2013年07月29日

PEUGEOT 208 GTi

日曜日納車でした。1日前の土曜日が最短でしたが、富士山行きの予定があったので日曜日に(笑)1週間早い21日を希望しましたが無理でした。

10時半頃ディーラーに到着。最後の手続きと付帯するサービスの説明を受けました。その後、別室のようなところで納車の儀式(笑)そういうスペースを作ったとのことでした。

ここで初めて車を見ることになりました。コンパクトですが、肉厚感があります。エンジンもコンパクトに納められています。カーナビを含む各種装備の操作説明を受けます。前回の自動車購入が17年前なので、装備の充実具合に驚きました。こんなに進化していたのかと、完全に浦島太郎状態です(笑)

一通り説明を受けた感想。ボンネットのオープナーが助手席にあることがイマイチ。左ハンドルの車を右ハンドルにしたがオープナーは移せなかったってことなんでしょうけど、306はちゃんと運転席側に移されていたのに・・・。

もう1点。カーナビやオーディオ類の操作が難しい。これは覚えるしかないですが、シンプルさとわかりやすさの配慮が足りない感じ。マニュアルを読んで覚えるしかないかなって状態です。

PEUGEOT 208 GTi.JPG

posted by ysdhrs at 23:29| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

富士山

昨日は3年連続で4回目の富士山登頂。

新車の納車が間に合えば今まで登ったことがない富士宮口からにするつもりでしたが、最終的には待ち会わず。今年もスバルライン五合目~吉田口から登ることにしました。ただし、新宿から五合目までの直行バスは使わず、河口湖駅行きのバスに乗り、河口湖駅から路線バスで五合目へ行きました。乗り換えが面倒ですが、直行バスより約1時間早く着くので、今回はこのプランにしました。

9時過ぎにスバルライン五合目に到着。相変わらず人が多いですが、去年より気持ち少ないような気がします。去年より1時間程早いから?ただ、駐車場にはビックリするぐらいたくさん観光バスが並んでいました。おそらくご来光のツアーだと思います。

準備を済ませて出発。六合目まで登山道と下山道が同じなのですが、どんどんと下山してくる団体とすれ違います。これがご来校ツアーだと思います。これから登る人より圧倒的に多い人数です。

六合目で25日から試験的に始まった入山料徴収。任意の協力金(1,000円)ですが、協力させていただいました。支払うと貰える「世界遺産富士山2013登山記念」のバッジがほしかったのが正直なところ(笑)「2013」は今年しか手に入りませんからね。

前日に行われた富士登山競走はこのルートを駆け上がります。とても信じられません。私には走れません。でも登山する人よりは早いペースで登ります。今回で4回目なので富士山の天気はある程度わかっているつもり。目まぐるしく変わります。雨こそ降りませんでしたが、晴れたり曇ったりと。標高が高くなるにつれ日が当たらないとヒンヤリします。

富士山2013_1.JPG

富士山2013_2.JPG

本八合目を過ぎたあたりからすっと晴れに。きれいな青空です。九合目から先から渋滞。世界遺産登録効果なのか、外国人が多いような・・・。

富士山2013_3.JPG

富士山2013_4.JPG

ペースは気持ち抑え気味にしたお陰か山頂到着も余裕あり。しばし休憩。まだまだ登ってくる人がたくさん。

富士山2013_5.JPG

尻に根が生える前に行動再開。今年ようやくお鉢めぐりをします。過去2年は天候が悪いこともありましたが、気持ちがノってこなかったこともありましたが、今年は初富士山以来の剣ヶ峰まで行きたいってのもありました。

お鉢めぐりのコースは緩いアップダウンもあれば長い下り(時計回りの場合)もあります。剣ヶ峰の前には御殿場口と富士宮口の登山道から登ってくる人を見ることができます。初富士山はトレイルランニングのツアーで確か5年前に御殿場口から登ってきましたが、その時の記憶がほとんど残っていません。山頂での唯一の記憶は剣ヶ峰手前の登りが急だったことぐらいです。

今年も剣ヶ峰手前の登りを頑張ります。剣ヶ峰の指標前で記念撮影の行列。暗黙の了解で前後に並んでいる方と撮ってあげたり撮ってもらったり(笑)

富士山2013_6.JPG

剣ヶ峰はお鉢めぐりのコースのちょうど中間地点あたりなので、剣ヶ峰から下りて残り半周します。初めて通るコース。近くて見ると独特の風景のように感じました。

富士山2013_7.JPG

富士山2013_8.JPG

富士山2013_9.JPG

お鉢めぐりが終わるとようやく腰を据えて休憩。小屋で豚汁をいただきました。14時半過ぎに下山開始。下りも下山する人を気にしつつスピードの上げ下げ。やっぱり外国人が多いです(笑)時間をかけて登っても下山はあっという間です。山頂は良い天気でしたが、下山するにつれガスっていたりとちょっと不安定ですね。

富士山2013_10.JPG

再び六合目。ここからは登山道と下山道が同じに。これから登る団体が続々と。ご来光ツアーのようです。しかしこんなに多いとは・・・。16時頃、スバルライン五合目まで戻ってきました。

今年は行きのバスの時間は当日一番早く時間にし、帰りは河口湖駅からの新宿行き最終バスのプランを組んだおかげで剣ヶ峰登頂とお鉢めぐりもできました。山頂の天気も良く、ここ3年で一番良かったです。
posted by ysdhrs at 23:39| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

大塚山~御岳山~大楢峠

7月は北丹沢12時間山岳耐久レース、OSJおんたけウルトラトレイル100Kと2週連続だったので、先週末は軽めにってことで、古里駅~大塚山~御岳山~大楢峠~鳩ノ巣駅と地味めのルートを走りました。御岳山へは御嶽駅からも行けますが、舗装路ばかりなので回避。地図で見て検討した結果がこのルートでした。

スタートも遅め。10時頃、古里駅を出発。吉野街道に沿って少しだけ舗装路を走ってから登山道へ。立派な標識がど~んと。

大塚山~御岳山~大楢峠_1.JPG

登山道に入ると日が直接当たらないし、少し風を感じることができます。でも汗は噴き出てきます。頑張って登りを少し走ってみたからです(笑)もしからしたら御岳山まで誰にも会わないかもと思いましたが、直ぐに親子連れが前に。その後、20人ぐらいの団体。さらに下ってくるトレイルランナーも数名。意外と多かった。

1時間ぐらいで大塚山に到着。眺望なしなので通り過ぎます。

大塚山~御岳山~大楢峠_2.JPG

大塚山を下ると御岳山に向かう人がたくさん通るコースと合流。一気に人が増えました。御岳山も見えています。

大塚山~御岳山~大楢峠_3.JPG

最後のひと登りをして、武蔵御嶽神社の参道にある店で少し早いお昼ご飯。その後、武蔵御嶽神社へ。何度も来たことがある所ですが、一応行っておきます。ここの長い階段が意外ときつかったり(笑)

大塚山~御岳山~大楢峠_4.JPG

12時少し過ぎた頃ですが、下山開始。鳩ノ巣駅方面のルートですが、分岐の場所にあった標識がこれ。随分朽ち果てているような・・・。少し先にしっかりした標識がありましたけどね。

大塚山~御岳山~大楢峠_5.JPG

緩く上っているところもありましたが、急なところがなく快適な下りの林間コースです。どんどん下って、大楢峠に。いくつも分岐になっています。鳩ノ巣駅方面へさらに下ります。このコースもほとんど人がいません。見かけたのは数名。こういうコースも悪くはないですね。

古里駅への分岐は見落としましたが、ちゃんと鳩ノ巣駅に向かっていました(笑)最後は舗装路を走り、鳩ノ巣駅に到着。今日はお昼ご飯の時間を含め、約3時間の行程でした。

posted by ysdhrs at 23:48| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

OSJおんたけウルトラトレイル100K

つづき。

スタート会場では開会式が始まっています。説明は特に聞いていません(笑)

canardさん、かわかつさんに会う。かわかつさんは2年前にも出たってことなので情報をインプットします。他の人にも聞いていましたが人によっては感じ方が違うので複数の人に聞くのは有用かなと思いました。

開会式が終わったようで、スタート前に並び始めました。渋滞はないそうなのですが、なるべく前へ(笑)御嶽神社の宮司による安全祈願のお払いがあり、0時にスタート。

OSJおんたけウルトラトレイル100K_2.JPG

最初だけやや急でしたがあとは急な登りはなし。走れるコースです。走った感じでは、調子は悪くありません。1週間前の北丹沢12時間山岳耐久レースの疲れは残っていないようです。暑さにやられたので、疲れる程追い込んでいないかもしれませんが(笑)周りのペースに合わせていると最後まで持たないと思いましたが、苦しくはないので行けるところまで行きます。

しばらく舗装路を走り林道へ。歩いている人はほとんどいません。林道はシングルトラックではないので、歩いても渋滞の原因を作ることはなさそう。聞いていたとおりです。自分のペースに戻すため時々歩きを入れます。初めて出る大会なのでタイム(記録)は気にしません。

早くも眠気が襲ってきます。随分早い段階でやって来ました。一応仮眠したので大丈夫だろうと思っていたのですが・・・。なのでカフェイン剤は持っていませんでした(第2関門行きのドロップバッグには入っている)。直ぐになくなるだろうと思っていましたが、一向に状況は変わらず、カフェイン入りのジェルを走りながら探していると、前向きに転倒。膝と腕を擦りむく。手の平も怪我をしたので、一瞬目が覚めましたが、大した傷ではなかったのか、また眠くなってきました(笑)途中でcanardさんに追い抜かれます。ストックと使って力強く進んでいきます。しばらくは視界に入ってましたが、そのうち視界から消えてしましました。

眠気と戦いながらなのですっかりペースは落ちてしまいました。20km地点の小エイドステーションに到着。水だけなので直ぐに出発。canardさんがいたので思った程離れたいなかったみたい。小エイドステーションを過ぎても状況はかわらず、気分転換にもなりません。登りはフラフラしながら進んでいきます。そしてついに幻覚が。UTMFでも経験したことがなかったのですが、ここで経験することになるとは・・・。コースのずっと先にロープウェイが登っているように見えました。今思うと、ヘッドランプを付けた選手がそう見えたのではないかと思います(笑)

32km地点の第1関門に着く前にようやく睡魔が消えた感じ。すでに5時前です、明るくなり始めていました。気温は低いですが寒くはないギリギリのところか?第1関門手前あたりで再びcanardさんに追いつく。既に脚がキツイとのこと。第1関門のエイドステーションで塩辛いおにぎりを胃袋に流し込み、ここからcanardさんと一緒に進むことに。

OSJおんたけウルトラトレイル100K_3.JPG

日が昇り始めると気温も上がってきます。雨が降ることもありましたが、大した雨ではありません。コースは山道ではないので、急な登りや急な下りはありません。ダラダラ登る下るの林道です。登りは歩いて、下りは走る(ゆっくりだけど)、フラットなところは走れれば走るって感じで進みます。私が前に行ったり、canardさんが前に行ったりとゆっくりながらもお互い引っ張っていく感じでした。一人だともっとペースが落ちていたと思います。

5km毎の距離表示を見るたびに長いな~と思いつつ進みます。経験者に萎えると聞いていた林道ですが、確かにずっと先まで続いているのが見えましたが、気持ちが萎えることはありません。おそらく急な登りではなかったからだと思います。距離が長いのはわかってしましたからね(笑)

9時過ぎに第2関門に到着。約63km地点。ようやく3分の2ぐらい。睡魔がない分ペースは上がっています(笑)エイドステーションには大した補給食はなかったです。想定通りなので、ドロップバッグに預けていたもので補給します。フルーツの缶詰、コーラ(小型のペットボトル)等々。携帯する補給食の入れ替えなど済ませて出発。

山頂あたりは少し雲がかかっていますが御嶽山が見えます。第2関門に着く前に少し雨が降ったからか、気温が上昇。だんだん暑くなってきました。代わり映えのしないコースですが、長い下りが出てきました。既に足首と足の裏が痛くなっていたのでツライです。どこまで下るんだ~と思いながら痛みを誤魔化しながら走ります。走る脚は残っています。これが太股の前に大きく負担がかかるような下りだったら走れていなかったと思います。

OSJおんたけウルトラトレイル100K_4.JPG

下り切ったら78km地点の第3関門。11時半頃でした。エイドステーションなので素麺が食べられました。一応おかわりも(笑)ここからはしばらく登りです。あとハーフマラソンの距離だと自分にい言い聞かせて。天然エイドステーションといわれる湧き水があるところで頭を冷やしつつ進みます。

OSJおんたけウルトラトレイル100K_5.JPG

天気が良くなるにつれ、御嶽山もきれいに見えるようになってきました。緑も鮮やかです。

OSJおんたけウルトラトレイル100K_6.JPG

2回目の大きなアップダウンの下りが最後の長い下り。ソールの厚いシューズを履いている人が羨ましく思います。足の裏が痛くなるのは聞いていたとおりですが、ここまでダメージがあるとは・・・。しばらくずっと私が少し前を走ってしましたが、canardさんが一気にスピードアップ。付いていけないペースだったので、無理せず自分のペースで進みます。それでも何人か追い抜き、いい加減歩きたくなった頃、canardさんが見え、追いつくことができました。

最後のエイドステーションの小エイドステーション。残り8kmって?87km地点って書いてあるし、短くなった?あと13km走らさせるよりはいいか(笑)1時間後ぐらいにはフィニッシュできると思うと気が楽になりましたが、足は売り切れ。ほとんど歩きになってしまいました。

あまり進んでないはずが、残り4kmの表示。明らかにおかしい。たぶん2kmぐらいしか進んでないはずなのに。適当だな~(笑)その後1kmおきに表示がありますが、ここも短い(笑)

最後の最後、残り1km。フィニッシュ会場の松原スポーツ公園までの登り。走れません。登り終わった後はフィニッシュゲートまで頑張って走りました。14時間半は切れそうだったので。そして、14時間28分55秒でcanardさんと一緒にフィニッシュしました。残り8kmを30分ぐらいで走ったことになります(笑)

OSJおんたけウルトラトレイル100K_7.JPG

走りたくない大会だったはずが、今回の結果でもう1回ぐらい走りたいと思うようになりました(笑)今度はシューズのチョイスと睡魔対策をしっかりしてですがね。
posted by ysdhrs at 23:28| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

OSJおんたけウルトラトレイル100K(スタートまで)

また1週間経ちました。

OSJおんたけウルトラトレイル100Kは、自分の中ではエントリーしたくない大会、エントリーしてはいけない大会の1つでした。でも、今年はなぜか気持ちが変わりエントリーしました。自分の周り(知人)でエントリーする人がいて、1台の車で行って同宿など、旅行気分で面白そうだったこともあります(笑)

林道ばかりで面白くない、林道なので日を遮るものがなく、晴れると暑い等、ネガティブな話しだけが耳に入ってきます。それはそれで受け止めるしかないですので、意外とあまり気になりませんでした。

土曜日14時頃に長野県王滝村の受付会場に到着。途中お昼ご飯でそば店によった時間を含め、約7時間かかりました。新宿からのバスや電車で来るよりは早く着きましたので、まだ人は少なめでした。

OSJおんたけウルトラトレイル100K_1.JPG

受付を済ませ、会場の出店を見て回った後、宿泊先へ。0時スタートなので受付後は、スタート会場の選手控え室(王滝村小中学校の体育館)で休むところですが、同行の当大会経験者によって大会用のプランが用意されている宿を手配してくれています。私一人だったらここまでしなかったと思いますが、仲間が集まるとこういう恩恵がありますね。その分費用はかかりますが、気分的に楽な状態でスタートまで過ごせます。

準備だけ済ませて16時頃から仮眠開始。朝早かったことと7時間という行程(運転はしていませんが)で多少疲れがあるのか、寝れないことはなかったです。ただし眠りは深くなく何度も目が覚めました。

20時頃に起きます。すっかり夜です。21時から遅い夕食をいただきます。体が起きていない感じ。会場行きのバスが23時発とのことなので、夕食後は最後の準備をしてから少しの間リラックスモード。

いつの間にか雨が降り始めており、ずっと続いています。20時スタートの100mileの選手は雨の中を走っているんだと。天気予報は雨でなかったはずですが、まあ暑くなるよりは良いかなと思っていました。でも、雨だと御嶽山が見えなくてつまらないとも聞きました。確かにそうですね。悩ましいところだ(笑)

スタート会場行きのバスに乗る23時頃、見事に雨が止みました。会場までは直ぐです。すでにたくさんの人が集まっていました。雨でしたら外には出ていたくないですので、おそらく王滝村小中学校の体育館は選手で溢れていたと思います。宿泊先に23時までいることができましたが、ほんとに雨が止んでよかったです。

つづく。
posted by ysdhrs at 21:54| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

サンダーバード完全読本。

雑誌「Pen」の特集。

『サンダーバード』好きの自分には買わずにはいられませんでした(笑)TVシリーズと劇場版のDVDも持っていますし、久しぶりに観たくなりました。日本科学未来館で開催中の「サンダーバード博」も行かなきゃ。

サンダーバード完全読本。.JPG

posted by ysdhrs at 23:45| Comment(2) | | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

水車家・くるまや国道店

先週末のOSJおんたけウルトラトレイル100Kの行き帰りとも、そば店に立ち寄りました。まあ、木曽そば街道ってところを通りましたからね。

行きは「水車家」です。「とろろそば」を注文しました。2枚重ねで一人前とのことだそうです。「ぶっかけそば」も美味しそうでした。

とろろそば@水車家.JPG

帰りは「くるまや国道店」です。メニューの写真の雰囲気が良く!?「ざる南蛮」を注文。つけ汁が器に目一杯な量でした(笑)それに、やっぱり2枚重ねでした。このあたりでは2枚重ねは普通なんでしょうか?

そば南蛮@くるまや国道店.JPG

どちらもそばは手打ち。店によってそばは違いますね。
posted by ysdhrs at 23:50| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

第15回北丹沢12時間山岳耐久レース

日曜日、6年連続で6回目の北丹沢12時間山岳耐久レースを走りました。

出来ることなら出たくない大会。ならなぜエントリーする?なのですが、自分でもよくわかりません(苦笑)トレイルランを始めた時から出続けているからやめられないというのもどこかにあるし、納得できる記録が出るまでという思いもあってですかね。

事前の天気予報ではかなり暑くなるようでしたので、5年前の灼熱が思い出されました。それなりに覚悟が必要でしたが、完走しているので、リタイアの心配はしていませんでした。

今年はスタートでは中盤あたりに並びました。6時半スタート。去年同様、体は重く感じないですがキレが悪い感じ。トレイルの入口で渋滞することはわかっていましたが、とてもスタートダッシュできる走力がありません。

第15回北丹沢12時間山岳耐久レース_1.JPG

既に汗ダラダラ。初フルマラソンの北海道マラソンで脱水症状になってから、無意識に脳がセーブをかけているようでペースが上げられません。トレイルの入口に到着。渋滞です。結構長く渋滞しています。周りからも渋滞になる早さと長さに驚いている様子。明らかにいつもより早く渋滞になっています。これでは、ますますスタートダッシュできないとダメですね。

第15回北丹沢12時間山岳耐久レース_2.JPG

長い行列になったまま下りに。ここからはしばらく舗装路になります。相変わらずペースは控え目・・・というかスピードが出ない?暑さは5年前程ではないと感じました。なんとか歩かずに鐘撞山の登り口に到着。

ここから800m近く登ります。去年よりは楽に登れている感じです。今回は歩幅を狭くと体重移動を意識して登ることを心がけました。心が折れないための現実逃避と言うかも(笑)

県境尾根分岐まで登り切ると神ノ川ヒュッテまで700m下ります。最近思うのですが得意の下りが得意でなくなってるように感じます。脚の付け根が固いというかスムーズな脚の動きができていないのです。何とかしたいところ。

第1関門の神ノ川ヒュッテに到着。今年は途中でタイムは見ないことにしたので、時間は把握できていません。渋滞が長かったので去年よりは遅いとは感じていました。今年は水分補給を多めにと意識していたので、ハイドレーションにも水を補給します。

神ノ川ヒュッテを出発。足取りが重い(笑)登りが終わる日陰沢源頭までは流れに乗るペースです。神ノ川園地までの緩い下り区間に入ります。もう少し傾斜があると惰性で走れるのにな~と思いながら、ゆっくり走ります。この区間は日差しを直接浴びることになりますが、やはり5年前程の暑さではないと改めて感じました。

第15回北丹沢12時間山岳耐久レース_3.JPG

しばらく進むと、お腹の調子が悪くなってきました。第2関門手前までトイレはありません。またこの区間は隠れることができる場所がないので、ちょっとその辺でってことはできません。ペースをさらに遅くしたり歩いたりして進むことになりました。

第15回北丹沢12時間山岳耐久レース_4.JPG

第2関門手前のエイドでトイレに駆け込み、ようやくすっきりしました(笑)ここでもハイドレーションにも水を補給して、最後の一山に向けて出発。途中何度か立ち止まることがありましたが、歩幅と体重移動の意識は続けられました。あとはもう少しペースが上がるようになれば。それは次のステップに。

第15回北丹沢12時間山岳耐久レース_5.JPG

6回目の出走ともなるとコースはある程度覚えるものですね。まだ先は長いとかもう少しだとかわかるところもあります。偽ピークに騙されてガッカリすることもありません(笑)

第15回北丹沢12時間山岳耐久レース_6.JPG

そして姫次に到着。残り約9kmは下り基調。元気があればここから最後の力を使って走るのですが、ここ2、3年はその気力が出ないです。なので、今までのペースで(苦笑)それでもあまり追い抜かれることはありません。

平丸分岐からキツイ下り。太股に大きな負担がかかります。最後の最後なのでかっ飛びたいところですが、ここのキツさがわかっているだけに、気力が削がれます。特に距離表示が適当過ぎて頭にきます(笑)気持ちが切れてしまったランナー数名を追い抜きます。

舗装路に出れば残り約1kmです。猛烈な暑さを感じます。地面からの熱が強烈で溶けそう(>_<)さらに気持ちが削がれ、ゆるゆる状態でフィニッシュへ。最後の最後で何人かに追い抜かれました。ゴール地点の写真があるので、前後の間隔調整もしながら(笑)

7時間59分42秒でフィニッシュ。これで3年連続7時間台の低空飛行な記録。5年前の初めての出走の時はコースが少し違ったので、それを除くとワースト記録更新となりました。レベル低いですがギリギリ8時間を切れたのが救いか?

6時間切りの記録を出すまで続けようと思っていましたが、今年の渋滞を考えるとスタートダッシュは必要。でもスタートダッシュできる走力がないので、これ以上記録が悪くなる前に今回で一区切りさせようと考えています。なので、来年のエントリーは白紙状態です。
posted by ysdhrs at 23:15| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

たこ八・ねぎ焼 やまもと

今日は日帰り大阪出張。今回も粉物を食べました。

11時前に新大阪駅に到着。今回は大阪駅近くで打ち合わせのため、地下鉄で梅田に移動。前回と同様に、まずはたこ焼き。梅田地下街のホワイティ梅田にある「たこ八」に行きました。

セットメニューでたこ焼とお好み焼のセットメニューがあってちょっと迷いましたが、当初の予定通り、たこ焼きのみ。この店ではいろいろな食べ方を紹介してあったので、一通りやってみました。中でも、しょうが醤油ってのは意外と良かったです。

たこ焼_1@たこ八.JPG


たこ焼_2@たこ八.JPG

たこ焼が食べ終わったら、今度はお好み焼に。ショッピングモールのエストにある「ねぎ焼 やまもと」に移動。お好み焼もメニューにありますが、店の人気メニューらしい「すじねぎ焼」に変更。お好み焼よりボリュームがちょっと足りないな、やっぱり(笑)

すじねぎ焼@ねぎ焼 やまもと.JPG

posted by ysdhrs at 22:33| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

都電おもいで広場

土曜日に自転車で都内まで行った帰りに、都電荒川線の荒川車庫とその隣にある「都電おもいで広場」に寄り道しました。

大阪からこちらに来て21年になりますが、都電荒川線に乗ったのは2回ぐらいしか記憶にありません。なので、懐かしいとかの思いもなく・・・。写真を撮りに来ている人が数人、入れ替わり立ち替わり。地味に感じましたが、根強いファンがいることなのでしょうか。

都電荒川線荒川車庫.JPG

都電おもいで広場_1.JPG

都電おもいで広場_2.JPG

都電おもいで広場_3.JPG

posted by ysdhrs at 23:53| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする