゆかりの場所を見て回りました。

最初は瑞巌寺です。総門をくぐると杉並木の参道です。

瑞巌寺 総門.JPG

瑞巌寺 参道.JPG

受付で拝観料を支払い中へ。残念ながら、国宝の本堂を始め、重要文化財の中門や御成門等は、去年9月から始まった平成の大修理期間中のため、平成28年3月まで(長っ!)見ることができませんでした。タイミングが悪かったです。

その代わりに、同じく国宝の庫裡の内部と、陽徳院御霊屋(伊達政宗公の正室の墓堂)が公開されていました。陽徳院御霊屋は写真撮影禁止とのこと。御霊屋の扉を開けての内部公開だからかな?

瑞巌寺 庫裡.JPG

次は瑞巌寺の西隣になる円通院です。伊達政宗公の孫の菩提寺だそうです。景観が美しい庭園が4つ程あるようなのですが、今の時期は中途半端なようで、これといった見所はないみたい。本堂では数珠作り体験ができるようになっていました(参加はしませんでしたよ 笑)。

円通寺 石庭.JPG

円通寺 三慧殿.JPG

円通寺 大悲亭(本堂).JPG

円通院を出ると、海の方へ行きます。松島湾に浮かぶ五大堂です。ここから見る松島湾の風景も意外ときれい。ただ、ちょっと太陽が眩しいです。まだ14時頃でしたが、冬至が近いせいか日が傾くのが早いような・・・。

五大堂_1.JPG

五大堂_2.JPG

最後は海岸線を歩いて、観瀾亭へ。観瀾亭は伊達政宗公が伏見桃山城の茶室を移築したものとのこと。ここでは、少し高台になったところから松島湾を眺めながら、抹茶も味わうことができます。ただ、抹茶を飲める縁側はちょうど日陰になっていて、寒そうでした。

観瀾亭.JPG

観瀾亭からの眺め.JPG

できれば、松島を高台から眺めることができる場所へ行きたかったのですが、その場所までのバスは運行されておらず、車でしか行くことができないようでした。残念ながら。
posted by ysdhrs at 19:40| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

小林よしのり 『パール真論』

小学校から高校まで日本史の授業があるが、いつも時間切れできちんと習うことがない近現代史。これを読んで、東京裁判のことと、その裁判の判決に対し、ただ一人反対し、反対意見書を書いたパール判事のことを初めて知ることができました。

内容は、中島岳志の著書『パール判事』で、反対意見書に対して誤った解釈をしていることを批判をしています。少々やり過ぎかなと思いますが、バイアスがかかった内容でも有識者が述べると、一般的に信用してしまいますから、そういうことの危険性を知ることができて良かったと思います。

まあ、何事にも偏った意見だけを信じることなく、いろんな考え方を知る必要があって、その中から何が正しいかを冷静に見極める力が必要だと改めて感じました。
posted by ysdhrs at 23:57| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

音楽噴水 AQUA FANTASY

先週末のこと。京都駅前の音楽と光に合わせて踊る噴水。ちょっとのつもりが、しばらく眺めていました。

写真より動画のほうが良さが伝わると思います。写真だとイマイチです。撮った枚数のわりには、どれもパッとしません(苦笑)

音楽噴水 AQUA FANTASY_1.JPG

音楽噴水 AQUA FANTASY_2.JPG

音楽噴水 AQUA FANTASY_3.JPG

音楽噴水 AQUA FANTASY_4.JPG

音楽噴水 AQUA FANTASY_5.JPG
posted by ysdhrs at 23:36| Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

(麺)ハレノヒ

今日、中目黒で新規開拓。最近つけ麺が多くなったと感じます(気のせいか?)。

「ポタノさんのベジポタ トッピング全部のせ」で、さらに大盛り(笑)。トッピングは野菜、自家製の燻し鶏と燻し玉子。麺はラーメンしてはかなり太めだと思います。歯ごたえありです。スープは野菜のポタージュ(ベジタブルポタージュだから「ベジポタ」ですね)で、とろみがあります。

なかなか健康的なメニューだと思いました。

ポタノさんのベジポタ トッピング全部のせ@(麺)ハレノヒ.JPG
posted by ysdhrs at 23:52| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

100マイルトレイルランニングレース事前懇談会

来年5月の開催が計画されている日本初の100マイルトレイルランニングレース。Trail Running magazineに記事が出ていたレースです。週末、それに関する事前懇談会が開催されました。

土曜日の午前中に京都へ移動予定だったので、東京会場では参加できませんでしたので、東山三十六峰マウンテンマラソンの後、帰る時間を遅らせ、日曜日の京都会場で参加しました。

正式発表される前なので、懇談会という形式です。事務局のゴールドウィンの方とトップ選手の鏑木毅さんよりお話がありました。まだ正式発表ができない段階なので、懇談会で知った情報はここで書くことができません。写真撮影も禁止でした。

自己最長は信越五岳トレイルランニングレースの110kmですが、さらに50km長い160km=100マイルってのは想像がつくようなつかないような・・・。迷うことなくエントリーを決めている自分が恐ろしく思います(笑)

興味をもっているランナーも多いようですので、エントリーの難易度は如何に。
posted by ysdhrs at 03:19| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

第17回 東山三十六峰マウンテンマラソン

去年同様、このレースが自分にとって今年の最終レース。

宝ヶ池~伏見稲荷大社のワンウェイコース。距離は30km。自分がエントリーするレースでは一番短い(青梅高水山トレイルランニングレースもそう)です。トレイルはほとんどがシングルトラックで追い抜きが難しいコースだと思います。また、舗装路の区間が多いですが、雰囲気が気に入っています。

10時5分にスタート。この「5分」は何か意味があるのか・・・謎です。宝ヶ池の周りをぐるっと1周します。ほとんどアップダウンがないので、周りは結構早いペースです。舗装路での走力の差がでる区間かと思います。私はそれ程スピードが出せないので、ほぼマイペースで、蛇行して無理な追い越しはしません。

宝ヶ池を出て少し行くと歩道橋を渡ります。去年はこの歩道橋でちょっと渋滞しましたが、今年はスムーズです。去年よりは良いペースでスタートができたかもしれません。住宅街に入ると、じわじわ登り始めます。今年も頑張って歩くことなく走りきりました。歩いている人を見かけないので、頑張るしかないのですがね(笑)

トレイルは入るとシングルトラックになります。登りはまあ良いですが、下りは自分のペースより遅いとちょっとイライラします。ツアーのようにランナーが連なります。隙を狙って少しずつ追い抜き、もう少しでこのペースの一番前のランナーを追い抜けそうなところで、下りはおしまい(ガックリ)。舗装路の住宅街になります。まもなく最初のエイド。

エイドで補給を済ませ、大文字山へ登ります。登り切ると、京都市街が一望できるところに出ます。少しガスっているように感じましたが、よく見渡せたほうだと思います。去年はここで写真を撮りましたが、今年はちらっと見ただけで先に進みます。

大文字山を下り始め、しばらくすると15km地点の表示。5kmと10kmでは確認しませんでしたが、ここでタイムを確認。だいたい1時間39分。中間地点なので単純に2倍にすると去年のタイムを上回ります。今年の目標は去年のタイムを上回ることです。

大文字山を下り、日向大神宮のエイドで補給を済ませ、東山ドライブウェイを登ります。去年は歩かず走りきれました。今年も歩かないように頑張りました。途中20km地点の標識。だいたい2時間14分。残り10kmをほぼ1時間で走らなければなりません。ちょっと厳しいかな・・・。

再びトレイルへ。東山ドライブウェイせっかく歩かずに走れたのですが、トレイルの登りでは歩いてしまいました。まだまだですね(苦笑)。登り切った後は、走りやすいほぼフラットなコースもある下り。下りきると舗装路です。25km地点を2時間44分で通過。何とかなりそう?最後のエイドで補給。自分が持っている補給食はまったく手をつけずに終わりそう。来年は再考しないと。

残り5kmから1km刻みの標識があります。去年は初めてのコースでしたが、今年は記憶に残っているので、最後の稲荷山への登りは長くないので、緩い登りは走ります。最後は若干登りがありますが、フラットな路面と下りのみ。

3時間16分15秒でゴール。去年より7分45秒短縮。11月は大会を入れていなかったため、少し怠けてしまいましたが、今回の結果で良い感じで1年が終わりました。

第17回 東山三十六峰マウンテンマラソン.JPG
posted by ysdhrs at 23:57| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

天龍寺・高山寺・仁和寺・龍安寺

本日10時に京都着。今日は京都観光。

実家の大阪に住んでいた頃と違って、遠く離れてしまうと京都に来ることは楽しみになっています。去年から京都に来るたびに、世界遺産に登録されている寺院巡りをしていますが、今回もです。

今日はすべてバス移動です。最初は天龍寺へ。京都駅からバスで30分以上はかかったと思います。嵐山方面なので、やはり少し遠いですね。

始めは本堂に入って庭園等を見て回り、その後、本堂から出て見て回ります。どちらも見て歩く場所はほとんど同じですが、視線の高さが違います。本堂に入ると内部の見学もできます。

天龍寺 庫裏.JPG

天龍寺 多宝殿.JPG

天龍寺 大方丈.JPG

庭園は嵐山を背景に上手く使っています。紅葉の時期は終わっていますので初冬の色合いです。

天龍寺 曹源池庭園_1.JPG

天龍寺 曹源池庭園_2.JPG

次は仁和寺へ向かいます。バスは30分に1本と少なめです。少し待ち時間はありましたが、さらに遅延してバスがやってきました。仁和寺の前でバスを降りると、ここから高山寺に行けるバスの時刻表を確認。そのバスも30分に1本。10分前に出た後だと思っていましたが、このバスも遅延していたようで、タイミング良く乗ることができるので、仁和寺は後回しにし、先に高山寺に行くことにしました。

バスはどんどん登って行きます。乗客は数名でしたが、最後は私1人になり終点の高山寺の前で降りました。高山寺はバス停から少し登ったところにありました。参拝者はあまりいません。市街から外れているからでしょうか。

国宝の石水院は内部に入ることができますが、外観を眺めることができません。塀に囲まれているので、屋根が少し見えるだけで、遠くからみても周りの木が邪魔になります。

高山寺 石水院内部.JPG

高山寺 石水院.JPG

石水院を見た後、境内を歩きましたが、参拝者は数名でした。ひっそりとしていて静かでいいですが、ちょっと寂しいです(笑)紅葉がピークの時期は凄いかも。

高山寺 開山堂.JPG

高山寺 金堂.JPG

バスで仁和寺の前まで戻り、今度こそ仁和寺に入ります。

道路に面した迫力のある二王門。その先には広い参道があり、右手に五重塔が見えます。そのまま境内へ進む前に御殿を拝観します。御殿内には、砂を敷きつめた簡素な南庭と、池もあり木々が賑やかな北庭の二種類の庭園があります。

仁和寺 二王門.JPG

仁和寺 南庭.JPG

仁和寺 北庭.JPG

御殿を拝観し終わったら境内の方へ。高さが2mぐらいの御室桜の林がありましたが、季節が違います。その時期に見てみたいですね。広い境内をぐるっと見て回りました。

仁和寺 観音堂.JPG

仁和寺 御影堂.JPG

仁和寺 金堂.JPG

仁和寺 経蔵.JPG

仁和寺 九所明神.JPG

仁和寺 五重塔.JPG

最後は龍安寺です。仁和寺からバスに乗って3つ先バス停で降ります。

ここは一度来たことがありますが、石庭以外は何も覚えていません。山門をくぐると鏡容池という大きな池にそって進むと、庫裡が見えてきます。天龍寺の庫裏と少し似た感じがします。紅葉や黄葉がまだ少し残っていますね。

龍安寺 山門.JPG

龍安寺 庫裡.JPG

庫裡に入って方丈へ進むと、石庭を見ることができます。石庭に向かって一列にずらっと座り込んでいます。皆さんお疲れ?(笑)

龍安寺 石庭.JPG

石庭を見終わったら、また鏡容池にそって進むと出口です。石庭以外に見られるところはありませんでした。何か物足りないです。

龍安寺 鏡容池.JPG

15時半頃で今日の予定はおしまいです。雨が降ったり止んだりする変な天気でした。
posted by ysdhrs at 23:42| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

PlayStation2

PlayStation「3」でなく「2」です。

通勤経路のJR浜松町駅のホームにある『グランツーリスモ5』の看板をみて、『グランツーリスモ3』と『グランツーリスモ4』のソフトを持っていたことを思い出しました。

久しぶりにやってみようかなってことで、しばらくテレビに接続していなかったPlayStation2を再び接続しました。他に持っているソフト『ボンバーマン』で少し遊んでみると、やめられなくなりました(笑)ゲームに熱中しそう。

PlayStation2.JPG
posted by ysdhrs at 23:48| Comment(0) | ゲーム | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

大石静 『セカンドバージン』

たまたまNHKのテレビドラマで第7回の放送を見ました。普段テレビを見ることができない時間帯ですが、ちょうど祝日(11月23日)だったものですから。見たのはこの回が初めてなので、今までのストーリーはまったくわかっていません。

それでも見終わった後、何か惹き付けられるものがあったので、続きが見たくなりまり、次回放送の録画を予約。でも、その後に原作本があることを知ったので、本で読むことにしました。

ストーリーは妻のいる男性とバツイチの女性の出会いから始まり、不倫へと。妻は最初は頭が弱そうなキャラクターかなと思いましたが、ストーリーが進むにつれ、キャラクターが変わったかのようにキレを見せ始めると、読んでいる方も引き込まれていきました。

結末は夫は妻のもとへ帰るか、不倫のまま突っ走ってしまうかのどちらかかなと思いましたが、想定外の展開でした。改めて女性のしたたかさと強さ(怖さもか?笑)を感じてしまいました。
posted by ysdhrs at 23:58| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

関東ふれあいの道 群馬県コース

先週末で埼玉県コースをすべてて踏破。次のステージである群馬県のコースマップを早速入手しました。有料(1,000円)でした。去年、東京都と埼玉県のコースマップを入手した時は一都六県の全コース踏破なんて考えていませんでしたが、今はやる気たっぷりです(笑)

東京都と埼玉県のコースマップのようにコース毎に別れた地図でなく、冊子のようになっています。厚みがあるので、マップケースに入れて持ち歩くってことはやりにくそう。

全部で35コース(うち1つは連絡コース)もあります。多いです。標高1,000mを軽く越える榛名山と赤城山もコースに含まれています。楽しみでもありますけどね。

いつから開始するかはまだ決めていません。ざっと見る限りでは、コースの始点まで、終点からの移動は基本的にはバスみたい。バスの時間を気にしながらになりそうなので、落ち着かないかも。

関東ふれあいの道 群馬県コースマップ_1.JPG

関東ふれあいの道 群馬県コースマップ_2.JPG
posted by ysdhrs at 23:57| Comment(2) | 関東ふれあいの道 | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

『ハセツネドキュメント2010』

今年10月の日本山岳耐久レースのDVDです。初めは買うつもりはなかったのですが、何となく気になってきたので・・・。

映像ではトップ選手以外で見たことがある顔が何人か映っていました。もちろん私はまったく映っていません(笑)あと、ところどころで画質がイマイチかなって感じることがありました。これは贅沢かな。

自分も選手として参加していると、トップ選手の走りを見る機会がありませんので、これで少し見ることができました。映像を見る限りでは、ずっと走り続けているわけではないようですが、登りでも歩いている時間はごくわずか。やっぱり違いますね(比べちゃダメか 笑)。

見ているうちに、改めて来年も頑張ろうって気になりました。エントリーするのが大変ですけどね。

ハセツネドキュメント2010.JPG
posted by ysdhrs at 22:49| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

将門伝説を探るみち~下久保ダムを望むみち

全コース踏破に追い込みをかける埼玉県の関東ふれあいの道。今日も行ってきました。

今日は秩父鉄道皆野駅から皆野町営バスに乗ること約30分。西門平バス停で降り、ここから9時20分頃スタートです。最初は「将門伝説を探るみち」。いきなり斜度がきつい登り。約30分登り続け鐘掛城(標高1003m)に到着。

鐘掛城から少し下ったところで、次に登る城峯山が見えます。

城峯山.JPG

石間峠を通過し、登って行くと電波塔が見えてきました。間もなく城峯山山頂です。電波塔は展望台にもなっています。360度見渡すことができました。ここからの眺めは素晴らしいです。

最初に登った鐘掛城の向こうには、うっすらと筑波山が見えます。

城峯山山頂より_1.JPG

奥に雪が被った浅間山が見えます。

城峯山山頂より_2.JPG

城峯山山頂より浅間山.JPG

両神山、雪が被った八ヶ岳も見えます。

城峯山山頂より_3.JPG

城峯山山頂より八ヶ岳.JPG

赤城山や日光連山と群馬県の山も見えます。手前は前橋市街だと思います。前橋市にある33階建ての群馬県庁はわかりやすいです(写真ではわかりませんが)。

城峯山山頂より_4.JPG

今日は天気が良く見晴らしも良いので、いつまでも眺めていたいぐらいですが、風通しも良くて、だんだん寒くなってきました。ほどほどにして先へ進みます。

山頂から少し下ったところに城峰神社があります。ひっそりとしていました。

城峰山神社.JPG

城峰神社から先にはしばらく舗装路を走ります。再び石間峠を通過し、宇那室バス停の方へ向かいます。ずっと舗装路かなって思っていたら、突然標識があってトレイルへ。危うく見落とすところでした。

でもそのトレイルも途中で終わり、再び舗装路になります。集落を通り、城峯公園に入ります。城峯公園は次の「下久保ダムを望むみち」でまた戻ってくるので通り過ぎることにします。終点の登仙橋バス停までどんどん下り、12時前に到着。目の前はもう群馬県です。

次は「下久保ダムを望むみち」です。城峯公園まで来た道を戻ります。3kmちょっとあります。改めて城峯公園に着いたら補給休憩。公園内は冬桜が咲いています。ピークは過ぎているようですが、まだ見ることができました。

城峯公園の冬桜_1.JPG

城峯公園の冬桜_2.JPG

また、公園内の展望台からは神流湖と下久保ダムを一望することができました。

下久保ダム.JPG

城峯公園を出て、近くの郷社城峰神社に寄ってみました。ここもひっそりとしていました。城峯公園は賑わっていたので、すぐ近くの神社でありながら、すごく対照的です。

郷社城峰神社.JPG

コースに戻ります。ちなみにずっと舗装路です。なだらかに下っていきます。神流湖畔のボート場までくると、行き止まりと表示されていました。ここからは神流湖畔に沿ったコースです。埼玉県のホームページでも確かに通行止め区間と掲載されていました。でも、行けるところまで行ってみて、その時点で引き返そうと思い進みます。

ここからは舗装路ではありません。通行止めになってから長いようですが、コースの荒れ具合の少なさを見る限りでは、頻繁に人が通っているように感じました。ただ、木が倒れ道を塞いでしまっているところが何ヶ所もありました。ドキドキしながら、まだ行けるまだ行けるってことで進みます。ほぼフラットで道幅も広く、荒れていなければ気持ちよく走れと思いました。

コースは途中から舗装路に。漂流物のようなものがたくさん落ちています。冠水した時に残った物でしょうか。特に崩落しているところはありません。駐車場らしき場所が現れ、車が通れる道幅になります。どこまで行けるんだ?もしかして・・・最後まで行けてしまった。整備すれば何の問題もなく通れるように思いました。もう通行止めを解除しても良いのではないでしょうか。

今度は車道に沿ったコース。だんだん下久保ダムが近くになってきました。ダムの入口に来ました。ダムを渡るかと思いましたが、地図でコースを確認すると渡らず、ダムを神流湖と反対側に下り、三波石峡の方へ進みます。叢石橋を渡ると群馬県。叢石橋の下は三波石峡です。

三波石峡.JPG

三波石峡から先は1km程群馬県を走り、登仙橋を渡って再び埼玉県へ。このコースは周回コースですので、埼玉県に入ってすぐの登仙橋バス停が終点。14時半前に到着です。

本日の行程は約5時間で、距離は25.5kmでした。これで関東ふれあいの道の埼玉県コースは全コース踏破になりました。
posted by ysdhrs at 23:57| Comment(2) | 関東ふれあいの道 | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

SUUNTO t6d

10月の信州戸隠トレイルランレース中に、停止してしまった心拍計。心拍計を確認しながらスピードの調整するようになってから、心拍計がないと少々不安になります。

その心拍計の電池を交換しましたがリストトップコンピュータで認識できず、とうとう壊れてしまったと思いました。買ってから約3年になりますので、24ヶ月の保証期間も過ぎてしまっています。

心拍計の買い換えを決めました。でも、リストトップコンピュータまで一緒に買い換えてしまいました。以前から気になっていたもので(笑)それが今日届きました。

SUUNTO t6d.JPG

念のため今日もう一度、今まで使っていた心拍計を確認したら、なんとリストトップコンピュータで認識しました。壊れていないみたい・・・。まあいいか(苦笑)

posted by ysdhrs at 22:46| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする