2016年07月31日

本白根山(草津白根山)

昨年11月の入笠山と御座山に行った時以来、久しぶりに車を運転して山へ。

5時に自宅を出発。渋川伊香保ICで関越自動車道を下り、一般道で草津温泉へ向かいます。草津温泉には6月にスパトレイルで来ていますので、道中見覚えのある場所を通ります。スパトレイルのゴール地点だった草津温泉草津国際スキー場天狗山を通過し、白根火山ロープウェイの山麓駅に到着。

間もなくロープウェイの運行が始まる9時です。ロープウェイに乗ろうかと思いましたが、乗ってしまうと今回のコースではほぼ登りがなくなってしまうのでやめました。それに料金結構高いし(笑)

時間がかかりましたが、9時20分ぐらいにスタート。清水沢コースを登ります。スキー場のゲレンデをコースにしているようです。このコース、2015年版の山と高原の地図には載っていませんが、2016年版には載っています。新しいコースでしょうか。

比較的なだらかなコースでしたが、半ば頃で斜度が急なところが現れます。そこを過ぎると再びなだらかになり、白根火山ロープウェイの山頂駅が見え始めました。コース案内がなかったので、山頂駅までのルートはわかりにくいですが問題なく到着。山麓駅から上方見た時はガスっていましたが、山頂駅は晴れています。

山頂駅にある売店に寄ってから再スタート。リフトが運行していますが、脇の登山道を登ります。下から見ているとリフト降り場から眺めがよさそうに思ったので、分岐でリフト降り場(下りの乗り場でもある)へ行ってみました。

奥のほうには、現在立ち入り禁止区域になっている湯釜のあたりが見えます。手前の逢ノ峰がちょっと邪魔ですがね(笑)日中は車は通っていいようですが駐停車はダメとのこと。いつか規制が解除されたら行ってみたいです。

本白根山(草津白根山)_1.JPG

分岐まで戻って本白根コースに沿って進みます。しばらく木道が続きますが、木道が途切れると中央火口が現れました。向かいの高いところは本白根山展望所です。

本白根山(草津白根山)_2.JPG

本白根コースの万座への分岐へ進み遊歩道最高地点まで行きます。標高2,150Mです。火口に向かっての眺めは時々ガスがかかりますが見ることができます。でも、外側はガスに覆われており何も見えません。山頂駅までの暑さから比べるとヒンヤリしていて良いのですがね。

本白根山(草津白根山)_3.JPG

本白根山(草津白根山)_4.JPG

本白根山(草津白根山)_5.JPG

本白根山(草津白根山)_6.JPG

一番標高が高いところ(2,171m)がすぐそこなのですが、そこまでの登山道がありません。登った人のホームページを見つけましたが、そこに山頂を示す標識があるわけでもないようです。道中も結構大変そうで。雪山シーズンは雪のお陰で登れるらしいです。

本白根山(草津白根山)_7.JPG

展望所に向かってコースを分岐まで戻ります。この頃ガスが多くなってしばらく視界が悪くなります。展望所に着いてもまだガスが滞留したまま。折角の展望所も展望がほとんどなしです。

本白根山(草津白根山)_8.JPG

しばらく展望所にいましたが、やはり外側の眺めがない状況は変わりませんので下山を始めます。覆われていたガスも取れ始め、数分で中央火口周辺はほぼクリアになりました。

本白根山(草津白根山)_9.JPG

本白根山(草津白根山)_10.JPG

本白根山(草津白根山)_11.JPG

コースを進んで行くと右手に鏡池が見えます。ここから本白根山コースを離脱し、富貴原の池コースに入ります。距離が長いコースであることと、登りとは違うコースを通りたかったため選択しました。

本白根山(草津白根山)_12.JPG

急なところや足場の悪いところがいくつかありましたが、下り基調ながらも適度に短く入れる登りのあるコースです。ロープウェイを使う人が多いと思いますので、登りも下りも誰にも会いません(最後のほうで1人追い抜いたぐらい)ので、気持ちよく走れました。
posted by ysdhrs at 11:44| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

黄金カレートリオ

錦織圭選手を応援する日清食品の定番メニューでカレーづくし。「カップヌードル 黄金の鶏油付きスパイシーチキンカレー」と「日清のどん兵衛 黄金のかつお香油付き芳醇だしカレーうどん」と「日清焼そばU.F.O. 黄金のカレーマヨ付きカレー焼そば」です。カレー味好きの私には、これをスルーする訳には行きません(笑)

「カップヌードル」と「日清のどん兵衛」はしっくりきますが、「日清焼そばU.F.O.」はノーマルのソースのほうがいいかな~。

世界を掴め! 錦織圭選手応援 黄金カレートリオ.JPG
posted by ysdhrs at 00:01| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

Kwik

ベルギーのビール。ヴァイツェン・ビールとホワイト・ビール。ホワイト・ビールは発泡酒扱いのようです。近所の一店舗でしか見かけず、ずっと気になっていました。内容量330mlでちょっと高めでした。

期待しながら飲みましたが、自分の口には合いませんでした。もう1回ぐらい飲んでみてもいいかなと思いますが、手が出るかどうか・・・(苦笑)

Kwik.JPG
posted by ysdhrs at 22:53| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

CRYSTAL BELG

先月から店頭で見かけていました。同じくベルギー産の麦芽を使用したWHITE BELGと色違いのパッケージ。ビールではないですが(新ジャンル)、WHITE BELGは自分の中ではなかなか良かったので期待もあります。それに「限定製造」ですし(笑)

書かれているとおり柑橘系ホップの香り。飲んでみてWHITE BELGを上回るものではなかったですね。アルコール度数4%は低め。ちょっと物足りないかな。

CRYSTAL BELG.JPG
posted by ysdhrs at 22:14| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

霞沢岳

夜明け前に起床。空はまだ暗いですが、天気は問題なさそうです。テント(ドームシェルター)とマット以外はすべて片付け、最小限の装備で徳本峠小屋を出発。4時です。他に同じく起きて準備している人がいます。

ヘッドライトを付けて登山道を進みます。九十九折りを登っていると後方からライトも灯りが1つ見えました。思ったほど急な登りではなく、フラットなところや下りもあります。ただ登山道は、ところどころ泥濘んでいます。

4時台ですが、だんだん空が明るくなってくるのがわかります。林間なので少し暗めですがヘッドライトもそろそろ必要ないかなと思える明るさになってきました。30分ほどでジャンクションピークに到着。南側に視界が大きく開けているところなので、穂高連峰は見えません。

霞沢岳_1.JPG

さらに1時間ほど進むと左手前に霞沢岳がはっきり見えるようになってきました。ピークらしきものがいくつかあって、あっちかな?こっちかな?と想像しながら進んでいきます。それまで見るところによってピークらしき場所が違って見え、どれが山頂なのかわかりませんでした。下の写真の一番左が山頂になります。

霞沢岳_2.JPG

K1というピークは下までくると近くに見えたのですが、想像以上に急で長い登りで息が切れ切れ。いつ着くのか?と思いながら登り続け、6時前に到着。穂高連峰がよく見えます。ちょっと逆光気味であまり綺麗に見えません。天気が良すぎ?(笑)

霞沢岳_3.JPG

霞沢岳_4.JPG

K1からK2というピークを越えてようやく霞沢岳の山頂に到着です。6時ぐらいで約2時間で登り切りました。コースタイム4時間10分のところを何とか半分の2時間ぐらいです。誰もいません。まあ、道中誰にも会いませんでしたが(笑)

霞沢岳_5.JPG

霞沢岳_6.JPG

山頂からは笠ヶ岳、焼岳、乗鞍岳が見えます。もちろん穂高連峰も見えますが、K1ピークからのほうが眺めが若干良いかなと思います。それにしても前日より・・・いや、この3日間で一番天気が良い日のようです。

霞沢岳_7.JPG

霞沢岳_8.JPG

霞沢岳_9.JPG

山頂からの眺めを堪能した後、徳本峠小屋へ戻ります。K1ピークに戻った時には1人いました。早朝見られたヘッドライトの灯りの人だったようです。急な登りも急な下りになります。途中、続々登って来る人に会います。時々何時から登ったのか聞かれます。4時って答えると「速いな~」ってよく言われました(笑)

8時に徳本峠小屋に戻って来ました。往復4時間。後は上高地まで下るだけです。上高地の日帰り入浴できるホテルが10時半までなので(その後12時半から再開)、それに間に合うように早歩きで下山しました。徳本峠からの下山途中に見えた西穂高岳、奥穂高岳、明神岳がK1ピークより綺麗に見えました。

霞沢岳_10.JPG

上高地には9時半に到着。余裕を持って日帰り入浴できるホテルに寄って帰ることが出来ました。
posted by ysdhrs at 21:12| Comment(0) | 登山・ハイキング | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

南岳~徳本峠

夜から風が強くなり途中から雨が降り始めました。朝まで寝たり起きたりの繰り返し。シュラフでなくシュラフカバーですが寒くはありません。

朝5時。天気は変わっていません。今回のメインイベントだった大キレット越えは中止です。ドームシェルターを片付け南岳小屋に一時退避。翌日は晴れるようですので、3日目は予定通りのコースで行けそうなので、この日の下山ルートをどうするか考えます。

南岳新道を下って新穂高温泉からバスで上高地のルートも考えましたが、槍沢を下ることにしました。ただ、風が強いので槍ヶ岳までの3,000m峰の稜線は進みたくありませんでした。前日登ってきた天狗原経由で槍沢コースに合流するルートに決定。最初ちょっと急な下りになりますが、稜線歩きは回避できます。

前日の登りでは周りにはずっと誰もいませんでしたが、この日はそこそこいました。皆さん同じ考えか?(笑)順調に高度を下げ槍沢コースに合流。登りも下りも人が多いです。追い抜きさせてもらいながらどんどん下ります。槍沢ロッジで喉を潤すため休憩。翌日の天気を見てか、登ってくる人が結構します。

横尾山荘まで下ってきました。さすがに風はありません。雨は小雨といって良いぐらいです。さてどうするか?ここから当初の計画通り常念山脈まで登り返します。。天気が良くないので気持ちは後ろ向きですが行くしかありません(笑)

槍見台、なんちゃって槍見台ってのがありましたが、もちろん何も見えません。視界が開けているので天気が良ければ、槍ヶ岳が見えるのでしょうか?急な登りが続きます。時々下山してくる人とすれ違います。そのうちの一人の方とお話し。横尾は雨かと聞かれたので雨と答えると、稜線は風が強く顔が痛いって教えてくれました。状況は想像していた通りでした。

視界が開け稜線に近づいてきました。言われていたとおり雨はほとんど気になりませんが風が強そうです。実際に稜線に出ると風でウェアに付いた雨を吹き飛ばしている感じです。一瞬ガスが晴れて綺麗な稜線の眺めが見えます。蝶ヶ岳ヒュッテまではすぐでした。

蝶ヶ岳ヒュッテで自炊しようかと思いましたが、面倒になったのでカレーライスを注文しました。あっという間に食べ終わりました(笑)お腹が満たされた感じです。再び出発ですが、このまま稜線に沿って大滝山荘と大滝山を経由して徳本峠小屋に行くのが予定コース。でも折角登ったのにもったいないですが、徳沢まで長塀尾根を下ってまた標高を下げるコースにすることにしました。

長塀尾根は去年登っていますが、下りは飽きるほど長く感じられました。雨で泥濘が酷いところもありペースを抑えられます。徳沢まで下ると徳沢キャンプ場ではテントがたくさん張られているのが見られます。こちらはまだ先まで進みます。明神方面に向かい、明神手前の分岐で徳本峠・島々方面へ。

約1kmは緩やかな林道。少し登りになっています。その後はだんだん急になり、完全に登山道に変わります。途中、登りで1人、下りで数人に会ったぐらいで、ほとんど人はいないと言っていいかと思います。時間的に少し遅めかもしれませんが。九十九折りを登って分岐まで来ると、徳本峠小屋まで200mとの表示。あと少し。

16時前に徳本峠小屋に到着。蝶ヶ岳ヒュッテからそのまま稜線で来たほうがもう少し早く到着できたと思います。雨はいつの間にか上がっています。これからの天気も問題なさそうですが、風の影響をほとんど受けない場所に幕営できました。

徳本峠小屋.JPG
posted by ysdhrs at 18:16| Comment(0) | 登山・ハイキング | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

ixo 1/43 PEUGEOT 208 T16 R5 2014 Rally Spec

久しぶりに買いました。何台目?しばらく新作は発売されていなかったようです。今回は惰性で買ったようなものかもしれません。

PEUGEOT 208をベースにされた車での戦績はあまり知る機会がありません。今は208より2008をベース(実際は全く別モノですが・・・)にした2008 DKRのほうが興味あります(笑)

ixo PEUGEOT 208 T16 R5 2014 Rally Spec .JPG
posted by ysdhrs at 23:08| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

『UTMB』

2011年にCCC、2012年と2013年にUTMBと3年連続当選。最近は3年越しでようやく当選という人も多いですが、当時は今ほどの倍率ではありませんでしたが、恐ろしくクジ運が良かったと思います。

今年もいよいよ来月下旬に開催されます。気分は盛り上がりつつあるこの時期にこんな本が刊行されました。2013年にUTMBを完走してからエントリーはしなくなりましたが、年末年始のエントリー時期と8月のレース時期は毎年また行きたいと思う気持ちは消えません。なので、もちろん購入。

今日手に入れたばかりなので、ざっと目を通しただけですが、素晴らしい景色の写真も多いようですし、これを読むと益々また行きたい思いが強くなるように気がします(笑)

RUN+TRAIL UTMB.JPG
posted by ysdhrs at 22:19| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

ロバート・ウィテカー写真展

ザ・ビートルズ・クラブの情報で開催されることは知っていました。本来は行く予定でしたが、天気がイマイチでしたので中止し、このイベントと思い出して行くことにしました。

道中、中野駅から会場までに通ったルートで見かけたいろんな店に興味が惹かれました。行ってみたい店がいっぱいありました(笑)興味はそちらになりましたが、思った以上に遠く感じました。

間違っていないか不安になりましたが、無事会場に到着しました。会場の入口には巨大な看板が突然現れた感じでした。会場の1階は入場無料の物販スペースでした。ここで入場料を支払い、写真展のある3階へ。

ロバート・ウィテカー写真展_1.JPG

写真展は3部屋に別れて写真が展示されていました。宣伝に使われているものを除き、全部初めて見る写真だと思います。日曜日でしたが、想像していたより人がいなくてゆっくりストレスなく見ることができました。

写真展は撮影できませんでしたが、2階のイベントスペースではアビイ・ロードの横断歩道で写真が撮られるスペース以外に、写真を拡大したものがありました。イベントスペースは誰もいませんでしたので、写真は撮りやすかったです。

ロバート・ウィテカー写真展_2.JPG

ロバート・ウィテカー写真展_3.JPG

ロバート・ウィテカー写真展_4.JPG
posted by ysdhrs at 23:46| Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

甘利山~千頭星山

2年前に一度行った、白州観光尾白キャンプ場で前日泊し、黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳へを今年も行う予定でした。今回は参加仲間も増えたせいか、日付が変わるまで飲んで食べて話してで盛り上がり、起きたのも予定より遅く、山頂付近の天気もイマイチなようでしたので行き先変更。南下して、南アルプスの前衛の山である甘利山~千頭星山を往復に変更しました。

途中、甘利山の手前にある椹池周辺のハイキング(?)コースを歩き白鳳荘に寄ったので、11時半頃に甘利山に近い駐車場から出発。10分程で甘利山の山頂に到着。

甘利山~千頭星山_1.JPG

雨が降ったり上がったりの安定しない天気です。千頭星山に向かって進みます。途中コースから少し逸れて奥甘利山に寄ります。特に眺めが良いと言うわけでもないところです。再びコースに戻ります。

甘利山~千頭星山_2.JPG

しばらく進むと視界が広く開けるところに出ました。気持ちよく進めるところですが、登山道が緩くなっているところがあって滑りやすくなっています。安定しなかった天気もこのあたりでは完全に晴れに変わりました。

甘利山~千頭星山_3.JPG

甘利山~千頭星山_4.JPG

さらに進むと大西峠に到着。ここは鳳凰三山へ行くルートとの分岐です。地図では破線になっていますので、難コースかもしれません。ここから千頭星山は比較的近く感じました。山頂は視界が開けているところではありません。折り返します。

甘利山~千頭星山_5.JPG

再び大西峠を通り過ぎ、視界が広く開けるところに出ます。左手の遠くに鳳凰三山の1つである地蔵岳のオベリスクと思われるものが見えました。

甘利山~千頭星山_6.JPG

甘利山~千頭星山_7.JPG

甘利山が見えるところまで戻ってきました。途中で補給休憩しましたが、2時間半ぐらいで戻ってきたことになります。

甘利山~千頭星山_8.JPG

往路は安定しない天気の中に甘利山の山頂にいましたが、復路では天気が良く暑いぐらいです。ちょっと雲が多めですが良い眺めでした。

甘利山~千頭星山_9.JPG

甘利山~千頭星山_10.JPG

黒戸尾根で甲斐駒ヶ岳を往復することと比べたら全然負荷が少なく楽ですが、初めて来るところなので新鮮で楽しめたと思います。甲斐駒ヶ岳はまたの機会です(笑)

posted by ysdhrs at 19:18| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする