2016年11月27日

小川さゆり 『御嶽山噴火 生還者の証言』

御嶽山噴火のことは、『ドキュメント御嶽山大噴火』を読んでいます。もう2年も経ってしまいましたが、改めてその瞬間の出来事が伝わってきました。そんな中でもとても冷静に判断されていたように感じました。自分なら間違いなくパニックになって冷静な判断はできないだろうなと思います。

この本では、助かって良かったで終わることなく、この噴火を今後の教訓としてどう生かすかを述べています。「自分の命は自分で守る」は、肝に銘じたい言葉です。活火山に登る機会はは少ないですが、その場合だけではないと思います。

また、「山で死なない。下山して家に帰る。」この言葉もそうです。山を走ったり登山したりすることは好きですが、これも絶対だと思っています。山に行っても人が少なくて誰にも会わないこともあります。こんな時に怪我でもしたらと思いが頭を過ぎることがあります。それに、滑ったり転んだりしてヒヤッとするようなことも時々あります。山で遭難を伝えるニュースも聞きます。そんな時いつも思うこと。山をなめてはいけない・・・です。
posted by ysdhrs at 22:53| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

車澤うどん

昨日、三峰からの帰りの道中にある「車澤うどん」で遅めのランチ。ガイドブックにも載っていたし、手打ちうどんであることが選択の理由(うどん好きには重要 笑)です。

駐車場がわかりにくかったですが、14時過ぎという時間だったので少ない駐車場には問題なく止められました。先客はいません。お店の方は店外を掃除されている最中で、慌てて?店に戻って迎えていただきました(笑)

ずりあげうどんと秩父舞茸天のセットを注文。当然作り置きではないでの出来たてのものが出てきました。セットで1,000円ですが、それ以上に思えるのボリュームです。さらに、最後はコーヒーまで出していただきました。なかなか来ることが出来ない場所ですが、機会があればまた寄ってみたいと思える店でした。

ずりあげうどん&秩父舞茸天@車澤うどん.JPG
posted by ysdhrs at 22:17| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン&カシミールカレー焼そば

最近久しぶりに、「デリー」上野店に行き「カシミールカレー」を食べました。美味しかったですが、「カシミールカレー」ってこんな程度の辛さだったっけか?とちょっと緩く感じました。

その「デリー」が監修の「カシミールカレーラーメン」と「カシミールカレー焼そば」を見つけました。以前にもあったような気がするのですが気のせいか・・・。どちらも「極辛」とありますが、私からすればそんなに辛くはないという感想です。

ラーメンはデリーのカレーらしくさらさらのカレースープになっています。焼そばのほうがラーメンよりは多少辛さは強いかなと思います。

銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン&カシミールカレー 焼そば.JPG
posted by ysdhrs at 23:41| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

栄児

木曜日と金曜日の2日間はイベントのため、会社に出社せず会場のある池袋への通いです。通勤時間は圧倒的に短くなくので楽チンです。2日ともランチはイベント会場から近いサンシャインシティ内から選択。四川料理店「栄児」に行きました。

店頭には「伝説の汁なし担々麺」の文字が・・・。元々は激辛麻婆豆腐を食べようと店を探していたら、この店がヒットしたのですが、行ってみると麻婆豆腐より汁なし担々麺が「当店イチ押し」であり、辛さも7段階から選べるようになっていました。

1.マイルド(控えめ)、2.普通(少辛)、3.しびれ(辛)、4.火吹き(辛辛)、5.地獄(辛辛辛)、6.悶絶(辛辛辛辛)、7.「発狂」(MAX)の中から「発狂」を選択。モーレツな辛さを期待します。かき混ぜる前は普通ですが、かき混ぜると辛そうに見えます。口の中の痺れは長続きしませんでしたが、唇周りはしばらくはヒリヒリしました。

汁なし担々麺@栄児_1.JPG

実はこの店に来るのは2日連続で、前日行った時は「火吹き(辛辛)」を選択しました。1回目はその店の辛さの基準がわからないので、無難な選択をしますが、予想より遙かに下回る辛さでした。なので、翌日もう1回行って「発狂(MAX)」を注文しました。下の写真は「火吹き(辛辛)」の時のもので、あまり辛そうには見えませんね。

汁なし担々麺@栄児_2.JPG
posted by ysdhrs at 23:57| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

YYG Brewery & Beer Kitchen

一昨日行きました。ここも醸造所がある店でした。最近買った「日本のクラフトビール図鑑」には載っていない店「YYG Brewery & Beer Kitchen」です。これまでネットで探した中にも出ていなくて、お誘いを受けてこの店の存在を知りました。

店は醸造所併設のバーと食事もできるレストランの2フロアに別れていました。今回は何も食べていない状態で入ったのでレストランのフロアに入りました。「代々木アンバーエール」「裏原宿チョコレートスタウト」「新宿ペールエール」「幡ヶ谷ビター」と周辺の地名が付いたネーミングのビールが並んでいました。

レストランからの帰り、もう1つのフロアにある醸造所併設のバーは外からも醸造所が見えました。今度来るときはバーに入ってみようと思います。

YYG Brewery & Beer Kitchen_1.JPGYYG Brewery & Beer Kitchen_2.JPG
YYG Brewery & Beer Kitchen_3.JPGYYG Brewery & Beer Kitchen_4.JPG
posted by ysdhrs at 21:36| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

湯ノ丸山

浅間山は午前中で戻って来られましたので、浅間山と同じ山塊(になるのかな?)にある湯ノ丸山へ。このプランは、浅間山だけでは時間が余ると想定していましたので、予め用意していました。

車で車坂峠から地蔵峠へ移動。地蔵峠には大きい駐車場がありました。このあたりは湯ノ丸スキー場になるようです。何軒か土産物店がありますが、見る限り全部閉店していました。シーズンの合間だからでしょうか。

ゲレンデのリフトに沿って急な登りを上がるとフラットになり、目の前に湯ノ丸山が見えます。鐘分岐から先は山頂まで残り800mになります。

湯ノ丸山_1.JPG

山頂に到着。14時なので少し遅めの時間なので、誰もいないと思いましたが2人いました。山頂からは湯ノ丸スキー場のゲレンデが目立ちますが、その奥にはほとんどが隠れていますが浅間山の頭あたりが見えています。

湯ノ丸山_2.JPG

眺望は360度ありますので、北側に角間峠、西側に烏帽子岳(よくある名前ですね 笑)も見えます。遠くには富士山も見えます。やはり富士山は高いですね。

湯ノ丸山_3.JPG

湯ノ丸山_4.JPG

湯ノ丸山_5.JPG

後は下るだけなので、補給をしてから鐘分岐まで下山。登って来たルートをそのまま戻るのも面白くないと思いましので、若干遠回りになりますが、中分岐~湯の丸高原キャンプ場を経由して地蔵峠に戻ってきました。往復で約4kmなのであっという間でした。
posted by ysdhrs at 23:18| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

円福寺・笠森寺・清水寺・高蔵寺・那古寺

当初の予定を早めて、坂東三十三箇所巡りの最終回。千葉県の残り5ヶ所です。

6時過ぎに自宅を出発。最初は銚子市にある円福寺です。新卒3年間ぐらい船橋市に住んでいましたが、千葉県を車で走るのも久しぶり。首都高速道路から東関東自動車道を走り、終点の潮来まで行きます。潮来は茨城県です。そこから一般道で銚子まで行くルートです。

一般道は飽きるぐらい真っ直ぐな道です。ずっと茨城県が続くので、このルートが一番到着が早かったのか、カーナビの判断に疑問・・・。銚子大橋を渡れば千葉県。そこからは円福寺までは直ぐでした。8時半頃到着。

駐車場に車を止めて境内に入ります。誰もいません。本堂内に入れるようでしたので入ってみました。納経所は少し離れた本坊とのことで歩いて移動します。納経所で御朱印をいただいた後、本坊内仏殿と大師堂を案内いただきました。

円福寺_1.JPG

円福寺_2.JPG

円福寺_3.JPG

円福寺_4.JPG

次は笠森寺です。一般道と銚子連絡道路と圏央道を走ります。11時前に到着。駐車場からしばらく階段を上ったところに二天門が見え、そこをくぐると本堂です。岩の上に本堂が建っていています。国指定重要文化財とのこと。本堂に上がるにも急な階段を上ることになります。高いところからの眺めはいいですね。

笠森寺_1.JPG

笠森寺_2.JPG

笠森寺_3.JPG

笠森寺_4.JPG

3ヶ所目は清水寺です。笠森寺からは比較的近いです。直前で急な道を車で上がります。京都の清水寺と山号も同じで、「日本三清水」の1つだそうですが、京都の清水寺と比べると・・・です。

清水寺_1.jpg

清水寺_2.JPG

清水寺_3.JPG

清水寺_4.JPG

清水寺_5.JPG

清水寺_6.JPG

次の高蔵寺は4ヶ所目。木更津市にあるので、先々週末ちばアクアラインマラソンで木更津市まで来たので帰りに寄ろうと考えましたが、バスの本数が少なすぎて不便であることがわかって断念しています。

高蔵寺_1.JPG

高蔵寺_2.JPG

高蔵寺_3.JPG

そして最後。那古寺です。高蔵寺から約50kmですが、館山自動車道を走ったのであっという間でした。駐車場は観光バスが2台、普通車はたくさん止まっていましたが、でも境内は人が少なかったのはなぜ?

到着したのが14時でしたので、ちばアクアラインマラソンの前日に千葉県の2ヶ所に行っておいて良かったです。今回その2ヶ所も回っていると時間が足りなかった可能性が大きいです。

納経所で、ここで最後であることを伝えると、納経帳を確認されてから「結願」の印が押されました。また、希望すれば「結願之証」を発行いただけることなのでお願いしました(有料です)。香もいただきました。

那古寺_1.JPG

那古寺_2.JPG

那古寺_3.JPG

那古寺_4.JPG

那古寺_5.JPG

始めたのが去年の12月23日なので、約11ヶ月で結願となりました。目標は西国と秩父を合わせて百観音です。
posted by ysdhrs at 23:10| Comment(0) | 坂東三十三箇所 | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

『日本のクラフトビール図鑑』

最近強い興味を持ち始めたクラフトビール。ついにこんな本まで見つけ購入。発行が2015年6月で新しいですので、情報が多そうだと思いました。

都道府県別に並んでいますので、現地に行く機会があったら事前に確認しておけば自分へのお土産にできそうです。最近自分が行った東京都の「Beer++」や埼玉県の「川口ブルワリー」は載っていませんでした。まあ、「川口ブルワリー」は発行後に醸造開始なので、さすがに無理ですね(笑)

日本のクラフトビール図鑑.JPG
posted by ysdhrs at 23:42| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

清瀧寺・大御堂・楽法寺・西明寺・正福寺・佐竹寺・日輪寺

先週末の土曜日、予定では山行きでしたが、行き先の天気は曇りで風が強い予報でしたので取りやめ。なかなか山へ行けません。なので、坂東三十三箇所巡りに変更です。今回は前回残った栃木県の1ヶ所と茨城県の6ヶ所です。栃木県と違って、1ヶ所を除いて狭い範囲内にまとまっているので、回りやすそうです。

朝6時に起きて出発しようと思っていましたが、最初の行き先である清瀧寺までカーナビでの到着時間が7時台でした。拝観は8時からなのでちょっと早いかなと思い、家に戻って二度寝(笑)7時に出発としました。

東京外環自動車道と常磐自動車道を走ります。8時半頃、清瀧寺に到着。仁王門は歴史を感じさせるものです。本堂には、白装束を着た本格的な巡礼スタイルの方がいました。なんちゃって巡礼の自分があとから来て先に御朱印をいただくのは少々気が引けます。

清瀧寺_1.JPG

清瀧寺_2.JPG

清瀧寺_3.JPG

次は大御堂です。筑波神社の近くです。途中から筑波山が大きく見えてきました。筑波神社の近くまで来ると、登山の格好をした人をたくさん見かけます。境内の駐車場がわからず、近くの民間の駐車場に預けることになりました。僅かな時間だったので、ちょっと勿体なかった・・・。

狭い境内で本堂も民家の中を覗いているような気分(笑)本尊の観音菩薩は常時拝観できるとガイドブックには書いてありましたが、そんなことが出来るような雰囲気ではありませんでした。ほとんど御朱印をもらいに来ただけのようになりました・・・。

大御堂_1.JPG

大御堂_2.JPG

3ヶ所めは楽法寺です。ここはたくさんの人がいました。本堂内で何か行事が行われていたようです(遠目からしか見ていました)。子供連れが多かったような気がします。ここは多宝塔がありました。本堂以外に多宝塔等の建物がある境内の雰囲気がいいです。どことなくですが。

楽法寺_1.JPG

楽法寺_2.JPG

楽法寺_3.JPG

楽法寺_4.JPG

4ヶ所目。西明寺です。ここは前回の残り栃木県です。茨城県からの移動のほうが近いです。少し山を登った所にあります。石段を登ると楼門があります。左手に三重塔があります。真ん中の一段高くなったところに本堂があります。

西明寺_1.JPG

西明寺_2.JPG

西明寺_5.JPG

そして右手。閻魔堂です。その中に入ると、笑っている閻魔が。その両脇も笑っている2者です。恐ろしさはなくユーモアを感じさせます。

西明寺_3.JPG

西明寺_4.JPG

西明寺_6.JPG

次の5ヶ所目は正福寺です。正福寺の直ぐ手前あたりが賑わっていて、筑波神社付近のように民間の駐車場のお誘いが目に付きました。何か有名な観光地があるのかな。笠間稲荷神社は確認できましたが、他はわかりませんでした。正福寺はその賑やかさがなくなったところにありました。

境内は本堂のみでちょっと地味な感じです。門もありません。シンプルと言えばシンプルです(笑)納経所のお昼休み前に御朱印をいただくことができました。

正福寺_1.JPG

正福寺_2.JPG

次の佐竹寺はちょっと離れています。約1時間ぐらいかかりましたが、ちょうど納経所のお昼休み直後でしたので、待ち時間なくタイミングが良かったです。仁王門は東日本大震災で罹災したため修復されたばかりでした。確かに新しさがありました。茅葺き屋根の本堂はどっしりした雰囲気がありました。

佐竹寺_1.JPG

佐竹寺_2.JPG

佐竹寺_3.JPG

今回最後は日輪寺です。一般道のみで約70km走ります。茨城県の北、福島県との県境がある八溝山の八合目あたりにあるとのこと。舗装された道でしたが、木の枝や砂利が広がっているところがあります。ほとんどが一車線しかないところなので、向かいから車が来たら待避するのが大変だし、来ないことを祈りながら登って行きました。最寄りのバス停から徒歩2時間なので、車がないと大変です。

幸いすれ違うことなく日輪寺に到着。車2台ありました。うち1台は先客で、私とほぼ入れ違いで本堂を出て行きました。もう1台はここの住職さんの車のようです。ここも本堂があるのみです。

日輪寺_1.JPG

日輪寺_2.JPG

15時ちょっと過ぎ、今回はここで終了です。次回は千葉県の残り5ヶ所です。あと1回で結願出来そうです。
posted by ysdhrs at 23:23| Comment(0) | 坂東三十三箇所 | 更新情報をチェックする