2013年06月30日

筑波山

今日はランでなく歩き。ハイキングですね。筑波山へ行ってきました。筑波山は昨年末に初めて行ったので、今回で2回目になります。

スタートは前回とは逆ルートにしようと思い、つつじヶ丘から筑波山神社へ行くコースにしました。つくば駅からバスに乗りましたが、途中の筑波山神社入口のバス停で私以外約20人が全員下車(笑)約10分後につつじヶ丘に到着です。

少し雨が降っていましたが気にならない程度。涼しくなって良いかなと思いましたが、実際は全然効果はありませんでしたが・・・。ロープウェイに乗る人がほとんどかなと思いましたが、意外とたくさんの人が乗らずに登っていました。歩きですがスピードハイクです。汗が滴り落ちてきます。登っている人も多いですが、下ってくる人も多いです。登り始めたのが12時頃ですからね。

1時間弱で女体山に到着。あまり広くない山頂は人でいっぱいです。男体山もスタート地点のつつじヶ丘もよく見えます。遠景はイマイチでしたが。

筑波山女体山_1.JPG

筑波山女体山_2.JPG

女体山を下り、男体山へ。御幸ヶ原はさらに大勢の人が。登山?とは思えないような格好の人も。山を舐めてるな~(怒)一応、男体山にも登っておきますかってことで登りました(笑)男体山、眺望がイマイチです。

筑波山男体山_1.JPG

筑波山男体山_2.JPG

男体山から再び御幸ヶ原に。筑波神社へ下ります。昨夜の雨で、岩はツルツル滑ります。歩くのもちょっと苦労します。今回は走らないので走りませんが、とても走れるコンディションではなかったです。転んでケガしそう。

足場の悪い下りをなんとかクリア。スタートから2時間弱で筑波山神社まで下りてきました。

posted by ysdhrs at 22:51| Comment(0) | 登山・ハイキング | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

信越トレイル(Section-3~Section-2)

信越トレイル縦走2日目(23日)。前日とは違ってとても良い天気になりました。

前日の終了地点である仏ヶ峰登山口からスタートです。前日は足場が良くなかったこともあって疲れもあり、さらに宿泊先の夕食が想像以上に豪勢であったこともあって、まったりモードです(笑)スタート時間も9時とちょっと遅め。

Section-3は最初下り基調ってこともあって快適。天気も良いし。桂池の近くに湧き水があり、とても冷たい水で、ちょっと暑いこの日には最適です。黒岩山まで登りに切り替わりましたが、今日は眺めが良いので苦にもなりません。黒岩山からはSection-3の終わりの涌井まで林道をだらだら下ります。

信越トレイル_12.JPG

信越トレイル_13.JPG

信越トレイル_14.JPG

信越トレイル_15.JPG

信越トレイル_16.JPG

信越トレイル_17.JPG

涌井からSection-2です。今度は毛無山まで林道をだらだら登ります。舗装路からダートに変わりますが天気良すぎ。暑いです。また途中で冷たい湧き水があり、救われた気分になります。

毛無山到着。眺望はありません。希望湖まで下りになります。希望湖で道中で初めてあった売店。冷たい飲み物をほぼ一気飲み(笑)ここで13時半頃。帰りのバスの時間を念頭にどこまで行くか検討。切りの良いSection-2の終わりの赤池まで行くことにしました。

信越トレイル_18.JPG

なぜか気持ちペースアップ(笑)でも眺めが良いので気持ち良く走ることができます。思ったより早く赤池に到着しました。14時40分頃です。

信越トレイル_19.JPG

信越トレイル_20.JPG

信越トレイル_21.JPG

信越トレイル_22.JPG

Section-1の8.5kmを残すことになりますが、終点からの戻りの時間を考えるともう1泊必要です。なので、今回はSection-2までで終了することにしました。でも、斑尾高原まで戻らないといけないので、もう一っ走りありましたけどね(笑)だらだら行きましたが約1時間で行けました。行程は26km、スタートから約6時間半でした。

2日間信越トレイルをたっぷり堪能できました。

posted by ysdhrs at 23:42| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

信越トレイル(Section-6~Section-4)

もう1週間も経ったのか~。先週末は信越トレイルをSection-6の天水山からSection-2の赤池まで縦走しました。

金曜日に新宿からの夜行バスで土曜日の早朝に長野駅に到着。長野駅から飯山線で森宮野原駅まで約100分の電車の旅(ここでもう一寝入り 笑)。森宮野原駅からタクシーで天水山の登山口である松之山口まで移動。ここからスタートです。

雨は上がっていますが、トレイルはしっとりしています。少し涼しい感じ。標高が上がるにつれ、ガスってきます。ところどころ雪が残っているところもありましたが、寒くはありません。緑が深い森林の中はとても雰囲気が良いです。眺望がないのが残念なところですが・・・。

信越トレイル_1.JPG

信越トレイル_2.JPG

信越トレイル_3.JPG

信越トレイル_4.JPG

信越トレイル_5.JPG

信越トレイル_6.JPG

信越トレイル_7.JPG

信越トレイル_8.JPG

Section-6~Section-5はずっと同じような雰囲気の中を進む感じです。晴れていれば良い景色が見られるようなのですが、ずっとガスった中を進んでいるので、ちょっと退屈でした。

Section-4に入ると時々強い雨に降られることがありましたが、気にせず進むのみ(笑)天気は変わりやすいですからね。鍋倉山を過ぎるとやせ尾根になります。頭上の視界が開けますが、相変わらず何も見えません。

信越トレイル_10.JPG

徐々に標高が下がっていきます。ガスった中から抜けました。ようやく眺望が開けました。でも間もなく1日目の行程が終わります。仏ヶ峰登山口に到着。16時半過ぎです。スタートから8時間50分で、約30km進みました。

信越トレイル_11.JPG

posted by ysdhrs at 23:35| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

善光寺浪漫

久しぶり(だったかな?)の地ビール。長野駅で買って帰りの新幹線に乗り込みました。

ケルシュタイプとスタウトタイプの2種類。1本350円。地ビールは高いですね。買って直ぐ飲まなかったからか、ちょっと冷えが足りなくなっていました(笑)

善光寺浪漫.JPG

posted by ysdhrs at 23:33| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

そば処 源

信越トレイルからの帰りに立ち寄り。電車の待ち時間があったので、飯山駅近くの「そば処 源」へ。

残念ながら自家製の十割そばは売り切れだったため、二八そばの「もりそばセット」にしました。大盛りではないのに、結構なそばの量でした。そば以外の物も美味しくまた来てみたいと思った店でした。

二八そば もりそばセット@そば処 源.JPG

posted by ysdhrs at 23:38| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

コク辛党 カリー麺

「コク辛党」第2弾。

辛いうちには入らないかな~。辛さなら第1弾「麻辣麺」のほうがありましたね。でも、もう1回ぐらい食べてもいいかな。

コク辛党 カリー麺.JPG

posted by ysdhrs at 23:55| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

広東料理 吉兆

今日は夕方から関内で打ち合わせ。その後は中華街へ直行です(笑)

打ち合わせ先の会社の方からお店を聞いて「広東料理 吉兆」ってところへ行きました。飲茶セットを食べ、シメに「活あさりそば」を注文。人気メニューらしいです。

大きなあさりがたくさん入っていました。ただ、すでにお腹がいっぱい寸前だったので、完食しましたらお腹が破裂しそうになりました(苦笑)なので、じっくり味わえませんでした・・・。もう1回食べに来よう。

活あさりそば@広東料理 吉兆.JPG

posted by ysdhrs at 23:33| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

飛鳥山公園

雨が上がる時間が遅かったので、予定していた山行きは中止。お昼過ぎに自転車で飛鳥山公園へ。自転車はスリックタイヤなので、路面の乾燥状態を確認しての判断でした。

飛鳥山公園は桜で有名なイメージがありますが、つつじやあじさいの見どころでもあるようなので、今日はあじさいを見るのが目的です。

線路沿いの「飛鳥の小径」というところにあじさいがたくさん咲いています。あまり広い路ではありませんが、たくさんの人がいました。私も自転車から降りてゆっくりと歩きました。

この飛鳥の小径は約350メートル程の長さですが、ほぼ端から端まであじさいが咲いていました。

飛鳥山公園のあじさい_1.JPG

飛鳥山公園のあじさい_2.JPG

飛鳥山公園のあじさい_3.JPG

飛鳥山公園のあじさい_4.JPG

飛鳥山公園のあじさい_5.JPG

posted by ysdhrs at 23:51| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

東日原~富田新道~雲取山~白岩山~霧藻ヶ峰~三峯神社

雲取山を挟んで東京から埼玉へのルート。雲取山は3回程登りましたが、いつも鴨沢から登っていましたが、今回は初めて東日原から登ることにしました。早朝に自宅を出発し、奥多摩駅からバスで東日原へ。8時にスタートできました。

あの目立つのは稲村岩らしい。

雲取山_1.JPG

最初はほぼフラットって言っていいぐらいの舗装路。途中からダートの林道に変わります。緩く登っているので、ゆっくりですが走ることができます。時々歩きを入れましたが、ほぼ走り切れました。

唐松谷林道と大ダワ林道の分岐で唐松谷林道へ。下り始めます。しばらく下ると滝の音と吊橋。1ヶ所穴が開いているし、結構揺れます。吊橋を渡ると急登。あまりのキツさに休み休みに登ります。自分の登坂力の低下に愕然。

雲取山_2.JPG

唐松谷林道と富田新道の分岐で富田新道へ。しばらく登ると急登も少し緩くなってきました。唐松谷林道と富田新道は林間でしたので、ほとんど直接日が当たらず涼しかったですが、石尾根に近づいてくると頭上が開けて来ました。

小雲取山で石尾根と合流。雲取山山頂はすぐそこなのであっという間に山頂です。約3時間で登れました。天気は良いのですが、雲がちょっと多いか?眺望はイマイチ。飛龍山等近くの山はよく見えますが、遠くのはダメ。なので、残念ながら富士山は見えません。

雲取山_3.JPG

雲取山_4.JPG

雲取山_5.JPG

雲取山_6.JPG

長居はせず下山開始。三峯神社の方に下ります。途中、雲取山荘で補給。雨がポツポツと降ってきました。地面もしっとりしています。一層ひんやりと感じます。

女坂を通って大ダワ。地図を片手に分岐を気にしながら進みます。ずっと下りではなく、この登り返しがあります。芋ノ木ドッケには行かずに巻き道を通っているつもりが、なぜか芋ノ木ドッケを通過。まあ良いかと思い、先を進みます。次は白岩山なのですが、ずっと下っています。下りすぎじゃない?と思っていたら、見たことがある白岩小屋が見えてきました。???いつの間にか白岩山を通過していたようです。山頂は眺望がなとは知っていましたが、それらしいところさえ気付きませんでした。

白岩小屋からは、以前、三峯神社から往復したことがあるので知っているルートです。白岩小屋からはっきりと見る和名倉山も、今日はガスっていて見えませんでした。前白岩山~お清平~霧藻ヶ峰と、どんどん下っていきます(登り返しありますが)。霧藻ヶ峰で小休止。標高が下がるにつれ天気が良くなっているように感じます。三峯神社の駐車場も見えてきました。

あと少しです。予定より早い下山なので、妙法ヶ岳に寄って行こうかと思いましたが、やっぱりやめ(笑)一気に下山しました。14時前でした。

当初、三峯神社から雲取山に登って、東日原に下山することを考えていました。東日原のほうは初めてだったので、スタート時間が2時間半早くできる東日原から登る逆ルートに変更しました。結果としては正解だったと思います。余裕を持って行動できました。
posted by ysdhrs at 23:25| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

赤坂麺処 友

昨日はセミナーで終日赤坂にいました。

ここでランチするのは初めて。早めに行かないと店がいっぱいになるって言われたので、12時前にランチに行きました。でも、手っ取り早く近くにあるラーメン店「赤坂麺処 友」に。すでに行列が出来ていましたが、3人目だったので、そのまま並びました。

鶏塩らーめんやつけ麺も良さそうでしたが、醤油ラーメンの「特製芳醇あごだし醤油」を選択。少し待たされました。スープは少しトロッとしていて濃厚な感じがしましたが、思った程ではありません(個人的にはそのほうが好み)。バラ肉のチャーシューも半熟味玉子も美味しかった。

特製芳醇あごだし醤油@友.JPG

posted by ysdhrs at 00:13| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』

Blu-rayで鑑賞。

ストーリーは前作よりは面白かったかなって印象です。でも、悪役のインパクトが薄いのが残念なところです。チームのメンバーも際だったキャラクター設定ではなく、こちもインパクトが少々薄め。『ボーン・レガシー』の主演ジェレミー・レナーがちょっと目立っていたかな。チームとしてはまとまっていましたね。

『ミッション:インポッシブル』シリーズは、どうしても『スパイ大作戦』と比べてしまって、『スパイ大作戦』っぽくないな~と最初の頃は思っていましたが、4作目にもなるとあまり気にしなくなりました。これはこれで良いのでは?って(笑)

posted by ysdhrs at 23:55| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする