2016年09月29日

『カーズ2』

Blu-rayで鑑賞。

1作目がマックィーンがメインで、レースでのライバルとの勝負が軸にストーリー展開していきましたので、今作もそのパターンかと想像していました。パッケージの絵もマックィーンが目立っていましたし。

でも、見ていると全然違いました。1作目のレース場以外での舞台であったラジエター・スプリングスの町に住んでいる大勢の中の1台(人ではなく擬人化した車なので)、メーターがメインと言っていいスパイ物?のようなストーリーです。1作目ではそれ程目立っていたキャラクターでもなかったと思います。マックィーンのレース中のメーターが舞い込まれる事件が前面になっているので、レースそのものはちょっと脇に追いやられていて、マックィーンも脇役的な感じがしました。

メーターは憎めないキャラクターではありますが、空気を読めず落ち着きがない。ちょっと静かにしてほしいと思うぐらい鬱陶しく感じました。マックィーンとメーターの友情物語でもあるのでしょうけど、テーマは子供には理解するのは難しいと思いました。

日本がレース開催地の1つになっているので、日本語の看板や日本語の台詞があります。そういうのを見るのは楽しいですが、ちょっと派手に表現されているように感じました。華やかできれいですがね。
posted by ysdhrs at 00:01| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

常陸野ブルーイング・ラボ

最近、会社帰りにクラフトビールをちょい飲みなんてことをやってみたいと突然思うようになりました。飲める店は探してみればいくらでもありますが、まずは直営店巡りでもしようかと思い、一人のみしやすそうに感じた秋葉原にある常陸野ネストビールの直営店「常陸野ブルーイング・ラボ」へ行ってみました。

20時過ぎに店に到着。水曜日なのでノー残業デーにしている会社が多いので混雑しているかなと思いましたが、全然大丈夫でした。テーブル席は空きはなかったと思いますが、カウンター席は余裕でした。

「いろいろナッツの七味黒糖風味」を食べながら、1杯目バイツェンで、2杯目はホワイトエール。カウンター席のライティングの影響で同じ色にしか見えません(笑)店は開放感があり、うるさくもありません。良い雰囲気に思いました。そんな中で美味しく飲むことができました。時々寄りたくなりました。

左:バイツェン、右:ホワイトエール
常陸野ブルーイング・ラボ_1.JPG常陸野ブルーイング・ラボ_2.JPG
posted by ysdhrs at 22:37| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

『メリダとおそろしの森』

Blu-rayで鑑賞。

今までのピクサー映画にはなく、ディズニー映画であるようなフェアリーテイルな作品です(ピクサーはディスニー傘下の会社ではありますが)。

メリダ(娘)と女王(母)が主人公で、王(父)を含む男性はコミカルなキャラクター設定になっており、そこがディズニー映画の作品と違うところかと思います。あくまでも、私の中にあるディズニー映画のイメージです。

タイトルの中に「おそろしの森」とありましたが、ストーリーでは特に「おそろしい」森の雰囲気はなかったですし、『Brave』という原題にも合ってないような気がしました。強いて言うなら、女王の行動が勇敢だったから?(いや、ちょっと無理があるか・・・)

見終わって感じたことは、メリダの自分勝手な行動で女王が姿を変えられましたが、最後は女王の気持ち(考え)が変わったことになりますから、メリダより女王のほうが主人公ではないかと思えます。

メリダは弓が得意である設定ですが、その腕前がストーリーではほとんど生かされていなかったのは、ちょっと中途半端な気がします。私がこれまで見たピクサー映画の中では、満足感が少ないです。メリダの赤毛の動き等CGは、ピクサー映画らしくきれいでした。
posted by ysdhrs at 00:15| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

ローストビーフ大野

今日の日経電子版のローストビーフ丼特集を見て、美味しそうに見えたので行ってみました。記事では3店紹介されていて、通勤経路途中の秋葉原にある「ローストビーフ大野」がそのうちの1店でした。

秋葉原についてのが19時半前ぐらいです。店に着いたら4、5人程並んでいました。15分ぐらい待って店内に案内されました。「和牛ローストビーフ丼定食」を注文。和牛肉増しやご飯大盛りが出来ますが、どちらも選択せず普通で。

カウンター席の前で調理しているのが見えます。丼は思っていたより小さいサイズです。肉が盛り付けられて出てきました。同時に薬味の説明がありました。

肉は期待通りの美味しさです。最初、少なめかなと思いましたが、食べ終わってみてちょうど良い量かと思いました。美味しく感じられた気分が残る適量だったたかもしれませんね。紹介されていた他の2店も行ってみたいです。

和牛ローストビーフ丼@ローストビーフ大野.JPG
posted by ysdhrs at 21:58| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

間瀬元朗 『キョウイチ』

これも『イキガミ』『デモクラティア』の著者である間瀬元朗の作品ですが、この2作品より前に書かれたものです。表題の『キョウイチ』以外に、『イキガミ』の原点となった作品『リミット』が収録されています。

『キョウイチ』はとにかく不気味な内容でした。ホラーと言っていいのかな?日常あり得るような出来事から話しは始まります。でも、不死身なんてのはリアリティはないですが、不思議とその部分は違和感にはなりません。まだ続きがありそうな結末です。

『リミット』は『イキガミ』を先に読んでいるとイマイチです。24時間後に死ぬことを知らされたらどうするだろうか・・・。『イキガミ』では連載だけあって、バリエーション豊かでしたが、この『リミット』はエロ路線に(笑)わかりやすいと言えばわかりやすいですが・・・。結末も中途半端な感じに思いました。
posted by ysdhrs at 16:00| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

京たこ

UTMF/STYの応援の帰りに立ち寄り。1時間ほど時間潰しのため、河口湖IC近くのドン・キホーテの店内にある「京たこ」を見つけました。

「元祖京たこ」を注文。注文してから作り始めてます。時間はかかりますが、そのほうがいいですね。15分ぐらい待ったかと思います。鰹節が山盛りでたこ焼きがほとんど見えません(笑)外側も私が好みの柔らさです。美味しかったです。

店が近くにないかと調べてみました。関東地方では、直営店が埼玉県春日部市に1店舗、フランチャイズ店が東京都に4店舗とたったこれだけ。意外と少ないです。ちなみに、ここも直営店でした。

元祖京たこ@京たこ.JPG
posted by ysdhrs at 23:49| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

元祖ニュータンタンメン本舗

今日は年1回の健康診断。夕方からだったので、悪あがきして今日は朝昼ご飯抜きでした。健康診断は17時前に終了。思ったより早かったですが直帰予定でしたので、今日の一食目として、以前から行ってみたいと思っていた「元祖ニュータンタンメン本舗」へ行くことにしました。さらに、タイミング良く?19日に新規オープンした横浜駅西口の店舗がありました。徒歩圏内です。

17時頃なので中途半端な時間ですが、何人か先客がいました。「タンタンメン」を注文。辛さが聞かれました。知らなかったので、店内のメニューを見て「大辛」にしました。全然辛くないと聞いていたのですが、その上に「めちゃ辛」ってのがあったのですがね(笑)

店のスタッフもどことなく不慣れな感じ(私も初ですが 笑)。マニュアル通りに作っている感じがします。大きな器ですが麺は普通か少なく感じるぐらいです。卵が多いのでわかりにくいですが、ニンニクもいっぱい入っています。今日が金曜日で良かったです。

タンタンメン@元祖ニュータンタンメン本舗.JPG
posted by ysdhrs at 21:07| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

間瀬元朗 『デモクラティア』

『イキガミ』の著者である間瀬元朗の作品。

多数決で"ヒトガタ"ロボット(アンドロイド)の行動を決定するって設定は面白いと思いました。5つの選択肢のうち、3つが多数案で2つが単一案。単一案を選択肢に入れるのは捻っているところかと思います。多数案のみだったらストーリーの展開も面白くないものになりそうですからね。

でも匿名ってところが責任を負わないし、何かの拍子に暴走を生むこととなると思います。ストーリーも終盤はそういう展開になります。それに人間の考えることですから、人間以上に優れた者にはなり得ないはず。最後の最後はちょっとゾゾってする結末でした。
posted by ysdhrs at 23:55| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

ダリ展

駅の看板で「ダリ展」を知りました。開催期間は見えなかったのでネットで確認すると、もう開催していることがわかり、久しぶりに国立新美術館へ行きました。雨ですが、東京メトロの乃木坂駅からだと直結しているので傘要らずで入館できました。

チケットを買って入口へ。20分待ちの表示。もう少し遅く来れば良かったかなと思いましたが、20分もかからず入場できました。でも中は人、人、人・・・。でもその人の流れに乗らず、自分のペースで見て回ります。

ダリに対する自分のイメージはありますが、初期の頃はイメージとは違って画風は比較的普通かと思いました。シュルレアリスムな絵が現れると、ようやくイメージしていたダリの作品の展示となりました。映像作品もあり、人が少なければ、1つ1つじっくり眺めていたいぐらいでした。

ダリ展.JPG
posted by ysdhrs at 19:32| Comment(0) | アート | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

慈光寺・正法寺・安楽寺・慈恩寺

7ヶ月ぶりの坂東三十三箇所巡り。今回は埼玉県の4ヶ所です。公共交通機関を使ってだと効率的に回れそうにないので車を使います。

うち3ヶ所は比較的近いエリア内にあります。住んでいるのと同じ埼玉県でも結構広く、行き先は群馬県のほうが近い所です。カーナビは関越自動車道を指定するかと思ったら一般道でした(笑)

1ヶ所目は慈光寺です。都幾山という山にあって、車でしばらく登ります。途中で1.5車線ぐらいになります。すれ違った車は1台だけでした。駐車場に車を止めて観音堂へ。街中より標高が高いのでガスが多いです。駐車場は1台しか車が止まっていませんでしたが、境内で数名見かけました。

慈光寺_1.JPG

慈光寺_2.JPG

慈光寺_3.JPG

慈光寺_4.JPG


次は正法寺です。カーナビの案内通り走っている途中、巌殿観音(=正法寺)の文字が見え、駐車場であることがわかりました。車を止めて立てられていた案内を見ると境内に続く道があることがわかりました。本堂(観音堂)はすぐでしたが、納経所が仁王門と正面入口まで行かないと行けなかったので、あまり近道にはなりませんでした(笑)

正法寺_1.JPG

正法寺_2.JPG

正法寺_3.JPG

3ヶ所目は安楽寺。駐車場は満車でしたが、ちょうど出て行く車があったので止めることができました。そんなにたくさん人がいるのか?と思いましたが、本堂(観音堂)では団体がいました。お寺の人も何やら忙しそうでしたが、納経所でご朱印は問題なくいただけました。ここは三重塔がありました。

安楽寺_1.JPG

安楽寺_2.JPG

安楽寺_3.JPG

安楽寺_4.JPG

最後は慈恩寺です。ここはさいたま市の岩槻なので自宅に戻る方向になります。ここへの移動も一般道です。ところどころで短い渋滞があります。さいたま市まで戻って来ると以前通ったことがあって見覚えるあるところもありました。ここは山門がなく、本堂(観音堂)の前が広い境内でした。

慈恩寺_1.JPG

慈恩寺_2.JPG

納経所でご朱印をいただいたあと、境内から離れたところにある玄奘塔へ。「西遊記」の玄奘三蔵法師の霊骨が分骨されて、巡り巡って慈恩寺に奉安され、この玄奘塔に納められているとのことでしたので、立ち寄ってみました。

慈恩寺_3.JPG

慈恩寺_4.JPG

posted by ysdhrs at 23:16| Comment(0) | 坂東三十三箇所 | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

ローザンヌ

今回の海外遠征最終日。

予定ではアレッチ氷河が見えるところでした。でも、前日の夜から雨が降り始め、朝、ツェルマットでは雨は上がっていましたが、マッターホルン・ゴッタルド鉄道で移動中にまた雨が降り始めました。この天気で行ったとしても期待している眺めは見られないと思いましたので、あらかじめ決めていたもう1つのプランに変更。帰りはジュネーブ空港からなので、途中下車で行けるローザンヌです。

見どころが多いわけではないですが、ガイドブックの町歩きのオススメにあったので決めました(笑)歩くのは旧市街です。フィスプで国鉄(SBB)に乗り換え、ローザンヌで下車。11時半前です。駅構内のコインロッカーに荷物を預けて町歩きに出発。駅を出ます。ローザンヌ駅も重厚感のある外観ですね。

ローザンヌ_1.JPG

旧市街はローザンヌ駅から少し離れていますので、地下鉄に乗ります。駅の入口の券売機があったので切符を買いましたが、地下鉄の駅には改札はなし。下車駅で回収と思いましたが同じく改札はありません。買ったこの切符は?どうやら地下鉄は無料。買ったのはバスの切符だったようです。バスの切符は最後まで使うことはありませんでした。

旧市街の町歩きはガイドブックに記載の散歩コースに沿って歩きました。天気は安定せず、雨は降ったり上がったりで傘は手放せません。町は坂が多く入り組んでいて、いつの間にか途中で散歩コースから脱線していました(苦笑)

ローザンヌ大聖堂は大きすぎて収まり切りません。

ローザンヌ_2.JPG

ローザンヌ_3.JPG

サン・メール城(州庁舎)は工事中で残念な姿でした。

ローザンヌ_4.JPG

ローザンヌ大聖堂は遠景のほうが良い眺めです。

ローザンヌ_5.JPG

ローザンヌ_6.JPG

ローザンヌ_7.JPG

ローザンヌ_8.JPG

サン・フランソワ教会

ローザンヌ_9.JPG

ローザンヌ_10.JPG

州美術館

ローザンヌ_11.JPG

正義の女神の噴水

ローザンヌ_12.JPG

市庁舎とバリュ広場

ローザンヌ_13.JPG

散歩コースを1周した後は、適当にぶらぶらと。

ローザンヌ_14.JPG

ローザンヌ_15.JPG

ローザンヌ_16.JPG

旧市街以外に、レマン湖岸のウーシー城やオリンピック博物館に行きましたが、思った以上に現代的な建物(ウーシー城)であること、入場料が高い(オリンピック博物館)ってこともあって引き返しました(苦笑)

ちょっと早めでしたが、ローザンヌ駅から国鉄に乗ってジュネーブ空港に向かいました。
posted by ysdhrs at 21:53| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

ツェルマット

UTMRフィニッシュ後、グレヘンからバスでザンクト・ニクラウスへ。さらに、ザンクト・ニクラウスからマッターホルン・ゴッタルド鉄道でツェルマットに移動しました。この日からツェルマットに2泊です。

レース後は疲労回復のため早めに就寝。翌日は7時から朝食を済ませ荷物の片付けをして、マッターホルン三昧の一日の開始です。ツェルマットの町の中心からはマッターホルンは見えません(ちょっと歩けば見えるところに出ることができますが)。この日はクリアに見えるか気になるところです。

まず最初は、登山鉄道であるゴルナーグラート鉄道に乗って終点駅のゴルナーグラートへ行きます。8時過ぎなので、そこそこ人がいます。日本人の団体もいました。進行方向に向かって右側の車窓がいいのことでしたので、その通りに座ります。

発車して程なく、マッターホルンが見えました。クリアです。あっという間にテンションが上がります。単独峰なので雲がかかりやすいと聞いていたのでラッキーです。幸先良いです。

ツェルマット_1.JPG

ゆっくりと標高を上げて行って終点のゴルナーグラートに到着。人が多いと思っていましたが少なめです。その分、雰囲気をぶち壊すような喧噪もなく私にとっては歓迎すべき状況ですね。

ツェルマット_2.JPG

ツェルマット_3.JPG

車窓からずっと見えていましたが、駅からもいい眺めです。モンテ・ローザ、リスカム等、標高4,000mを越える山がずらりと並んでいます。そこから右手にマッターホルンです。さらに目の前にはゴルナー氷河です。

ツェルマット_4.JPG

ツェルマット_5.JPG

ツェルマット_6.JPG

ツェルマット_7.JPG

ツェルマット_8.JPG

ここにはホテルもあり、窓からの眺めは絶景と言っていいと思います。でも、宿泊費は高くて手が出ません(苦笑)30分程滞在した後、ツェルマットへ戻ります。途中、車窓から見えるマッターホルンの美しさにうっとりしながら、カメラのシャッターを押します。

ツェルマット_9.JPG

ツェルマットまで戻って来たら、今度はマッターホルン・グレッシャー・パラダイスへ向かいます。ロープウェイ乗り場がツェルマットの町のはずれと言っていいぐらい中心から離れています。でも、マッターホルンが町から見えるところです。

ツェルマット_10.JPG

ロープウェイは6人乗りぐらいの大きさで、ゴンドラは連なっています。ここも人が多くありません。多いイメージがあるので、ホントにここで間違いないのか不安になるぐらいです(笑)ロープウェイは途中下車出来るので、シュバルツゼーで途中下車。ここからも違った角度からマッターホルンを見ることが出来ます。写真ではわからないですが、とても近くに見えます。

ツェルマット_11.JPG

再びロープウェイに乗ってさらに上がって行きます。トロッケナー・シュテークというところで大型のロープウェイに乗り換えです。スキーを持った人もいます。マッターホルン・グレッシャー・パラダイスに近づいていくと、数日前に見たことがある場所だということがわかりました。チェルヴィニアから登ったプラトー・ローザです。

ロープウェイを降りて展望台へ向かいます。ここは、モンブランのエギーユ・デュ・ミディよりも、ユングフラウヨッホよりも高い展望台です。マッターホルンは正三角形のピラミッドのように見えます。独特の景観ですね。また、遠くにはモンブランも見ることができました。一番近くに見えるのはブライトホルンかな?

ツェルマット_12.JPG

ツェルマット_13.JPG

ツェルマット_16.JPG

ツェルマット_15.JPG

ツェルマット_14.JPG

しばらく素晴らしい眺めの堪能したら、またツェルマットまで戻ります。下りも寄り道。ロープウェイの乗り換え場所トロッケナー・シュテークで。ほとんど雪が残っていないところです。ここからはモンテ・ローザがよく見えます。また、下の方にツェルマットの町も見ることができます。

ツェルマット_15.JPG

ツェルマット_16.JPG

ツェルマットまで戻ると、また町の中心まで歩きます。行きはロープウェイ乗り場までひたすら歩きましたが、戻りは町の様子を写真に撮りながらです。賑やかさから改めて有名な観光地である町であることを実感しました。ツアー客も多いですしね。

ツェルマット_17.JPG

ツェルマット_18.JPG

ツェルマット_19.JPG

ツェルマット_20.JPG

最後はスネガとロートホルンです。スネガまで地下ケーブルカーで上がります。すごい急勾配のトンネルを上がって行きます。スネガからはロープウェイ2本を乗り継いでロートホルンまで登ります。

ロートホルンに着いてのは14時前。ちょっと雲が増えてきたかなという印象です。マッターホルンの頭に雲がかかりそうな状態です。ゴルナーグラートやマッターホルン・グレッシャー・パラダイスと比べると、マッターホルンからちょっと距離がありますが、また違った見え方をする場所で稜線が長く見えるところだと思います。モンテ・ローザも見ることができます。

ツェルマット_21.JPG

ツェルマット_22.JPG

ツェルマット_23.JPG

帰りはスネガのレストランで遅いランチをしてからツェルマットへ戻りました。スネガからの眺めはロートホルンとほぼ同じで高さが違うぐらいですが、写真を1枚も撮っていないことをツェルマットへ戻ってから気付きました。レストランのことで頭がいっぱいだったか?(笑)
posted by ysdhrs at 23:31| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

天ぷら ふく西

今日のランチは自分には珍しく会社近くの店で。2012年にミシュランの1つ星を獲得した「天ぷら ふく西」。そんな店が会社の近くにあるとは知りませんでした。

「特製天丼」をいただきました。2,700円もするのですね~。さすが油っぽくなく上品です。いつもと違ってじっくり集中して味わって食べました。美味しかったです。会社に近いし時々来たいと思いますが、そうそう来られるところではないですね。私にとっては高級過ぎなランチになります(笑)

特製天丼@天ぷら ふく西.JPG
posted by ysdhrs at 23:26| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

プラトー・ローザ

9月1日。チェルビニアの町からプラトー・ローザへ行きます。プラトー・ローザとは氷河の名前であることを後で知りました。場所の名前かと思っていました(まったくの間違いではないのでしょうけど・・・笑)。

前日チェルビニア到着時は隠れていたチェルヴィーノ。近くに見えます。この日はほんのちょっと雲がかかっているだけです。2時間前はこのほんのちょっと雲もありませんでした。これ以上増えないことを祈ります。

プラトー・ローザ_1.JPG

プラトー・ローザまでは3本のロープウェイを乗り継ぎます。1本目と2本目のロープウェイ乗り継ぎ地であるプラン・メゾンは、チェルビニアの町から見るよりさらに近くにチェルヴィーノが見えます。ほんのちょっとの雲がかかったままです。

プラトー・ローザ_2.JPG

もう1回乗り継ぎしてプラトー・ローザに到着。イタリアとスイスの国境あたりになります。スイス側にはスキー場があり、ここに来るまでスキーを担いでいる人もいました。

プラトー・ローザ_3.JPG

想像ではたくさん人がいて(スキー以外の)そこそこ立派な展望台施設があると思っていたのですが・・・違いました(笑)ロープウェイを降りて、少し登ったところにある建物は何なのかわかりません。一般の人が出入りできるところではないような雰囲気があります。隣の展望台のようなところは入ることが出来ますし、すでに人がいました。でも、ここからチェルヴィーノは見えにくいです。

プラトー・ローザ_4.JPG

プラトー・ローザ_5.JPG

この建物の先は少し下りになっていて、そこはチェルヴィーノがよく見える場所でした。プラン・メゾンで見た時より雲が増えていました。チェルヴィーノに連なる山の山頂付近が軒並み雲に覆われているので、さらに増えそうな予感。

プラトー・ローザ_6.JPG

プラトー・ローザ_7.JPG

プラトー・ローザ_8.JPG

プラトー・ローザ_9.JPG

立派な展望台施設がなかったですが約1時間プラトー・ローザに滞在。2本ロープウェイを乗り継いでプラン・メゾンまで下ります。はやり雲が増えて来ていて、プラン・メゾンからはチェルヴィーノは隠れてしまっていました。正面の山の上がプラトー・ローザです。

プラトー・ローザ_10.JPG

最後の1本のロープウェイには乗らず歩いてチェルヴィニアまで下りることにしました。Tour del Cervinoになっているコースに沿って進みます。もちろん下りのみです。プラトー・ローザのロープウェイの駅が確認出来るぐらいです。あっという間にチェルヴィニアの町に到着です。

プラトー・ローザ_11.JPG

プラトー・ローザ_12.JPG

プラトー・ローザ_13.JPG
posted by ysdhrs at 23:16| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

チェルヴィニア

8月30日の夜に日本を出国。ターキッシュエアため、イスタンブール経由でミラノ(マルペンサ)空港に到着。

入国手続きや預けた荷物のピックアップ、さらにミラノ中央駅までバス移動と中央駅での荷物の一時預けを済ませると、ミラノで少し余裕があるはずが、1時間程度の中途半端な時間しか残らず。ゆっくりランチすることもできず、再び預けた荷物を受け取って、地下鉄でランプニャーノ駅へ。

ランプニャーノ駅から長距離バスに乗ります。シャティヨンでバスを乗り換え、チェルヴィニアに着いたのは16時過ぎ。日本を出国してから約25時間かかっています。途中の待ち時間が長めだったため、結構かかりました。

ホテルにチェックインしてから、チェルヴィニアの町を歩いてみます。最初バスから降りた時は思った以上に広い町と思いましたが、実際歩いてみるとそんなことありませんでした(笑)山手の方にもホテル等が並んでいますが、クールマイユールのほうが広いかな。チェルヴィーノ(=マッターホルン)も雲に隠れたままでした。

チェルヴィニア_1.JPG

チェルヴィニア_2.JPG

チェルヴィニア_3.JPG

チェルヴィニア_4.JPG

チェルヴィニア_5.JPG

チェルヴィニア_6.JPG

チェルヴィニア_7.JPG
posted by ysdhrs at 23:34| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする