2012年04月30日

白糸の滝~大池公園(UTMF試走)

昨日、白糸の滝~大池公園(河口湖)までUTMFの試走に行って​きました。一番の目的は天子山地のコースがどんなところか確認す​ることです。当初は本栖湖までのつもりでしたが、一緒に行くことになった人のお誘いで、フィニッシュ地点の大池公園(河口湖)まで行くことにしました。

早朝、新幹線に乗って新富士駅経由で富士宮駅へ。富士宮駅から路線バスで白糸の滝まで行きました。9時に到着。準備を済ませ出発。それにしても天気良すぎ。今回は日焼け止め塗りました(笑)

しばらく舗装路を走り、やがてトレイルへ。最初は天子ヶ岳へ。800mぐらい一気に登らされます。あっという間に汗だく。その後、長者ヶ岳、天狗岳と進みますが、どうも調子がイマイチ。特に脹ら脛あたりが。荷物を少なくするため、ストックを持ってこなかったのも失敗。登りが結構急なので、持ってこなかったことを後悔しました。

同行者に先行してもらいノロノロで進みます。このコースとにかく登り返しが多く、結構な高さを登り返します。目の前に登り返す山がど~んと見えると、気持ちが萎えます。時々休憩を入れながら、その後、熊森山、雪見岳、金山、地蔵峠へと進みます。地蔵峠の次は、コース最高峰の毛無山です。地図のコースタイムとあまり変わらない所要時間までペースが落ちていました。ここから先は下り基調。雨ヶ岳まで下ります。ここから見える富士山は良かったです。

雨ヶ岳より.JPG

さらに下って端足峠。そして最後の登り返し竜ヶ岳。山頂あたりは霧がかかっています。山頂まで来ると、やっぱり周りは霧。でも、一瞬霧が晴れ、富士山姿を現しました。ここから見える富士山も印象的でした。

竜ヶ岳より.JPG

これから先は下るだけ。本栖湖まで下ります。嫌になるぐらい九十九折りが続きます。スタートから30kmもない距離ですが、8時間以上かかりました。レース当日は100km過ぎてからこのコースに入ること考えると、コース幅が狭いところも多く大変そうです。心して臨む必要があるかなと思いました。寝ながら歩き危険です。

ヘッドライト使用開始。本栖湖から先はしばらくは、ほぼフラットな道が続きます。東海自然歩道と国道に沿って進みます。青木ヶ原樹海を突っ切る道です。鳴沢氷穴から再びトレイルに入ります。紅葉台~三湖台~足和田山(五湖台)とジワジワ登ります。特に五湖台の登りが長く感じました。当日は一層厳しく感じそうです。

五湖台まで来ると河口湖が見えてきました。でも、ここからなかなか高度が下がりません。結構ぐるぐる回された印象があり、ようやく小海公園です。あとは湖畔に沿って走るだけですが、車道を進みました。ほとんど歩きです。河口湖大橋まで長く感じます。23時半過ぎに大池公園に到着しました。

55km程度ですが、14時間ぐらいかかりました。当日はあと100kmあります。やはり想像を絶する距離と時間になりそうです。今回の脚の調子を考えると不安が残ります。

posted by ysdhrs at 23:51| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

キリン メッツ コーラ

特定保健用食品史上初のコーラ系飲料。普通のコーラより味は・・・ですけど、悪くはないですね。調子乗って飲み過ぎても大丈夫かな?

キリン メッツ コーラ.JPG

posted by ysdhrs at 23:57| Comment(2) | | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

22nd チャレンジ富士五湖の応援

日曜日、22nd チャレンジ富士五湖の私設エイドの手伝い兼応援に行ってきました。

朝5時過ぎに車でピックアップしてもらい会場へ。8時過ぎぐらい(だったかな?)に、西湖付近(50km地点過ぎ)に私設エイドを設置。しばらくすると112kmの部の1位の選手が通過。その後、だんだん通過する選手が増えてきます。顔見知りの選手かどうかに関わらず声援送ります。その声援に笑顔で応えてくれる選手(特に女性選手が多い)等を見ていると、選手の立場では見習わなければと思いました。

12時半頃、エイドを撤収。フィニッシュ会場に行き、100kmの部の表彰式を見届けます。その後、コースを逆走し、フィニッシュ12km手前付近に再び私設エイドの設置。雨が降り始めており、少しでも雨がかからないよう木の下に。

フィニッシュまで12kmぐらいの地点ですが、選手はかなり疲労が出てきています。長丁場のウルトラマラソンなので、雨中ランは大変だったと思います。ここでも顔見知りの選手かどうかに関わらず声援送ります。

17時を過ぎると再び撤収し、フィニッシュ会場へ。19時の制限時間までフィニッシュしてくる選手を見届けます。最後の長い登りはキツイと思いますが、それが終わると達成感を味わえる瞬間がやってきます。選手しか味わえないものです。来年は選手として・・・いや、止めとこ(笑)

22nd チャレンジ富士五湖.JPG

posted by ysdhrs at 02:04| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

TREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬

今月もTREKNAO主催のフォトロゲに参加しました。今回のエリアは清瀬です。

会場は清瀬金山緑地公園ですが、JR武蔵野線の東所沢駅から約1.6km(徒歩約20分)を歩いて行こうとしたら道に迷う。こんなんでロゲイニング大丈夫か(笑)結局タクシーのお世話になりましたので、時間には間に合いました。

5時間の部は9時スタート。今回のエリアは、「ほぼ平坦な市街地・畑地」と記載があったので、ロード用シューズで臨みます。大きなアップダウンがないので、遠くのチェックポイントも結構回りやすく、エリアを大きく反時計回りで進みました。

あまり迷うチェックポイントはありませんでしたが、1度だけ全然違う方向へ。気がついたら地図からはみ出ていました(笑)その回る予定だったチェックポイントは飛ばし、先のチェックポイントへ軌道修正。途中、チェックポイント一覧で紹介されていたパン屋さんに寄って、パンを買うのに並ぶ。丁度12時頃だったので混雑している最中でした。

残り1時間ぐらいで若干ペースダウンしましたが、5分程(だったかな?)余裕を残して会場に戻りました。チェックポイント27ヶ所のうち19ヶ所を回り、405点満点中354点でした。点数の大きいところはほぼ全て回れました。真剣に走れば、もしかしたら全部回れたかも?

TREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_1.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_2.JPG
TREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_3.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_4.JPG
TREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_5.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_6.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_7.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_8.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_9.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_10.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_11.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_12.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_13.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_14.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_15.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_16.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_17.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_18.JPGTREKNAO 第21回フォトロゲ清瀬_19.JPG



posted by ysdhrs at 21:52| Comment(0) | ロゲイニング | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

釜たけうどん&道頓堀くくる

今日は日帰りで大阪出張。少し早めに大阪入り。目的は・・・(笑)

新梅田食道街にある『釜たけうどん』で、まずはうどん。「ちく玉天ぶっかけ」です。ちくわの天ぷらが器からはみ出ています。半熟卵の天ぷらもうまい。うどんも好み通りのコシがあって、言うことなしです。

ちく玉天ぶっかけ@釜たけうどん.JPG

うどんの後は、粉モノ。食べない訳にはいきません(笑)阪神百貨店の地下にある『道頓堀くくる』でたこ焼き。子供の頃、阪神百貨店の地下によく食べに来ました(その頃は『道頓堀くくる』ってのはなかったですが)。満足しました。

インターネットで調べると『道頓堀くくる』って全国チェーンってことを知りました。つまり、こちらでも同じものが食べられるってことですね。でもホントに同じかな~。

たこ焼き@道頓堀くくる.JPG

posted by ysdhrs at 23:40| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

生誕100年 ジャクソン・ポロック展

東京国立近代美術館へ見に行きました。

ジャクソン・ポロックの名前は、映画『ポロック 2人だけのアトリエ』を見ていたので知っていました。知らなかったら見に行っていなかったと思います。

映画で見たとおりのアクション・ペインティングの作品は、インパクトが強いです。でも、その絵に描かれていることを理解することは私には難しい。解説を読んで何となくイメージが掴めるか掴めないかってとこです。

生誕100年 ジャクソン・ポロック展.JPG

posted by ysdhrs at 23:04| Comment(0) | アート | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

リトライ東京・ハーフ&10km

東京マラソン財団オフィシャルイベント『リトライ東京・ハーフ&10km』の10kmを走りました。

今年の4月はトレイルランの大会のエントリーはしなかったので、練習を怠けないようにと思ってエントリーしましたが、モチベーションが上がる大会でもないので効果なし。雨も降っていたので、棄権でも良いかなとの思いを持ちながら会場へ。

会場では気持ちランナーが少なく感じたのは気のせいか?寒いので着替えと荷物預けをギリギリまで遅くします。軽くアップしますが、体は温まりません。諦めて屋根のあるところで雨宿りです。

スタート20分まえにスタートブロックに移動。スターターはロンドンオリンピック代表の藤原新さん。10時20分スタート。体が硬い感じがしますが、脚は意外と動いている感じがしました。最初の1kmを4分5秒。以降ラップタイムの確認は封印。大勢に追い抜きされるかと思いましたが、思った程少ない。2.5km毎の給水所がありましたが、今日の天気では必要なかったですね。

5km地点の折り返しは21分2~3秒ぐらい。ペースが落ちた感じはしません。後半の5kmも失速を感じることなく、そのままフィニッシュ。ギリギリ41分台か42分ジャストかってとこです。去年11月の『東京トライアル ハーフ&10K』の10kmの時とタイムがほとんど同じ。後半もほぼ同じペースで走れたのは良いかもしれませんが、タイムが伸びなかったのは少々不満。怠け気味なので仕方ないか。

リトライ東京・ハーフ&10km.JPG

posted by ysdhrs at 22:57| Comment(2) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

ラ・パペリーナ&中華麺菜館 長城庵

食べ物ネタが続く・・・。

昨日から1泊の北九州出張。当初の予定していた航空便が欠航で1便早めに移動。その代わり小倉でランチする時間ができました。西小倉にあるリバーウォーク北九州にある『ラ・パペリーナ』というイタリアンパスタの店です。「北九州市『食』の認定ブランド」に認定されたメニューらしい「関門海峡ワタリガニのスパゲッティ」にしました。

関門海峡ワタリガニのスパゲッティ@ラ・パペリーナ.JPG

今日はお昼前に北九州市内の黒崎へ移動。手っ取り早く済ませようってことで、井筒屋内にある『中華麺菜館 長城庵』へ。店を探している余裕がなかったのですが、とりあえず入ったことがない店にしました。たまたまエレベーター内で見たこの店のメニューで「黒ゴマ担々麺」が紹介されていたので、オーダーはその時点で決定(笑)見た目、真っ黒で担々麺であることを忘れてしまうぐらいでした。

黒ゴマ担々麺@中華麺菜館 長城庵.JPG



posted by ysdhrs at 23:33| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

セイロンイン

朝から月1回の中目黒の事業所での打ち合わせ。今月は中目黒でランチ。新規開拓です。

スリランカレストラン『セイロンイン』で、日替りランチプレートをオーダー。カレー2種類を含む4種類の料理が1枚のプレートで出てきます。混ぜて食べるのがスリランカ流だそうですが、混ぜませんでした(笑)

日替りランチプレート@セイロン・イン.JPG

posted by ysdhrs at 23:43| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

だるま弁当・峠の釜めし

昨日は走る前と後の食事は駅弁でした。

走る前は朝食代わりです。高崎駅で買った「だるま弁当」を、上信電鉄の上州一ノ宮駅で食べました。さすがに電車の中では食べる勇気はありませんでした(笑)

だるま弁当_1.JPGだるま弁当_2.JPG

走り終わった後は、横川駅の「峠の釜めし」。実はこれを楽しみにしていました。電車の発車まで時間があったので、買ってその場で食べました。器の裏を見ると益子焼と書いてありました。

峠の釜めし_1.JPG峠の釜めし_2.JPG

posted by ysdhrs at 23:58| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

旧信州街道のみち~大桁山登山コース~さくらの里と石門のみち~旧道裏妙義のみち

10ヶ月振りに続き。群馬県は遠いです(笑)

上信鉄道の上州一ノ宮駅から「旧信州街道のみち」のスタート地点へ。8:30頃スタートです。街中なので舗装路です。でも歩いている人はほとんど見かけません。宮崎公園がちょっとした設備のようです。公園内木家住宅がありますが、拝観可能時間は10時から。ちょっと早いですね。

旧信州街道のみち.JPG

先を進む道を見つけられずストップ。そういえば案内不親切だったことを思い出しました。軽く迷いながらも・・・。終盤約2kmは下り基調。スタートしてから約1時間半ぐらいで終点に到着しました。

次は「大桁山登山コース」です。まずは、来た道約2km戻ります。「旧信州街道のみち」の分岐からさらに約4m。その先には大桁山山頂があります。でも実際にそこまでの距離はなかったように感じました。大桁山山頂からは、今日これから行く妙義山方面も見ることができました。

大桁山登山コース_1.JPG

大桁山登山コース_2.JPG

下りは急すぎることになく、そこそこ快適だったかな。相変わらず標識が少ないので、下りながらこのルートで合っている?と思うことが何度もありました。標識の追加設置考えてほしい。このコースの所要時間は約2時間でした。

「大桁山登山コース」の終点から「さくらの里と石門のみち」の始点まで、約2km程度距離が離れているので始点まで走ります。途中の自動販売機で水分補給も忘れずに。始点の中村バス停に到着。

「さくらの里と石門のみち」スタート。だらだらした舗装路の登り。一番嫌いで苦手なパターンです。さくらの里まで辿り着きましたが、その後のルートが不明瞭。どうにか大きい駐車場まできました。ここからは妙義山の特徴的な姿がよく見えます。

さくらの里と石門のみち_1.JPG

中之獄神社から中間道へ。途中、見晴台に寄りながら進みます。

さくらの里と石門のみち_2.JPG

さくらの里と石門のみち_3.JPG

さくらの里と石門のみち_4.JPG

さくらの里と石門のみち_5.JPG

さくらの里と石門のみち_6.JPG

コースマップでは一気に下り道になっていましたが、全然合っていません。細かいアップダウンが結構続きました。距離のわりには終点の妙義神社まで約2時間半がかかりました。

旧道裏妙義のみち_1.JPG

いよいよ最後のコース「旧道裏妙義のみち」です。始点の妙義神社の本殿は5年前の台風の影響で崩れてしまったようで、周辺一帯は立ち入り禁止となっていました。旧本殿(旧のわりには新しめに見えました 笑)で参拝するようです。

旧道裏妙義のみち_2.JPG

妙義神社を出発。いきなりルートがよくわかりません。少し迷いましたが見つけました。最初走りやすいトレイルでしたが、あっという間に舗装路に変わりました。そのまま最後まで舗装路になりました。

妙義湖のダムサイトを通過。コースを少し外れますが妙義湖を見ることができるのですが、パスです(笑)終点のJR横川駅まで所要時間は1時間半ぐらいかかりました。

旧道裏妙義のみち_3.JPG

今日のトータルは7時間半、約38kmになりそうです。長い時間行動することはできましたが、走る時間の割合もう少し多くないとって感じでした。

posted by ysdhrs at 23:43| Comment(0) | 関東ふれあいの道 | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

『フランス鉄道の旅』

1年前買ったもの。ChamonixからParisへの移動は鉄道に決めた時、参考までに買ってみました。フランス鉄道利用術というページがあったからです。日本とは勝手が違うので情報収集は重要ですから。それ以外に、見ているだけでも楽しいですし。

この本に掲載されている鉄道のうち、モンタンヴェール登山電車とモンブラン・エクスプレスには乗る機会がありました。今年、予定ではトラムウェイ・デュ・モンブランに乗る機会があるはず。別に乗り鉄ではありませんが、楽しみです。

『フランス鉄道の旅』.JPG


posted by ysdhrs at 23:56| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

第4回ハセツネ30Kのスタッフ

週末はハセツネ30Kのスタッフをしました。初スタッフです。

土曜日朝から会場入り。当初予定されていた担当作業が変わり、テントの組み立てなど会場設営をすることになりました。途中から雨が降り出し、その間は袋詰め作業をしたり。雨が上がった後は、ところどころで水たまりが出来ていて、更衣室の出入り口付近も酷かった。ウッドチップで水たまりを埋める等で補修。でもちょっと厳しいなと(当日移動させましたが)。

第4回ハセツネ30Kスタッフ_1.JPG

作業が終わると夕食の弁当と仕出しのオードブル。ささっと食べて日帰り温泉で冷えた体を温めに行きました。22時頃就寝。早いな~と思いましたが、寝付きが良かった(笑)

日曜日は早朝5時起床。会場に行きます。ブリーフィングの後、朝食と昼食が渡されます。朝食後は残っている会場設営を手伝います。スタート1時間前ぐらいに、持ち場の公道へ移動。スタート地点から1km以上先です。スタート15分前ににコーンを並べ、選手を待ちます。選手の立場から見ると狭いです。

第4回ハセツネ30Kスタッフ_2.JPG

9時にスタートしてからトップ集団3人が通過。以降通過する選手が続きますが、だんだん集団が大きくなります。意外と知り合いの選手を見つけられるものですね。逆に選手から見つけてもらうこともありました。1,000人を越える選手が通過する訳ですから、1kmそこそこでバラバラにはなりません。コーンからはみ出るなとはなかなか言えないものです。無理です。黙認(笑)

全選手が通過後、コーンを撤去し会場へ。選手たちが帰ってくるまで、暫し、ゆっくりした時間が流れます。1位の選手の通過状況が本部からアナウンスされます。ビックリするぐらい速い。2時間22分で1位選手がフィニッシュ。2位と10分も差が開いていました。

選手が続々と帰ってくるとニッパー片手にチップ外し。フィニッシュのボリュームゾーンの時間帯は忙しくなります。チップ外すとほとんどの方がお礼を言ってくれます。中には「至れり尽くせり」と言う方も。ずっとやっていると指痛くなりました。

スタートから6時間を過ぎたあたりからフィニッシュしてくる選手が減り、以降疎らに。制限時間の6時間半が過ぎると会場の撤収作業が始まります。撤収作業中に歩いて戻ってくる選手もいます。スタッフも拍手して出迎えます。良い光景です。

17時頃、スタッフ作業は終了しました。段取りとしてどうなの?ってところが散見されましたし、組織として不慣れとかなと思うところもありました。スタッフは自ら進んで応募してきた人たちですから、1人1人の機転でうまく運営できているように思いました。でも、2日間良い経験をさせてもらったし、楽しませてもらいました。また来年も応募しようかな。

posted by ysdhrs at 23:25| Comment(4) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする