2016年03月29日

ULTRA-TRAIL Mt.FUJI 2015 公式DVD

届いた日の今日、早速見ました。

抽選で落選したので出場はしていません。当日の雨天とコースコンディションの酷さ、渋滞の酷さ等、見聞きした情報から過酷な状況だったことが想像できました。落選で良かったと思ったぐらいです。

このDVDでその過酷さがどの程度伝わってくるか興味がありました。上位の選手の状況とボリュームゾーンの選手を追いかけていましたが、イメージしていたほど酷くはなかったです。まあ、そういう映像はあまり使われないのかもしれませんが、雨の中のレースだと普通にあり得る状況という印象しかありませんでした。

去年でイメージが良くなくなったことと、エントリー済みの海外レースが同じ9月だということで、今年はエントリーを見送りました。もう出なくてもいいかなという思いが少し強かったですが、DVDを見てやっぱりまた出たいと思いました(笑)

ULTRA-TRAIL Mt.FUJI 2015 公式DVD.JPG
posted by ysdhrs at 23:09| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

『ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島』

Blu-rayで鑑賞。

配給がディズニーから20世紀フォックスになっています。前作まで登場していたペベンシー4兄妹も下の2人だけになってるし(上の2人はほんのちょっとだけ登場していましたが)、少々スケールダウンですかね。続編ではないですが、先の2作品は見ておいたほうがいいかな。アスランが突然出て来ても説明がないと訳がわからないでしょうから。

今作では、いとこのユースチスがいい味出していました。そのユースチスの成長の物語と言ってもいいかもしれません。最初は文句ばかり言っていましたが、ナルニアの世界のことを理解し、終盤は頼もしくなっていると思いました。

ストーリーに難しいところはないので、少し子供向きの内容に感じました。大人でも楽しめますけどね。今作は2011年公開作品です。続編ありますかね~。
posted by ysdhrs at 22:24| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

高尾山

確実に雪のない山ってところで思いつくのはここでした。天気予報は晴れ。快晴ではないので、富士山は見えないだろうってのは想定内です。

高尾山口駅に着いたのは13時半頃です。今回のコースは初めてのコースで、6号路を進み琵琶滝の分岐で6号路から外れ、2号路に合流。その後3号路を進みます。地図を見て、少し遠回りになるので人は少ないだろうと想定しました。

6号路から2号路に入るまではやや急な登りでしたが、2号路に入ると走りやすいコースに変わります。3号路に入ってもそうです。ほぼフラットなシングルトラックのコースです。時々前方からくるハイカーとすれ違いになりますので走ったり歩いたりとなりますが。

高尾山2016_1.JPG

高尾山2016_2.JPG

3号路の終盤は走れないほどの急な登りに変わります。かしき谷園地というところ過ぎると5号路と合流。その先で1号路と合流し山頂へ。遅めの時間ということもあってか人はやや少なめかな。山頂そばの大見晴園地からの眺めでは、残念ながら富士山は見えませんでした。

高尾山2016_3.JPG

帰りは4号路から下ります。4号路も初めてのコースとなります。最初は親子連れの大集団がちょうど4号路に歩き始めたタイミングでした。少しずつ追い抜かせてもらいましたが、抜いても抜いてもまだ先にいます。全員の前に出られたのは、随分下ってようやくといった感じです。

吊り橋もみやま橋を渡る時は前はクリアになっていました。緑に囲まれている写真でしか見たことがありませんでしたので、その違いにちょっとビックリ。吊り橋が見やすくていいですがイメージと違い過ぎて(笑)グリーンシーズン前ですから仕方ないですがね。吊り橋の後はほぼフラットなコースです。ここも走りやすいところです。
高尾山2016_4.JPG

高尾山2016_5.JPG

1号路と合流後、高尾山薬王院に寄り道。1号路を高尾山山頂に向かって戻る感じですね。圧倒的に下っている人が多いですが、私のようにこれからの人もまだ結構します。薬王院に到着。寄り道の目的はこれを見つけることでした(笑)

高尾山2016_6.JPG

寄り道終わり。4号路と1号路まで戻り、登ってきた2号路と6号路の繋ぐコースと琵琶滝から6号路で下るつもりでした。でも、琵琶滝と蛇滝を勘違い。蛇滝コースを下っていました。見たことがない景色が続くのでおかしいと思っていましたが、なかなか気付かず。舗装路に出てから琵琶滝と蛇滝を間違えていたことに気付く遅さ(苦笑)下り切ったら、小仏まで続くバス通りと合流。ロードを約2.5km走って高尾山駅まで戻ってきました。
posted by ysdhrs at 22:44| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

ペヨング ソースやきそば

どこかのお国?(笑)でありそうなペヤングの「偽物風」ペヨング。知人に教えてもらって存在を知りました。その「偽物風」もペヤングのまるか食品が発売とは・・・。

かやくに肉が含まれていない、内容量もカロリーも違います。その分?値段が安価という違いもあります。かやくの袋は「ペヤング」でしたけどね。味の違いはあるのか興味があるところです。

見た目。肉がないところが明らかですが、それ以外はわかりません。ペヤングはしばらく食べていないので味付けははっきりと覚えていませんし、食べ比べのため同時にペヤングは買ってきません。でも僅かに残っている記憶の範囲で感じたことは少し味が違うように感じました。濃さが少ない・・・って表現が正しいかわかりませんがね。

ペヨング.JPG
posted by ysdhrs at 22:55| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

武尊山

三連休の中日である日曜日に武尊山へ行ってきました。土曜日は雨、日曜日は3時間毎の天気予報では正午から晴れになっていましたので、期待していました。

朝4時に起床し、車で出発。横浜で同行者をピックアップし、東名高速道路~圏央道~関越自動車道を走ります。沼田ICから一般道を走って川場スキー場へ。6フロアある立体駐車場の1階に駐車。ガラガラでしたが、その後10分ぐらいで続々車が入って来てあっという間周りは車で一杯になりました。ちょっとビックリです。

山には避難小屋がないので補給方法にいつも悩むのですが、今回は駐車場内でお湯を沸かして、フリーズドライのご飯と味噌汁を保温容器や保温パックに入れて持って行くことにしました。どのくらいの時間、温かさが保持されるか試してみる目的でもあります。

準備を済ませると7階へ。登山届を記入して4回分のリフト券を購入。リフトを乗り継いて登山口まで上がります。スキー場なので、スノーボーダーやスキーヤーに混じってリフトに乗りますが、周りには同じく登山者が何名かいました。中には諦めて?下ってくる人もいたので、そんなに酷いコンディションなのかちょっと気になります。

最初いきなり急な登りになっているので、スノースパイクを装着して出発。稜線に出ると強い風なので、フードを被って進みます。剣ヶ峰山の下りがちょっと急でしたが、それ以外は問題なし。途中の休憩で保温容器の味噌汁を飲みましたが、随分と温くなっていました。意外と時間が持たないものですね。

予報通り天気が変わることを信じて登り続け、12時ちょっと前に山頂に到着。山頂直下はトレースがいくつかあってわかりにくかったです。真っ白で眺望はありません。まだ周りが見えるだけ安心ですかね。ホワイトアウトだと何も見えなくなりますから。

武尊山_1.JPG

12時なので晴れのはず・・・ですが、ここで粘っていても回復する兆しはないので、下山することにしました。この間、保温パックに入れていたフリーズドライのご飯を食べました。僅かに温かさが残っている程度でした。行きは写真を撮る余裕がなかったですが、帰りは何枚か撮りました。代わり映えしませんので、似たような写真ばかりになりましたが(笑)

武尊山_2.JPG

武尊山_3.JPG

武尊山_4.JPG

雪庇になっているところがあると聞いていたので、それらしいところを見つけ写真を撮りましたが、わかりにくいですね(苦笑)トレースも雪庇からは少し離れたところに付いています。

武尊山_5.JPG

武尊山_6.JPG

周りが明るくなり急に青空が見え始めました。ついに晴れ始めたか?と思いました。武尊山の方角や下ってきたルートなどがこの日一番遠くまで見えた瞬間です。まだ下りのリフト営業時間まで余裕がありますので、もう1度登り直そうと考えたくらいです。でも僅かな時間だけでした。再び元の天気戻ってしまいました。

武尊山_7.JPG

武尊山_8.JPG

武尊山_9.JPG

行きは気付かなかったですが、アップダウンが多いコースだなと思いました。その中でも剣ヶ峰山が一番標高が高かったかな。スノースパイクのお陰で問題なく登れます。帰りも風が強く、風に体を持って行かれそうになるぐらい強かったです。でも、突然風が吹かなくなる場所もあります。

武尊山_10.JPG

剣ヶ峰山を通過すると、もうすぐリフト乗降場所です。これから登ってくる人がいますが、どこまで行くのか気になりますし不思議です。野営するような装備も持っている様子はありません。リフト乗降場所に到着。結局天気は変わらないままの行程となりました。残念ですが、経験値もちょっと上がりました。
posted by ysdhrs at 23:38| Comment(0) | 登山・ハイキング | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』

Blu-rayで鑑賞。

前作『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』で三部作がおしまいと思っていました。それから随分経ってから見ましたが、続編って感じでもありません。一話完結になっています。

ジャック・スパロウ役のジョニー・デップや他主要キャストは何名か出演していますが、主役級のオーランド・ブルームやキーラ・ナイトレイといったところは出演していません。僅かなシーンですが、キース・リチャーズは前作から引き続き登場。あと驚いたのは、ジュディ・デンチはが1シーンだけ登場したこと。端役と言っていいでしょう。カメオ出演のようですね。

三部作のストーリーはほとんど覚えていませんが、今作はスケールが小さくなったように感じました。ストーリーも難しくなくわかりやすいですが単調です。イマイチ盛り上がりにも欠けるように思いました。

このストーリーではキーとなる役回り?の人魚が大勢出てきます。美人ですが怖い。動物的な鳴き声と見た目の美しさとのギャップが怖さを割り増ししているように感じるのは私だけか?(笑)

今作はスピンオフ作品?かと思いましたが、あと二作あるようです。次作は『デッド・メン・テル・ノー・テイルズ』で2017年公開予定になっています。劇場へ見に行かないですが、Blu-rayで見ると思います。
posted by ysdhrs at 21:22| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

第4回サンスポ古河はなももマラソン

日曜日、古河はなももマラソンを走りました。

去年2月の東京マラソンで5年振りに自己ベストを更新し、3時間7分台を記録しました。10月に5回目で初めて当選した大阪マラソンでは、セカンドベストの3時間9分台と良い感じで来ましたが、12月の奈良マラソンでは3時間17分台とガクッと落ちました。奈良マラソンは難コースで記録が出にくいをは言われていますが、個人的にはスッキリしない結果でした。

このままで今シーズンは終わらせたくないなと思っていましたので、もう1回3時間10分以内かそれに近い記録を出して気持ちよく終わらせたいと思っていました。しかしながら、2月以降開催の京都、東京、横浜の抽選が全滅。そんな状況の中、古河はなももマラソンが先着順でエントリーできた大会でした。

東京マラソン以外で初めて前泊が必要のない大会です。いつも遠征でしたからね。古河までは電車の乗り換え1回で行けます。1時間ぐらいですので、思った以上に近いです。会場まではさらにシャトルバスに乗らないといけないのがちょっと面倒です。

当日は9時前には会場に到着。受付を済ませて更衣室で着替えて、大会が用意した有料のコインロッカーに荷物を入れます。軽く走ってシューズの感覚を確認。スタートブロックへ行きます。ちょっと肌寒いです。スタート5分前までウィンドブレーカーを着てました。

10時スタート。予想外のDブロック割り当てでしたが、1分弱でスタートラインを通過。コース幅があまり広くなく、少し前が支える感じ。オーバーペース気味にならなくていいかなと良いように受け止めます(笑)スタート前は感じた肌寒さも走っていると思った以上に汗をかきます。

少しずつランナーがばらけてきて走りやすくなります。都市型マラソンと違って応援してくれている方が少ないし、誰もいない区間もあります。仕方の無いことですがね。コースの舗装路は場所によっては少し轍になっているところがあり、走っていてちょっと気になります。そういう時は走行する場所を変えて対応します。

今回はスタートから最後までリストトップコンピュータでタイムを確認しませんでした。5kmおきにラップ計測されますが、都合良くタイマーは置かれていませんでしたので、まったく未確認のままです。35km過ぎで、沿道にいた方が3時間5分ペースって言っていたのが聞こえてしまいましたので、余計なことを・・・なんて思いもしました(笑)

今回はいつもより早く20km地点手前あたりから辛いな~なって気持ちになりましたので、これから先どうなるかと思いましたが、折り返しで知り合いがいて声をかけてもらったり、手を振ってもらえたりで少し気が紛れさせることができました。また、中間地点あたりで、ゲストランナーの松野明美さんの近くを併走。無駄のない綺麗なフォームで走られていました。さすがですね。

辛いと感じながらも、大きく失速することなく走れているかなと感じていました。5km毎のラップを確認しても21~22分台をキープできていました。フィニッシュまで残り1kmとなってからも、気持ちペースアップすることができ、最後のトラックでもさらにペースアップ(したつもり 笑)。ここで初めて計測器が見え、3時間7分台ってことがわかりました。

記録は3時間7分15秒。去年記録した自己ベストを13秒上回りました。今回は1年ちょっとで更新。そして3回目の3時間10分以内。これで奈良マラソンでスッキリしなかった気分はなくなりましたが、本音を言えば、せめて6分台を出したかったですね。分の数字が変わると感じ方が違いますからね。

今シーズンのマラソン出走はこれでおしまいです。来シーズンもコンスタントに3時間10分以内を出せるように維持していきたいです。

第4回サンスポ古河はなももマラソン.JPG

第4回サンスポ古河はなももマラソン_2.jpg

posted by ysdhrs at 23:33| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

『ジュラシック・ワールド』

Blu-rayで鑑賞。

1作目の『ジュラシック・パーク』が1993年公開なので23年前、当時ハラハラドキドキしながら見ていたことの記憶が残っています。その後の『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997年)、『ジュラシック・パーク III』(2001年)も見ましたが、1作目を超える面白さにはなっていなかったと思います。

でも、本作が公開されることを知っていましたので、楽しみではありました。とは言っても、映画館で見ようという気にはなりませんでした。久しく映画館から遠ざかったいますし。映画館で見るほうが絶対迫力がある作品ですけどね。

台詞(字幕)にあった「20年前 人々を驚かせた恐竜も、今の子供たちには動物園の象と同じ」が、印象に残りました。この映画に対する見る人の期待は、『ジュラシック・パーク』を超えるもの。製作者側の愚痴のようにも感じます。遺伝子操作してハイブリットの恐竜を作り出してしまうのって、もはや恐竜ではなく怪獣のような気もします。

『ジュラシック・パーク』を超えるものではありませんでしたが、十分楽しめました。最後は「それありか!?」って思う展開(対抗策)でした。続編がありそうな予感がします。また見ると思います(笑)
posted by ysdhrs at 22:49| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

麺屋すみす

一昨日は一駅となりの赤坂見附でしたが、今日は午後から青山一丁目で打ち合わせ。午後の早い時間からなので、青山一丁目でランチです。

12時過ぎに青山一丁目駅に到着。ランチタイム真っ只中なので、行列になっている店もいくつかありました。今日も店を事前に決めています。「麺屋すみす」です。今回は普通のラーメンです。一昨日の春雨はラーメンではないか・・・(笑)

行列に並ぶことは覚悟していましたが、あっさり座れました。客の回転も早いようです。「博多水炊きらーめん」を注文。麺は極細で程よく硬めです。濃厚さは軽めでサラッとした感じです。隣に座っている人は「汁なし坦坦麺」(これも美味しそう)のようで太い麺です。メニューによって麺の太さが違うのかな。

トッピングが多い「よくばり博多水炊きらーめん」ってのもあって、そっちにすれば良かったかなと後から思いました。ちょっと後悔。

博多水炊きらーめん@麺屋すみす.JPG
posted by ysdhrs at 23:55| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

七宝 麻辣湯

昨日は昼から赤坂見附で打ち合わせ。ランチは赤坂見附でしようと思ったので、お昼時に合わせて会社を出ます。少し出遅れてたので12時少し前に赤坂見附に到着。

店は移動中に検索。複数のサイトで紹介されていた「七宝 麻辣湯」に決定。少し迷ったので、12時ギリギリに入店。すでに結構な人がいました。メニューは麻辣湯(スープ春雨)です。ラーメンよりヘルシーです。

トッピング3品を選べますが、たくさんあり過ぎて迷います。時間的に続々人が入って来ていたので、あまりゆっくりとはしていられません。空心菜、水餃子、鶏の団子(だったかな?)を選びます。スープは6種類(白湯、ピリ辛、中辛、大辛、激辛、極辛)から選択でき、大辛にしました。

少し待って、選んだトッピングが入れられたスープ春雨が登場。見た目は地味・・・。トッピングの選択重要ですね(笑)春雨の量もちょうど良いぐらいで、辛さは食べやすい辛さです。癖になりそう。近くにあれば週1回ぐらいで来そうです。

麻辣湯@七宝 麻辣湯.JPG
posted by ysdhrs at 00:38| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

TOTO JAPAN TOUR 2016

一昨日、日本武道館へ見に行ってきました。前回見に行った1992年のツアーも日本武道館。当時はJeff Porcaroが亡くなった後のツアーだったため、最後の来日と言われていた記憶があります。その後、活動休止期間もありましたが、何度も来日していますね。

座席はステージ正面のスタンド1階2列目。何度か日本武道館のライブに来ていますが、正面は初めてです。若干ステージが遠く感じますが、音はバランス良く聞こえます。19時少し過ぎてから開演。全部のアルバムを何度も聴いているので知らない曲はありません(カバー曲が1曲ありましたが)。

終盤の盛り上げにピッタリと思っている『Hold The Line』は6曲目と予想外に早く登場。『Live In Poland』ではオープニングだった『On The Run / Goodbye Elenore』がアンコール1曲目だったのも意外。『Child's Anthem』のフレーズもしっかり入っていました。最後(アンコール2曲目)は『Africa』で盛り上がって終了。昨年リリースされたアルバム『Toto XIV』からも6曲、全部で21曲、約2時間のライブでした。

Setlist
01.Running Out Of Time
02.I'll Supply The Love
03.Burn
04.Stranger In Town
05.I Won't Hold You Back
06.Hold The Line
07.Georgy Porgy
08.Afraid Of Love
09.Bend
10.Pamela
11.David Paich Piano Solo
12.Great Expectations
13.Without Your Love
14.Bridge Of Signs [Robin Trower Cover]
15.Steve Lukather Guitar Solo
16.Holy War
17.The Road Goes On
18.Orphan
19.Rosanna
-Encore-
20.On The Run / Goodbye Elenore
21.Africa

TOTO JAPAN TOUR 2016.JPG
posted by ysdhrs at 23:48| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

T'sたんたん

昨日は午後半休して、日本武道館のライブへ。17時前に小腹を満たすため、東京駅の東京ラーメンストリートに行こうかと思いましたが、夜は夜で食べると思ったので再考。同じく東京駅の京葉ストリートにある「T'sたんたん 」に行ってみることにしました。

この店は動物性食材を使っていないヘルシーなラーメンとのこと。ちょうど良い感じです。そのためか、お客さんは女性の方が多いようです(たまたまなのかも?)。

「T'sたんたん(プレーン)」を注文。白練りごまとピーナッツのコクでそこそこ濃厚な感じ。ひき肉は大豆100%ミートだそうです。普通の担々麺のような辛みはあまりありませんでした。

T’sたんたん.JPG
posted by ysdhrs at 23:44| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

DVDで鑑賞。

セットだったBlu-rayは、なぜか日本語のメニューが出ないし、字幕に日本語がない。このディスク、ホントに日本仕様?って思ったので問い合わせ。仕方なくDVDで見ることになりました。

知人の評価が高かったので、見てみることにしました。メル・ギブソン出演の作品は見ていないので、理解できるか一抹の不安はありました。ストーリーは難しくないですが、『マッドマックス』の世界観がわかっていなかったので、いきなりの展開について行けません。細かいことは抜きにして、迫力のあるバトルは楽しめたと思います。

でも、旧作品(三部作)は見ておいたほうがよかったのかなと思いました。少なくとも予備知識はインプットされたでしょうし、世界観がわかったかと思います。見ていなかったことで楽しみが割り引かれているのであれば、ちょっと残念だったかも。なので、今更ですが旧作品見てみようかと思います。

posted by ysdhrs at 22:45| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする