2012年09月30日

武蔵五日市~醍醐丸~和田峠

いよいよ来週となった日本山岳耐久レース。今日最終試走へ行ってきました。

あまり負荷をかけたくないですが、走っておきたい区間である武蔵五日市~醍醐丸へ。浅間峠までは行かず、和田峠でエスケープし陣馬高原下からバスで高尾駅に戻る予定でスタートします。

武蔵五日市~醍醐丸~和田峠.JPG

今熊山は杉伐採でコースが閉鎖されているため迂回路から登ります。第1回のハセツネ30K以来に通るルートです(逆走ですが)。小走りより歩きの登りがきつく感じる変な状態。当日、今熊山、三頭山、御前山は特に苦戦しそうな予感がします。

台風が来るせいなのか暑い。発汗量も多い。今日は下りもジョグペースと緩めに走ります。入山峠を過ぎ、アップダウンが続く峰見通り。当日、ここを如何にやっつけるかですね。登坂力が低下していますので、足運びでどこまでカバーできるかいろいろ試しながら進みます。悪くもなければ良くもない感じでクリアしましたが、不安は残ります。

市道山分岐を過ぎれば、少し走りやすい区間が出てきます。試走するランナーも何名か見かけました。醍醐丸手前で試走するランナーとどこまで行くのか等ちょっと話しをし、醍醐丸でお別れ。コースを外れ、予定通り和田峠へ下ります。和田峠到着。このまま陣馬高原下のバス停まで下らず、陣馬山~明王峠~底沢峠~陣馬高原下のルートへ。

明王峠の茶屋で休憩しようと思いましたが、開いてません。日曜日でも開いていないとは・・・。諦めてそのまま底沢峠から陣馬高原下まで下ります。バス停到着。高尾駅までのバスは1時間に1本。50分ぐらい時間がありますので、近くの「陣馬そば 山下屋」で冷たいとろろそばを食べることにしました。「陣馬そば」という名は、この店が発祥だそうです。

冷たいとろろそば@陣馬そば 山下屋.JPG

バスが来る時間になったので、バスに乗って高尾駅へ。途中で天気が怪しくなり雨が降ったり止んだり。そうなるまでに下山できて良かったです。

posted by ysdhrs at 22:41| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

こうのす花火大会

ちょっとらしくない時期ですが花火大会です。こうのす花火大会。住んでいるところと同じ埼玉県ですが、初めて行きます。

開始時間から少し遅れて到着。鴻巣駅で下車したところでドーンという音が聞こえてきました。人の流れに身を任せて、会場である荒川河川敷へ。結構な人出ですが、座って見る場所は十分確保できました。

プログラムがあるようなのですが、特にアナウンスしておらず(ラジオで聴けるらしい)、どんな花火が上がるのか把握できません。また、打ち上げと打ち上げにちょっと間が空いたり・・・。

プログラム最後の三尺玉2発・二尺玉同時打ち・尺玉300連発はど迫力でした。デジカメからはみ出るぐらい近くから打ち上げられ、スゴイの一言です。

こうのす花火大会_1.JPG

こうのす花火大会_2.JPG

こうのす花火大会_3.JPG

こうのす花火大会_4.JPG

こうのす花火大会_5.JPG

こうのす花火大会_6.JPG

こうのす花火大会_7.JPG

posted by ysdhrs at 23:55| Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

八ヶ岳(西岳~編笠山~権現岳~赤岳~中岳)

先月の槍ヶ岳に続いて自身二度目の登山。今回は八ヶ岳です。

金曜日の夜中に出発。会社から帰って慌ててパッキングしたので、致命的なものはなかったですが、いろいろと忘れ物が・・・。2時半頃(だったかな?)富士見高原に到着。車が1台だったので、下山予定地の唐沢鉱泉に車を置きに行って帰ってくるのを待つ間ビバーク(笑)マットと防寒着を着込む程度で大丈夫でした。

まもなく夜が明ける頃(すっかり時間を忘れた 笑)に起きて出発。最初は西岳へ。少し肌寒かったですが、だんだん暑くなってきます。途中で補給を入れ、9時頃に西岳に到着。次に向かう編笠山が見えます。天気は悪くなさそうで期待が持てます。

八ヶ岳_1.JPG

源治新道に沿って進み青年小屋に到着。荷物を置いて編笠山までピストン。荷物を下ろすと軽い軽い(笑)。振り返ると、この後に進む権現岳が見えます。

八ヶ岳_2.JPG

あっという間に編笠山の山頂に到着。西岳や赤岳も見えました。ワクワクしてきます。

八ヶ岳_3.JPG

八ヶ岳_4.JPG

編笠山を下山し昼食。昼食を済ませると、権現岳に向けて出発。結構な斜度の登りです。鎖場もあります。稜線に出ると眺めが良くなってきました。

八ヶ岳_5.JPG

権現小屋の手前で、八ヶ岳の核心部が見えました。赤岳、阿弥陀岳、横岳、硫黄岳。見たかった眺めです。クリアではありませんが、十分良いです。

八ヶ岳_6.JPG

八ヶ岳_7.JPG

権現小屋で少し休憩し、権現岳のピークまで行ってから、赤岳方面へ進みます。途中61段のスリリングな鉄ハシゴを下ります。このあたりもずっと稜線と赤岳の眺めが良いです。

八ヶ岳_8.JPG

八ヶ岳_9.JPG

八ヶ岳_10.JPG

八ヶ岳_11.JPG

予定ではまだまだ先に進むことになっていましたが、赤岳手前のキレット小屋でテント泊します。テントを張るところから初めての経験になります。寝床を作り夕食。日が短くなりましたね。6時を過ぎるともう真っ暗。アルコールを適度に飲んで20時頃には就寝。朝が早かったので寝付きは良かったです。

途中で何度か目が覚めましたが、雨が降っていました。テントだと意外と雨音がうるさいかも(笑)。朝起きた時間も遅く7時頃。やっぱり雨です。幸い小雨だったので、素早くテントを片づけます。雨水でテントの重量割り増しです。バックパックがズシッと。

赤岳に向けて出発。雨でもこのルートを進むしかありません。晴れていれば良い(怖い?)眺めだそうですが、ガスっていて何も見えません。ガレていて急な登り。重い荷物を持って登るわけですから大変です。

八ヶ岳_12.JPG

10時頃、ついに赤岳山頂に到着。何にも見えませんね。赤岳山頂小屋で暫し休憩。この日のルートを確定。美濃戸に下山することになりました。当初の計画、阿弥陀岳、横岳、硫黄岳、天狗岳は取りやめです。

赤岳山頂小屋を出て下山開始。文三郎尾根を下りますが、阿弥陀岳は無理なので、途中の中岳は登ろうということになりルートを若干変更。山頂まではすぐでしたが、山頂を示す案内は何もありませんでした。

八ヶ岳_13.JPG

前日通った青年小屋から権現岳までのルートが見えます。天気が悪いながらも少しでも何かが見えるのは嬉しいです。

八ヶ岳_14.JPG

横岳、硫黄岳も意外とはっきりと見えました。トレイルランの感覚だと、今回のようなコンディションでも行けるのではと思ってしまいます。次回にお預けです。

八ヶ岳_15.JPG

中岳のコル経由で文三郎尾根に沿って下山。行者小屋で昼食です。昼食後は美濃戸に向けて出発。ガレていますが、緩くて長い林道です。今までの眺めと違ってちょっと退屈でした。17時過ぎ、美濃戸に到着。今回の予定(変更後)はここで終了です。

2日目は雨で残念でしたが、ところどころで眺望があったのはラッキーでした。今回予定していて登れなかった山(阿弥陀岳、横岳、硫黄岳、天狗岳)はもちろん、晴れている時に赤岳に登りたいです。

posted by ysdhrs at 23:37| Comment(0) | 登山・ハイキング | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

『ウルトラトレイル・マウントフジ ~激走! 富士山一周156キロ~』

テレビ放送された番組がDVD化。テレビ放送にはなかった特典映像も収録されています。

episode2は私たち市民ランナーを追いかけたドキュメントになっていますが、もちろん私はどこにも映っていません(笑)。取り上げられたランナーが少なかったかな。もっと多くのランナーをフォローしてくれると良いのだけどね。

episode1もフォローされていたのは、トップ選手のほんの一部だけ。こちらももう少し多くのトップ選手をフォローしてほしかった。ちょっと偏り過ぎかな。

ウルトラトレイル・マウントフジ.JPG

posted by ysdhrs at 01:53| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

信越五岳トレイルランニングレース 2012 (第1関門~ゴール)

つづき。

4A(第1関門)を出発。ここからはしばらく林道の長い登りです。走れなくはないですが、去年走ってその後ペースが落ちてしまったので悩むところ。でも今回の調子だと歩き。さらに睡魔が襲ってきました。時々フラフラしながら歩いているのが自分でもわかります。随分歩いたような気がしますが、登りは終わりません。こんなに登りが続いたっけ?近くにいるランナーが、今年も去年と同じペースで制限時間(22時間)の5分間にフィニッシュしたと話している声が聞こえたので、関門時間が少し気になりました。睡魔もようやく消え、登りがほぼ終わる頃、ゆっくり走り始めました。

下り始めて、鉄の橋を渡るとまもなく笹ヶ峰に。牧場までくるともう少しで5A。去年より約2時間半遅れで5Aに到着。ここでも日陰に。ドロップバッグを受け取り、ヘッドランプとサプリとハイドレーションのドリンクを追加。何だかんだで30分ぐらいは居座っていたと思います。ここでもサポート部隊の励ましを受け出発。

日差しもだんだん緩くなってきました。気持ちの良い林間区間はジョグペースでしたが、その後の林道の緩い登り区間で再び睡魔。もう勘弁してほしいって思い。登山口の給水ポイント前あたりで睡魔がなくなり、山への登りから突然快調になりました。追い抜きが難しいシングルトラックですが、前に行かせてもらいます。下りから完全に吹っ切れ、どんどん追い抜いていきます。今年はこの山中でライト点灯。もちろん去年より進みが悪いです。いつものように暗くなるとテンションが上がることは変わりないです(笑)

6Aに到着。8Aまではコースがわかっているので、関門時間を気にする必要がなくなりました。8Aまで快調に進みます。最後の関門。21時を過ぎていました。前半どうなるかと思いましたが、もう復調できたみたいでした。エイドステーションとしては最後です。補給をしっかりして出発。あと約18kmです。

瑪瑙山の登りで少しペースが落ちましたが、まずまず。瑪瑙山を下って登り返し。100km地点を通過。もうすぐ下り開始。下り区間で前のランナーを追い抜いていきます。やっと林道に到着。最後の給水ポイント。温かい飲みのものをいただきました。あとは林道をゴールまで走るだけ。でも、今年はタイムの大幅な遅れで更新は不可能。わかりやすいモチベーションとなるものがなく気合いが入りません。

過去2年、この林道はノンストップで走り切りましたが、今年は気合いが入らないので、ところどころで歩きに。ゴールには19時間24分49秒で到着。タイムは去年より約3時間の遅れ。前半の状態から、完走できただけでも良かったかもしれませんが、素直に喜べる結果ではありません。来年しっかりするしかないです。

信越五岳トレイルランニングレース 2012_2.JPG

posted by ysdhrs at 23:39| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

信越五岳トレイルランニングレース 2012 (スタート~第1関門)

週末は信越五岳トレイルランニングレースでした。2009年の第1回から出続けているので、今では自分にとっては外せない大会の1つです(ペーサーもしてみたいけどね)。

110kmという距離やコースについては経験があるため、まったく不安はなし。あるとしたら、日頃の練習不足。平日夜の皇居ランがほとんど出来なくなってきたため、7月からは意識して毎週末にトレイルランを続けてきました(1回登山がありますが)。でも両方バランス良くないとと思いつつ・・・。

16日5:30スタート。去年のように肌寒さはなし。気温が高くなるとの情報。体は重くなく脚も動きます。悪くはないかも。10km地点を54分で通過。斑尾山登山口までのだらだらした林道は苦手で好きではないのですが、今年は楽に走れたと思います(速くはないけど)。半年間週1回のペースで続けている体幹強化と加圧トレーニングの効果かな?

斑尾山登山口でもある1Aに到着。感覚的には去年みたいな悪さはない。ここからの登りで若干ペースが落ちるのは想定済み。でも何となくおかしい。腰から下がびっしょり。ハイドレーションが壊れたかと何度も確認しましたが、間違いなく汗のようでした。いつもと違うのは、頭から滴り落ちてくる汗ではなかったこと。そのため、発汗量の多さには気がつきませんでした。脱水か?

下りでもあまりペースが上がらなくなります。2Aを過ぎ袴岳の登りあたりから顕著に。袴岳から3Aまでは長い下り。惰性で走れるので楽なほうなのですが、歩きたくなるぐらい辛い感じ。たくさんのランナーに抜かれていきました。このあたりでリタイアを考え始めました。

3A直前の炎天下で後ろ向きな気持ちに拍車をかける。3A到着。エイドのテントの影で腰を下ろす。とりあえず補給。ここから先が厳しい区間。遮る物がほとんどない川沿いのコース。出発する踏ん切りがなかなかつきませんでしたが、進むしかないのでとぼとぼ歩いて出発。すぐ後から来た知人であるお姉様(笑)にハッパをかけられましたが、今回は勘弁してもらいました。

ほとんど走ることなく歩きです。ところどころであるちょっとした木陰で膝に手をついて立ち止まります。座り込むか寝転ぶかしたいところですが、コース上なので心配して声をかけてくるランナーがいると思うので、止めておきました。途中でcanardさんが追いついてきました。そのうち来ると思っていましたが、予想より遅かった(笑)。力強い走りはうらやましいです。あっという間に見えなくなりました。

7km程の川沿いのコースが終わりトレイルへ。日差しが遮られるのはありがたいですが、残念ながらそれが自分のパフォーマンスにプラスにはなりません。それでもジョグぐらいのペースで走ります。4A手前まで気持ち良く走れるコースなんですけど、それを感じられず。

4A到着。日陰でへたり込む。サポート部隊が見つけてくれて世話をしてくれます。ありがたいの一言です。私の不調の情報が入っていて気にかけてくれます。こうなったら、もう腹をくくって進むのみです。

つづく。

信越五岳トレイルランニングレース 2012_1.JPG

posted by ysdhrs at 23:55| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

本濱

金曜日、今週2回目の中目黒事業所での打ち合わせ。浜松町経由で帰社だったので、自分には珍しく浜松町でランチ。

普段食べない物をと思って探したのが「本濱」という和食の店。ランチメニューは「鯛めし定食」のみ。11時半過ぎに入店しましたが、最後の空席でした。人気店?

さしみ、あら煮、唐揚げ付きの鯛めし定食ですが、唐揚げってどれ?(笑)

鯛めし定食@本濱.JPG



posted by ysdhrs at 02:44| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

らんまん食堂

水曜日、中目黒の事業所からの移動中、恵比寿でランチをすることに。当てもなく適当に歩いていて偶然見つけた「らんまん食堂」に入りました。

鶏の唐揚げの店のようなので、「鶏もも唐揚げ定食」を注文。しおorしょうゆが選べ、しおで。普通の唐揚げ定食ですね。私には少々油っぽく感じました。

鶏もも唐揚げ定食@らんまん食堂.JPG



posted by ysdhrs at 01:31| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

鞘口峠~御岳山

ハセツネのコース試走。先週のやり直しというか続き。先週は西原峠から御岳山までの予定だったはずが、鞘口峠で終わってしまったので、今回は鞘口峠から出発。

天気はどうかなと思っていましたが、都民の森に着いた頃は良い天気になっていました。ちょっと暑いぐらい。準備を済ませて出発ですが、キャップを忘れたことが発覚。コースで日が直接当たる区間はわずかだし、Buffで代用できそうなので何とかなるかなと。

鞘口峠まで上がり、9時50分に出発。最初は少し急な登りですが、後は比較的走りやすい区間です。下りでも速くなりすぎない程度にし、なるべく走り続けることを心がけます(今回の目的)。月夜見第2駐車場を過ぎ、御前山の登り。来るたびに思うのですが、ここはレース当日の夜間より、昼間の試走のほうがきつく感じます。

御前山山頂で息を整え、大ダワまで下ります。コースが整備されたようで、少し走りやすく感じました。大ダワまではほとんどが下りですが、登り返しが少しあります。この登り返しが個人的には嫌いです(笑)

大ダワで補給休憩してから再スタート。ここもなぜか昼間はきつく感じます。大岳山が近づくにつれハイカーが増えてきました。止まったり減速したりする回数が多くなります。何度か岩をよじ登って大岳山に到着。、ハセツネではここまで来ると戻ってきたって思えるところです。

天気は良いですが景色はイマイチなので早々に出発。ここから先のガレた区間で、もう1つの目的、新しいシューズの具合をチェックします。軽量化のためプロテクションが最小限にされている分、ちょっと気になります。特に疲れが出ている頃なので、レース当日の使用は見送りかな。

御岳山までの道のりは、さらにハイカーが多くなりました。コース幅は広いところが多いですが、追い抜きとすれ違い時は減速しながらになります。長尾平を通過し、御岳神社の参道まで来たら今日の予定はここまで。このまま武蔵五日市まで十分走っていける余裕がありましたが、ここまで(笑)参道にあるお店でかき氷を食べ、御岳駅まで下って終わりです。

大岳山山頂より.JPG

posted by ysdhrs at 23:45| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

Ultra-Trail du Mont-Blanc 2012

Ultra-Trail du Mont-Blancに行った知人からお土産でBuffをいただきました。

去年行った時にも買ったので、今年もと思っていました。でも行けなくなったので、買えなくなったな~って思っていたところ、お土産でもらえるのはラッキーでした。感謝。

UTMB2012 Buff.JPG

今年のUTMBは荒天で大幅にコースが変更され、距離も166kmが約100kmに。もはやUTMBとは言えない別物で開催となりました。もし自分が行っていたら、出走はしていましたが、これはUTMBではないと納得せず、正規のルートで走るためにもう1回目指すことになっていたと思います。そう考えると、今年のキャンセルは不幸中の幸いだったかもと、悔しい気持ちがほとんどなくなりました。でも天候は自分たちでどうすることもできませんね。

posted by ysdhrs at 22:06| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

池上彰 『伝える力』

この手のコミュニケーション能力についての本はたまに読みます。ただ、さらっと読めるのですが、覚えたことがすっと抜けてしまいます(笑)覚えたつもりになっていると思います。今回こそはそうならないようにと思いつつ・・・。

「話す」「聞く」「書く」能力について述べられてる中で、今回自分にとって目新しく、印象に残ったことは、「書く」ことのポイント。「矢印を使い分ける」、「『そして』『それから』は使わない」、「順接の『が』は使わない」、現状できていませんね。

文章を書くことは子供の頃からあまり得意ではないです。そんな自分が、部下の書いた文章を査読をするってどうなの?って、思うことがあります(笑)かといって避けられないので、これからも日々訓練です(もともとブログを続けることはそのためなのですが、最近はサボり気味で・・・)。「そして」、「それから」、順接の「が」を使わないこと、早速意識して実践したいと思います。

posted by ysdhrs at 01:35| Comment(2) | | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

野菜カレーラーメン&牛コクカレーラーメン

CoCo壱番屋監修の「野菜カレーラーメン」と「牛コクカレーラーメン」。

麺は普通。カレーにはコクがあるように思いましたが、辛いかどうかでしか、あまり印象に残らなくなってきています(笑)CoCo壱番屋監修なら、以前発売された「カレーラーメン」のほうが良かったかな。

CoCo壱番屋監修 野菜カレーラーメン&牛コクカレーラーメン.JPG

posted by ysdhrs at 01:36| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

一汁五穀

久しぶりに越谷のイオンレイクタウンへ。ここは飲食店が多いのでどこに入るか迷いますが、今回は「一汁五穀」にしました。和食の店です。

メニューはちょっと迷うくらいいろいろありましたが、「五穀青空定食」と味噌汁を「紅ずわい蟹味噌汁」に変更して注文。出てきてビックリが「紅ずわい蟹味噌汁」。その大きさから写真のようにメイン料理のように見えます(肉豆腐が隠れてしまいました)。

五穀青空定食+紅ずわい蟹味噌汁@一汁五穀.JPG

posted by ysdhrs at 23:45| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

西原峠~鞘口峠

新しいシューズのフィット感を確認するため、ハセ​ツネコースの試走に行くことにしました。良ければ2週間後の信越五岳トレイルランニングレースで使うかもです。

ギリギリまでどこからコースに入るか決まらず、武蔵五日市駅からのバスの中で西原峠からに決定しました。終わりは御岳山ってことだけは前日からすでに決めていました。しかし、地図のルートを見て数馬バス停で下車するも入り口が見つかりません。数馬バス停に貼ってあった地図を見てもそんなルートは記載されていません。早々に見切りをつけ、1つ前のバス停の仲の平まで走って戻り、そこからのルートに変更です。

今日も汗をたくさん出ますが、山の中は少し涼しく感じられます。1時間弱ぐらいで西原峠に到着。ここからハセツネコースです。すぐそこの槇寄山を過ぎると、走りやすいコースになります。大沢山の登り始めから本格的な登り。脚の使い方をいろいろ試しますが、それ以前に心肺機能の低下が気になります。今年は良い記録が期待できなさそう・・・。

三頭山の手前の大沢山を過ぎたあたりから雨が降り始め、あっという間に強い雨になりました。止まらずに進みます。三頭山の山頂には東屋がないので、このまま鞘口峠まで下ります。所々コースは川になっていました。鞘口峠から都民の森まで下り雨の様子を見ます。小雨になって傘がいらないぐらいまで弱まったところで再び鞘口​峠へ。しかし、時々雷の音が聞こえ、雨もまた強くなってきたので、​迷いましたがこの先に進むことは断念しました。

バスで武蔵五日市駅に向かっていると天気は回復。御岳駅か​ら御岳山に入り、そこからハセツネコースを走ることを思いついたので、急遽電車で移動。明らかに走り足りないので、移動に面倒でも行くしかありません。幸い乗り継ぎが良く、16時頃には御岳山に着き、何とかライトなしで武蔵五日市に下山できそうな見込み。

しかし、​御岳駅に着く頃にまた豪雨。10分程様子見しましたが、とても走れる状態まで天気が回復しそうにありません。時間に制約があるのでこれ以上待てず、折角移動してきたのに断念せざると得ませんでした。

雨に翻弄された1日でした。来週もう1回チャレンジかな。

鞘口峠.JPG

posted by ysdhrs at 23:38| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする