2011年08月31日

Paris~Zurich~成田

今日朝、帰国しました。

Gare de Lyon駅からも乗ることが出来るCharles de Gaulle空港行きのバスに乗りました。Gare Montparnasse駅発で30分間隔で運行としかわからなく、バス停を探し15分程待っているとバスが来ました。私を含め5、6人が乗り込みました。

ターミナル1は終点ですが、1時間もかからずに空港へ到着。帰りもスイス航空です。チェックインを済ませ、搭乗口前まで来てようやく一息。出発の11時までは十分時間に余裕があります。

CCC2011 DAY8_1.JPG

CCC2011 DAY8_2.JPG

帰りもZurich経由です。Zurichまでの飛行時間は1時間程。軽食が出ましたが、苦手なチーズ。チーズさえ食べない私には、これもチャレンジだと思い食べてみました。意外と大丈夫でした(笑)。チーズ嫌いを少し克服?

CCC2011 DAY8_3.JPG

窓から遠くに見えるのはアルプスかな。

CCC2011 DAY8_4.JPG

Zurichでは乗り換え時間が短い。ターミナルが離れているし、手荷物検査と出国手続きも必要。ターミナルに着くと待つことなく、そのまま機内へ搭乗。あとは11時間程のフライト。

食事時のワインは、行きは赤にしたので、帰りは白を選びました。イマイチでした(苦笑)。

CCC2011 DAY8_5.JPG

成田には朝7時半頃に到着。帰ってきました。現実に引き戻され、明日から出勤です。

posted by ysdhrs at 21:00| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

リヨン観光

行きのジュネーヴのように、帰りもパリへの移動の途中で観光。28日はリヨンです。

Lyon Part-Dieu駅構内のコインロッカーに荷物を預け、身軽になって旧市街を歩きました。「リヨン歴史地区」として世界遺産に登録されています。メトロの1日券を使って移動。チケットの買い方と乗り方で少々迷いました。日本の地下鉄のように親切でわかりやすいのに慣れていると、こういう時は大変です。

メトロでVieux Lyonまで行き、すぐ近くのサン・ジャン大聖堂へ。フルヴィエールの丘の上のノートルダム・ドゥ・フルヴィエール・バリジカ大聖堂が見えます。残念ながら、工事中でサン・ジャン大聖堂の外観は覆われていましたが、内部には入ることができました。

リヨン Vieux Lyonより.JPG

リヨン サン・ジャン大聖堂.JPG

リヨン サン・ジャン大聖堂内部_1.JPG

リヨン サン・ジャン大聖堂内部_2.JPG

リヨン サン・ジャン大聖堂内部_3.JPG

サン・ジャン大聖堂を出て、フルヴィエールの丘を登ります。暑い~。ノートルダム・ドゥ・フルヴィエール・バリジカ大聖堂に向かっているつもりでしたが、古代ローマ劇場に着いてしまいました。後から行くつもりだったので、まあ良いか(笑)

リヨン 古代ローマ劇場_1.JPG

リヨン 古代ローマ劇場_2.JPG

リヨン 古代ローマ劇場_3.JPG

リヨン 古代ローマ劇場_4.JPG

リヨン 古代ローマ劇場_5.JPG

古代ローマ劇場からもう少し登ったところにノートルダム・ドゥ・フルヴィエール・バリジカ大聖堂がありました。写真では全体がギリギリ収まるか収まらないかです。ここまではケーブルカーでも登れるのですが、メトロの1日券で乗れることが登った後にわかりました・・・。

リヨン ノートルダム・ドゥ・フルヴィエール・バリジカ大聖堂.JPG

リヨン ノートルダム・ドゥ・フルヴィエール・バリジカ大聖堂内部_1.JPG

リヨン ノートルダム・ドゥ・フルヴィエール・バリジカ大聖堂内部_2.JPG

リヨン ノートルダム・ドゥ・フルヴィエール・バリジカ大聖堂内部_3.JPG

丘からは旧市街と新市街が見渡すことができます。天気が良く遠くまで見えました。

リヨン フルヴィエールの丘より_1.JPG

リヨン フルヴィエールの丘より_2.JPG

フルヴィエールの丘を登りとは違うルートで下り、旧市街の中をぶらぶら歩きました。ここも迷路のようですが、その感じが良いです。ジュネーヴの旧市街を歩いた時にも思いましたが、リヨンの旧市街もそうです。

リヨン 旧市街_1.JPG

リヨン 旧市街_2.JPG

リヨン 旧市街_3.JPG

リヨン 旧市街_4.JPG

リヨン 旧市街_5.JPG

リヨン 旧市街_6.JPG

リヨン 旧市街_7.JPG

リヨン 旧市街_8.JPG

リヨン 旧市街_9.JPG

最後に新市街にあるベルクール広場に寄ってからLyon Part-Dieu駅に戻りました。

リヨン ベルクール広場_1.JPG

リヨン ベルクール広場_2.JPG

リヨンは世界遺産登録されているだけあって、観光客も多く賑やかでした。Bouchonというカジュアルなレストランがあり、ランチを食べてみたかったのですが、やはり時間がもう少しあればと思いました。

posted by ysdhrs at 08:04| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

Chamonix~Lyon~Paris

28日朝、Chamonixを発ちました。UTMBはまだまだレース中なので、Chamonixに戻ってくるランナーもいます。1~3位までと7位(日本人1位)の鏑木毅さんのフィニッシュシーンは27日中に見届けることができました。

滞在中ずっと見えなかったモンブランの山頂が、出発の朝、クリアになっていました。心残りがなくなりました。

Mont-Blanc.JPG

今回はParisまで鉄道の旅になります。Chamonix駅から出発です。

Chamonix駅.JPG

ChamonixからSt Gervaisまでは約45分。在来線です。車輌はモンブランを見やすくするためなのか、窓の形に特徴があります。デジカメでモンブランを撮影している人も少なくありません。

Chamonix~St Gervais車内.JPG

Chamonix~St Gervaisの鉄道_1.JPG

Chamonix~St Gervaisの鉄道_2.JPG

St Gervaisに到着です。Lyon行きへ乗り継ぎです。Lyon駅は存在せず、Lyon Part-Dieu駅です(Lyonにはもう1つLyon Perrache駅があります)。ホームには日本の鉄道のように電車の行先等の案内がないので少々不安でしたが、その時間帯に発車する他の列車がないようだったので、大丈夫と言い聞かせました(笑)

Lyon Part-DieuまでSt Gervaisから約3時間20分かかります。乗り継ぎ時間が短くて良かったです。逆に、運行本数があまり多くないので遅延したりで乗り遅れると大変なことになります。

St Gervais~Lyonの列車.JPG

St Gervais~Lyon車内.JPG

St Gervaisを発車する時は空席がありましたが、途中の駅で乗り降りが多く、立っている人も出るぐらいでした。車窓から見える風景は地方の町並みといった感じ。St Gervaisを出た直後は、まだモンブランを見ることができました。ある駅では、ベンチでギターの練習?をしている人を見かけ、まさに『世界の車窓から』みたいです(笑)。

St Gervais~Lyonの風景_1.JPG

St Gervais~Lyonの風景_2.JPG

St Gervais~Lyonの風景_3.JPG

St Gervais~Lyonの風景_4.JPG

St Gervais~Lyonの風景_5.JPG

St Gervais~Lyonの風景_6.JPG

St Gervais~Lyonの風景_7.JPG

St Gervais~Lyonの風景_8.JPG

Lyon Part-Dieu駅までの約3時間20分間は座りっぱなしでしたが、お尻が痛くなることはありませんでした。フランス車の座席のようにシートが良いのでしょう。

Lyon Part-Dieu駅.JPG

LyonからParisへすぐに移動せず、3時間程ですが市内観光をできる時間の確保しておきました(この記事のアップも後日に)。

観光を済ませて、17時発のTGVでParisへ向かいます。今回TGVに乗るのも楽しみでした(別に「乗り鉄」ではありませんよ)。チケットは日本で予約済み。2階建車両の2階で一等車です。シートの幅も広く座り心地も良さそう。でも唯一の難点は、日本の新幹線のようにシートが進行方向に向かって回転できないので、後ろ向きに座ることになりました。

Lyon Part-Dieu駅構内.JPG

Lyon~Paris TGV車内.JPG

Parisまで2時間5分。車窓から見えるのはほとんど畑ばかりなので、眺めの良さはイマイチかな。遠くに原子力発電所らしい建物?も確認できました。後ろ向きの座席は、意外と違和感なしでした。

Lyon~Parisの風景_1.JPG

Lyon~Parisの風景_2.JPG

Lyon~Parisの風景_3.JPG

Lyon~Parisの風景_4.JPG

ちなみに、終点のParisの駅はGare de Lyonです(ここでも「Lyon」は紛らわしい)。Gare de Lyon駅はターミナルなので、テレビでよく見る外国の駅が目の前に。

Lyon~ParisのTGV.JPG

Gare de Lyon駅構内_1.JPG

Gare de Lyon駅構内_3.JPG

Gare de Lyon駅構内_4.JPG

駅の外観も良いです。この後、地下鉄に乗ってホテルへ移動。31日の朝までParis滞在です。

Gare de Lyon駅.JPG

posted by ysdhrs at 16:25| Comment(2) | 観光 | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

Ultra-Trail du Mont-Blanc (CCC) Champex~Chamonix

つづき。ここからナイトモードのため写真はなし(撮る気力もなくなっていたとか・・・ 笑)。

Champex-Lacから先は3つの山を越えます。残り43kmタフなコースになります。程なくだんだん暗くなってきたので、ヘッドランプを点灯開始。日が長いので20時半頃にようやくです。いつものように、頭と腰に1つずつ付けます。でも周りは頭だけ。誰も腰につけていません。

どんどん下って市街地まで下りてきました。市街地にある小高い丘の周りをぐるぐる回っているような感覚。コースはハセツネの鞘口峠~月夜見第二駐車場間の細かいアップダウンのイメージに近いです。登りでも十分走れことができます。でも、ここで20人ぐらいが連なった渋滞。時々止まります。シングルトラックなので追い抜きが困難。しばらく我慢しましたが、思い切って隙を見つけて追い越し開始。3、4回の追い抜きを繰り返して抜け出すことができました。渋滞の先頭から5、6人程が追い越す気はない感じだったので、それより後ろの人は抜くに抜けなかったようです。

次のエイドに着きましたが、ここがどこかわからなくなっていました。走ったコースと高低図が自分の頭の中で一致しません。エイドはBovineのはずが何だか違う。もしかして、2つぐらい山を越えたか?と思いましたが標高差が足りていないし。

わからないまま出発。雨が降り始めました。この程度雨ならまだ行けそうと思い、ウェアはそのまま。街の中なので、途中の私設エイドで暖かいコーヒーや紅茶をいただく。雨足が強くなってきました。調子よく登ってきているので、止まってリズムを崩したくない気持ちもあります。でも登り切ったところで、ウィンドブレーカーとグローブを装着。下り開始。眼下にエイドらしい?明かりが見えるがなかなか辿り着かない。ようやく街に出てエイドに到着。Trientであることを確認。まだ1つめの山を越えたところだったことがようやくわかりました。

Trientで定番の補給をし2つめ山越えに出発。しばらく車道を走ってから登りへ。途中睡魔が襲ってきました。時々寝ながら歩いていました。約4kmで登り切れるはずが、どんどん登らされる感じ。感覚的に4kmを大きく越えています。雷も鳴り始めています。雨も強くなる一方。体を動かしている間は寒さをあまり感じませんが、次のエイドでレインウウェアに着替えることを決めました。Vallorcineに到着。2つめの山を越えました。

Vallorcineのエイドも人でいっぱい。隙間を見つけ、ロングスリーブのシャツを重ね着し、ウィンドブレーカーを脱いでレインウウェア上下に着替える。グローブもインナーグローブ+レイングローブに交換。補給もすると30分ぐらいエイドにいたことになります。体が冷えてきて寒さが出てきました。

残り18km。最後の山越えに出発。最後は9kmが登りになります。最後に一番辛い登りです。せっかく着替えたのに雨はほとんど上がっています。山の上は降っているかもと思いそのままで進みます。再び睡魔が来て、少しの間また寝ながら歩く羽目に。必然的にペースが落ちてきます。目が覚めると調子よく走れます。次のエイド(ここがどこだか気にするのはやめた 笑)の入り口付近に日本の旗を持ったグループを見かけました。「日本人ですか?」って声をかけられ、「日本人です」って答えるとおにぎりをくれました。米が食べられるなんで思ってもいなかったので感謝です。

思った程きつい登りじゃない印象。左手に街の明かりが見えています。何だか思った以上に高度が低い。三度めの睡魔。もう勘弁してほしい。下りが始まったら目が冴えてきました。確か記憶では下りが10kmぐらいだったはずが、いつの間にかChamonixの町の中。あれ?何だか短くない?と、少々戸惑いながら朝5時頃に19時間9分12秒でフィニッシュしました。あと1時間はかかるだろうと思っていたのですが・・・。早朝なので声援も少なく寂しい感じでした。もっと朝遅い時間だと声援も多くて気分良いのでしょうけが、早くフィニッシュして休みたい気持ちに負けました(笑)

今日、ホームページで確認すると雨の影響か、やはり最初と終盤はコース変更されているようでした。最初のCourmayeurからRefuge BertoneはUTMBと同じコース(Tele de la Troncheを通らずショートカット)に、終盤も最後の一山だけでなく、3つとも(Bovine、Catogne、Tete aux Vents)変更になって、登る高さも低くなっていました。距離も5km短縮されて93kmに、累積標高も5600mから5100mになっていました。

CCC2011_24.JPG

posted by ysdhrs at 08:37| Comment(6) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

Ultra-Trail du Mont-Blanc (CCC) Courmayeur~Champex

昨年12月下旬に申し込みし、今年1月に抽選にて当選。それから約7ヶ月。長かったような短かったような・・・。ついにこの日を迎えました。

現地時間26日朝7時頃、シャトルバスでスタート地点のCourmayeurへ移動。スイス、フランスに続いてイタリアにも入国。会場はイタリアらしく、ラテンなノリ?スタートの瞬間だけテーマ曲が流れます。

CCC2011_1.JPG

今回はウェーブスタートのため、第2集団の10時10分にスタートしました。最初はCourmayeurの町中を少し走った後、登りの開始。

CCC2011_2.JPG

CCC2011_3.JPG

CCC2011_4.JPG

Tele de la Troncheまでいきなり9kmの登りです。早々に歩き始める人が多いです。外国人は登りが速いです(全員が速いのではないみたい)。ストライドの長さの違いですね。

日本のトレイルランの大会では、最初歩く人は少ないのですが、こちらでは当たり前?ストックは使って良いのですが、まだまだ大集団の中で使うのは・・・。走りにくいです。私は、舗装路が終わってからストックを使い始めました。

CCC2011_5.JPG

CCC2011_6.JPG

しばらく登ると給水地点。こんなに早い所にあったっけ?13km地点のRefuge Bertoneが最初のはず。さらに、その給水地点から少し登るとアップダウンの緩いトレイルが続きます。えっ?もう9kmも登ったの?って思いました。なぜかTele de la Troncheからの長い下りもない。

CCC2011_7.JPG

左手には素晴らしい景色が広がります。さらに正面にも。ずっと先のルートが確認できます。日本ではほとんど見ることができなのではないでしょうか。

20km地点のRefuge Bonattiまで緩いアップダウン。27km地点のArnuvaのエイドは人でごった返してします。オレンジとバナナ、塩辛いスープ(ヌードル入り)にパンを浸して。サラミはパスです。

CCC2011_8.JPG

CCC2011_9.JPG

CCC2011_10.JPG

Arnuvaを出発するとGrand Col Ferretへの登り。 先のランナーが連なっているのが確認できます。風が強く、雨が降ればすごく寒いだろうと思います。約1時間20分ほどかけて登りきりました。スタートから30kmで4時間40分ぐらいかかっています。

CCC2011_11.JPG

CCC2011_12.JPG

CCC2011_13.JPG

Grand Col Ferretから、約20km下りが続きます。ここからスイス。多少登りがありますが、基本下りです。ここも眺めが良いです。調子に乗ると脚に負担がかかり過ぎますので、多少セーブしながら下ります。

CCC2011_14.JPG

CCC2011_15.JPG

CCC2011_16.JPG

CCC2011_17.JPG

CCC2011_18.JPG

CCC2011_19.JPG

Grand Col Ferretから10kmのLa Fouly。ここも食べ物があるエイドになります。相変わらずごった返しています。キャパシティをオーバーしていると思います。ここでも塩辛いスープとパン、オレンジとバナナ、Arnuvaのエイドと同じ物を胃に入れます。

La Foulyからさらに下ります。いくつも小さな町を通り過ぎます。家と家の間の道を通り抜けたり。さらに私設エイドで水を提供してくれる人たちがあちこちに。声援も多いです。ゼッケンを見てファーストネームで呼びかけてきたり、ゼッケンの国旗を見て、日本語の挨拶をする人や、40歳を過ぎたオッサンに「Japanese boy allez!」って言う人も(笑)

CCC2011_20.JPG

CCC2011_21.JPG

CCC2011_22.JPG

CCC2011_23.JPG

長い下りが終わり、大エイドChampex-Lacへ向けて登りが始まります。今までと違って林間コースを進みます。1時間ほど登ってChampex-Lacに到着。スタートから55kmで8時間30分ぐらい。エイドの入り口でスタッフのおじさんがマイク越しで「JAPON!!」って(笑)。大エイドなので、今までのエイドよりはかなり大きいですが、それでも大きさが足りないように思います。このエイドでも食べるものは一緒。他のエイドにはなかった暖かいペンネももらいました。

まだ19時前でしたが、ここが唯一の仮眠スペースがあったので、15分程横になりました。直前にコーヒーを飲んだせいか眠ることはできませんでしたが。仮眠スペースを出ると寒さを感じたのでアームスリーブを装着し出発しました。

つづく。

posted by ysdhrs at 08:31| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

シャモニー町歩き

23日夜からシャモニーに来て、比較的リラックスできています。時差ぼけもありません。2日連続で夕立がありましたが、天気に恵まれています。残念ながら、モンブランの山頂はまだクリアに見ることができていません。

いよいよ約12時間後にUltra-Trail du Mont-BlancのCCC (Courmayeur Champex Chamonix)がスタートします。26日10時(日本時間26日17時)です。

24~25日は周辺地の観光(いわゆる有名どころ)を楽しみました。写真もたくさん撮りました(詳細は後日アップ予定)。シャモニーの町もカメラ片手にあまり考えずシャッターを押して。まさに「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」ぐらいのノリです(笑)。でも、当たっているかどうかは・・・。

シャモニー20110824_1.JPG

シャモニー20110824_2.JPG

シャモニー20110824_3.JPG

シャモニー20110824_4.JPG

シャモニー20110824_5.JPG

シャモニー20110824_6.JPG

シャモニー20110824_7.JPG

シャモニー20110824_8.JPG

シャモニー20110824_9.JPG

シャモニー20110825_1.JPG

シャモニー20110825_2.JPG

シャモニー20110825_3.JPG

シャモニー20110825_4.JPG

シャモニー20110825_5.JPG

シャモニー20110825_6.JPG

シャモニー20110825_7.JPG

シャモニー20110825_8.JPG

シャモニー20110825_9.JPG

posted by ysdhrs at 05:05| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

Disrtibutton of race bibs

24日10時より受付。ホテルより町を眺めながら、会場のCentre Sportifまで歩きます。

会場はすでに行列。天気が良すぎて暑い。待ち時間が結構つらいです。

CCC2011 DAY2_1.JPG

1時間近くかかって、ようやく屋内に入れました。

CCC2011 DAY2_2.JPG

入口の側に張り出されていたCCCのエントリーリストには、もちろん自分の名前が記載されています。

CCC2011 DAY2_3.JPG

CCC2011 DAY2_4.JPG

パスポートでエントリーをチェック。日本国内の大会のように事前に郵送で何も送られて来ません。計測チップのデポジットとして20ユーロを支払います。

CCC2011 DAY2_5.JPG

次に必須装備のチェックを受けます。装備を1つ1つ全部確認されるかと思っていたのですが、私があたったスタッフはバックパックの中身をまったく見ることなく、装備リストの上から下まで1つずつ、持っているかを口頭で確認しておしまい。何だか拍子抜け。厳密にチェックしているスタッフもいるので、担当になったスタッフの当たり外れがあるみたい。

CCC2011 DAY2_6.JPG

次にようやくゼッケンの受け取りです。防水加工でしっかりした感じ。でもカラーコピーっぽい(笑)

CCC2011 DAY2_7.JPG

最後にチップを腕に付けられておしまいです。特殊な道具で止められますが、緩くてホールド感なし、付け直してもらいたいぐらいです。走っている最中気にならなければ良いのですが・・・。リタイヤするかフィニッシュするまで、付けたままになります。

CCC2011 DAY2_8.JPG

並び始めてから2時間近くかかりました。

posted by ysdhrs at 00:42| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

ジュネーヴ観光

ジュネーヴ空港からバスでシャモニー入りするまで、約3時間程余裕があったので、軽く観光のため街中を歩くことにしました。

ジュネーヴ空港の荷物受け取り場所の出口付近に、発券から80分以内はジュネーヴ州内の交通が利用できる無料のチケットが入手できます。これを使って、空港から1駅のジュネーヴ駅まで行きました。

空港の駅は到着ロビーからすぐ。ジュネーヴ駅はどれに乗っても停車なのですが、ちょっとドキドキ。5~6分程で到着。フランス国鉄のプラットフォームもありますが、あまり大きい駅ではないようです。

ジュネーブ駅プラットフォーム.JPG

駅構内を歩いていると、何か配っていたので、私もいただきました(笑)駅工事中のお知らせ?

Transformation de la gare.JPG

キャリーケースをコインロッカーに入れるため、成田でスイスフランを準備したのですが、小さいロッカーだと入りません。大きいロッカーなら入るのですが、9スイスフラン。成田では紙幣しか両替できないので、ジュネーヴの駅にある売店でミネラルウォーターを買って小銭にしたのですが、わずかに足りない・・・。誤算です。しかたなく、キャリーケースを引っ張って行くことにしました。

ジュネーヴ駅.JPG

駅から賑やかな通りを抜け、旧市街に入りました。旧市街は石畳になっており、キャリーケースの音が恥ずかしい(笑)。それに小高い丘になっているし。ローヌ川を渡ると、程なく旧市街です。迷路みたいですが、あまり広いエリアではありません。

ジュネーヴ サン・ピエール大聖堂_1.JPG

ジュネーヴ サン・ピエール大聖堂_2.JPG

ジュネーヴ マドレーヌ大聖堂_1.JPG

ジュネーヴ マドレーヌ大聖堂_2.JPG

ジュネーヴ旧市街_1.JPG

ジュネーヴ旧市街_2.JPG

ジュネーヴ旧市街_3.JPG

ジュネーヴ旧市街_4.JPG

ジュネーヴ旧市街_5.JPG

夕食もしたかったのですが、あっという間に時間がなくなってしまいました。ちょっと慌ただしい。駅まで戻り、電車で再びジュネーヴ空港へ引き返すことに。

駅に戻る途中は、イギリス公園の花時計とレマン湖の大噴水を見ながらになりました。この時、20時前後ですが、まだまだ周りは明るかったです。

ジュネーヴ 花時計.JPG

ジュネーヴ 大噴水.JPG

posted by ysdhrs at 01:58| Comment(2) | 観光 | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

成田~Zurich~Geneva~Chamonix-Mont-Blanc

出発です。朝、1時間の寝過ごし(笑)。余裕をもったスケジュールだったので問題ありませんでしたが、最後の最後のチェックができず。シャモニー着いてから、リストトップコンピュータを忘れたことが判明(泣)。予備のリストトップコンピュータを着けていましたが、心拍計が使えなのが難点。もうどうしようもありませんが・・・。

成田空港で朝食。念のため20ユーロの追加と、ジュネーヴで少し時間があるので、10スイスフランを新たに両替。

今回スイス航空を使いますが、チェックインカウンターが人が疎ら。隣のルフトハンザ航空は凄い行列になっていました。

CCC2011 DAY1_1.JPG

成田~チュリッヒとチュリッヒ~ジュネーヴのチケットです。直行便がないので乗り継ぎです。

CCC2011 DAY1_2.JPG

日本出国。

CCC2011 DAY1_4.JPG

チュリッヒまではこの飛行機です。10時20分出発。

CCC2011 DAY1_5.JPG

食事では、赤ワインをもらいました。

CCC2011 DAY1_6.JPG


現地時間の15時15分頃、チュリッヒに到着。約12時間ぐらいですが、予定より早いです。日本との時差は7時間。日本時間でみると寝ている時間帯ではなく、飛行機内ではあまり寝られませんでした。

CCC2011 DAY1_7.JPG

スイスに入国。

CCC2011 DAY1_8.JPG

国内線に乗り換え。飛行機まではバスで。

CCC2011 DAY1_10.JPG

CCC2011 DAY1_11.JPG

ジュネーヴまでは1時間もかかりません。あっという間でした。ジュネーヴ空港はあまり大きな空港ではないようです。

CCC2011 DAY1_12.JPG

ジュネーヴからシャモニーまではバスで1時間ちょっとかかります。バスの出発まで時間あるので、少しの時間ですがジュネーヴ観光(その内容は別記事で)。

バスは予定より遅く出発。スイスからフランスへの入国は手続きなし。現地時間23時頃にホテルに到着です。長い1日(31時間!)が終わりました。

posted by ysdhrs at 20:14| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

暑く、タフで、面白いトレイルレース

『ランナーズ』10月号に、今年7月に開催されたThe 4100D マウンテントレイル in 野沢温泉を紹介した記事が掲載されていました。見開きの半分以上が写真です。

ランナーズ  10月号_1.JPG

スタート直後の写真・・・あっ!写ってる(笑)

ランナーズ  10月号_2.JPG

posted by ysdhrs at 23:08| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

フランス語

23日(火)の午前中に出発します。あとわずかです。この土日ですべて準備を終わらせるつもり。買い足さなければならない小物も少しありそうです。

英語さえろくに話せないのに、フランス語なんかさっぱりです(笑)。とりあえずあれば何とかなるんじゃないか(気休めなんでしょうけど)と思って旅行用の会話の本を買ってみました。話せても聞き取れないですけどね。英語も併記してある本なので、英語を交えながら凌ぐしかないです。それでもダメならどうなるやら・・・。

タビトモ会話フランス.JPG

posted by ysdhrs at 23:52| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

『トイ・ストーリー3』

ピクサーの作品らしく、子供向けでなく大人向けの内容。今までの2作品と同様の『トイ・ストーリー』らしさ(おもちゃが冒険する)も楽しめます。

今回のエンディングでは、ホロッとするシーンがあります(実際は泣いてしまうことはありませんでしたが 笑)。子供は成長したらおもちゃでは遊ばなくなり、必要としなくなります。でも愛着のあったおもちゃに対しては特別な思いがあり、なかなか手放せなくなるのも事実。一方で、おもちゃ達は子供達に遊んでもらうことが幸せとも思う気持ち。おもちゃを大切にしないといけないと思わされます。

今回Blu-rayで見ましたが、アニメーションだったらBlu-rayでもDVDでも、あまり変わらないのでは?と思っていましたが違いました。Blu-rayの良さがよくわかりました。もうDVDでは見られないです。

posted by ysdhrs at 23:49| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

Beady Eye 『Different Gear, Still Speeding』

解散してしまったoasisのLiam Gallagherの新バンド。

Vocalは同じでも、もちろんoasisとは違いがあります。oasisも聴いていたので、つい比べてしまいますが、このバンドの曲も悪くはないと思います。oasisに入れ込んでいなかったのが幸い?

01 Four Letter Word
02 Millionaire
03 The Roller
04 Beatles and Stones
05 Wind Up Dream
06 Bring the Light
07 For Anyone
08 Kill For a Dream
09 Standing On The Edge Of The Noise
10 Wigwam
11 Three Ring Circus
12 The Beat Goes On
13 The Morning Son
14 Song For The Stage
15 World Outside My Dream

posted by ysdhrs at 23:57| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

EURO両替

いよいよ来週。今日、EUROの両替をしてきました。

クレジットカードで決済できる場合は、全部カードで済ませるつもりですが、現金もある程度は必要ですからね。両替は少額紙幣で100EUROだけです。

これで多いか少ないのか・・・。あまり多く持っていたくなし、少なすぎるのも心許ないです。感覚がよくわかりません。慣れていないからなんでしょうけど。

EURO.JPG

posted by ysdhrs at 23:04| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

大下英治 『阪神タイガース変革論』

忘れもしない1985年の日本一。そこから1990年代の暗黒の時代を経て、今ではほぼ毎年優勝争いをするまでになった阪神タイガース。

首脳陣や主力選手・・・といっても、川藤幸三、福間納という名脇役から、その舞台裏が明かされています。この2人は意外な人選ではないでしょうか。特に1990年代は、目に見えることしか知らなかったので、なかなか興味深い内容だと思いました。知っている人にはつまらないでしょうけど。

巻頭の星野SD(当時)のインタビューでは、初めて知るエピソードもあって、こちらも良かったです。現監督についても少し言及しています。報道ではここまで話していない?阪神タイガースの報道はかなりフォローしているつもりですが全てではないので、既知のネタかもしれません。

タイトルは「変革論」となっていますが、内容は違うように感じます。

posted by ysdhrs at 23:04| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

Paris Museum Pass

パリとパリ近郊の美術館、博物館、観光スポットで使えるフリーパス。

パリでは2泊の予定ですが、パリで観光できるのは丸1日のみ。初めてのパリなので有名どころを見て回る予定です。フリーパスはチケットを買う手間も省けるし、十分元が取れる(笑)とわかったので事前購入を決めました。届いた時、思った以上の小ささにビックリです。

美術館ですが、オルセー美術館はちょうど休館日なので今回は行けません。ルーブル美術館だけは行こうと思っています。限られた時間しかパリには滞在できませんので、全部をじっくり見て回るのは無理と割り切っています。少なくとも「モナリザ」と「ミロのヴィーナス」だけでも見てこようと思っています。

PARIS MUSEUM PASS.JPG

posted by ysdhrs at 23:37| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

東京チキン南蛮

昼の暑い中、今日まで3日連続外出。こんな時に限って・・・です。

今日は初めて行く所。都営三田線の春日駅で降ります。ちょうどお昼ご飯時にだったので、駅近辺でお店を探します。ホントは可能な限り歩き回って探したかったのですが、この暑さですので、近場にあった「東京チキン南蛮」ってお店に入りました。

看板には「宮崎風チキン南蛮と手ごねハンバーグ」と。その2つのメニューが正に看板メニューかな~と思いましたので、どちらにしようか迷いながら入店。そういうこともあるのを見越してか、メニューにどちらか1つでなく両方食べられる「チキン南蛮&ハンバーグ」がありました。

どちらも美味しい。チキン南蛮のタルタルソースも良いし、ハンバーグのデミグラスソースも良い。また来たいと思った店でした。

チキン南蛮&ハンバーグ@東京チキン南蛮.JPG

posted by ysdhrs at 23:52| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

SuperOffice&一太郎

収納スペース確保のため、押し入れを整理しました。

当時買ったパソコンのソフトウェアの大きめの箱が続々と。今だったら買わないソフトウェアばかり。特に流行らなかったLotus SuperOfficeと一太郎がたくさん。どちらもデファクトスタンダードになれませんでしたね。他にもCDラベル作成ソフトや翻訳ソフト、ホームページ作成ソフト等も出てきました。

一応CD-ROMだけ残して、箱とマニュアルを処分すると結構なスペースが確保できました。

SuperOffice&一太郎.JPG

posted by ysdhrs at 00:02| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

ちょいちょいタコかいな

アメ横にここ最近オープンしたたこ焼き店「ちょいちょいタコかいな」。大阪の「たこ焼き道楽 わなか」(私は初めて聞く店です)の東京での店だそうです。

同じたこ焼き店「みなとや」の隣で出店って、自信ありってこと?それに対抗してか、「みなとや」も値段を下げていますので、消費者からみれば良いことですね。

普通のソースのたこ焼きでなく「ねぎ塩たこ焼き」を注文。他にも、ねぎぽん酢、ねぎ塩ぽん酢、明太マヨなどもありました。味付けは、ソース、釜焼き塩、どろソース、しょうゆ。いろいろとバリエーションに富んでいるようです。

注文したねぎ塩たこ焼きですが、思った以上に塩辛い。塩かけ過ぎ?自分の口にはちょっと合わなかったです。やっぱり無難に普通のソースにしておけば良かったかな。でも、たこ焼き自体は、カリカリでなくちょうど良い柔らかさでした。

ねぎ塩たこ焼き@ちょいちょいタコかいな.JPG

posted by ysdhrs at 23:39| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

手配完了

今月下旬の航空券、シャモニーとパリのホテル、TGVの手配がようやくすべて完了。途中で面倒になって、なかなか決められなかったTGVの手配もどうにか。

今回はすべて旅行会社経由で手配。全部で約30万円かかりました。個人だともっと安く手配できたかもしれませんが、慣れていないし勝手がわからないところもありそうだったので、確実な手段にしました。

あとは持って行く物やレースの装備等の準備がまだ残っています。まだまだ先と思っていたのが、あと半月ぐらいになりました。だんだん余裕がなくなってきました(笑)

航空券・ホテル・鉄道.JPG

posted by ysdhrs at 23:27| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

Yes 『Fly From Here』

Jon Anderson(vo)のいないYesのアルバムは、30年ぐらい前(!)の『Drama』以来。

代わりの新加入のBenoit David(vo)は思ったほど悪くはない。Jon Andersonの声に似ているらしいのですが、ちょっと違うかな。JOURNEYみたいにSteve Perryそっくりの声にこだわってないかもしれない。メンバーチェンジを繰り返しているバンドなので、Vocalも楽器の1つという考えか。

Jon Andersonのほうが良いと思うことは変わりませんが、筋金入りのYesファンではないので、これもありということで受け入れます。

メイキングDVD付きなので、映像を見るとメンバーはすっかり「老人」になっていました(笑)

01 Fly From Here - Overture
02 Fly From Here Pt I - We Can Fly
03 Fly From Here Pt II - Sad Night At The Airfield
04 Fly From Here Pt III - Madman At The Screens
05 Fly From Here Pt IV - Bumpy Ride
06 Fly From Here Pt V - We Can Fly Reprise
07 The Man You Always Wanted Me To Be
08 Life On A Film Set
09 Hour Of Need
10 Solitaire
11 Into The Storm
12 Hour Of Need (full length version)

posted by ysdhrs at 23:51| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

いもけんぴ

昨日、また日帰りで高知出張。前回と同様、高知龍馬空港から客先へはタクシーで往復です。

今回は帰りに空港で高知のお菓子である「いもけんぴ」を買ってみました。いくつかあってどれが良いのかわかりませんでしたが、唯一、外袋ありってことで選びました。何となく(笑)

「室戸の海洋深層水仕立て」ってことで、ほのかに塩味がきいていました。もう少し塩味がきいているかと思いましたが・・・。もう少し甘さが抑えられていると良いな。

いもけんぴ@松崎冷菓_1.JPGいもけんぴ@松崎冷菓_2.JPG




posted by ysdhrs at 23:42| Comment(0) | | 更新情報をチェックする