2014年02月28日

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』

Blu-rayで鑑賞。

ストーリーからするとB級かC級のアクション映画って言ってもかも。ネタ切れなんでしょうか?ダイ・ハードというタイトルと、ブルース・ウィリスがいなければ観ようとは思わなかったでしょうね。

敵役も個性的な感じでもなくインパクトが薄いです。『ダイ・ハード4.0』みたいに不死身過ぎないとしても、ブルース・ウィリスもあまり痛々しく感じません。1作目の頃が懐かしい・・・。

ところで、原題は「A Good Day To Die Hard」なのに、なぜ邦題は「ラスト・デイ」?最終作かと思いましたが、そうではないようです。でもこの程度の内容の続編は面白くないですね。
posted by ysdhrs at 21:17| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

池井戸潤 『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』

テレビドラマで一通り見ましたが、「ロスジェネの逆襲」を読みたかったので、改めて原作の2作品を読みました。ストーリーがわかっていても引き込まれました。テレビドラマとの違いがわかるのも楽しみの一つでした。

テレビドラマとは若干設定が異なる部分もありましたし、ドラマでは登場しない人物もいました。原作通りの台詞があったり、「倍返し」もありますので、テレビドラマは原作をほぼ忠実に再現したように思います。

『オレたち花のバブル組』のラストがテレビドラマのようにハッキリと出向とは言っていなません。「ラインを外れる」と。そこで終わっていました。テレビドラマを知らなかったら違う感想になっていたかもしれません。ホントにどうなったんだろうと。

強烈な個性の俳優が演じていたテレビドラマでしたが、原作にはそれ程アクの強さがありません。読んでいる時はその俳優をイメージしていましたけど(笑)

テレビドラマでは半沢の逆襲?を見せ場として演出していましたが、この原作では意外とさらっと。長々と続かず淡々とって感じでした。ちょっと物足りなさがありました。テレビドラマのイメージが強すぎましたね。

「ロスジェネの逆襲」を読むのも楽しみになってきました。
posted by ysdhrs at 21:45| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

シドニィ・シェルダン 『金の成る木』

これが遺作らしいです。

このストーリーもミステリーやサスペンスの類いでなくコメディタッチ。ハラハラドキドキ感はなし。でも読みやすいのでページはどんどん進みますが・・・(笑)どうやら、英語の教材に使われる(た?)本だったようなので、複雑でなく単純なストーリーなのかな?

大きな展開もなく淡々と進みますが、最後は何じゃこれ?って思うぐらい現実離れしたオチ。一気にイマイチ感が増しました。ちょっとがっかりです。

巻末にはあと2作品予定があるそうなのですが、果たして実現するのでしょうか?
posted by ysdhrs at 22:23| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

シドニィ・シェルダン 『結婚不成立』

久しぶりにこの著者の本を読みました。グイグイ引き込まれていく感覚は好きなのですが、最近はストーリーが薄く感じていたところです。でも、未読の著作は気になるので読んでしまいます。

純粋に楽しむため、予備知識を何も入れずに読み始めました。オムニバス形式で最後は話しが1つに繋がるかと思ったら繋がりませんでした。自分の中ではシドニィ・シェルダン=サスペンスなので、いつハラハラさせられるか?と思っていたのですが、サスペンスではありませんでした。そのせいか、読み応えがなかった・・・。

制度や倫理観の違いで成立するシチュエーションです。日本ではあり得ない状況なので現実味がないです。未婚の自分が言うのも何ですが(笑)とは言え、設定は悪くないかな~と。

posted by ysdhrs at 23:41| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

角田光代 『紙の月』

テレビドラマ化された放送をたまたま見かけました。それも1回だけ部分的にです。原作が読んでみたくなったので購入。

帯には「彼女は、果たして逃げ切れるのか?」とか「あまりにもスリリングで・・・」と書いてありましたが、派手な展開はありませんでした。さらに「・・・1億円を横領した。」とも書いてありました。ストーリーでは、横領が目的ではなく手段でしかなかったと思いました。

お金に振り回されるのではなく、ただ単にお金がほしいというのではなく、自分が誰かに必要とされていると思い込むことの快感を得るためお金が必要だった。それがエスカレートし、1億円になっていた・・・。この快感は自分でもわからなくはないかな~と思います。もちろん、横領までは考えないと思いますけど(笑)

テレビのドラマではどうなっていたかはわかりませんが、結末はちょっとスッキリしません。でも、最後は破滅を迎えることになるのですが、最後のつぶやきが印象に残りました。
posted by ysdhrs at 23:12| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

麺達うま家

今日は高田馬場の客先へ直行。

11時半前に高田馬場駅に到着。少し早めのランチ。今回もラーメン店です。「麺達うま家」が直ぐに目に付いたので入りました。ここは家系と言われるラーメン店?(あまり興味があるわけではないので、よくわかりません)

「うま家スペシャル」ってのをオーダー。味は薄め、油少なめ、麺の固さ普通にしました。味は薄めでも自分にはまだ濃い感じでしたが(笑)コッテリ系は自分には合わないかな。

うま家スペシャル@麺達うま家.JPG
posted by ysdhrs at 23:35| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

穂積 『式の前日』

ネットでレコメンドされていたので気になってネットで購入。

帯には「このマンガがすごい!2013 第2位」「胸のずっと奥のほうに沁みる、泣けるよみきり6篇」の文字。涙もろい自分(笑)にとっては泣かされるのか?と思いました。実際に読んでみると・・・。どこでも泣けませんでした。泣けるツボが違うのか?期待した分ガッカリ感が大きいです(笑)

式の前日.JPG
posted by ysdhrs at 19:52| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

アンディ・ウォーホル展

先週セミナーで六本木ヒルズに来た時に開催を知りました。セミナーが終わった後にでも行きたかったのですが、別の予定があったので断念。今日改めて来ました。

ここ森美術館に来るのは2、3回目かな。前回は随分前のような気がします。入口には「アンディ・ウォーホルによるBMWアート・カー」が展示してありました(これだけは写真撮影OKでした)。

中の展示作品は、写真や映像作品もありバリエーションに富んでいました。つまり、アンディ・ウォーホルがマルチ・アーティストだったこということです。展示数も思った以上に多かったですが、もっと見たいと思いました。

アンディ・ウォーホル展_1.JPG

アンディ・ウォーホル展_2.JPG

posted by ysdhrs at 21:52| Comment(0) | アート | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

『リベンジ』シーズン1

きっかけは地上波の深夜放送で第1話を偶然に見たところから。もう寝るつもりだったので断片的にですが・・・。翌週から録画して見るようになりましたが、展開が読めなく先のストーリーが気になり始め、DVD BOXを買ってしまうまでになりました(笑)

タイトルの通り復讐劇なんでしょうけど、それ以外の設定もうまく出来ていると思いますので、間延びも感じないし飽きもきません。グイグイと引き込まれていきました。

シーズン1全22話をあっという間に見終わりました。どういう基準でシーズンを区切っているのかわかりませんが、さらに続きが見たくなっています。DVD BOXはシーズン2も発売されているし、アメリカ本国ではシーズン3が始まっているらしいです。

posted by ysdhrs at 22:57| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

スノースパイク

登山を始めてまだ数回です。登山シューズを持っていないので、ミッドカットのトレイルランシューズを登山シューズ代わりにするつもりで購入しました。アウトドライなので、スノーハイクでも行けそう。

さらにスノースパイクも購入。アイゼンは登山シューズに比べてトレイルランシューズは柔らかくてソールが薄いってことでサイズが合いませんでした。なので、10本爪のスノースパイクにしました。トレイルランシューズを持って行って、ショップのスタッフにサイズを確認してもらいましたので安心です。

ショップのスタッフによると、雪山は登山シューズとアイゼンがベストだとのことで、ちょっと考えてみたいですね。ただ予算的には厳しいかな~(笑)

スノースパイク.JPG

posted by ysdhrs at 22:57| Comment(0) | 登山・ハイキング | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

つけ麺屋ひまわり

今日は朝から高田馬場で打ち合わせ。高田馬場駅で下車するのは2回目。進む方向に大学と専門学校があったので、学生に囲まれて通りをあることになりました(笑)

たっぷり2時間打ち合わせだったので、終わったのはお昼ちょっと前。高田馬場駅までの道中にあった「つけ麺屋ひまわり」でランチ。「特製つけ麺」で麺の量は「中」。普通ぐらいかと思ったら、想像以上の量でした。麺だけでなくチャーシューも多いです。薄いからかもしれませんが。

美味しかったですが、お腹いっぱいで苦しかった。

特製つけ麺@つけ麺屋ひまわり.JPG

posted by ysdhrs at 21:56| Comment(0) | | 更新情報をチェックする