2013年12月31日

杜々

昨日の高尾山~景信山でのトレイルランニングで、景信山から折り返して下っていると、登ってくる知人2人とバッタリ会いました。近場でランナーが多いとは言え、ここで知人に会うのは自分にとっては初めて。ちょっとビックリでした。

この時に下山後に蕎麦屋へ行くことを誘われ、お互い下山後に連絡をして待ち合わせ。ナビで住所検索で従うもホントにここ?ってところに入って行き、半信半疑だったので一回引き返し、もう一度確認。間違いがないようです。

もう一回入って行きましたが、ルートを間違いぐるっと回って進むと・・・ありました。よく見ると店名「杜々」って書いた幟もところどころに立っていました(笑)駐車場は2台しかなく満車でしたが、タイミングよく出て行く車がありラッキー。

民家を改修したようなお店です。そういえば今年の1月に沖縄でもそんなお店に行ったことを思い出しました。「炙り地鶏のせいろ蕎麦」を注文。出てくるまで時間がかかりましたが、美味しくいただけました。いいお店教えてもらったな~。

炙り地鶏のせいろ蕎麦@杜々.JPG

posted by ysdhrs at 09:33| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

城山~景信山~高尾山

今年最後の山行き。どうしようか迷ったけど、朝早めに起きられたし、天気も良さそうだったので行くことにしました。今回のコースは高尾山~景信山の往復です。目的は今回も富士山を見ること(笑)

渋滞もなく車で1時間程で高尾山口駅近くの駐車場に車を止めて出発します。下りルートとしてしか通ったことがない稲荷山コースから登ることにしました。9時半頃スタートしましたが、人はあまり多くありません。登山道も幅が広いところが多いためか、スムーズに登れました。

早歩きか走りを繰り返して進みます。詳細のコースはノープランだったので、分岐で考えます(笑)最初は高尾山の山頂に寄らず、高尾林道と大平林道というところを経由して城山を目指します。初めて通る林道です。手持ちの5年前の地図には記載されておらず、スマフォ版の電子地図には掲載されていました。比較的新しいルートのようです。この林道からも富士山が見えました。バッチリです。

城山~景信山~高尾山_1.JPG

幅広く走りやすい林道です。緩く下っているのでどんどん走れてしまいます。ハイカーグループ1組に出会っただけで、あとは誰も歩いていません。どこまで標高を下げる?と思った頃、緩く登り返し。途中の分岐でメインルートと合流する方に進路変更。メインルートはやはりぬかるんでいました。

一丁平に到着。ここからはよく見えます、眺めもいいですね。高尾山の山頂からも見えますが、ここからの眺めのほうが良いと思います。高尾山まではたくさん人がいますが、ここまで来る人はぐっと減りますね。もったいないな~と思います。

城山~景信山~高尾山_2.JPG

さらに進み、城山に到着。今日は茶店はお休みです。人もさらに少ないような・・・。ここからも富士山がバッチリでしたので、写真を取って直ぐに出発します。

城山~景信山~高尾山_3.JPG

あとは景信山。小仏峠まで下って登り返しですね。そういえば、景信山から富士山見えたっけ?と少々自信がありませんでしたが(下調べしてません 笑)、行ってみて確認。見えました。木と木の間からって感じ。富士山を見えるように伐採してあるかのように。

城山~景信山~高尾山_4.JPG

富士山が見える方より、関東平野側に休憩している人のほうが圧倒的に多かったですね。こちら側の方が視界が大きく広がっていますからね。遠くに筑波山を確認でsきました。

城山~景信山~高尾山_5.JPG

ここも茶店はお休み。持参したお昼ご飯を食べて、高尾山の方に折り返します。小仏峠を通過し、城山には登らず巻き道を通り、今度は高尾山の山頂へ。道中、思った程酷いぬかるみではありませんでした。山頂からは1号路を通って高尾山口まで下山しました。今日は良く走れました。
posted by ysdhrs at 23:48| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

大山

今日は緩いペースで、蓑毛~大山~雷ノ峰尾根~下社と回りました。

当初ヤビツ峠~イタツミ尾根~大山の予定が、秦野駅のバス停に来てみると路面凍結のためヤビツ峠まで行かないとのこと。なので、蓑毛スタートに変更を余儀なくされました。その分スタート時間は早くなりましたが、距離は長くなりましたが・・・。

気を取り直して蓑毛から出発。天気も良く富士山の眺めを期待出来ます。日差しがあるので寒さもあまり感じません。ただし、グローブを外すと寒いですが(笑)雪はところどころに残っていましたが登山道には残っていません。

順調に登っていきます。標高が上がるにつれて残雪が増えてきました。左手に富士山が見え始め、富士見台ではど~んと(笑)期待通りの眺めです。

大山_1.JPG

大山_2.JPG

積雪が多くなり滑りやすいところも増えてきましたので、慎重に登って行きます。思った以上に雪の量です。何とか軽アイゼンなしでも登れました。グリップの効かないスニーカーで登って来ている人もいて、なかなかの強者だな~と。

山頂直下は一面雪でした。富士山もくっきり。富士見台で見たショットとあまり変わりませんが(笑)南アルプスや丹沢の山々がきれいに見えました。

大山_3.JPG

そして山頂到着。蓑毛から2時間20分ぐらいです。相模湾、江ノ島、三浦半島まで見えます。大山は今回で3回目ですが、今回が一番眺めが良いかもしれません。

大山_4.JPG

大山_5.JPG

お昼ご飯を食べて下山開始。下山ルートは雷ノ峰尾根を経由して下社まで行きます。このルートは初めて通るルートです。最初は雪でしたが、標高が下がるにつれだんだん泥濘に。シューズは泥まみれになってきますが、どうしようもありません。

大山_6.JPG

見晴台まで来ると下って来た大山が良く見えるところでした。もちろん初めて来た場所です。ここから見ると雪が多いようには見えませんね。

大山_7.JPG

見晴台からは下りも緩くなり気持ち良く走れる区間でした。登山道にはもう雪がありません。下社(阿夫利神社)まで下山し、そのまま女坂を下ってバス停へ。距離は短めのルートでしたが楽しめました。

posted by ysdhrs at 23:44| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

神戸マラソン完走証

まだだったこと、すっかり忘れていました(笑)今日届いていました。

小さい封筒できていたので、もしやと思ったら封筒サイズの完走証でした。折り曲げているわけないですからね。やっぱりA4サイズがいいな~。都市型の大規模な市民マラソンですから、それぐらいはしてほしい。せめてB5サイズですね。

神戸マラソン完走証.JPG


posted by ysdhrs at 21:27| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

大楠山

今日は皇居でロード練習をするつもりでしたが、予定を変更して山へ。

久しく足を向けていなかった三浦半島の方へ行くことにしました。ただ難点なのは詳細の地図がないこと。ガイドブックはありますが、山単位なので全体がわからないのです。まあ、欲張らずに大楠山だけにしようと思って出発。自宅を出たのも11時前とかなり遅めです。

12時半頃に横須賀市のしょうぶ園に到着。ここの駐車場に車を止め、大楠山に向けてスタート。大楠山は一度トレイルランニング・ツアーで3年以上前に来たことがありますが、雨でしたのでほとんど通過しただけって言って良いかもしれません。

いきなり方向がわからず、違う方向に向かっていましたが、横浜横須賀道路が見え、その位置から違っていることがわかりました。直ぐにわかってよかった。気を取り直して正しいルートへ。ところどころに標識があったので迷うことはありません。

舗装路を少し走るとトレイルに変わります。まだ紅葉がわずかに残っていました。ところどころ見覚えのある風景があります。3年以上前の記憶は完全に消えていませんでした。

大楠山_1.JPG

今回は登りもなるべく走るとしたので、あっという間に汗が流れ始めます。あまり急なところもなかったですが、階段が多いですね。階段は走りにくいので歩きになってしましましたが・・・。30分ぐらいで大楠山の山頂に到着。

大楠山_2.JPG

今回初めて展望台に登りました。360度見渡せるのは良いですが、電波塔が気になるところです(笑)今日は雲が多く、眺めはちょっと残念かな。やっぱり昨日来れば良かったと少し後悔。

大楠山_3.JPG

大楠山_4.JPG

このまま下山だと勿体ない。さあどうするか?詳細の地図がないし・・・。登って途中の標識にあった衣笠山公園に行ってみることにしました。途中のトレイルは快適でした。

途中にある標識を頼りに進みましたが、舗装路に変わり住宅街を抜け街中に出てしまいました。どこかで間違えたか?でもすぐ衣笠山公園の方向を示す標識が見つけられたので、再びトレイルに戻れました。

大楠山を出発してから1時間もかからずに衣笠山公園(の山頂?)に到着。ここも見たことがあるような気がするのは気のせいか(笑)低山なので街がよく見えます。大楠山も確認できました。

大楠山_5.JPG

大楠山_6.JPG

下山開始。JR衣笠駅方面に進み、大楠山山頂のビューハウスで手に入れた大雑把な地図を頼りに、しょうぶ園まで戻ります。衣笠山公園から来た道を戻らないルートにしたのは、今日はロード練習の予定だったから。でもちょっと短かったかな。


posted by ysdhrs at 23:19| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

『007 スカイフォール』

Blu-rayで鑑賞。

007シリーズ製作50周年の記念作品。と言っても特別な演出はなかったかな(気付いていない? 笑)。オープニング早々から迫力のあるアクションシーンで始まりましたが、後半は暗い感じのストーリー。今までになかった展開ではないでしょうか?意外さに着いていけず(?)、2回見ることになりましたが。

ラストはニヤリとしてしまう場面がありました。これは過去の007シリーズを見ていれば「あっ、そういうことね」というちょっとしたことですが、旧作からのファンとしては反応してしまいます(笑)

今回の敵役はハビエル・バルデムが演じており、『ノーカントリー』のように不気味なキャラクターでした。ただ、出番が少なかったように思いますので、もう少しアクの濃いところが見たかったです。

posted by ysdhrs at 22:22| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

『ラストスタンド』

Blu-rayで鑑賞。

アーノルド・シュワルツェネッガーの主演復帰作品。もう66歳です。『コマンドー』や『ターミネーター』シリーズのようなアクションをするには厳しいでしょう。役柄は枯れた感じの保安官なので、比較的歳相応かなと思いました。シルヴェスター・スタローンのように「まだまだ現役だぜ!」みたいな感じじゃないのが良いと思いました。別にシルヴェスター・スタローンを否定するわけではありませんが(笑)

アクション・エンターテインメントと謳っているので、アーノルド・シュワルツェネッガーのアクション・シーンはどんなものか?スタントマンがいるし、CGで何とでもなりますが、やはり歳相応?抑えめのアクション・シーンだったと思います。迫力は足りないですが。その分、現実味がありました。酷い場合だと、普通だったら大ケガするはずなのに不死身なパターンがありますからね。

ストーリーはB級アクションっぽいのですが、なかなか良かったと思うのは贔屓目なのかな~(笑)

posted by ysdhrs at 23:53| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

岩殿山

三ッ峠山を下山してから車で移動。三ッ峠山だけでは物足りないので、大月市が定める秀麗富嶽十二景の1つ岩殿山へも登ります。

大月市街から岩殿山がよく見えます。独特の雰囲気を感じました。駐車場に車を止めて出発。標高は東京スカイツリーと同じ634mですので、比較的手早く登れる山かと思います。

岩殿山_1.JPG

登山道はほとんどが石の階段ですので、山に登っている感じがしません。15分程で山頂に到着しました。山頂からは富士山が見えました。ちょっと遠いです。時間的に逆光のため、少しハッキリしない感じですが、雲がかかっていないので良かったです。

岩殿山_2.JPG

岩殿山_3.JPG

岩殿山_4.JPG

先に登った三ッ峠山らしき山も確認できました。開運山と御巣鷹山の電波塔が目印になって見つけやすいですね。

岩殿山_5.JPG

これで戻るのはあっけなさ過ぎなので、少し戻って、築坂峠~天神山~稚児落しを経由して下山することにします。しばらく下りが続き、築坂峠から登り返しになります。鎖場が2ヶ所あり、2つめの鎖場でハイカーの団体の行列に巻き込まれ渋滞。追い抜くことができない場所なので、流れに身を任せるしかありません。

鎖場を登り切ったところでハイカー団体の前に出ます。そこからスピードアップし進みます。振り返ると岩殿山から通ってきたルートが確認できます。ハイカー団体はまだ鎖場を登り切ったところにいるのが見えました(笑)

岩殿山_6.JPG

さらに進み天神山を通過。そして「稚児落し」という恐ろしい名前の岩壁が見えてきました。下をのぞき込むと随分深いように感じました。

岩殿山_7.JPG

岩殿山_8.JPG

稚児落しを過ぎるとあとは下りです。下りが終わると舗装路に出ます。最後は舗装路を走って駐車場に戻りました。

posted by ysdhrs at 20:29| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

三ッ峠山

大きな富士山が見たいと思い行ってきました。

今回も金曜日の夜に出発し、三ッ峠登山口の駐車場に車を止めて車中泊。他には誰もいないようです(そのの後に車が来た気配がありました)。寝始めの1時頃は寝袋は暑いぐらいでしたが、早朝の寒いこと寒いこと。車のエンジンを始動し、エアコンを入れても寒いぐらいです。

何とか準備を済ませて7時半に出発。駐車場は車でいっぱいになっています(いつの間に・・・)。駐車場は標高1,200m以上あるので500mも登らないで山頂に行けます。日は昇っていますが、日陰なので寒いです。スピードを上げることでからだを暖めます。

40分ぐらい登ると視界が開けます。富士山が見えました。空気が澄んでいるのできれいに見えます。期待通りです。

三ッ峠山_1.JPG

三ッ峠山は木無山、開運山、御巣鷹山の三山を合わせての名前らしいので、三山ともピークを踏むことにします。最初は木無山ですが、登山道の途中に標識が立っていて山頂っぽくない感じ。木無山なのに、木が邪魔をして富士山が見にくいところでした(笑)

三ッ峠山_2.JPG

木無山から引き返します。次は開運山に向かいます。山頂は見えますが電波塔がたくさん立っていて風情がないというか・・・。山小屋2軒を通過し急な登りの先に山頂の指標がありました。ここからは富士山全体が見えました(写真傾いてる?)

三ッ峠山_3.JPG

三ッ峠山_4.JPG

三ッ峠山_5.JPG

三ッ峠山_6.JPG

最後は御巣鷹山です。電波塔が立ったあの山らしい。開運山を下って登り返します。やっぱりそうでした。でも御巣鷹山の標識がどこにも見当たりませんでした。富士山の見晴らしは良いですが。

三ッ峠山_7.JPG

三ッ峠山_8.JPG

このまま先を進み、茶臼山~大幡山~清八山を経由し清八林道から駐車場に戻れる周回コースも選択できるのですが、来たルートを引き返すことにしました。途中、日向で眺めが良いところでゆっくりしてから駐車場に戻ってきました。
posted by ysdhrs at 23:42| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

トル・デ・ジアン2013 報告会 AGAIN

10月に開催された「トル・デ・ジアン ナイト 東京」は、飲み放題の立食スタイルで何を話しているが全然聞こえなかった(聞いていなかった・・・が正確か 笑)ですが、今回はたっぷり聞くことができました。

330kmって距離は、今年完走したUTMBの2倍って思うとなかり辛そうと感じてしまうので、出てみたいけどどうしようかって少し迷いがありましたが、今日の報告会で出てみたい!と改めて思ってしまいました。

来年の出てみたいと思っていた海外レースの1つであるThe Western States 100-Mile Endurance Runは、抽選で落選。あともう1つ気になるレースがあるのでそれも聞いてから(近日開催される報告会に呼んでもらえた!)決めようかな。

トル・デ・ジアン2013 報告会 AGAIN.JPG

posted by ysdhrs at 23:58| Comment(2) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

sommet mondial du trail

UTMB2013のoficial DVDが届きました。

映ってないか僅かな期待がありましたが・・・やっぱりカメラがどこにいたかわからなかったので映りようがないですね~。当時の記憶と重なると良いなと思いましたが、時間が微妙にずれていてそんな感じもなくでした。意外とCCCの映像のほうがしっくりきたかな~(笑)

sommet mondial du trail.JPG

posted by ysdhrs at 23:51| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

西沢渓谷

土曜日は山でなく渓谷へ。標高も200m程登っただけ。先週行った甲武信ヶ岳を山梨県側から登るルートがある西沢渓谷です。

5時半に起きられたので、車で出発。余裕を持って日曜日にと思ったのですが、山梨市のホームページを見ると「冬期の入山できません(12月1日~4月28日)」って記載があったので、土曜日に行かざるを得なくなりました(実際は旧森林軌道だけが通行止めでした)。

8時頃に市営の駐車場に到着。止まっている車は少なめ。準備をして8時半頃スタート。しばらく舗装路を進むと入口らしき場所にが見えてきました。ぐるっと1周で10kmぐらいあるようです。まあ、ハイキングの感覚です(笑)

西沢渓谷_1.JPG

二俣吊り橋を渡ると山道になります。名前の付いた滝が8つあるようです。あと、特徴として水がエメラルドグリーンに見えることです。季節によって・・・ってことはないと思いますが、今回はそれを見たいってことが目的でもあります。

最初は滝や沢が遊歩道から離れているので、ずっとこうなのかな?と思っていましたが、最初だけでした。そのうち沢の真横を進んだり、横切ったりと。

沢の水が凍ってしまっていることはありませんでしたが、歩道はところどころ凍っているところがありました。。滑りやすくなっていましたので、慎重に進みます。

奥に行けば行くほど標高が少し高くなりますので、積雪しているところもありました。今回も軽アイゼンを持って来ていましたが、出番はありません。

西沢渓谷_2.JPG

西沢渓谷_3.JPG

西沢渓谷_4.JPG

西沢渓谷_5.JPG

西沢渓谷_6.JPG

西沢渓谷_7.JPG

西沢渓谷_8.JPG

西沢渓谷_9.JPG

西沢渓谷_10.JPG

西沢渓谷_11.JPG

西沢渓谷_12.JPG

西沢渓谷_13.JPG

山頂と言われる場所があって、そこまで登ると滝はもうありません。ここからは旧森林軌道で緩やかな下りです。最初少し積雪がある程度。とても走りやすいコースです。6km程ありましたが、とても快適でした。途中展望台があって、鶏冠山、木賊山、破風山がよく見えました。

西沢渓谷_14.JPG

西沢渓谷_15.JPG

2時間半ぐらいで1周し、入口(らしき場所)に戻ってきました。紅葉はすっかり終わってしまっていて落葉でしたが、その分、人がほとんどいなくて、エメラルドグリーンの水面が良く見ることができました。

posted by ysdhrs at 22:07| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする