2015年02月28日

東京マラソン2015

先週末は4回目の東京マラソンを走りました。

今年は3週連続フルマラソンで、これが最後になります。ONE TOKYOのプレミアム会員を続けていますが、昨年から指定イベントの参加が必須でなくなり落選。今年も落選だろうと思っていたのですが、初めて先行エントリーで当選。当選しない前提で2月にいくつかエントリーしていたので3週連続走ることになった次第です。

当日は雨予報でした。降りそうで降っていない空模様。雨の中を走った経験は何度もありますが、降らないにこしたことはありません。でも気温がそれほど低くないのが幸いでした。スタートブロックで長く待たされますが、思った程寒さを感じることはありませんでした。

9時10分スタート。紙吹雪が舞います。脚の状態はどうかなと思いながら走ります。40秒ぐらいでスタートラインを通過。想定どおりです。脚の疲労は感じませんが、数km走ったぐらいで気持ちがあまり乗っていないように感じました。何か楽しみを見つけないと思いました。知人が応援でどこそこにいるとか、ボランティアスタッフでどこそこにいるとか聞いていたので、それをモチベーションにしました。

東京マラソン2015_1.JPG

5km地点のラップが22分台。先週の熊本城マラソンよりも速いペースです。飯田橋周辺でボランティアスタッフをしている知人2人を見つけることができ気持ちが乗ってきます。でも自分でもペースが速いなと感じていました。後半失速するパターンかなと思いました。ペースを落ちさないとと思っていたのですが・・・。

今回も5kmのラップタイムだけチェックして走ります。10km、15km、20km地点のラップもどうやら22分台をキープ出来ていました。アップダウンがないのでペースを乱される要因はありません。20km地点を過ぎるとコースは銀座のど真ん中に向かって行きます。

中間地点を1時間33分ぐらいで通過です。今までで最速かも?と思えるぐらいのタイムでした。でもここからだんだん脚が辛くなってじりじりとペースが落ちていくことは覚悟していました。日本橋あたりで応援で待っていてくれる知人がいるので、それを楽しみに頑張ります。自分では見つけられませんでしたが、見つけてくれました。知人がいるとちょっと元気がでます。

ここから30km過ぎまでは知っている範囲では知人はいません。ちょっとした上りでも脚に負担と感じてしまいます。沿道の大声援の中を走る心地良さも慣れてくると、その良さも薄れてきますね。贅沢なものです(笑)

25km、30km地点ともラップタイムは23分台に割り込むことなく通過出来ていました。体感的には明らかに落ちています。後から速報を確認すると25kmは21分台のラップでしたのでちょっと驚きでした。30kmは22分台の半ばだったのも以外でした。

33.3km地点にいる知人は見つけられずに通り過ぎてしまいました。あとは41kmまではいないはずでした。でも、35km手前にも35kmを過ぎたあたりでも知人が見つけて声をかけてくれました。脚が辛い状態でしたので、とてもありがたかったです。35km地点ではペース落ちたかなと思っていたのですが、ここでも後から速報を確認すると22分台の半ばでした。

35kmからは沿道からの応援も少なくなり、コースもアップダウンが何ヶ所かあります。先週の熊本城マラソンのアップダウンと比べると大したことはありません。我慢して上って下りで呼吸を整えます。40km地点で2時間57分であることを確認。あと2kmちょっとを12分ぐらいあれば行けそう、3時間10分台で行けそうと思いました。

給水エイドもスルー。ここに来て自己ベスト更新の可能性がようやく現実味をおびてきたので、気持ちではペースを上げていました(笑)4回目なのでコースはわかっています。41km地点にいた知人に手を振る余裕は残っていました。あと1kmです。最後右折するのですが、そこまでの直線がやたら長く感じました。

右折したところに42km地点のゲート。わかっているのに毎回フィニッシュゲートかと思わされます。あとは195mです。フィニッシュゲートにある時計が3時間6分台で推移しているのがわかりました。3時間7分28秒でフィニッシュしました。

東京マラソン2015_2.JPG

2010年の東京マラソンで記録した自己ベストを、5年振りにまた東京マラソンで破り自己ベストを約9分更新できました。フィニッシュ直後は「終わった」ことの安心感でいっぱいでしたが、しばらくすると更新した達成感がじわじわと。7分は想定していなかったので自分でも驚きでした。

東京マラソン2015_3.bmp
posted by ysdhrs at 23:29| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

熊本城マラソン 2015

先々週末の北九州マラソンに続き2週連続となりますが、先週末は熊本城マラソンを走りました。

2年前に二次抽選で当選しましたが、二次抽選があることを知らず、同日開催の青梅マラソンにエントリーした後でしたので、後ろ髪を引かれる思いをしながら辞退(エントリー手続きを取らず)しています。ですので、今回は当選したら2週連続であったも走ると決めていました。

ここでも宿泊先のホテルからスタート会場まで徒歩5分もかからないところです。天気は良さそうです。少し暑くなるかなと思いましたが、さすがに朝は寒いです。荷物を預けてスタートブロックに入ります。Bブロックです。それも結構前の方に並べました。

9時に熊日30キロロードレースがした後、9時2分にスタート。30秒ぐらいでスタートラインを通過。遅くなり過ぎず速くなり過ぎずを意識して走ります。1km単位での表示はありましすが、タイムは気にしません。確認は5km毎のラップのみです。

コースの高低図だと5km過ぎまで下り基調ですが、あまりそんな感じはしません。高架の上りが結構キツいです。5km地点を24分20秒ぐらいで通過。スタートの30秒ぐらいのロスもあったけど悪くはないペース。そう考えると北九州マラソンの27分台は遅すぎたかなと思います。

ランドマーク的なものはコースから何も見えません。アンダーパスを通りさらに大きな高架を上ります。高架の上あたりが10km地点。47分30秒ぐらい。ほぼイーブンペース。高架を下ってしばらく走ると、外観に特徴があるアクアドームくまもとが見えます。このあたりから田園地帯になります。見渡す限り畑(ちょっと言い過ぎか? 笑)です。

田園地帯の中に新幹線の高架。下ると間もなく15km地点。1時間10分なのでちょっとペースが上がってしまいました。このあたりは川尻地区というらしく、沿道は人が多く声援は市街地並みです。急に人がたくさんいましたのでビックリしました。ただ愛想良くできる余裕がありません(苦笑)

川尻地区の応援がなくなると直角のカーブがあったり1.5車線ぐらいしか道幅がないようなところを走ります。町並みも終わると再び田園地帯です。20km地点通過。1時間33分ぐらい。ペースが落ちましたが、まだ10kmまでラップタイムより速いです。中間地点は1時間38分ぐらいです。大きくペースが落ちなければ、今回は3時間20分台の前半でフィニッシュできるかな~と思いましたが、まだ確信は持てません。

正面の遠くに山が見えるので何て山かなとか思いましたが、くねくね曲がっているコースでも見える景色は単調です。中弛み気味です。25km地点を通過。1時間56分。5kmのラップタイムが23分台に戻りました。そろそろ落ち始めてきたようです。

少し走ると片側2車線の広い道路にでました。コースも一転してほぼまっすぐ。反対車線の折り返しに30km地と思われる標識が見えます。折り返しまで結構進まなければならなさそうです。このあたりでようやく暑いなと感じました。天気が良いし日差しもあります。

サブ3のペーサーが反対側車線を通過していきます。スタートして早い段階で3時間半のペーサーを追い抜きましたが、どれぐらい引き離しているかわかりません。まだ失速の兆しはなく、逆に足取りも軽く感じる瞬間もあり順調に走れています。

折り返し地点で反対側の車線を走ります。3時間半のペーサーといつすれ違うか確認です。30km地点手前ですれ違いましたが、何分開いているか不明。感覚的に抜かれることはないかなと思いましたが油断はできません。30km地点を2時間20分ぐらいで通過。まだ5kmのラップは23分台で走れています。

スタートから10km過ぎまで走ったコースの反対側車線を走ります。なので、久しぶりに高架が目の前に。歩いている人もいます。下りもペースを抑えてダメージを最小限にします。この後もアンダーパスともう1ヶ所高架が続きます。30km過ぎてからはキツいコースです。歩きたくなりますが、負けて歩く訳にはいきません。

35km地点を2時間44分ぐらいで通過。高架とアンダーパスのアップダウンのある5kmでしたが、何とか5kmのラップは23分台をキープ。3時間30分以内は大丈夫だろうとは思いました。あとは残りの距離を指折り数えていくことしか頭になくなっています(笑)

片側複数車線の車道から右折すると、1.5車線ぐらいしかない道幅のコースに入ります。川沿いを走り泰平橋を渡ります。間もなく40km地点です。沿道にも人がたくさんいます。声援も多いです。40km地点通過は3時間8分30秒過ぎ。ここで5kmのラップタイムが24分台に。でも3時間20分台でのフィニッシュは何とかなりそうと思いました。

残り2kmはコース高低図では急な上りになっています。土曜日にテレビも残り2kmはポイントみたいなことを言っていましたので、覚悟していました。でもなかなか急な上りになりません。上ってはいますが緩いです。41kmを過ぎ、熊本城内に入ると急になりました。確かにキツい上りでした。でも長くは続かず、もう終わり?って感じでした。でも42km手前でもう1回来ました。息が乱れます。

登り切ったらあと200m弱。フィニッシュゲートが見えています。3時間19分まで見えましたが、秒の単位が見えません。20分台前半は大丈夫で安心しました。近づくと秒の数字が見え19分台でフィニッシュできることがわかりました。3時間19分34秒でフィニッシュできました。

3年振り3回目の3時間20分切りとなりました。あとの2回は東京マラソンの記録なので、このコースで記録できたのは意外で想定していませんでした。北九州マラソンの結果は酷かったので、気分が良いです。

熊本城マラソン 2015.JPG

熊本城マラソン2015_1.jpg
posted by ysdhrs at 20:40| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

鎌倉かつ亭 あら珠

久しぶりにランチはオフィスの外で。

MARK IS みなとみらい店の四川麻婆豆腐を食べようかとフードコートに行きましたが、行列になっていました。それほど待たなくても大丈夫そうでしたが別の店に行くことにしました。まだ行ったことがない店が多いので、並ばなくて入れそうな店から「鎌倉かつ亭 あら珠」にしました。

とんかつも久しぶりかな。「ロースかつ御膳」にしました。100g、140g、180g(だったなか?)の中から140gを選択。胡麻を擂ってソースを混ぜ、そのソースをつけて食べました。特別なものはありませんでしたが、美味しくいただけました。

ロースかつ御膳@鎌倉かつ亭あら珠.JPG

posted by ysdhrs at 23:35| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

桂花&菅乃屋

先週末は熊本城マラソンのため熊本へ。その前の週末は出張でよく行った北九州の小倉でしたが、熊本は久しぶりです。なので、熊本定番のものをいただきました。

土曜日は15時頃に熊本に到着し、熊本城マラソンの受付を済ませました。すごく中途半端な時間帯でしたが、予約したホテルから近いところにあった熊本ラーメンの有名店?である「桂花」の本店に行きました。「太肉麺」を注文。オススメのようです。

豚三枚肉は軟らかく味付けも良かったです。地味ですが玉子も良い味出していました。具が多く意外とこってりしていませんでした。美味しかったです。

太肉麺@桂花.JPG

日曜日の熊本城マラソンの後はもう一つの定番である馬肉を食べます。土曜日の夜に食べようと思いましたが、アルコール類は控えたかったので日曜日に。当初行こうと思っていた店が行ってみると休み。仕方なく空港へ向かいました。

空港から徒歩10分ぐらいのところに「菅乃屋」という馬肉専門店があることがわかりましたので行ってみました。出発まで十分時間があります。大きな店で和食と洋食メニューでエリアが分かれています。洋食エリア側に行きます。

2,700円とちょっと高めですが奮発して「特選霜降り馬刺しセット」を注文。さらに辛子蓮根と地ビールも注文。馬刺しは4種類ぐらいあり、持ってこられた時に種類を説明されましたが、覚えていません(笑)でも贅沢な気分を味わいながらいただきました。

特選霜降り馬刺しセット@菅乃屋.JPG
posted by ysdhrs at 23:25| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

讃岐うどん般若林

土曜日は羽田空港第2ターミナルで少し早めのランチ。

あまり空港の店に入ることがないので、今回は珍しいかな。いくつか目星をつけていた中で「讃岐うどん般若林」を選択。別フロアに「丸亀製麺」があり、賑わっていましたがここはあまりいませんでした(笑)「丸亀製麺」は入ったこともあるので、あえて外しました。

「生醤油おろしうどん」を選択。醤油が少し塩っぱく感じました(これが普通なのかな?)。麺はまずまずだったと思います。

生醤油おろしうどん@讃岐うどん般若林.JPG
posted by ysdhrs at 22:57| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

大菩薩嶺

今月はフルマラソン月間なので山行きは予定していませんでしたが、11日の祝日でお誘いがあったので、大菩薩嶺へ行ってきました。年末の日光白根山以来、今年初の山です。

今回は車でなく電車利用です。JR中央線塩山駅からバスで大菩薩峠登山口へ。10時スタートとちょっと遅めです。大菩薩嶺は一昨年の5月に来ていますが、上日川峠~大菩薩峠~大菩薩嶺~丸川峠~裂石のルートですので、逆周りになります。裂石から丸川峠に向かいます。

最初は舗装路で雪はありません。登山道に入ると雪があります。結構急な登りで、汗が吹き出てきます。視界が開けているところではありませんので、気分転換もあまりできません。黙々と登るのみです(笑)

しばらくは我慢していましたが、滑りやすそうなところもあるので、チェーンスパイクを装着。少しは楽になるかなと思いましたが、雪が少し多いところだとアンチスノープレートがないとまったく効力はありません。逆に歩きにくくなるだけでした。なので、丸川峠でチェーンスパイク外しました。視界が開けて雪が一気に多くなりました。

大菩薩嶺_1.JPG

大菩薩嶺_2.JPG

丸川峠まで約2時間かかりました。思った以上に時間がかかりました。登りは続きます。年末の日光ほどではありませんが雪が多くなり歩きにくくなります。アルミワカンやスノースパイクはなくても大丈夫なぐらいですが、比較的急な登りが続きます。一昨年の記憶を辿りながらそろそろ大菩薩嶺の山頂ではないかと思いながら進み、丸川峠から1時間半弱でようやく到着。

大菩薩嶺_3.JPG

大菩薩嶺の山頂は眺望がありません。ここから下り基調なので、眺めの良い雷岩へ向かいます。雷岩から少し先の眺めの良いところで、少し遅めのお昼ご飯。風が少しありましたが、バーナーは問題なく使えました。富士山を眺めならお腹を満たします。

大菩薩嶺_4.JPG

食べ終わったら出発。大菩薩峠に向かいます。人がほとんどいません。眺めを堪能しながら下っていきます。賽ノ河原から少し登り返して、大菩薩峠へ下ります。

大菩薩嶺_5.JPG

大菩薩嶺_6.JPG

大菩薩嶺_7.JPG

大菩薩嶺_8.JPG

大菩薩峠に到着。ここで14時半ぐらいです。介山荘という山小屋がありますが営業していませんでした。楽しみしていたのですが・・・。週末でないのでこの日宿泊する人もいそうにないですからね。

大菩薩嶺_9.JPG

大菩薩峠を過ぎると眺望がだんだんなくなっていきますので、下ることに専念するしかありません。上白川峠は冬以外はバスが通っているのですが、今の時期は運休です。さらに1時間半ぐらいかけて下り、スタート地点の裂石まで進みます。16時半過ぎのバスに乗らないと2時間待ちになるのでペースアップし、バス出発の20分ぐらい前に裂石に到着しました。

大菩薩嶺までの登りで3時間半ぐらいかかりましたが、天気に恵まれ良い景色が堪能できました。
posted by ysdhrs at 23:34| Comment(0) | 登山・ハイキング | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

北九州マラソン 2015

日曜日、昨年1月の石垣島マラソン以来のフルマラソンを走りました。大会出場も昨年9月のTor des Geants以来、5ヶ月振りになります。

スタート前まで少し雨が降っていましたが、スタートする頃にはあがっていました。ホテルも会場から歩いて5分もかからないところなので、可能な限り遅めに会場入り。荷物を預け、最後のトイレに行って、スタートブロックに並びます。

Cブロックに割り当てられていました。陸連登録者は無条件で先頭のAブロックではなく、申告タイムごとに一般の部と同じように割り当てられたようです。申告タイムを3時間何分にしたか思い出せません。想定外だったのは、3時間30分のペーサーがCブロックの一番前にいることでした。

9時スタート。スムーズに流れず、1分以上経ってからスタートラインを通過。ちょっと走りにくいです。前半抑えて後半ペースアップしようと考えていました。ペースが上がり過ぎないよう意識して走ります。コース高低図では5kmまで緩く登っていたのも良かったかもしれません。

5km地点のタイムが27分過ぎ。若干遅いかなと。スタート地点通過が思った以上にかかったのが影響していると思いました。まだ先は長いので徐々に挽回しようとこの時点では考えていました。

写真で見たことがある東田第一高炉跡のそばを通過。出張中の休日に遊びに行ったことがあるスペースワールドのそばも通過します。その後すぐ10km地点を51分。まずまずと思いました。

赤い若戸大橋が見え、コースは再び小倉方面に戻って行きます。15km地点は1時間14分で通過。ペースは悪くないです。事業所のすぐそばの国道を走りますので、事業所がよく見えます。小倉駅北口なので沿道の応援も多いです。

20km地点を1時間38分、中間地点を1時間44分で通過。ちょっとペースが落ちましたが、脚の疲労は感じません。24km地点手前でようやく3時間30分のペーサーとその周りにいる集団を追い抜きました。コースは門司港まで海岸沿いです。陸から海への風が強く、横から風を受ける感じ。時々追い風に感じることがある程度です。

25km地点を2時間2分。風はずっと同じ状態で、我慢の走りです。30km地点2時間27分。遅れ始めたのがわかります。門司港レトロ地区に入り、折り返しが2ヶ所。対面走行なので3時間30分のペーサーの位置を確認します。なかなか見えてこないので、そんなに離れたのかと安心していたら、突然後ろから抜かれました。ついて行けるペースではありません。

コースは三度小倉へ。だんだん脚が上がらなくなってきていることがわかります。風でその場で足踏みしているかと思うぐらいガクッと失速。35km地点2時間53分。最低限の目標3時間30分切りの望みが何とか残っていますが、1kmを5分で走るスピードさえ出ません。走っているのに体は風で冷えて力がでません。

40km地点3時間22分。3時間30分切りの望みが完全になくなりました。残り2kmは長く感じました。3時間33分34秒でフィニッシュ。3時間33分33秒のぞろ目達成か?と思ったのですが、速報を確認してガックリでした。

1月はしっかり走り込みができたと思っていましたが、結果に結びつきませんでした。想定外です。3時間20分台の前半を目標にしていたのですが・・・。遅くても3時間30分切りは大丈夫と思っていたのでショックです。もやもや感が残りました。

北九州マラソン 2015.JPG

北九州マラソン 2015_2.bmp
posted by ysdhrs at 23:27| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

匠 Jang

午前中は都内で打ち合わせ。帰社する途中、横浜ポルタでランチをすることに。すでに13時を過ぎていました。

担担麺と麻婆豆腐の専門店という「匠 Jang」という店を発見。麻婆豆腐に反応し、迷うことなく行きました(笑)行列になって入店待ちをしている店がいくつかありましたが、この店は行列がありませんでした。

すぐに案内され、「麻辣麻婆豆腐定食」を注文。メニューでは大辛と表示されていました。辛増でさらに辛さを3段階で追加できるようです。初めての店なので、それは控えておきました。減辛ってのもあるようです。

食べてから少し遅れて辛さが出てきます。痺れます。美味しく食べられる程よい辛さでした。次回来ることがあれば、辛増をしてみたいです。

麻辣麻婆豆腐@匠 Jang.JPG
posted by ysdhrs at 21:26| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

紅花別館

カレーの店でなく洋食店です。行ったことがある会社の人が、カレーがすごく辛いって言うので、今日の夜、急遽行くことになりました。

東京駅から歩いていけますが場所は日本橋。入口は1階のみですが、1階が鉄板焼き、2階が洋食の「紅花別館」です。スパイシーメニューがカレーで、人気No.1が「ココットカレー」です。「スリランカ産30種類のスパイスの激辛チキンカレー」と紹介されていたので期待しました。

巨大な器でしたが、カレーは底の方に(笑)スープカレーです。ライスにかけて食べてみると、少し遅れて辛さを感じますが、激辛って程のものではありませんでした。まあ程よい辛さでしょうけど、激辛を期待していたので肩すかし(苦笑)

ココットカレー@紅花別館.JPG
posted by ysdhrs at 23:37| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

Billy Joel 『Live At Shea Stadium』

中学3年生の時に、担任の先生が聴いていて知ったのがBilly Joelです。その影響で洋楽ではThe Beatlesの次に聴き始めたアーティストになりました。

12thアルバム『River Of Dreams』がリリースされたのが1993年なので、もう20年以上オリジナル・アルバムのリリースがありません。コンピレーション・アルバムで未発表曲や数曲の新曲をリリースしている程度です。

ライヴ・アルバムでは『Journey To The River Of Dreams』(1995年)、『2000 Years: The Millennium Concert』(2000年)、『12 Gardens Live』(2006年)がリリースされ、この『Live At Shea Stadium』は2011年にリリースされたものです。

取り壊しが決定していたシェイ・スタジアム最後の公演がBilly Joelで、そのライヴCDとDVDがこれ。CDは何度か聴いていましたが、ようやくDVDを全部観ました。まあCDの映像版なのですが、ボーナスとしてCDには収録されていない曲もあります。

終盤にPaul McCartneyが登場するシーンは何度観ても痺れます。観客も一層盛り上がっていました。収録されているドキュメンタリー・フィルム(『The Last Play At Shea』)には、その時のバックステージのシーンがあり、短い時間ですがこの部分も何度も観たくなるシーンでした。これを観てPaul McCartneyのライヴに行きたくなりました。

DISK1
1.Prelude/Angry Young Man
2.My Life
3.Summer, Highland Falls
4.Everybody Loves You Now
5.Zanzibar
6.New York State Of Mind (with Tony Bennett)
7.Allentown
8.The Ballad Of Billy The Kid
9.She's Always A Woman
10.Goodnight Saigon
11.Miami 2017 (Seen The Lights Go Out On Broadway)
12.Shameless (with Garth Brooks)
13.This Is The Time (with John Mayer)
14.Keeping The Faith

DISK2
1.Captain Jack
2.Lullabye (Goodnight, My Angel)
3.The River Of Dreams / A Hard Day's Night
4.We Didn't Start The Fire
5.You May Be Right
6.Scenes From An Italian Restaurant
7.Only The Good Die Young
8.I Saw Her Standing There (with Paul McCartney)
9.Take Me Out To The Ball Game
10.Piano Man
11.Let It Be (with Paul McCartney)

DVD BONUS
1.Walk This Way (with Steven Tyler)
2.My Generation (with Roger Daltrey)
3.Pink Houses (with John Mellencamp)
posted by ysdhrs at 23:37| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする