2012年10月31日

野口悠紀雄 『「超」整理法』

確かベストセラーになりましたよね、これ。今頃読みました(苦笑)

初版が1993年と約20年前なので、パソコン関連の部分は古くささはあります。でも、紙は相変わらず減りません。会社ではノートパソコンを使っているので、無線LANで社内での持ち運びはい良いですが、ディスプレイが大きくないので、プリントアウトとされた紙のほうが見やすく思います(これって歳? 笑)

見返すことがない書類の処分には、押出しファイリングは有効な方法だと思いました。意外と簡単な方法で思いもつきませんでした。早速実践してみたくなりました。

この本を読んで、今更ながら整理と整頓の違いを知りました。今まで深く考えたことがなかったですが、そうだったのかと(笑)

posted by ysdhrs at 23:38| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』

Blu-rayで鑑賞。

3作目ともなると目が肥えてくるので、強烈なインパクトがない限りは映像に対する驚きもなくなってきますね。ストーリーはあまり期待はしていないので、映像に期待なんですけどね。どうやら3Dがスゴイらしいのですが、残念ながらBlu-rayをテレビでの鑑賞。映画館で見ればよかったかな。前の2作は映画館で見ていたのですが、今作では行かなかったので。今頃言っても遅いですが。

ストーリーはアポロ計画まで絡めて、良い意味で期待を裏切ってくれるかと最初は思ったのですが、広げたのは良いがその後が続かずって感じ。やっぱり期待通りでした(笑)

あとは、オートボットのコミカルな部分は個人的には好きになれませんね。それが面白いっていう意見もあると思いますけど。

posted by ysdhrs at 23:54| Comment(2) | 映画 | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

亜詩麻

谷川岳からの帰り。みなかみ町にある「亜詩麻」。

焼きカレーが人気だそうなので、「やさい焼きカレー」を注文。チーズ嫌いですが、この程度なら食べられます。ちょっと辛めのカレーだったのが良かったです。

やさい焼きカレー@亜詩麻.JPG


posted by ysdhrs at 01:13| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

谷川岳

今日のこんな天気でもトレイルランツアーは決行。今回は谷川岳です。

土合口から西黒尾根を登ります。雨はほとんど降っていませんでした。西黒尾根は日本三大急登の1つだそうです。登っていてあまり急登な感じはしませんでしたけどね。

途中から雨が少し強くなりましたが大したことはありませんでした。それより風が凄かった。特に稜線に出ると強烈でした。防寒対策はしっかりしていたので寒さは感じませんでしたが、岩を掴んで登るところがあったので、手が少し冷たくなりました。

鎖場が何ヶ所かありました。雨で滑らないように気をつければ何の問題もありません。二峰ある頂部の1つ、トマの耳(標高1,963m)には12時前に到着。稜線に出てからわかっていましたが、眺望はなし。この天気では何も見えません。

谷川岳_1.JPG

もう1つの頂部、オキの耳(標高1,977m)も10分足らずで到着です。

谷川岳_2.JPG

あとは下山するのみです。谷川岳肩の小屋で少し休憩してから出発。木の階段に岩がゴロゴロした下り。雨で滑りやすくなっているので気をつけるのですが、何度か脚を取られ転びそうになります。フラットで木が敷かれているところは斜めになっていて、これも滑りやすい。周りは紅葉で綺麗なのですが、足下が気になってあまり見る余裕がりません。

谷川岳_3.JPG

最後はヌルヌルの下り。滑りまくりです。幸いにも派手な転倒もせず通り抜けました。この難所を下り切ると見渡す限り紅葉。最後の最後は頭上にロープウェイが通るルートを下って終わりです。

谷川岳_4.JPG

谷川岳_5.JPG

晴れた日また来たいです。

posted by ysdhrs at 23:47| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

kobo Touch

今日突然、電子ブックリーダー「kobo Touch」が宅配便で送られてきました。事前にメールでお知らせがあったかもしれませんが・・・。

最初、間違い?かと思いましたが、レターが1枚封入されており、無料進呈ということがわかりました。対象者の基準はよくわかりませんが、楽天カードからでした。確かに楽天市場では楽天カードで決済しています。

私は持っている本が多いので、電子書籍だと良いだろうなと何となく考えていました。最近iPad miniも発表されたし、Kindleも日本で発売されるようだし。良い機会だからkobo Touch使ってみるか?でもiPad miniのほうが興味あるな~(笑)

kobo Touch.JPG

posted by ysdhrs at 21:31| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

絶望の氷雨、闇を貫く不屈。

雑誌『Tarzan』に掲載されたUTMB2012の記事。「絶望の氷雨、闇を貫く不屈。」は良いキャッチコピーだと思います。UTMFの「夢はかなった。」も良かったし。

今年のUTMBは荒天のため大幅にコース変更し開催。鏑木毅選手の出場の決意からフィニッシュするまでのレポートです。このレポートの他にCCCのことも扱われていました。テレビの放送でもほとんど取り上げられることがないので珍しいです。去年出場し完走したので取り上げされるのは嬉しいですね。

絶望の氷雨、闇を貫く不屈。.JPG



posted by ysdhrs at 02:08| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

箱根外輪山(湖尻~丸岳~金時山~明神ヶ岳~明星ヶ岳~箱根湯本)

箱根外輪山のトレイルランニングは今回で2回目。前回は2009年12月でその時は箱根峠~金時山まで。今回は一部コースが被りますが、まだ行ったことがない部分を走ることになるので楽しみでした。

箱根湯本駅に8時半前に到着。ここからバスで桃源台へ。桃源台から湖尻水門を通って外輪山の稜線に上がります。天気も良くなってきて意外と暑いです。稜線を少し進んだところにあった富士見ヶ丘公園からは富士山がバッチリ。

箱根外輪山_1_富士山.JPG

これから進む丸岳~金時山も見えます。

箱根外輪山_2_丸岳・金時山.JPG

走れるアップダウンも多いですね。前回は結構歩いたような記憶があります(笑)今日は横行した先頭がガンガン走りますので、少々のアップダウンは走りです。

丸岳到着。暑いですが、ちょっと寒いぐらいの風が吹いています。芦ノ湖と大涌谷が見えます。ゴルフ場が雰囲気を崩しているように思うのは私だけか?

箱根外輪山_3_芦ノ湖・大涌谷.JPG

小休止後出発。乙女峠を過ぎ金時山へ。途中で小学生の大集団。日曜日なのに遠足?全員を追い抜いて前に出るのに一苦労。でも、金時山の山頂の人の多さにビックリ。溢れんばかりの人です。富士山も富士見ヶ丘公園で見た時と違って、雲に隠れる部分が多くなっていました。

箱根外輪山_4_金時山山頂.JPG

山頂の茶屋でキノコ入りの味噌汁を食べて少し長めの休憩。食べ終わったら出発。下山ルートの分岐まで渋滞。体が冷えてきます。分岐を過ぎると流れ始めました。途中振り返ると、金時山と下山してきた稜線が良く見えました。

箱根外輪山_5_金時山.JPG

目指す明神ヶ岳までは近いように思いましたが結構ありました。細かい雨が降ってきました。気にならない程度ですが、雨の予報は聞いていなかったので、これ以上酷くならないことを祈りながら進みます。場合によってはエスケープを頭に入れながら。

明神ヶ岳到着。晴れていれば良い景色だたったかもしれませんが、ガスっていてイマイチ。

箱根外輪山_6_明神ヶ岳山頂.JPG

寒く感じてきたので進みます。これから先はどんどん標高が低くなって行きます。登り返しが時々ありますが下り基調です。ある程度下ったところで小休止。明神ヶ岳山頂ほどの寒さはなくなっていました。明神ヶ岳の山頂には雲が・・・。

箱根外輪山_7_明神ヶ岳.JPG

さらに下ります。明星ヶ岳の山頂はえっ?思うぐらい寂しいところ。気づかずに通り過ぎてしまいそうでした。一度舗装された林道に出て、再びトレイルへ。塔ノ峰まで少し登り返し。山頂を過ぎると最後の下り。阿弥陀寺を過ぎたら舗装路。あとはゆっくり歩いて箱根湯本駅まで戻って来ました。

今週末はゆっくり軽めに行動するつもりでしたが、ガッツリ走ることになりました(笑)金時山あたりから曇りましたが、最初に富士山がバッチリ見えて良かったです。

posted by ysdhrs at 23:30| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

ランチパック なみえ焼そば風

新商品「なみえ焼そば風」。前にあった「横手やきそば風」に続いて「~風」(笑)「富士宮やきそば」は「~風」じゃなかったのですけどね。言い切れない(~風をつける)何かがある?

食べてみましたが、これといった感想は・・・ないです(笑)なみえ焼きそばの味を知らないですし。見つけられれば、もう何回か食べてみるつもりです。

ランチパック なみえ焼そば風.JPG

posted by ysdhrs at 23:50| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

第20回 日本山岳耐久レース(第2関門~ゴール)

(つづき)

御前山の登り。三頭山より標高は低いですが、御前山の登りのほうがきつく感じます。今年試走した時に、御前山までのコースタイムを確認しておいたので、その時間を目処に登ります。足取りは悪くありません。ほぼコースタイム通りに山頂に到着。そのまま大ダワまでの下りの入ります。前後のランナーと間隔が開いていますが、ここでも激下りはせずに、ゆったりしたペースで下ります。でも、そのうちに追いついてしまい頭打ち。ここでようやく登り返しで追い抜きをし前に出ます。

大ダワ到着。いつもより人が少ない気がしました。直ぐに先へ進みます。あとハーフマラソン1本分だな~なんて思いながら50kmポスト通過。走れるところは走ります。大きな岩を登るところにくると大岳山の登り。大岳山山頂。個人的にはここまで来ると帰ってきたなって思えるところです。

ここから御岳山まで下り基調。湧き水のあるところでランナーがたくさんいましたが、私は止まらずスルー。まだ手持ちの水分は余裕があります。第3関門の長尾平には10時間12分ぐらいに到着。11時間台でフィニッシュするには、あと1時間50分弱。今の自分の脚の状態でいけるかどうか何とも言えず、どうするか決めないまま今までと同じペースで先に進みます。

御岳山のお店のある通りを抜け、日の出山へ進みます。このあたりは試走もしていないし、去年はリタイヤでここまで来ていないので、久しぶりに走ります。走ったり歩いたりで日の出山到着。11時間台でフィニッシュするには、あと1時間20分ぐらい。残り11kmだっけ?右足親指の付け根あたりに痛みがあり、急な下りがちょっと嫌な感じ。じゃあ、今年は11時間台諦めて12時間台でフィニッシュしようとあっさり決定(笑)毎年やっているガツガツした走りは封印しました。

ランナーの間隔も広く、数人に道を譲ったかな。途中「あと6kmぐらいです」というスタッフ?もうそんなに走ったっけ?鵜呑みにしないほうが良いと思い、あまり気にせず進みます。すると残り5kmの表示。6kmぐらいってのは間違っていなかったらしい。時間を見ると、11時間台でフィニッシュするには、あと45分ぐらい。行けるかもと思い、ここからようやくモチベーションがアップ(笑)この5kmも間違えていたりしてと思いましたが、見覚えのある橋が見えたので、あと少しとわかりました。

金比羅尾根を外れるとあと2kmもありません。余裕で11時間台にフィニッシュできます。急坂を下り切ると住宅街に。フィニッシュの写真の撮影があるので、五日市会館までに前後のランナーとの間隔を詰まり過ぎないように調整(笑)最後の角を曲がります。見えました。11時間50分30秒でフィニッシュしました。

3年前に記録した自己ベストを約1時間16分短縮。とても短縮できる練習量ではなかったし、15~16時間ぐらいでフィニッシュできればと思っていたぐらいです。この記録は自分でも驚きの結果となりました。去年はリタイヤという悔しい思いをしたので、今年は嬉しいです。その代わり、次の目標のハードルが高くなりましたが。

第20回 日本山岳耐久レース_2.JPG

posted by ysdhrs at 00:05| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

第20回 日本山岳耐久レース(スタート~第2関門)

ハイドレーションのトラブルで早々にリタイヤを余儀なくされた昨年。今年5回目の出場です。

自己ベストは3年前の13時間6分37秒。去年まではこれの更新を強く思っていましたが、今年はすでに諦めています。練習量の減少、北丹沢12時間山岳耐久レースと信越五岳トレイルランニングレースと継続して出場している大会は軒並み記録を落としています。このハセツネCUP(日本山岳耐久レース)も例外ではありません。なので、モチベーションが上がらないまま当日を迎えました。

朝から雨。天気予報では雨が上がるとなっていましたので、あまり心配はしていませんでした。その後の気温上昇だけは勘弁と思っていましたので、それだけが気になっていました。1時間程前、控室から出ると予報通り雨は上がっていました。

13時スタート。日が差して来ました。嫌な予感がします。今年は突っ込まず気持ち控え目に走ります。渋滞するところは早めに通り抜けたいですので、最初だけは我慢の走り。変電所が見えると少しペースを落とします。ここからは無理はしません。息絶え絶えで入る今熊山の登りも今年はスムーズに。

歩いて登ることがなぜかきつく感じる最近ですが、今回はあまりきつく感じることはありません。良い傾向です。今熊山まで上がると涼しく感じます。これから先も同じ。去年のように蒸していなくて良かった。

入山峠到着。渋滞せず列は流れます。ここから市道山分岐までの峰見通りのアップダウンは先週試走したので、コースの記憶はバッチリ。怖いぐらい脚が良く動いてくれます。1時間47分ぐらいで市道山分岐を通過。ペース速くない?

浅間峠まで自分のペースで走ります。幸いにも周りのペースとはほぼ一緒。時々抜いてくランナーがいます。浅間峠を3時間半を切る時間で通過。3年前より30分も速いですが余裕があります。この時点で周りのランナーが思ったほどいません。一瞬前後に誰もいない時間帯がありました。周りはどんどん暗くなっていきますが、まだ見えます。笛吹峠あたりでヘッドランプ点灯。

笹尾根あたりも前後のランナーの間隔が開いています。西原峠通過。この辺りから軽い睡魔が出てきました。だんだん酷くなるので、数分立ち止まって木の標識に手をついて立寝(笑)これで意外とすっきりしました。

大沢山~三頭山への登りペースはちょっと良くなかったです。三頭山山頂に19時過ぎぐらいだったかな?鞘口峠への下り。小集団になっていましたが、追い抜き&激下りせず集団のペースで下ります。鞘口峠まで下ると、集団を先に行かせて間隔を開けます。追いついたころにはその集団もばらけていました。

ここから第2関門の月夜見山第2駐車場までは快適に走れる区間。このあたりは渋滞することもなくマイペース。第1関門から7時間5分で第2関門に到着。ここまでで1時間弱速いペース。ここで1.5Lの水の補給を受け出発。

(つづく)

第20回 日本山岳耐久レース_1.JPG

posted by ysdhrs at 22:28| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

あぶり丼 浜とん&ナポリの旋風

JR赤羽駅内に最近オープンした「あぶり丼 浜とん」と「ナポリの旋風」の2店。ちょっと前から気になっていたので、今日行ってみました。

「あぶり丼 浜とん」では「秘伝のタレ炙り豚丼」を注文。店内外の写真より貧弱に見えるのは、肉増しのトッピングを選ばなかったからだと思います。

秘伝のタレ炙り豚丼@あぶり丼 浜とん.JPG

「ナポリの旋風」では「ナポリタン」の大盛り。焼きスパゲティのようなのですが、あまりそんな感じはしません。麺は普通のスパゲティよりは太めでしたが。

ナポリタン@ナポリの旋風.JPG

この2店は中でつながっていました。それから、これ両方を一度に食べたのではなく、昼と夜の2回行きました(笑)

posted by ysdhrs at 21:21| Comment(2) | | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

東京駅

新しくなった・・・復元されたから古くなった?(笑)東京駅丸の内駅舎。復元工事が終わってから初めて下車しました。

たくさんの人が駅の周りで写真を撮っていました(私もその一人ですが・・・)。

東京駅_1.JPG

東京駅_2.JPG

東京駅_3.JPG

東京駅_4.JPG

posted by ysdhrs at 23:51| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

竹内謙礼 青木寿幸 『会計天国』

会計を体系的に勉強するには向いていないと思いますが、ストーリー仕立てにして面白く(!?)読ませる内容です。専門的なビジネス書よりは読んでみようかという気になります。でも、わかりやすいような、わかりにくいような・・・。ある程度会計の知識が必要かなと。これぐらいは付いていけないとダメなんでしょうけど、私には足りていません(笑)

定番の貸借対照表と損益計算書の見方も出てきますが、理屈はわかっても普段見ることがないので、なかなか理解とまでは行きません。一方で、部署の決算書を作るっていう考え方は面白いと思いました。

私は間接部門に所属しているので売上を上げたり伸ばしたりすることはできませんが(経費節減などで損益改善に貢献することはできますけど)、部署の決算書を作ってみたい。興味がある・・・でも時間がない。結局これに行きついてしまうか(苦笑)

posted by ysdhrs at 01:48| Comment(0) | | 更新情報をチェックする