2012年07月28日

雲取山

今週は雲取山へ。私にとっては3回目の雲取山です。

自宅からは電車とバスの乗り継ぎが良くなく、9時過ぎに鴨沢の登山口に到着。ここのバス停ではたくさんの登山者が下車します。今日もそうでした。さっさと準備を済ませて9時20分頃出発。

わずか10分ぐらいで息が上がり、大量の発汗。来たことを軽く後悔(笑)登り尾根に沿って進みます。下ってくる人が多く、昨日から山小屋で1泊し、ご来光を見てから下山かなと。1本前のバスは1時間半ぐらい前なので、登っている人はたまに追い抜く程度。

堂所まで出発してから1時間。ここで5分程休憩。日陰は風が吹くと少し涼しい気がします。再出発。このペースで登ると1時間もかかならいで石尾根に出るはずですが、少々失速気味。やっぱり暑くて汗が尋常でないぐらい出ます。

石尾根に出ると視界が大きく開けます。曇り気味なので眺望は良くないです。小雲取山まで来るとそのまま山頂へ向かわず、雲取山荘へのルートに入ります。20分ぐらいで雲取山荘に到着。ここで冷たい飲み物を買ってお昼休憩。

今日は当初、雲取山から飛龍山へ縦走する予定でしたが、暑さから気力消沈(笑)もありましたが、戻りのバスの時間を考えるとちょっと厳しいかと思いもあって、飛龍山へ行くのは断念。でも下山は予定どおり丹波村へ。ルートを再確認し出発。

その前に、雲取山山頂へ。過去2回来たときは富士山が見えましたが、今回はガスっていて眺望はほぼなし。

雲取山山頂_1.JPG

雲取山山頂_2.JPG

長居はせず下山開始。ガレ気味で下りにくいです。途中、猟銃の発砲する音が聞こえてビックリ。三条ダルミで飛龍山と三条の湯へ行くルートの分岐。三条の湯の方へ。ここからは斜度が緩めの下りで走りやすいです。トレイルの幅が狭いところもたまにありましたが快適でした。

でも突然の雨。想定外。雨よけになるほど木がないので、このまま突き進むしかありません。トレイルが川になっているところもありました。山の上の方には青空が見え日が差していましたが雨は収まらず。三条の湯で雨をしのげますが、まだ着きません。ようやく着いた頃には雨があがり、タイミング悪すぎ。

でも三条の湯で少し休憩し、サオラ峠方面へ。少し登り基調になりますが、走ることができるフラットなところもたくさんありました。1時間ちょっとで到着。三条の湯からここまで、野生の鹿2頭以外、誰とも会いませんでした。ルートがマイナー過ぎるのでしょうか。

サオラ峠(「サオウラ峠」と書いてあるところも)からは下りです。しばらく下ると、丹波村が見えてきました。15時半頃、下山完了。汗、雨、汗と体が気持ち悪い状態でしたが、近くに日帰り温泉があったので良かったです。

丹波山村.JPG

posted by ysdhrs at 22:01| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

ペプシ ソルティーウォーターメロン

今年の期間限定ペプシの「塩すいか味」。

以前、すいか味のジュースを飲んで全然美味しくなかったので、すいか味にはちょっと躊躇したのですが、ネタ作りのために挑戦(笑)

思った程悪くはなかったので、多少美味しくないってイメージは薄れたと思います。でも、何回も飲んでみたいとまでは・・・。すいかはすいかのまま食べるのが一番です(それを言うかって? 笑).

ペプシ ソルティーウォーターメロン.JPG


posted by ysdhrs at 23:25| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』

DVDで鑑賞。

ミュージカル仕立てがスプラッターな部分を少し中和させていたような感じ。血飛沫が吹き出るシーンが多く、血を見ると具合が悪くなる私にとっては見るのが一仕事でした(笑)ずっと見ていられず、目を背けたくなるところも・・・。

不気味なメイクで薄暗い映像はティム・バートンらしいと思います。空想シーンとして現れた色鮮やかな映像は、不気味なメイクはそのままだったので異彩を放っているように感じました。

最後は自分としては急転直下の展開に思え、意外性があって一気に面白くなったような気がします。映画にはなかった、その後も気になるような結末でした。

posted by ysdhrs at 23:52| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

沖縄黒糖コーラ

少し前、自宅近くのお店で発見。

黒糖の風味と甘さを感じますが、コーラっぽさが薄い気がします。もう1回飲んでみようかなと思ったのですが、その店にはもう売っていませんでした。期間限定?

沖縄黒糖コーラ.JPG

posted by ysdhrs at 23:30| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

富士山

昨日はスバルライン五合目から富士山を登りました。

今年で3回目ですが、天気が良く景色が見えた日はありません。特に去年は雨でした。今年も雨かと思いましたが、新宿からの高速バスで10時頃にスバルライン五合目に到着した時、雨も降っていないし、思った程寒くもなく、少々拍子抜け。でもここから1000m以上登りますから、道中で変わる可能性はあります。

サンスクリーンを持ってくるのを忘れたので、五合目にある店で探しましたが、どこにあるかわからず、諦めて出発。吉田ルートを登ります。山頂まで6kmの表示がありますが、この富士山の6kmがは長い。すぐに汗をかきますが、心地よい涼しさで気持ち良いです。

七合目、八合目と順調に進みます。七合目から山小屋がたくさん見えてきます。

富士山20120721_1.JPG

途中、0合目から登ってきたcanardさんとくまともさんに追いつきます。富士登山競走を走るこの2人はパワーはスゴイ。このまま2人より先に山頂へ向かいます。本八合目で一息。呼吸を整えます。

再スタート。黙々と登って九合目。九合目を過ぎるとあと少しです。見上げると、ちょっと渋滞しています。どこかの団体なのか、声を上げて周りを鼓舞しているように思えましたが、進みはノロノロ。流れに乗らず横から先に行かせてもらいます。あとはわずかで山頂というところで、渋滞の先頭まで辿り着く(ここか!)。

富士山20120721_2.JPG

スバルライン五合目から約2時間20分で山頂に到着。途中雨が少し降りましたが、全然大したことはありませんでした。山頂は曇っていて、少し肌寒い。続けて、お鉢を回って剣ヶ峰まで行こうと思っていましたが、ほぼ正面。意外と遠くに見えるので、気力がなくなり行くことを取りやめ(笑)

富士山20120721_3.JPG

ほどなくcanardさんとくまともさんと合流ができ、一緒に下山することに。山頂からの景色は望めそうにありませんので下るしかありません。登って来た五合目まででなく0合目までの約20kmを走って下ります。下山道をどんどん下ります。これがまた走りにくい。それにガスっていて景色も楽しません。

富士山20120721_4.JPG

六合目の山小屋で少し休憩。あとは一気に下ります。登りがなく下りばかりできつくはないですが、だんだん飽きてきます。気が緩んで転倒。右膝下と左腕と左手の平を負傷。大きな擦り傷を作ってしまいました。応急処置ではcanardさんとくまともさんの世話になりました(ありがとうございます)。

気を取り直して残りは舗装路を走ります。ここも緩やかに下っていますが、とても長く感じられました。休憩を含めて約3時間(だと思う)で下山。こんなに走って下ったのは初めてです。富士登山競走ではこのルートを逆走します。つまり登りです。とてもじゃないけど、私には無理です。間違いなく出ることはないと思います(笑)

posted by ysdhrs at 23:47| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

鳳凰三山・北岳(2日目)

南アルプス2日目。

初めての山小屋泊。いわゆる雑魚寝ですが、グループ毎で間隔が空けられていて居心地もそれ程悪くはない。山小屋のご主人も良い人で、私の中では山小屋の印象アップです(笑)

前日20時消灯でしたが、ビールも飲んだし寝付きは良かったです。時々目が覚めましたけどね。4時頃から周りは活動し始めます。私たちは5時過ぎに朝食。皆さん出発した後で、残っている人はわずか。山の時間は早さを実感。

6時頃に北岳に向けて山小屋を出発。大樺沢を進みますが、途中から雪渓。軽アイゼンがなくても登れますが、二俣の分岐で雪渓でない右俣コースに入ります。晴れていれば眺めが良いのでしょうけど、ガスっていて何も見えません。

鳳凰三山・北岳_11.JPG

稜線に出ると風が強くなりました。途中、北ノ肩小屋で休憩し、北岳山頂へ進みます。10時40分頃山頂に到着。もちろん何も見えません。ここからの眺望は楽しみにしていたのですが残念です。

鳳凰三山・北岳_12.JPG

10分ぐらいで下山開始。登ってきたルートを戻ります。小太郎分岐から少し下ったところで、右俣コースから白根御池の方へ進みます(往路とは違うルート)。

鳳凰三山・北岳_13.JPG

白根御池までのルートは結構急な下りで、多くの登山者が下っています。でも下るにつれガスも晴れ、白根御池小屋手前では前日に縦走した鳳凰三山がはっきりと見えます。

鳳凰三山・北岳_14.JPG

白根御池小屋で長めの休憩をしてから広河原まで下山。14時頃にスタートした広河原の山小屋まで戻ってきました。天気は時間が経つにつれ良くなっていきましたが、北岳の山頂付近は相変わらずでした。

鳳凰三山・北岳_15.JPG

15時のバスで下界に戻り、現実に引き戻されました(笑)南アルプス、また来年来たいです。

posted by ysdhrs at 00:49| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

ひかり製麺堂

今日は汐留で遅いランチ。打ち合わせがあったビル内のレストラン街から選択し、「ひかり製麺堂」へ。

「ゆず風味の味玉つけ麺」の大盛りを注文。で、出てきて大盛りの多さにビックリしましたが、確認すると上げ底になっていました(笑)それから、「ゆず風味」ってのを忘れるぐらい、ゆずを感じられませんでした。テーブルにあった「ゆずスコ」(ゆず+タバスコか?)という辛さを追加するもので、どうにかゆずを感じる程度でした

ゆず風味の味玉つけ麺@ひかり製麺堂.JPG

posted by ysdhrs at 23:42| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

UTMBはDNS確定

薄々可能性があると思っていましたが、本日UTMB(ULTA-TRAIL DU MONT-BLANC)のDNSが確定しました。

ある程度心の準備はしていましたが、いざ現実のこととなるとショックですね、やはり。理由は仕事ですが、これも巡り合わせ。たらればがありなら、予定通り行けたと思います。

次回行ける可能性があるのは再来年。確実に休みが取れます。ただし、UTMBの当選は保証されていないので、これもどうなるか。

UTMB2012 GUIDE.JPG

posted by ysdhrs at 22:54| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

鳳凰三山・北岳(1日目)

14~15日の1泊2日で南アルプスの鳳凰三山と北岳に行ってきました。登山でなく一応トレイルランが目的です。当初は日帰りで鳳凰三山の縦走だったのですが、いつの間にかプランが拡大。山小屋泊で北岳も追加になりました。

14日は特急を乗り継いで甲府まで。9時発の登山バスに乗るつもりでしたが、バスの出発が40分程遅延。下車した夜叉神峠登山口にも当然遅れて到着。準備等でスタートしたのは11時です。涼しいことは涼しいのですが、発汗も意外と多いです。左手に白峰三山を時々見ることが出来るのですが、山頂付近は雲に覆われています。

鳳凰三山・北岳_1.JPG

コースタイム5時間半のところを2時間半で南御室小屋に到着。ペース速くない?ここで長めの休憩をしようと思ったのですが、雨がパラパラと。休憩を早めに切り上げ出発。でもすぐに雨があがった。なんだか追い出された気分(笑)でも、次の薬師岳小屋で休憩できました。

薬師岳小屋からは鳳凰三山の1つめ薬師岳はまもなく。一面砂礫の山頂に15時頃到着。

鳳凰三山・北岳_2.JPG

次の三山の2つめ観音岳も見えます。観音岳山頂はあまり印象に残らず。写真もなし(笑)

鳳凰三山・北岳_3.JPG

そして3つめの地蔵岳へ。地蔵岳を下って登ります。コースは地蔵岳の山頂ではなく、アカヌケ沢ノ頭ってところです。写真の右に見えるのがオベリスク。

鳳凰三山・北岳_4.JPG

鳳凰三山・北岳_5.JPG

アカヌケ沢ノ頭まで来ると、賽ノ河原に下りて寄り道。

鳳凰三山・北岳_6.JPG

鳳凰三山・北岳_7.JPG

コースに戻って先に進みます。最後にもう一山の高嶺。北岳が近くに見えます。山頂付近は相変わらず雲の中です。でも甲斐駒ヶ岳の山頂が何とか見えたのは良かったです。

鳳凰三山・北岳_8.JPG

鳳凰三山・北岳_9.JPG

鳳凰三山・北岳_10.JPG

高嶺を過ぎると、後は下るのみ。白鳳峠まで一気に下りますが足場が悪いです。でも白鳳峠が過ぎても同じ。岩を一面に敷き詰めたような感じです(でも意外と楽しいかも 笑)。

途中から樹林帯に入ります。南アルプス林道に沿っている野呂川の音が聞こえるのですが、なかなか辿り着きません。標高差約1,200mを下るのは結構たいへんですね。そして18時半頃、南アルプス林道まで下山できました。

鳳凰三山の縦走は所要時間約7時間半。スタートが11時と遅かったですが、日の長い時期だからできたようなものです。地図上のコースタイムより速いですが、普段走っているようなところと同じ感覚でいてはダメですね。

(つづく)

posted by ysdhrs at 23:29| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

舎鈴

赤羽駅のエキナカecute赤羽にある「舎鈴」に行きました。通勤では赤羽駅で乗り換えはしませんが、寄り道して帰る時に乗り換えることがあります。でも、閉店後なので気になっていましたが、昨日ようやくです。10分弱ほど並びました。

一番人気と思われる「得製つけめん」にしました。魚介の香りがするつけ汁はさっぱりしていますが、ほぐし肉(初め何かわからなかった 笑)等、具が多めです。麺も並でしたが、量は多めに感じました。隣の人は大盛を注文したのか、すごい量に見えました。美味しかったです。

得製つけめん@舎鈴.JPG

posted by ysdhrs at 00:05| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

夢はかなった。

7月12日発売の雑誌『Tarzan』にUTMFの記事が掲載されていました。

もう1ヶ月以上も前のことですから、旬なタイミングが終わり、ちょっとタイムリーじゃないですね。ほとんどの人は、もう次なる目標に気持ちが切り替わっているでしょうから。とはいえ、内容は気になります(笑)写真はメディアによって違うので、見るには楽しいです。

ちなみに『Tarzan』をこのために買ったわけではなく、定期的に購読しています。自分がトレイルランニングを始めたのはこの『Tarzan』のせいです(笑)

Tarzan607.JPG


posted by ysdhrs at 01:28| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

Okugai

出張でしばらく会社の自席を留守にしていた時、帰ってきたらこんな本が置かれていました。聞いたことがない名前です。よく見ると3年前に発刊されたものらしい。「トウキョウトレイル」の文字が嫌でも目に入ってきます。「トレイル」の一言で私の席に置かれたに違いない(笑)

ちなみに、高尾山~雲取山までを繋ぐルートを「トウキョウトレイル」として記事では紹介されていました。「トカラ列島」の紹介記事も興味深く、行ってみたいと思わされました。

私の席に置いてくれて正解でしたが、未だに誰が置いたか不明です(笑)

Okugai.JPG

posted by ysdhrs at 02:24| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

第14回北丹沢12時間山岳耐久レース

日曜日、今年で5年連続で5回目の出走をしました。気温がパフォーマンスを左右する大会ですが、今年は涼しいぐらい。過去5年で一番の涼しさです。天気も曇りで、条件は良さそうな予感。

6時30分のスタートですが、トイレ待ちの行列に並んでいたので、スタート地点に向かったのは15分前ぐらい。結構後方に並びます。6時30分スタート。このコースでスタートダッシュはキツイので、程々のペースで走ります。体は重く感じないですがキレが悪い。涼しいですが汗が噴き出てきます。舗装路区間が終わりトレイルへ。ほとんど止まることなくスムーズに進みます。

再び舗装路に出るまで無理な追い越しはせず流れに乗ります。舗装路区間では適度なアップダウン。去年はウルトラマラソンの1週間後だったので、全然スピードが出ませんでした。今年はそこまで悪くはないですが、何となくイマイチ。普段のトレーニング不足を痛感しました。舗装路区間から鐘撞山へ続くトレイルに入ります。

脚の動きが悪くペースが上がりませんが、登るしかありません。前日の雨でコースが酷いことになっているかなと思いましたが、それほどでもって感じ。泥んこにはなりましたが(笑)県境尾根分岐まで来ればあとは下り。でも直ぐに長い列に吸収されました。追い抜きにくい下りなので、ここでも流れに身を任せることにしました。

下りきったら第1関門の神ノ川ヒュッテ。スタートから3時間ぐらい。2年前とほぼ同じ。進歩していない。2年前より涼しい気温だから退化しているか(笑)エイドで補給を済ませ数分で出発。

日陰沢源頭まで410m登ります。ペースは相変わらず。登りが終わると神ノ川園地まで約18kmのだらだらした下りです。ここをスピードに乗って走れるかどうかがポイントかなと思っていましたが、見事にスピードには乗れませんでした。緩いペースで進み、スタートから4時間40分近くで第2関門を通過しました。2年前より10分ぐらい遅いです。

最後の一山。記録も期待できないと前に進むモチベーションも下がるもの。軽い睡魔がやって来ました。さらにペースが落ちます。持っていたVESPAプロの摂取したら登りのパワーが復活。睡魔もなくなった(笑)風巻ノ頭は休むことなく通過。まあまあのペースで姫次まで登り切りました。スタートから6時間15分ぐらいです。

残り9kmぐらい。いつもならここからは快調に走れる区間なのですが、今年はできそうにありません。でも6時間台でのフィニッシュにチャレンジしましたが、平丸分岐を少し下ったあたりで断念。無理でした。その時点で緩めて、7時間9分24秒でフィニッシュとなりました。

走っている最中は、ここは今年で最後にしようと思っていました。ほとんど記録が伸ばせないし辛いし(笑)自分にとっては鬼門と思えるような大会ですから。でも、今回の散々な結果で撤回。まだまだ挑戦します。

第14回北丹沢12時間山岳耐久レース.JPG

posted by ysdhrs at 23:54| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

カナピナ

珍しく会社の近くの店でランチ。お昼時はどの店もいっぱいになりますし、たくさん店がある訳ではないので、いつもは仕出し弁当で済ませています。今日は14時頃と遅い時間だったし、どこも待たずに入れるだろってことで。

何となくカレーが食べたかったので、カレーの店を探し「カナピナ」へ行きました。あまり聞いたことがないシーフードカレーってのを食べてみることに。辛さも選べたので中辛で。

見た目カレーからは何も見えません。中を探ると確かにシーフードです(笑)中辛のはずが辛さがまったくって言っていいほど辛さを感じません。量はそこそこありましたが、カレーを食べたって気になりませんでした。

シーフードカレーランチ@カナピナ.JPG

posted by ysdhrs at 01:51| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

雲呑好

日曜日の北丹沢12時間山岳耐久レースの前日受付に向かう途中、立川駅で遅めのお昼ご飯。ecute立川内にある「雲呑好」へ。ワンタンの専門店らしいです。

プリプリ海老ワンタン麺で、スープは塩味を選択。他に醤油味と四川坦々味が選べます。あっさりしたスープで若干物足りなさがありましたが、レース前日なので控え目に(笑)

プリプリ海老ワンタン麺@雲呑好.JPG

posted by ysdhrs at 23:50| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

『ONCE ダブリンの街角で』

DVDで鑑賞。

ストーリーは、街角で出会い、音楽を通じて二人の心が近づいていく・・・なんですけど、結末はハッピーエンドって言っていいのかどうか。想像もつきませんでした。感想を上手く言い表せません。余韻がすごく残ります。

いわゆるハリウッド映画ではなく、メジャーな作品ではないと思いますが良かったです。音楽も良く、歌も上手いと思ったらキャストはミュージシャンでした。サントラほしくなって買いました。アカデミー賞歌曲賞とLA批評家協会賞音楽賞の受賞は納得です。

posted by ysdhrs at 22:27| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』

DVDで鑑賞。

簡単(乱暴?)に言うと、『ロード・オブ・ザ・リング』や『ナルニア国物語』(あっ、3作目まだ観てないや)のようなファンタジーで、三部作の構成。でも、この『ライラの冒険』は2、3作目は打ち切りらしい。

登場人物のキャラクタ設定や物事の背景等、イマイチわからないままどんどんストーリーが進んでいく感じでした。三部作あってのこの作品なのか、3作全て観て理解できるのかもしれないし、原作でストーリー全体を知っている必要があるのかもしれない。いずれにしても、ストーリーを知らない人が観ることの配慮が足りないと思います。

続編がある前提だったと思うので、すごく中途半端なままエンディングを迎え、謎も多く、しっくりこなかったです。そう言えば、ハラハラドキドキもなかったような・・・。ちょっと残念です。

posted by ysdhrs at 23:51| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする