2013年10月31日

カリカル

昨日は午後から汐留で打ち合わせ。ちょうどお昼時に新橋駅着だったので、並ばずに入れるお店を近くで探し、カレーの店「カリカル」を発見。

オススメって書いてあったうちの1つ「目玉焼きカレー」のチキンを注文。あっという間に出てきました。名前のとおり目玉焼きが真ん中にドンと。カレーは自分でかけます。チキンがたっぷり入っていて美味しかった。

目玉焼きカレー@カリカル.JPG

posted by ysdhrs at 00:24| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

奥藤本店

鳳凰三山からの帰りの食事。車だと行動範囲が広くなって便利です。渋滞は辛いですが・・・。

甲府なら鳥もつ煮ってことで、発祥の店「奥藤本店」へ行ってみました。手打ちそばの店なんですね。そう思うとそばにすれば良かったのですが、「奥藤ほうとう」を注文。鳥もつ煮は4人でシェアすることにしました。

鳥もつ煮を食べるのはまだ2回目で、1回目は1年以上も前なので、この店との違いは・・・(苦笑)美味しいですが、自分には味が濃いな~って感じます。こういうものなんでしょうけど。

鳥もつ煮@奥藤本店.JPG

ほうとうは、店の人に言われたとおり自分で時間通りに火加減を調整したり、ほうとうを入れたり、味噌を研いだりします。からだが温まりました。

奥藤ほうとう@奥藤本店.JPG

posted by ysdhrs at 23:15| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

鳳凰三山

今年も鳳凰三山へ行ってきました。去年は7月だったので、今年は秋です。

前日の土曜日は台風の影響で雨でしたが、予報通り夜にはすっかり雨も上がり、20時前に自宅を出発。車を夜叉神峠まで飛ばします。途中の芦安の駐車場には車がほとんど止まっておらず、夜叉神峠の駐車場もまばらでした。予想とは大違いで少々ビックリです。

車の中で寝て朝5時に起床。天気は良さそうです。台風一過のお陰かな?5時47分発のバスに乗って広河原へ。バスも乗客が少なく、約40分のバス移動もゆったりと座れました。

広河原を7時に出発。白鳳峠入口まで舗装路です。白鳳峠入口からは長い登りの始まりです。白鳳峠までは樹林帯です。いきなり急な登りです。去年はここを下ってきましたが、反対だとイメージが違います。何度かコースミス(笑)結構息が上がります。我慢の登りです。

白鳳峠が近くなると視界が一気に開けます。北岳もきれいに見え始めました。白鳳峠は樹林帯の中ですが、稜線に出てしまうと森林限界です。鳳凰三山の手前にある高嶺。鳳凰三山より高い山です。ここからの眺めは最高です。北岳はもちろん、八ヶ岳、富士山も見えます。

鳳凰三山2013_1.JPG

鳳凰三山2013_2.JPG

鳳凰三山2013_3.JPG

鳳凰三山2013_4.JPG

高嶺から少し進むと、鳳凰三山の1つめ地蔵岳のオベリスクが見えます。ここから赤抜沢ノ頭までが近いようでなかなか着きません。着いたところで、座って軽い居眠り(笑)高嶺あたりから欠伸を連発していたので、スッキリしました。

鳳凰三山2013_5.JPG

鳳凰三山2013_6.JPG

今回は賽ノ河原にも下りず、そのまま観音岳に向かいます。大きく下って登り返します。去年こんなにきつかったっけと思いながら・・・。

鳳凰三山2013_7.JPG

鳳凰三山2013_8.JPG

観音岳に到着。登ってきたルート振り返ると眺めは雄大。甲斐駒ヶ岳もバッチリ見えています(その前から見えていましたが)。

鳳凰三山2013_9.JPG

あとは最後の薬師岳を残すのみ。距離は短いしルートもなだらかです。特徴的な白砂の稜線が際立っています。

鳳凰三山2013_10.JPG

薬師岳にはあっという間に到着。夏に縦走した白根三山もバッチリ(農鳥岳はちょっと見えにくくなっていましたが)。薬師岳は広い山頂には一面に白砂です。

鳳凰三山2013_11.JPG

鳳凰三山2013_12.JPG

ここから先は下り基調。再び樹林帯に入って行きますので、眺望はここで終わりといって良いでしょう。走れるところは走り、南御室小屋の前でお昼ごはん。夜叉神峠までの下りはあっという間でした。最後、駐車場まで下っておわりです。

今回も良い眺めが堪能でいました。白根三山もそうでしたが、今年は南アルプスで天気に恵まれました。

posted by ysdhrs at 23:15| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

Xperia Z1

2年半振りにスマートフォンを買い換えました。東京デジタルホンの携帯電話の頃からずっと(18年ぐらいかな)同じキャリアでしたが、ついにauに変更しました。

最初はiPhoneにしようと思っていました。iPad miniもほしいと思っているし、iPod touchも持っているので、Appleだらけは面白くないってことでAndroidに。SoftBankの機種はどれも惹かれるものがなかったので、これを機にauとなった次第です。

予備電池があれば充電を気にする必要がないので、できれば自分で電池交換ができる機種が良かったのですが、最近は少なくなってきているようですね。

Xperia Z1.JPG

posted by ysdhrs at 11:10| Comment(2) | ケータイ・スマホ | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

蕨山

先週末の土曜日、久しぶりに奥武蔵へ。日曜日は雨の天気予報だったので、どことなく空はどんよりしています。

河又(さわらびの湯)の駐車場に車を泊めてバスに乗車。名郷のバス停で下車し、蕨山に向かって出発。最初は緩めの林道ですが、登山道に入ると急な登りが現れます。静かです。右手に武甲山が木の間から見えるようになりました。

稜線がチラチラ見え始めると、間もなく有間山方面への分岐。有間山へ寄ってみようかと思いましたが、予定通りそのまま蕨山へ。山頂は展望台のようでしたが、天気がイマイチなので眺望もイマイチ。仮に天気が良くても、木が邪魔をして見にくそうな気がしました。紅葉もまだ色が付き始めたぐらいですね。

蕨山_1.JPG

蕨山_2.JPG

蕨山_3.JPG

下りは金比羅尾根を通って河又方面へ。最初はちょっと急ですが、後は緩い下りです。徐々に標高が下がってくると、蕨山の山頂よりは視界が開けて、川苔山や棒ノ嶺が見えるようになりました。

蕨山_4.JPG

蕨山_5.JPG

さらに下ると金比羅神社。名栗湖も直ぐ近くに見えます。ここから今日のフィニッシュ地点である河又(さわらびの湯)の駐車場はすぐそこ。3時間弱で戻ってきました。距離は約10.5kmかな。

蕨山_6.JPG

posted by ysdhrs at 23:42| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

第21回 日本山岳耐久レース(第2関門~ゴール)

つづき。

第2関門で一息。1.5Lの給水(ポカリスエット)をもらえますが、1Lはハイドレーションに入れてもらい、残り500mlはここでそのまま飲ませてもらうことにしました。ずっとお腹が鳴っていたので、Clif Barをお腹に入れますが、半分ぐらいしか食べられず。でも、以降お腹が鳴ることがなくなりました。

約10分ぐらい休憩したかな。出発。いきなり急な下りですが、左膝が気になったのでゆるゆると慎重に下ります。前後のランナーとは間隔がさらに広がっています。時々追い抜いていくランナーがいます。気にせずマイペースです。ここでもちょっと苦戦です(苦笑)惣岳山までくれば急な登りは終わりです。たんさんのランナーが休んでいました。ここまで来れば御前山はもう少しなんですけどね~。

御前山の山頂まで来ると大ダワまでの下り。この下り長くて急で登り返しが何度かあります。あまり好きではありません。特に今回は左膝の負担を考えると嫌な下りです。控え目なスピードで下ります。途中速いランナー何人か先に行かせたかな。無事大ダワに到着。今年はちょっと長く感じました。ここでヘッドライトの電池交換をして出発。

直ぐに50km地点を通過。3分の2は終わったなと。大岳山の登りまで緩いアップダウンがあります。走れるところは走ります。不思議と左膝はあまり気にならなくなりました。大岳山は岩をよじ登るところがありますが、ここの登りは調子良くスイスイと。大岳山の山頂から富士山のシルエットが見えるかな?と思いましたが、ちょっと無理だったか・・・(笑)

ここから御岳山まで下り基調。いつもだとここから快調に走るところですが、やや控え目ですが、走れるところは登りでも走ります。途中にある湧き水を飲もうかと思いましたが、ランナーがたくさん集まっていたのでスルー。第3関門に到着。10時間30分ぐらい。去年はどうだったか覚えていませんが、十分12時間台でフィニッシュできるなと。でも自己ベストは無理と諦め。

御岳神社周辺の宿坊の中をとおり日の出山へ。登りがきつくなるまで走ります。途中で知人の応援グループ2組に連続して合え励ましてもらう。ありがたい。日の出山の山頂に24時の数分前に到着。のこり11kmを1時間・・・はやっぱり無理だなと、11時間台でのフィニッシュも諦めました(笑)

目標がなくなると気合いが入りにくいもので、走りやすいペースで金比羅尾根を下ります。前後のランナーとは随分差が開いているようです。後ろから11時間台に滑り込もうと猛プッシュするランナーも現れません(しばらくしてから、それらしいランナーが1名現れましたが、残り5kmの表示を見た瞬間根を上げたような声が聞こえました 笑)。

残り5kmの標識から長く感じました。見覚えのある木の橋が見えた瞬間、やっとここまで来たかと。金比羅尾根から武蔵五日市方面への分岐で残り2kmの表示。急な下り坂をどんどん下り、住宅街に突入。いつものように前後のランナーとの間隔を調整。後ろとは結構差があるようです。前のランナーに近づき過ぎないペースで走り、12時間8分4秒でフィニッシュしました。

左膝の痛みもありましたが、11時間台に滑り込むチャンスはあったと思います。でも自己ベスト(11時間50分30秒)を更新できないとわかった時点で、11時間台も諦めてしまったのは自分らしいかな(笑)

第21回 日本山岳耐久レース_2.JPG

posted by ysdhrs at 21:46| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

第21回 日本山岳耐久レース(スタート~第2関門)

今年で6回目の出走となりました。

事前にエントリー者数が2,800名と知り、定員の大幅に上回る人数なので、さらに酷い渋滞になるな~と思いました。渋滞回避のスタートダッシュは、スピードがない自分には厳しい状況。渋滞を気にしなければならない大会はスタート前から非常にストレスです。青梅高水山トレイルランはそれが嫌でエントリーを止めたようなものです(3時間切りの記録が出せて一区切りでもありましたが)。

前日の土曜日がとても暑かったので、日曜日も気温高め。なので、いつもは1.5Lですが、今回初めて2Lの水分を持つことにしました。暑さとの戦いを覚悟です。

13時スタート。いつもより前方で迎えられましたが、ゲートを通過するまで団子状態。ゲートを通過すると走れました。思っていた以上に脚が動きますが、今年は去年記録した自己ベストの更新は無理と思っていたので、12~13時間台でフィニッシュできればと。

最初の渋滞ポイントでは一瞬止まることがありましたが、行列は流れています。変電所までは数回止まりましたが、ほとんど問題ないレベルでした。ペースが上がりすぎないように抑えて走ります。でも、今熊山の登りからすでに息が荒い(笑)それでも悪くないペースで登れます。汗は顔から滴り落ちます。今熊山を登り切ると、思った程暑く感じなかったので一安心。行列の流れに乗って進みます。ほとんどがシングルトラックなので追い抜きは難しいですけどね。

入山峠を1時間4分ぐらいで通過。なかなか良いペース?でも去年どうだっけ(笑)短い行列になっていましたが、流れはスムーズ。ここからのアップダウンが曲者です。脚は快調に動いてくれますが、やはり無理はしません。前のランナーの真後ろにピッタリになってしまうことが何度もありましたが、余程遅くはない限り登りでの追い抜きはしません。

市道山分岐には2時間前に通過。ここでは去年より遅いペースだなと思いました。曲者のアップダウンは難なくクリアできました。今年も1週間前の醍醐丸までの試走でコースをリマインドできた効果があったかな。でお久しぶりのコースだったので、その後の浅間峠まではちょっと長く感じましたね。浅間峠を3時間34分で通過。去年よりは7~8分の遅れ。思っていたより良いペースでちょっとビックリ。

浅間峠から先は、今年もランナーの間隔が開きます。去年もそうでしたが、このペースだとこれが普通なんでしょうかね。いつヘッドライトを点灯させるか考えつつ走ります。今年はヘッドライト2個持ちをやめて、ヘッドライトとハンドライト1個ずつに変更。腰にヘッドライトを付けるのは止めました。軽量化対策でもあります。見えにくくなった時点でハンドライトから点灯させました。第2関門ぐらいまではこのまま行こう化と思っていましたが、やっぱり慣れないので、早々にヘッドライトに切り替えです(笑)

数馬峠あたりで、富士山のシルエットが見ました。写真を撮っておこうかと思いましたが、もう余裕がなくなりつつあります。脚はそれ程疲れはなかったのですが、左膝半月板の裏側に軽い痛みが出てきました。初めての経験なので、これで最後まで行けるのか不安になりました。下りだけでなくフラットなところでも登りでも違和感があります。自然と歩きが多くなりました。痛みがどんどん酷くなることもなかったですが、様子を見つつ進むことになりました。

夜になって気温が下がってきましたが、山頂と稜線以外はあまり涼しく感じません。ところによっては無風?って感じるところもありました。それでも2L持った水分もたっぷり残っています。500ml多めに持ちましたが、結果的にはいつも通りで足りたようでした。

西原峠から三頭山の山頂までは少々苦戦しましたが、第2関門には7時間20分で到着です。

つづく。

第21回 日本山岳耐久レース_1.JPG

posted by ysdhrs at 20:24| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

サンダーバードぴあ

9月に行った「サンダーバード博」の会場で買った本。やっと最後まで目を通しました(読みました)。

内容はまあまあですかね。雑誌「Pen」のサンダーバードの特集(「サンダーバード完全読本。」)のほうがページ数が少ないけど濃い内容だったような気がします。コアな内容過ぎても困りますが(笑)

サンダーバードぴあ.JPG

サンダーバード2号のペーパークラフトが付いていましたが、「サンダーバード博」の会場で買った場合だったらしいです。

サンダーバードぴあ PAPER CRAFT.JPG

posted by ysdhrs at 17:18| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

拓・蛸之道

今日は日帰り大阪出張。なので、いつもの粉モノを(笑)

大阪と言っても今回は門真市なので、門真市駅周辺で探します。隣の西三荘駅近くに「拓」という店に。14時頃だったので、ランチには遅すぎる時間ですが。「お好み焼き定食」を注文。お好み焼きは豚玉を選択。個人的にはお好み焼きにご飯はいらないのですが、メニューを見る限りでは定食が基本のようでした。

お好み焼きはやや小ぶりでしたが、ご飯以外にミニ冷や奴、素麺入りの味噌汁まで付いていました。これならまだ良いかな。お客さんは常連さんが多いようで、一見さんの私は落ち着かないというか・・・(笑)

お好み焼き定食@拓.JPG

打ち合わせが終わった後、帰る前にたこ焼き。門真市駅周辺で探して「蛸之道」って店がありました。ちょっとした商店街の中って言って良いのかな?ノーマルのたこ焼きを注文。

出てくる早さにビックリ。作り置き?でも、食べてみるとカリカリでなく柔らかかったので、時間が経っているようなものではなかったです。まあ、大阪の人は味にうるさいので、美味しくない店は淘汰されていきますからね。

たこ焼き@蛸之道.JPG

posted by ysdhrs at 23:55| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

ハセツネ試走:武蔵五日市~醍醐丸

今年も去年と同じく1週間前に試走。今年は最初で最後の試走です。去年このルートを試走してサブ12を記録できたので、験担ぎのようなもの。現実は厳しい状態(笑)

入山峠~市道山分岐の間にある峰見通りのアップダウンをリマインドすることが目的です。土曜日遅くまで雨が降っていたので、場合によっては中止も考えていましたが、朝6時の時点で雨が上がっていたので予定通り決行。武蔵五日市に向かいます。

9時頃に武蔵五日市駅をスタート。本来のスタート地点には行かず、そのままハセツネに合流。1週間前なので負荷はかかりすぎないように走ります。当然迷うこともなく順調に進みます。天気はというと、だんだん良くなってきましたが、山中はガスってました。湿度が高く、いつの間にかウェアはずぶ濡れになっていました(苦笑)顔から汗が滴り落ちることはなかったですが。

市道山分岐では指標が新しくなっていましたが、去年からそうでしたっけ?(去年の記憶がない・・・)。今までのものより目立ちますので、試走でのコース迷いも減るかもしれませんね。

ハセツネ試走2013.JPG

15km過ぎの醍醐丸まで来るとコースから離脱して和田峠に向かって下山します。個人的にはリタイヤルートと呼んでいます。2年前のハセツネでハイドレーショントラブルでリタイヤした時に通ったルートだからです(笑)

和田峠まで下山すると陣馬高原下のバス停までの舗装路4km弱を下ります。バス停まで到着すると20分時間があったので、これも去年同様、バス停隣の「陣馬そば 山下屋」でもりそばを食べました(去年はとろろそばでしたが 笑)。

バスで高尾山駅に戻って試走はおしまいです。1週間後・・・どうかな~?
posted by ysdhrs at 21:55| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

Grands Montets

UTMBからもう1ヶ月も経ってしまいました。いろいろと記事にできていないことがあります。

今年は2011年とは違って日程を切り詰めて行ったので、ゆっくり観光する余裕はありませんでした。水曜日の夜にChamonixに到着。UTMBは金曜日の夕方スタート。木曜日に受付を済ませるので、木曜日の午後が観光できる時間と言って良いかと思います。前回はBreventとAiguille du Midiに行っているので、行っていないところからGrands Montetsに行くことにしました。今回唯一の観光と言って良いと思います。

カルト・ドットという路線バスを無料で利用できるパスをホテルでもらい、Chamonixからバスに乗りますが、結構ドキドキものでした。拙い英語でバスに運転手にGrands Montetsはここで降りれば良いのか?を聞いたら、ロープウェイ乗り場の方向まで教えてくれた。親切だね~。

ロープウェイに乗って中間駅で乗り換え。その先のロープウェイの時刻がわからず、中間駅の近くでぶらぶら。時刻表が見つけられないので、あまり離れることもできず気が休まりません。

Grands Montets_1.JPG

Grands Montets_2.JPG

油断してちょっと離れると乗車開始していたようで慌てて乗り場へ。危うく乗り遅れるところでした。ロープウェイでさらに標高の高いところへ。中間駅付近とはまったく違います。ガスっていて何も見えません。紺藍はハズレの日だったと思ってもどうしようもありません。

ロープウェイから降りて展望台へ行きますが、一面真っ白で何も見えません。相変わらず戻りのロープウェイの時間もわからないので、気にしつつぶらぶらと。でも、少しずつガスが消え始め見えるようになりました。何とかアルジェンチェール氷河(Gl.du Argentiere)が見えました。もう少しすればもっと見えるかもと思いましたが、下りのロープウェイの時間のようでしたので、展望台を後にしました。天気が良ければMont Blancまで見えるのですがね~。

Grands Montets_3.JPG

Grands Montets_4.JPG

posted by ysdhrs at 23:52| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

七福家

今日の午前中は健康診断。思った以上に時間がかかり、終わったのが11時頃。帰社してもお昼ご飯後に川崎の事業所へ移動しなければならないので、時間の無駄。そのまま川崎の事業所へ直行。

でも、その前にランチ。鹿島田駅から比較的近いラーメン店「七福家」へ。「らーめん」の中盛を注文。丼はあまり大きくないですが、麺がぎっしり入っている感じ。麺は太麺。麺の量のわりにはスープが少なく感じるのは気のせいか?

スープは私にはちょっと塩辛く感じましたので、全部は飲み切れず。やっぱり、自分にはコッテリ系よりアッサリ系が合っているかな。

らーめん@七福家.JPG

posted by ysdhrs at 23:45| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

信越五岳トレイルランニングレース 2013 (第2関門~ゴール)

つづき。

5Aで長めの休憩。ドロップバッグを受け取り、夜間走行の装備の準備。雨はどうなるのか情報がない。最後の瑪瑙山がどんな天気になっているのかポイントですが、ゴアテックスのシェルジャケットを持つのをやめ、ウィンドブレーカーでいけると判断。ライトはいつもヘッドライト2個で走りますが、今年は1個ハンドライトにし軽量化。バックパックも交換せずに済ませます。リフレッシュできたかどうかわかりませんが、知人に見送られ、気持ちを奮い立たせて5Aを出発。

信越五岳トレイルランニングレース 2013_2.JPG

階段を上り、ほぼフラットな林間区間を進み林道に出ます。林道は緩やかな登りですが、ほとんどが歩きに。睡魔もやってきました。ふらふらと歩いていたので、スタッフから「大丈夫ですか~?」と言われたので、「眠いで~す」って答えます(笑)林道の途中で水だけのエイドがあり、そこから登山道に入ります。

睡魔もいつの間にかなくなりました。さらに足も復活した模様。ぬかるんだ登りも快調に進めるようになりました。下りでは追い抜きもできます。そろそろまわりが暗くなってきたので、ライトを使うランナーも増えてきました。まだかろうじて見えるので、行けるところまでライトなしで頑張ります。

そろそろライトなしは無理かな~ってことで、まずはハンドライトで凌ごうと思いスイッチオン。点灯しない?電池切れ?確認しておけば良かった・・・。仕方なくバックパックからヘッドライトを取り出します。ハンドライトはただの重りにしかなりません。

今年からコースが少し変わったので、6Aまでは古池の周りを通らず林道になりました。ずっと下りで走りやすくなりましたが飽きてきますね。6Aに到着。足が復活したおかげで気持ちも変わります。

6Aでたっぷり補給し出発。もうあたりは真っ暗です。戸隠神社の随神門までは歩いたり走ったりでしたが、随神門から7Aまでは快調に走りきります。次の8Aまでは距離が短いので7Aでの補給は手短に済ませます。

7Aからは登りでも走れるところは走ります。8Aには20時15分頃に到着。スタートから15時間弱経っていました。ここで知人から21時を過ぎるとここから先は進めなくなるらしいとの情報を得ました。天気が悪くなると判断したのでしょうか。それはそれで楽か?なんて一瞬思いましたが(笑)、最後のエイドなので十分補給をしてゴールまで行きます。

雨の影響で登りでも踏ん張れないところがあります。夜になっても涼しさを感じられません。瑪瑙山の山頂近辺でようやく涼しくて気持ちいいって思いました。山頂まで登ると、ゲレンデの下り。ここは相変わらず足にキツいです。

100km地点手前で登り返しがありますが、こんなに下ったっけ?って思いながらも、8Aを21時で終了のこともあって、最後の最後でコース変更し、登り返しがなくなったのかと思いました。少々複雑な気持ちでしたが、しっかり登り返しがありました。取り越し苦労でした(笑)

その後の100km地点の指標がなかなか出てこず、今回はなぜか長く感じました。100km地点の指標が見えた瞬間、「やっとか~」と。まもなく下り。そして最後の林道に出ます。水のみの最後のエイド。スタートから17時間10分ぐらいだったと思います。この時点で18時間は切れそうにないな~と諦めてしまったし、今年は最初から記録の目標がなかったので、約7kmの林道は途中で何度も歩いてしまいました。

フィニッシュは走ってないと格好悪いでしょうって思っているので、最後の数キロは走り、18時間9分30秒でフィニッシュ。諦めずに頑張ればもしかしたら切れたか?と思いましたが後の祭りですね。もっと酷い記録になるかと思いましたが、去年よりは約1時間半早い記録でした(去年が酷すぎた?)。

自己ベストから約1時間半遅いですが、去年よりは約1時間半早い記録となりました。来年は自己ベスト更新を目標に!
posted by ysdhrs at 00:15| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

信越五岳トレイルランニングレース 2013 (スタート~第2関門)

かなり間が空いてしまいましたが、備忘録として。

UTMBの2週間後でしたが、どこも痛みは残っていないし、2週間まったく走らず脚を休めたので、表面的には疲れは残っているようには感じません。でも、リタイヤはしたくないので、完走を目標にし、今年は自己記録の更新は狙いません。まあ、完走と言っても一応20時間以内で、序盤で暑さにやられて19時間台だった昨年の記録よりは上回るという、緩い目標は設定しました。

台風が近づいていたので天気は心配です。雨対策もどこまでするか悩みどころでした。容量の違うバックパックを2つ用意してきました。最終的に、当日の朝に判断。軽量のウィンドブレーカーとゴアテックスのシェルジャケットを容量の小さい方のバックパックに入れました。

ドロップバッグの中に防寒、雨対策装備ともう1つのバックパックを入れ、ドロップバッグを受け取れる6A到着時点で、もう1回状況をみることにしました。

朝4時過ぎに会場に到着。例年より気温が高いように感じました。いつもは少し肌寒いのですが、台風が近づいているからかな。5時30分スタート。今年はスピードは上げない、林道の登りは頑張らないって決めて走り始めました。いつもは斑尾山の登山口までは、ほとんど歩かないで勢いよく進みますが、今年はゆっくりめです。

斑尾山を登り切るとゲレンデの下り。太股の前に負担がかかります。ここは勢い良くと行きたいところですが、この先で潰れて終わり・・・にならないようにセーブします。2Aを過ぎ、袴岳を登り切れば、長い下りに林道になります。林道から舗装路に変われば間もなく3Aです。

3Aからの関川沿いの地味な登り。今年は日が差していないですが、申し訳程度の中途半端に雨が降るので湿度が高く、それはそれで暑いです。もっと勢いよく雨が降ってくれれば涼しくなるのですが・・・。毎年心が折れる区間ですが、今年は2分間歩いて8分間走るなど緩めのノルマを作って進みます。終わりが見えた頃、いつもの私設エイドのお世話になります。冷凍パイナップルがとても美味しかった。

林間区間に入ります。ある程度登るとほぼフラットになります(たまに登りがありますが)。4Aのエイドが近づいてくると緩やかに下りとなった走りやすい区間になります。調子に乗って何人も追い抜きしながら、4Aに到着。さすがに去年よりは疲労感が少ないです。

4Aを出発。ここからの登りの林道も長く、いつも歩きが多くなります。たまに少し走る程度で、基本歩きです。下りになるとゆっくりのペースですが、走り始めます。路面が緩く足場の悪い下りを過ぎると橋を渡り、変電所脇の急な登りになります。登り切って短い林間区間を抜けると笹ヶ峰牧場の緩いアップダウン。でも、短い林間区間からほとんど走ることができなくなり、突然足が終わった感じになりました。約60kmあたりでしょうか。

5A手前の下りで少し走れる程度で、何とか5Aに到着。スタートから10時間が過ぎていました。

信越五岳トレイルランニングレース 2013_1.JPG

つづく。
posted by ysdhrs at 00:17| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

中陣

午後から打ち合わせで西新宿へ。

少し早めに会社を出て、西新宿周辺でランチ。「中陣」という手打うどんの店へ行ってみました。ランチタイムも半ばを過ぎた頃だったせいか、待たずに座れました。相席でしたが。

看板メニューらしき「煮込うどん定食」を注文。他のテーブルをざっと見る限り、同じ物を注文している人が多いように思えました。日中は少し暑かったので、煮込うどんってどうなのかな?とは思いましたが・・・。

みそで煮込まれたうどんです。コシは申し分ありません。讃岐うどんとはまたちょっと違ったうどんのコシのようです。満足できました。

煮込うどん定食@中陣.JPG

posted by ysdhrs at 00:57| Comment(0) | | 更新情報をチェックする