2017年02月26日

2016年10月26日

2016年03月14日

第4回サンスポ古河はなももマラソン

日曜日、古河はなももマラソンを走りました。

去年2月の東京マラソンで5年振りに自己ベストを更新し、3時間7分台を記録しました。10月に5回目で初めて当選した大阪マラソンでは、セカンドベストの3時間9分台と良い感じで来ましたが、12月の奈良マラソンでは3時間17分台とガクッと落ちました。奈良マラソンは難コースで記録が出にくいをは言われていますが、個人的にはスッキリしない結果でした。

このままで今シーズンは終わらせたくないなと思っていましたので、もう1回3時間10分以内かそれに近い記録を出して気持ちよく終わらせたいと思っていました。しかしながら、2月以降開催の京都、東京、横浜の抽選が全滅。そんな状況の中、古河はなももマラソンが先着順でエントリーできた大会でした。

東京マラソン以外で初めて前泊が必要のない大会です。いつも遠征でしたからね。古河までは電車の乗り換え1回で行けます。1時間ぐらいですので、思った以上に近いです。会場まではさらにシャトルバスに乗らないといけないのがちょっと面倒です。

当日は9時前には会場に到着。受付を済ませて更衣室で着替えて、大会が用意した有料のコインロッカーに荷物を入れます。軽く走ってシューズの感覚を確認。スタートブロックへ行きます。ちょっと肌寒いです。スタート5分前までウィンドブレーカーを着てました。

10時スタート。予想外のDブロック割り当てでしたが、1分弱でスタートラインを通過。コース幅があまり広くなく、少し前が支える感じ。オーバーペース気味にならなくていいかなと良いように受け止めます(笑)スタート前は感じた肌寒さも走っていると思った以上に汗をかきます。

少しずつランナーがばらけてきて走りやすくなります。都市型マラソンと違って応援してくれている方が少ないし、誰もいない区間もあります。仕方の無いことですがね。コースの舗装路は場所によっては少し轍になっているところがあり、走っていてちょっと気になります。そういう時は走行する場所を変えて対応します。

今回はスタートから最後までリストトップコンピュータでタイムを確認しませんでした。5kmおきにラップ計測されますが、都合良くタイマーは置かれていませんでしたので、まったく未確認のままです。35km過ぎで、沿道にいた方が3時間5分ペースって言っていたのが聞こえてしまいましたので、余計なことを・・・なんて思いもしました(笑)

今回はいつもより早く20km地点手前あたりから辛いな~なって気持ちになりましたので、これから先どうなるかと思いましたが、折り返しで知り合いがいて声をかけてもらったり、手を振ってもらえたりで少し気が紛れさせることができました。また、中間地点あたりで、ゲストランナーの松野明美さんの近くを併走。無駄のない綺麗なフォームで走られていました。さすがですね。

辛いと感じながらも、大きく失速することなく走れているかなと感じていました。5km毎のラップを確認しても21~22分台をキープできていました。フィニッシュまで残り1kmとなってからも、気持ちペースアップすることができ、最後のトラックでもさらにペースアップ(したつもり 笑)。ここで初めて計測器が見え、3時間7分台ってことがわかりました。

記録は3時間7分15秒。去年記録した自己ベストを13秒上回りました。今回は1年ちょっとで更新。そして3回目の3時間10分以内。これで奈良マラソンでスッキリしなかった気分はなくなりましたが、本音を言えば、せめて6分台を出したかったですね。分の数字が変わると感じ方が違いますからね。

今シーズンのマラソン出走はこれでおしまいです。来シーズンもコンスタントに3時間10分以内を出せるように維持していきたいです。

第4回サンスポ古河はなももマラソン.JPG

第4回サンスポ古河はなももマラソン_2.jpg

posted by ysdhrs at 23:33| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

奈良マラソン 2015


奈良マラソン2015.JPG
posted by ysdhrs at 00:01| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

陸連登録変更

2009年度から日本陸連(日本陸上競技連盟)登録を東京陸上競技協会で継続してきました。在勤が東京都であれば東京陸上競技協会の所属が認められましたが、去年6月から会社が東京都から横浜市に移転しましたので、今年度から東京陸上競技協会の所属が出来なくなりました。というわけで、今年度から埼玉陸上競技協会の所属となりました。

東京陸上競技協会はインターネットで登録が出来るようになりましたが、埼玉玉陸上競技協会は湯便局振り込みで、東京陸上競技協会より登録料が高額。2009年に初めて登録を考えた時より、さらに登録料がアップしていました。神奈川県(横浜市)は条件に合わず、埼玉県以外選択肢がありませんので諦めるしかありません。

本日登録会員証と一緒に会報?も届きました。登録完了です。

埼玉陸協.JPG
posted by ysdhrs at 23:50| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

東京マラソン2015

先週末は4回目の東京マラソンを走りました。

今年は3週連続フルマラソンで、これが最後になります。ONE TOKYOのプレミアム会員を続けていますが、昨年から指定イベントの参加が必須でなくなり落選。今年も落選だろうと思っていたのですが、初めて先行エントリーで当選。当選しない前提で2月にいくつかエントリーしていたので3週連続走ることになった次第です。

当日は雨予報でした。降りそうで降っていない空模様。雨の中を走った経験は何度もありますが、降らないにこしたことはありません。でも気温がそれほど低くないのが幸いでした。スタートブロックで長く待たされますが、思った程寒さを感じることはありませんでした。

9時10分スタート。紙吹雪が舞います。脚の状態はどうかなと思いながら走ります。40秒ぐらいでスタートラインを通過。想定どおりです。脚の疲労は感じませんが、数km走ったぐらいで気持ちがあまり乗っていないように感じました。何か楽しみを見つけないと思いました。知人が応援でどこそこにいるとか、ボランティアスタッフでどこそこにいるとか聞いていたので、それをモチベーションにしました。

東京マラソン2015_1.JPG

5km地点のラップが22分台。先週の熊本城マラソンよりも速いペースです。飯田橋周辺でボランティアスタッフをしている知人2人を見つけることができ気持ちが乗ってきます。でも自分でもペースが速いなと感じていました。後半失速するパターンかなと思いました。ペースを落ちさないとと思っていたのですが・・・。

今回も5kmのラップタイムだけチェックして走ります。10km、15km、20km地点のラップもどうやら22分台をキープ出来ていました。アップダウンがないのでペースを乱される要因はありません。20km地点を過ぎるとコースは銀座のど真ん中に向かって行きます。

中間地点を1時間33分ぐらいで通過です。今までで最速かも?と思えるぐらいのタイムでした。でもここからだんだん脚が辛くなってじりじりとペースが落ちていくことは覚悟していました。日本橋あたりで応援で待っていてくれる知人がいるので、それを楽しみに頑張ります。自分では見つけられませんでしたが、見つけてくれました。知人がいるとちょっと元気がでます。

ここから30km過ぎまでは知っている範囲では知人はいません。ちょっとした上りでも脚に負担と感じてしまいます。沿道の大声援の中を走る心地良さも慣れてくると、その良さも薄れてきますね。贅沢なものです(笑)

25km、30km地点ともラップタイムは23分台に割り込むことなく通過出来ていました。体感的には明らかに落ちています。後から速報を確認すると25kmは21分台のラップでしたのでちょっと驚きでした。30kmは22分台の半ばだったのも以外でした。

33.3km地点にいる知人は見つけられずに通り過ぎてしまいました。あとは41kmまではいないはずでした。でも、35km手前にも35kmを過ぎたあたりでも知人が見つけて声をかけてくれました。脚が辛い状態でしたので、とてもありがたかったです。35km地点ではペース落ちたかなと思っていたのですが、ここでも後から速報を確認すると22分台の半ばでした。

35kmからは沿道からの応援も少なくなり、コースもアップダウンが何ヶ所かあります。先週の熊本城マラソンのアップダウンと比べると大したことはありません。我慢して上って下りで呼吸を整えます。40km地点で2時間57分であることを確認。あと2kmちょっとを12分ぐらいあれば行けそう、3時間10分台で行けそうと思いました。

給水エイドもスルー。ここに来て自己ベスト更新の可能性がようやく現実味をおびてきたので、気持ちではペースを上げていました(笑)4回目なのでコースはわかっています。41km地点にいた知人に手を振る余裕は残っていました。あと1kmです。最後右折するのですが、そこまでの直線がやたら長く感じました。

右折したところに42km地点のゲート。わかっているのに毎回フィニッシュゲートかと思わされます。あとは195mです。フィニッシュゲートにある時計が3時間6分台で推移しているのがわかりました。3時間7分28秒でフィニッシュしました。

東京マラソン2015_2.JPG

2010年の東京マラソンで記録した自己ベストを、5年振りにまた東京マラソンで破り自己ベストを約9分更新できました。フィニッシュ直後は「終わった」ことの安心感でいっぱいでしたが、しばらくすると更新した達成感がじわじわと。7分は想定していなかったので自分でも驚きでした。

東京マラソン2015_3.bmp
posted by ysdhrs at 23:29| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

熊本城マラソン 2015

先々週末の北九州マラソンに続き2週連続となりますが、先週末は熊本城マラソンを走りました。

2年前に二次抽選で当選しましたが、二次抽選があることを知らず、同日開催の青梅マラソンにエントリーした後でしたので、後ろ髪を引かれる思いをしながら辞退(エントリー手続きを取らず)しています。ですので、今回は当選したら2週連続であったも走ると決めていました。

ここでも宿泊先のホテルからスタート会場まで徒歩5分もかからないところです。天気は良さそうです。少し暑くなるかなと思いましたが、さすがに朝は寒いです。荷物を預けてスタートブロックに入ります。Bブロックです。それも結構前の方に並べました。

9時に熊日30キロロードレースがした後、9時2分にスタート。30秒ぐらいでスタートラインを通過。遅くなり過ぎず速くなり過ぎずを意識して走ります。1km単位での表示はありましすが、タイムは気にしません。確認は5km毎のラップのみです。

コースの高低図だと5km過ぎまで下り基調ですが、あまりそんな感じはしません。高架の上りが結構キツいです。5km地点を24分20秒ぐらいで通過。スタートの30秒ぐらいのロスもあったけど悪くはないペース。そう考えると北九州マラソンの27分台は遅すぎたかなと思います。

ランドマーク的なものはコースから何も見えません。アンダーパスを通りさらに大きな高架を上ります。高架の上あたりが10km地点。47分30秒ぐらい。ほぼイーブンペース。高架を下ってしばらく走ると、外観に特徴があるアクアドームくまもとが見えます。このあたりから田園地帯になります。見渡す限り畑(ちょっと言い過ぎか? 笑)です。

田園地帯の中に新幹線の高架。下ると間もなく15km地点。1時間10分なのでちょっとペースが上がってしまいました。このあたりは川尻地区というらしく、沿道は人が多く声援は市街地並みです。急に人がたくさんいましたのでビックリしました。ただ愛想良くできる余裕がありません(苦笑)

川尻地区の応援がなくなると直角のカーブがあったり1.5車線ぐらいしか道幅がないようなところを走ります。町並みも終わると再び田園地帯です。20km地点通過。1時間33分ぐらい。ペースが落ちましたが、まだ10kmまでラップタイムより速いです。中間地点は1時間38分ぐらいです。大きくペースが落ちなければ、今回は3時間20分台の前半でフィニッシュできるかな~と思いましたが、まだ確信は持てません。

正面の遠くに山が見えるので何て山かなとか思いましたが、くねくね曲がっているコースでも見える景色は単調です。中弛み気味です。25km地点を通過。1時間56分。5kmのラップタイムが23分台に戻りました。そろそろ落ち始めてきたようです。

少し走ると片側2車線の広い道路にでました。コースも一転してほぼまっすぐ。反対車線の折り返しに30km地と思われる標識が見えます。折り返しまで結構進まなければならなさそうです。このあたりでようやく暑いなと感じました。天気が良いし日差しもあります。

サブ3のペーサーが反対側車線を通過していきます。スタートして早い段階で3時間半のペーサーを追い抜きましたが、どれぐらい引き離しているかわかりません。まだ失速の兆しはなく、逆に足取りも軽く感じる瞬間もあり順調に走れています。

折り返し地点で反対側の車線を走ります。3時間半のペーサーといつすれ違うか確認です。30km地点手前ですれ違いましたが、何分開いているか不明。感覚的に抜かれることはないかなと思いましたが油断はできません。30km地点を2時間20分ぐらいで通過。まだ5kmのラップは23分台で走れています。

スタートから10km過ぎまで走ったコースの反対側車線を走ります。なので、久しぶりに高架が目の前に。歩いている人もいます。下りもペースを抑えてダメージを最小限にします。この後もアンダーパスともう1ヶ所高架が続きます。30km過ぎてからはキツいコースです。歩きたくなりますが、負けて歩く訳にはいきません。

35km地点を2時間44分ぐらいで通過。高架とアンダーパスのアップダウンのある5kmでしたが、何とか5kmのラップは23分台をキープ。3時間30分以内は大丈夫だろうとは思いました。あとは残りの距離を指折り数えていくことしか頭になくなっています(笑)

片側複数車線の車道から右折すると、1.5車線ぐらいしかない道幅のコースに入ります。川沿いを走り泰平橋を渡ります。間もなく40km地点です。沿道にも人がたくさんいます。声援も多いです。40km地点通過は3時間8分30秒過ぎ。ここで5kmのラップタイムが24分台に。でも3時間20分台でのフィニッシュは何とかなりそうと思いました。

残り2kmはコース高低図では急な上りになっています。土曜日にテレビも残り2kmはポイントみたいなことを言っていましたので、覚悟していました。でもなかなか急な上りになりません。上ってはいますが緩いです。41kmを過ぎ、熊本城内に入ると急になりました。確かにキツい上りでした。でも長くは続かず、もう終わり?って感じでした。でも42km手前でもう1回来ました。息が乱れます。

登り切ったらあと200m弱。フィニッシュゲートが見えています。3時間19分まで見えましたが、秒の単位が見えません。20分台前半は大丈夫で安心しました。近づくと秒の数字が見え19分台でフィニッシュできることがわかりました。3時間19分34秒でフィニッシュできました。

3年振り3回目の3時間20分切りとなりました。あとの2回は東京マラソンの記録なので、このコースで記録できたのは意外で想定していませんでした。北九州マラソンの結果は酷かったので、気分が良いです。

熊本城マラソン 2015.JPG

熊本城マラソン2015_1.jpg
posted by ysdhrs at 20:40| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

北九州マラソン 2015

日曜日、昨年1月の石垣島マラソン以来のフルマラソンを走りました。大会出場も昨年9月のTor des Geants以来、5ヶ月振りになります。

スタート前まで少し雨が降っていましたが、スタートする頃にはあがっていました。ホテルも会場から歩いて5分もかからないところなので、可能な限り遅めに会場入り。荷物を預け、最後のトイレに行って、スタートブロックに並びます。

Cブロックに割り当てられていました。陸連登録者は無条件で先頭のAブロックではなく、申告タイムごとに一般の部と同じように割り当てられたようです。申告タイムを3時間何分にしたか思い出せません。想定外だったのは、3時間30分のペーサーがCブロックの一番前にいることでした。

9時スタート。スムーズに流れず、1分以上経ってからスタートラインを通過。ちょっと走りにくいです。前半抑えて後半ペースアップしようと考えていました。ペースが上がり過ぎないよう意識して走ります。コース高低図では5kmまで緩く登っていたのも良かったかもしれません。

5km地点のタイムが27分過ぎ。若干遅いかなと。スタート地点通過が思った以上にかかったのが影響していると思いました。まだ先は長いので徐々に挽回しようとこの時点では考えていました。

写真で見たことがある東田第一高炉跡のそばを通過。出張中の休日に遊びに行ったことがあるスペースワールドのそばも通過します。その後すぐ10km地点を51分。まずまずと思いました。

赤い若戸大橋が見え、コースは再び小倉方面に戻って行きます。15km地点は1時間14分で通過。ペースは悪くないです。事業所のすぐそばの国道を走りますので、事業所がよく見えます。小倉駅北口なので沿道の応援も多いです。

20km地点を1時間38分、中間地点を1時間44分で通過。ちょっとペースが落ちましたが、脚の疲労は感じません。24km地点手前でようやく3時間30分のペーサーとその周りにいる集団を追い抜きました。コースは門司港まで海岸沿いです。陸から海への風が強く、横から風を受ける感じ。時々追い風に感じることがある程度です。

25km地点を2時間2分。風はずっと同じ状態で、我慢の走りです。30km地点2時間27分。遅れ始めたのがわかります。門司港レトロ地区に入り、折り返しが2ヶ所。対面走行なので3時間30分のペーサーの位置を確認します。なかなか見えてこないので、そんなに離れたのかと安心していたら、突然後ろから抜かれました。ついて行けるペースではありません。

コースは三度小倉へ。だんだん脚が上がらなくなってきていることがわかります。風でその場で足踏みしているかと思うぐらいガクッと失速。35km地点2時間53分。最低限の目標3時間30分切りの望みが何とか残っていますが、1kmを5分で走るスピードさえ出ません。走っているのに体は風で冷えて力がでません。

40km地点3時間22分。3時間30分切りの望みが完全になくなりました。残り2kmは長く感じました。3時間33分34秒でフィニッシュ。3時間33分33秒のぞろ目達成か?と思ったのですが、速報を確認してガックリでした。

1月はしっかり走り込みができたと思っていましたが、結果に結びつきませんでした。想定外です。3時間20分台の前半を目標にしていたのですが・・・。遅くても3時間30分切りは大丈夫と思っていたのでショックです。もやもや感が残りました。

北九州マラソン 2015.JPG

北九州マラソン 2015_2.bmp
posted by ysdhrs at 23:27| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

第8回 ふかやシティハーフマラソン

エントリーしていたけど開催中止になった、ふかやシティハーフマラソンのプログラムと参加賞が送られてきました。

2月の大雪で安全な走路が確保できないこと、被害の復旧作業が済んでいないことから開催中止となりました。この大会は、2010年の大阪ハーフマラソン以来の1時間30分切りを狙って、気合いを入れて(笑)エントリーした大会でした。でも、大雪や怪我等もあって、ほとんど準備ができていなかったので開催中止とわかって、ほっとしたような残念だったような複雑な気持ちでした。

そして、走り始めてから初めてハーフマラソンを走らなかったシーズンとなりました。来シーズンは自分の原点に戻って、ロードシーズンは複数のハーフマラソンを走って1時間30分切りを目指そうかな~。

第8回ふかやシティハーフマラソン.JPG
posted by ysdhrs at 23:49| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

第12回 石垣島マラソン

1年程前から走ることを決めていた石垣島マラソン。先週末走ってきました。沖縄県で開催されるフルマラソンを走るのは、おきなわマラソン、NAHAマラソンについで3大会めになります。

前日の土曜日お昼頃に石垣島に到着。暖かいを通り過ぎて暑く、思っていた以上に気温が高かったので、この気温だと厳しいな~と思いました。天気予報では雨なので、少しは涼しくなるだろうと思っていました。

日曜日。朝起きると小雨が降っていましたが、空を見ると止むような感じがしました。ホテルを出ることには日も差していたので、天気予報はハズレだなと思いましたが、会場に行く途中でまた降ってきました。スタート前には止みました。

エントリーは1,800名ほど。あまり多くないと思います。ただスタートは23kmの部と同じ。23kmの部もランナーは1,800名ほど。3,600名が同時にスタート。スタートゲートをくぐるまで1分弱かかりました。コース幅をそんなに広いわけではないので、やや混雑気味。せめてフルマラソンと23kmの部はスタート時間をずらしてほしいと思いました。走るスピードも違いますしね。

しばらくは走りにくい状態です。そしてまたしても雨。一瞬雨脚が強くなりましたが、程なく上がりました。安定しない天気です。3kmを過ぎた頃から走りやすくなりました。ボリュームゾーンを抜けた感じです。

土曜日にレンタカーでコースを下見し、アップダウン具合は確認済みでしたので、ペースは抑えめで走ることを心がけました。結構な上りがいくつもありました。最初の5kmは25分ぐらいで通過。まずまずです。左手に海が見えるようになります。このあたりは比較的走りやすいコースです。

10km地点を49分ぐらいで通過。ほぼイーブンです。鋭角に曲がりコースは内陸に向かいます。まだアップダウンは控えめでしょうか。15km地点を通過。タイムは忘れました(笑)15km過ぎから長めの上りと細かいアップダウンが続きます。前日の下見より急に感じられます。車とでは違うということですね。

中間地点を1時間45分ぐらいで通過です。ちょっと遅いと思いました。最低限の目標タイム3時間半以内が怪しくなります。ペースは抑えめとは言え、それでもタイムは下がるはずですから。25kmまで苦しいコースが続きます。雨が上がってから気温は上昇しています。天気も良くなり暑くなってきています。

25km地点がコースで一番高いところ。下りも長めです。タイムはもう確認しないようにしました。28km地点ぐらいで大きな下りも終わりですが、アップダウンが終わったわけではありません。続きます。

30kmを過ぎても脚の疲労はあまり酷くないですが、暑さで参りそうになります。距離表示は1km毎にありますが、1kmがとても長く感じられます。感覚的なものですが・・・。沿道からの声援にもなるべく手を振って応えるようにします。

残り36km地点でタイムを確認。2時間54分ぐらい。あと約6.2kmです。何とか3時間半以内でフィニッシュできそうな気がします。中央運動公園陸上競技場まで少し上りがあるので、最後の我慢のしどころ。競技場は見えているのにグルッと回され、競技場に入ってもトラック4分の3周します。

チラッとタイムを見ましたが、あまり余裕がありません。トラックが長い・・・。そして3時間29分33秒でフィニッシュ。何とか3時間半以内です。中間地点のタイムx2ぐらいなので、大きくペースが落ちることがなかったということでしょうか。神戸マラソンのように疲労困憊ってこともないし。でも、おきなわマラソンやNAHAマラソンと同じくタフなコースで、暑さも厳しかったです。

第12回 石垣島マラソン.JPG

posted by ysdhrs at 23:34| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

神戸マラソン完走証

まだだったこと、すっかり忘れていました(笑)今日届いていました。

小さい封筒できていたので、もしやと思ったら封筒サイズの完走証でした。折り曲げているわけないですからね。やっぱりA4サイズがいいな~。都市型の大規模な市民マラソンですから、それぐらいはしてほしい。せめてB5サイズですね。

神戸マラソン完走証.JPG


posted by ysdhrs at 21:27| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

第3回 神戸マラソン

第1回にエントリ-して落選。第2回はエントリー見送り。第3回に2回目のエントリ-で初当選しました。大阪マラソンは3年連続落選ですが、こちらを先に走れることになりました。

神戸というか三宮に来るのは18年か19年振り。最後に来たのは社会人2年目か3年目の正月だったと思います。久しぶりなので楽しみでもありました。土曜日に受付を済ませて、実家に宿泊。翌日6時過ぎに出発し、7時半前に三宮へ到着しました。

思った程混雑はなく人の流れもスムーズです。決められた更衣室で着替え荷物を預けます。かなり早めだったので少々手持ちぶさたでした。しばらく会場をウロウロ歩き回って時間を潰します。30分前ぐらいにはスタート地点に移動します。

スタートセレモニーが終わって9時スタート。一番前のAブロックからのスタートですがゲート通過に50秒ぐらいかかりました。ロード練習は10kmか15kmぐらいしかしていないので、後半での大失速は避けたいと思ったので、ペースを抑えて走ります。コース幅はちょっと狭いかなと感じましたが、特に混雑もなく走れます。

距離表示は1km毎にあるようでした。自己ベスト更新はあり得ないので、今回もタイムはあまり気にせずに走ることにしました。気温は思った以上に高くちょっと暑く感じます。コースは急カーブが何ヶ所かありますし、アップダウンも結構あります。

10km地点手前あたりから対面コースです。さすがにトップ選手はまだ折り返してきていません。10km地点を47分台で通過。まずまずかなとも思えましたし、ちょっと早いかなとも思えました。

須磨浦公園あたりから左手に瀬戸内海がよく見えるようになりました。海面の反射で暑さが増しているように感じます。明石海峡大橋も見えてきました。写真を撮りたかったですが、止まったり歩いたりはしたくないので諦めます(笑)対面はトップ選手が通過し、その後どんどん速い選手が通過していきます。

17km地点で折り返し。20km地点を1時間33分で通過。中間地点は1時間38分ぐらいだったかな。思っていたよりはちょっと早いかなと。

対面コースでは、左手の後続のランナー達を眺めながら走ります。知り合いはいないですが、気を紛らわせるためでもあります(笑)ランナーもだんだん多くなり、大集団になってきます。コース幅もちょっと窮屈そうで、時々コースをはみ出している人もいます。

対面コースが終わり25km過ぎからだんだんきつくなってきている感じかしてきました。練習をしっかりしていないと、だいたいこのあたりからペースが落ち始めます。想定内ですが抑えめのペースにしても効果はないようですね(笑)

30km地点を約2時間23分で通過。タイムは気にしないながらも3時間半は切っておきたかったので、残り約12kmを1時間ぐらいで走る必要があります。キロ5分でOKなので大丈夫かなとこの時は思いました。それに最後はスパートできるかなとも。

脚がだんだん厳しくなります。左太股の裏と右足首が痛み始めています。35km地点を過ぎると浜手バイパスですが、強烈な上り。短い距離でこの上りはキツ過ぎ。呼吸が荒くなります。上りが終わると呼吸を整えながら走ります。自動車専用道路なので、応援はボランティアスタッフのみですがたくさん声援があります。

神戸大橋まで上りが続きます。残り5kmですが、足取りはかなり重い。神戸大橋からの眺めを堪能する余裕はもうありません。神戸大橋を過ぎてようやく上りも終わって下りになります。下ってからグルッと1周するようなコースだったことを思い出します。

残り4kmを切りフラットなコースになりましたが、とてもスパートする力は残っていません。ペースはさらに落ちていきます。40km地点を3時間15分台で通過。3時間半以内でのフィニッシュも難しいと思うぐらいの大失速ペースです。3時間半以内は諦め、何度も歩こうかと思いました。

残り1kmでタイムを確認。キロ7分近くかかっていました。1kmがとても長く感じます。でも、遠くにフィニッシュゲートが見えたのでそこまで頑張ればって良いってわかったので、何とか走り切ることができました。

3時間28分21秒でフィニッシュ。3時間半以内はどうにか死守できました。座り込みはしませんでしたが、膝に手をついていると医療スタッフに声をかけれました。今回はそれぐらい疲労困憊で、結構ギリギリな状態でした。ロード練習しっかりしようと改めて思いました。

第3回 神戸マラソン.JPG

posted by ysdhrs at 23:32| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

ストレッチングボード

買おうと思いながら、ついつい忘れてしまって、延び延びになっていたストレッチングボードをようやく購入。土曜日に届きました。

でも思った以上に大きくビックリ。加圧トレーニングスタジオスタジオで見たものと一回りぐらい大きく感じました。そういえば頑丈そうって理由で選んだような気がします(笑)

ストレッチングボード.JPG

posted by ysdhrs at 00:43| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

東京マラソン2013

今日は2年連続3回目の東京マラソン出走でした。2年連続で2次抽選で当選という悪運の強さです。

3回目にもなるとどことなく余裕が出てきます。スタートブロックに整列するまで長い行列になるトイレ。たくさんあるのですが3万6千人となると大変な人数です。そんな中でも、行列が少ないトイレ見つけました。それに、次回はもう少し遅く来ても大丈夫そうだってのも確認できました。

荷物を預けてスタートブロックに整列します。同じAブロックでも去年より後方。朝から寒かったですが、大集団の中に入ってしまえば風よけにもなるのか、思った程寒さは感じません。

9時10分スタート。何となく動きが遅いような・・・。スタートラインの通過に約1分かかりました。その後も、若干遅く感じる集団のペースの中を走ります。新宿のど真ん中に出てようやく集団がばらけて、マイペースで走れるようになりました。ですが、体は重く感じます。5kmを23分台で通過。

最初の10km弱は下り基調なのですので、ここでスピードに乗らないとって思うのですがイマイチ。でも5~10kmは21分台にアップ。このまま25km地点までは2010年の自己ベストを上回るペース。去年はさらに上回るペースでしたが、30kmで失速という苦い経験があります。今年はどこまで踏ん張れるかが課題です。

しかしながら、20kmあたりから怪しくなり25kmまでは自己ベストを上回るペースでしたが、以降はジリジリとペースが落ちてきて、最終的には3時間20分38秒でフィニッシュしました。昨年の3時間18分台を目安に、何とか3時間20分以内を目標にしましたが、最後は踏ん張りきれませんでした・・・。

沿道からは多くの知り合いから応援をいただけたのは、前に進む励みになりました。○○km地点では誰々がいると思うと楽しみにしながら走れますからね。感謝です。

東京マラソン2013_1.JPG

東京マラソン2013_2.jpg
posted by ysdhrs at 19:35| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

東京マラソンEXPO 2013

21日にゼッケンを受け取り、東京マラソンEXPOは21日と23日の両日、短い時間でしたが行ってきました。

東京マラソンEXPO 2013_1.JPG

20時前に到着だったので混雑もなくスムーズでした。東京マラソンEXPOはこんな時間でも混雑していました。23日は夕方に来ましたが、もっとたくさんの人でした。土曜日なので、遠方から来たと思われる人も多かったですね。

東京マラソンEXPO 2013_2.JPG

今回は偶然ですが、いくつかのブースで著名人を見ることができました。東京マラソンEXPOは4年連続で来ていますが、なかなか見られる機会がなかったように思います。

東京マラソンEXPO 2013_3.JPG

東京マラソンEXPO 2013_4.JPG

東京マラソンEXPO 2013_5.JPG

今年は買おうと思っていた物以外に、ソックスとアームスリーブをほぼ衝動買い。軽く散財してしまいました。トレイルラン用と用途ははっきりしているので無駄な買い物ではないはず・・・(笑)

posted by ysdhrs at 23:26| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

第47回青梅マラソン

日曜日は、初めて青梅マラソンを走りました。

人気の大会でしたが、30kmって中途半端に思える距離と、大集団の中で走らされるイメージがあり、エントリーは敬遠していました。同日開催の熊本城マラソンの抽選に落選、翌週の東京マラソの抽選に落選だったので、走れる大会がなくなるって思ったので、今回初めてエントリーしました。

でも、その後、東京マラソンは二次抽選で当選、熊本城マラソンも追加抽選で当選。特に、熊本城マラソンの追加当選は、青梅マラソンのエントリーの後に通知がありましたので、始めから追加抽選があるってわかっていれば考えたと思います。でも、追加抽選で当選する保証はないので判断が難しいところはありますね。

で、青梅マラソン。勝手がわからず正直不安でしたが、更衣室のスペース確保をしてもらえていたので安心でした(感謝です)。スタートの整列位置も当日になってわかりました。陸連登録者は優遇されていたのですね。このあたりもよくわからなかったところです。東京マラソンのように早く整列しなければばらないようなことがなかったので、結構ギリギリの時間に並びました。

11時30分スタート。45秒でスタートラインを通過。想定内です。しかし、コースが狭いです。ゆっくりめなのは良いのですが、走りにくいです。思ったとおり集団の中で走ります。何処かでばらけるかなと思いましたが、ずっーと続きました。もっと速く走ることができればそんなことはないのでしょうけど、自分のレベルでは無理ですね。

コースは事前に高低図を見ていましたが、アップダウンの繰り返しで高低図とは少し違うような印象を受けました。飽きることがないですね。沿道の応援も多く、私設の本格的なウォーターエイドステーションまでありました。1km毎に距離表示がありますが、5km毎にタイムを確認。登り基調の前半は我慢、下り基調になる後半に頑張れるかなと思いました。でも実際は、後半も思うようにペースが上がりません。25kmあたりで脚が終わり、残りの5kmは失速です。

2時間21分52秒でフィニッシュ。同じ30kmである2009年の釧路湿原マラソンの記録をわずかに上回るタイムでした。2時間20分以内を目安にしていましたが、全然ダメでした。ちょっと悔いが残る結果となりました。

第47回青梅マラソン.JPG

posted by ysdhrs at 23:33| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

2013 大阪ハーフマラソン

2年振りに走りました。前回から申し込み順から抽選に変わったので、どうせ当選しないだろうと思っていたので回避。今回は申し込んでみたら当選でした。人気の大会になってきていますね。

12時10分スタート。天気は走るにはちょうど良いぐらいか、晴れです。しばらくは集団で大阪城公園内を走ります。今回は体が温まるまでペースを上げ過ぎないと決めて走りました。1km地点で5分ちょうどぐらいです。これぐらいのペースを5kmぐらいまでは・・・と思っていましたが、5km地点で22分台。その後の4kmで少しペースが上がってしまいました(笑)

大阪城公園を出るとコースが広くなくので、走りやすくなります。ただ5kmを過ぎてから早くもキツイ状況。体が重いのと、相変わらずの練習不足なので仕方ないかと。早くも我慢の走りに。10km地点手前から、大阪国際女子マラソンの選手と対面走行。この間は辛さを忘れさせてくれます。トップはまだ集団になっていました。

10km地点で44分台。思った程大崩れはしなかったようです。大阪国際女子マラソンの選手が全員通り過ぎた後から、不思議と辛さが消え快調に走れるようになりました。15km地点を1時間5分台。少し盛り返したか。快調な走りはまだ続き、このまま最後まで行けたらと思いましたが、17km過ぎの給水で呼吸を乱し、その影響でやや失速。

残り3kmで長居公園内に入ります。競技場は近いのにここからが長く感じられます。20km地点を1時間27分台で通過。3年振りの1時間30分切りは絶望(一応狙っていました 笑)。もう少し手前でわかってはいましたが・・・。

長居陸上競技場に入りトラックを走ってフィニッシュ。1時間32分4秒でした。自己ベストから4分遅れ。でも去年のハーフマラソンの記録よりは良くなってきています。来年(今年は他にハーフマラソンのエントリーんし)あたりはもう少し期待できるかな。

2013 大阪ハーフマラソン.JPG

posted by ysdhrs at 23:23| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

東京・10kmタイムトライアル

東京マラソン財団オフィシャルイベントに参加しました。個人的には、東京マラソン財団オフィシャルイベント=10kmが定着しています。今回もイベント名どおり10kmです。

先週のNAHAマラソンは、初めてのコースで沖縄ってこともあったので楽しみがありましたが、このイベントについては、2回走ったコースなのでモチベーションが上がらないまま迎えました。申し込んだからには棄権はしないと決めているので、走るのですが(笑)

10時スタート。記録はネットタイムでの計測。「タイムトライアル」だからですね、おそらく。最初の1kmを4分20秒を切るタイムで通過。こんなものか。5kmの折り返しまでタイムは確認せず、5km地点で21分10秒ぐらいだったかな?イーブンペースで走れている感じです。

天気が良いので、暑くなってきました。河川敷ですが風もありません。7km地点を過ぎたあたりで、ちょっと苦しくなってきたかな・・・。でも、残り1.5kmあたりで少し楽に。ゴールが見えてきたら一踏ん張り。42分30秒でフィニッシュ。

最後まで何とかイーブンペースは保てた感じですが、記録は良くない。同じコースを走った4月の『リトライ東京・ハーフ&10km』より30秒遅くなっています。1~2月に、ハーフ、30km、フルマラソンが1回ずつあるので、しっかり調整しないと・・・。

東京・10kmタイムトライアル.JPG

posted by ysdhrs at 22:52| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

第28回 NAHAマラソン

週末は昨年2月のおきなわマラソンに続き、今年はNAHAマラソンで2回目の沖縄の大会に参加しました。

前日の土曜日夕方頃から雨が降り始め、大会当日の日曜日になっても雨は降り続いていました。宿泊先から会場まで歩いて行きましたが、笑ってしまうぐらいの酷い雨です。今まで秋冬のフルマラソン4回走って3回が雨という高い確率ですが、その中でも一番酷い雨でした。でも、幸いなことに寒くはありません。

9時のスタートに向けて8時頃にスタートブロックに向かいますが、案内がイマイチ。自分が行きたいブロックまでどう行けば良いのかわかりません。ところどころにいるスタッフに聞きながらどうにか辿り着きました。

30分間にスタートブロックからスタート地点まで誘導。国道に並びます。待っている間にウェアはずぶ濡れ(笑)ビニールを被っている人が多いですが、私は入り始めると邪魔になると思っているので使いません。

9時スタート。先頭のAブロックなので10秒ぐらいでスタートラインを通過。那覇の街のど真ん中を走るわけですから気持ちが良いです。国際通りも通り抜けます。今回は脚もまだ出来上がっていないので、遅めのペースで走ることを決めていました。走りやすいと感じるペースで走り、沖縄の雰囲気を余裕を持って堪能しようと思っていました。なので最初の1kmは5分50秒ぐらいで、ちょうど良いペースです。

雨は強くなったり小雨になったり、うっすらと日が差したと思ったら、また雨が降ってくるなど、安定しません。コースも思った以上にアップダウンが多く感じられ、脚には優しくありません。5km毎にラップ計測があり、だいたい5kmを27~28分あたりの推移。ほぼ予定通りですね。

雨で不安定な天候でしたが、沿道からは多くの声援をいただきました。私設エイドの多さにも驚きました(おきなわマラソンと時も多かったですが)。贅沢を言わせてもらえば、空腹を少しでも満たしてくれそうなものがほしかったです。そのかわりに(かわりにはならない 笑)、みかんをたくさんいただきました。

ペースを落として走ったのに、35kmあたりからだんだん脚が辛くなってきて、フィニッシュまでは長く感じられました。特に40km前あたりからの上りが一番きつく感じました。フィニッシュは3時間44分47秒と、自己ワースト記録を5分ほど更新(笑)タフなコースでしたが、沖縄の雰囲気を感じ、たくさんの方からの声援を浴びて、気持ち良く走らせていただきました。

第28回 NAHAマラソン.JPG

posted by ysdhrs at 23:50| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

第3回 NIPPON IT チャリティ駅伝

会社のチームに誘われて参加しました。

ゆりかもめ台場駅に10時集合で会場の潮風公園に向かいます。受付を済ませスタートの12時まで適当に時間を潰します。1チーム3km×5人。個人的にはこの3kmってのが以外と辛いと思っていました。全力で走れるギリギリの距離かなと。

12時から1分半毎に4回に分けてウェーブスタート。駅伝は4回目になりますが、今回初めて第1走者でなくアンカー。待ち時間が落ち着かないな~。だいたい1人15分ぐらいで戻って来ます。1時間ぐらいでようやく出番。襷を受け取ってスタート。

少し登っているかな。あっという間に息切れ(苦笑)思ったとおり辛い。コース幅が狭いので追い越しにちょっと苦労。タイミングが悪いと減速になります。下って折り返し。この折り返しが面倒。ペースを落とさざるを得ません。折り返しがこのあと2回もありました。

何人追い抜いたかわかりませんが、追い抜かれることはなかったと思います。12分1秒でフィニッシュしたことはあとでわかりました。11分台を目安にしていましたので、ちょっと残念な個人記録でした。チームとしては中の上ぐらいの順位だったかな。

第3回NIPPON IT チャリティ駅伝.JPG

posted by ysdhrs at 21:26| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

第19回奥武蔵ウルトラマラソンの応援

日曜日は奥武蔵ウルトラマラソンの応援に行ってきました。

知人が多くエントリーしている大会でしたので楽しみでした。西武線の西吾野駅から高山不動尊までトレイルを登り、奥武蔵ウルトラマラソンのコースである奥武蔵グリーンラインに出ました。ちょうどトップの選手が通過する瞬間、後ろ姿が見えました。

ここからスタート方向に向かってゆっくり下っていきます。どんどん選手がやってきます。平坦ではなく前半は登りばかりのコースを選手は駆け上がってきます。それも8月の強烈な暑さの中をです。ただ驚きの一言です。

たくさんの知人に会うことができ、スイーパーが来たところで折り返し。顔振峠まで戻って、今度は下ってくる選手を迎えます。下りとは言え60kmを過ぎた地点なので、かなりの疲労だと思います。それでも安定した走りをしている選手も多くいました。特に女性がそうでした。

この大会は距離は78kmですが、この暑さと標高差800mぐらいあるコースはかなりタフです。暑熱順化にはいいかもしれませんが、私の中ではエントリーしてはいけない大会に登録されました(笑)

第19回奥武蔵ウルトラマラソンの応援.JPG

posted by ysdhrs at 23:49| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま

土曜日の夕方、応援のため夢の島競技場へ。

当日はあいにくの雨でしたが、それほど酷い雨でもなくって感じでした。24時間の部はチーム毎にテントスペースがあります。目の前にそのチームテントがあるのですが、コースを横断しなければなりません。ランナーの切れ目があまりなく、結局大回りして辿り着きました。

テント内はまったりした雰囲気。順位はより如何に楽しむかです。一応、事前に言われていた(パートタイムランナー!?)ので走れるようにシューズ等準備していきましたが、早速走る順番を割り当てされました(笑)1周約1.3kmのコースを一人3周交代して走っているとのこと。3周なので4km程。気楽に走れます。でお、いざ襷を受け取ると気持ちとは裏腹にそこそこのペースで走ってしまいました(笑)

次に襷を渡してテントに戻ってくるとビールが出てきました。走って飲んでって楽しいかも。仮装したり途中で踊ったりする人やチームも多く、みんな楽しんでいるようです。日曜日は予定(ハセツネ試走)があったので、もう1回3周走ってお役ご免とさせていただきました。後ろ髪を引かれる思いで会場を後に。

24時間のうちいたのは4時間程。最初から最後までいるとかなり辛いかもしれませんが、TwitterやFacebookから伝わってくる感じだと、最後までいたかったと思えるようなものでした。来年もチームがエントリーするならメンバーとして参加したいですね。

24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま.JPG

posted by ysdhrs at 23:54| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

22nd チャレンジ富士五湖の応援

日曜日、22nd チャレンジ富士五湖の私設エイドの手伝い兼応援に行ってきました。

朝5時過ぎに車でピックアップしてもらい会場へ。8時過ぎぐらい(だったかな?)に、西湖付近(50km地点過ぎ)に私設エイドを設置。しばらくすると112kmの部の1位の選手が通過。その後、だんだん通過する選手が増えてきます。顔見知りの選手かどうかに関わらず声援送ります。その声援に笑顔で応えてくれる選手(特に女性選手が多い)等を見ていると、選手の立場では見習わなければと思いました。

12時半頃、エイドを撤収。フィニッシュ会場に行き、100kmの部の表彰式を見届けます。その後、コースを逆走し、フィニッシュ12km手前付近に再び私設エイドの設置。雨が降り始めており、少しでも雨がかからないよう木の下に。

フィニッシュまで12kmぐらいの地点ですが、選手はかなり疲労が出てきています。長丁場のウルトラマラソンなので、雨中ランは大変だったと思います。ここでも顔見知りの選手かどうかに関わらず声援送ります。

17時を過ぎると再び撤収し、フィニッシュ会場へ。19時の制限時間までフィニッシュしてくる選手を見届けます。最後の長い登りはキツイと思いますが、それが終わると達成感を味わえる瞬間がやってきます。選手しか味わえないものです。来年は選手として・・・いや、止めとこ(笑)

22nd チャレンジ富士五湖.JPG

posted by ysdhrs at 02:04| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

リトライ東京・ハーフ&10km

東京マラソン財団オフィシャルイベント『リトライ東京・ハーフ&10km』の10kmを走りました。

今年の4月はトレイルランの大会のエントリーはしなかったので、練習を怠けないようにと思ってエントリーしましたが、モチベーションが上がる大会でもないので効果なし。雨も降っていたので、棄権でも良いかなとの思いを持ちながら会場へ。

会場では気持ちランナーが少なく感じたのは気のせいか?寒いので着替えと荷物預けをギリギリまで遅くします。軽くアップしますが、体は温まりません。諦めて屋根のあるところで雨宿りです。

スタート20分まえにスタートブロックに移動。スターターはロンドンオリンピック代表の藤原新さん。10時20分スタート。体が硬い感じがしますが、脚は意外と動いている感じがしました。最初の1kmを4分5秒。以降ラップタイムの確認は封印。大勢に追い抜きされるかと思いましたが、思った程少ない。2.5km毎の給水所がありましたが、今日の天気では必要なかったですね。

5km地点の折り返しは21分2~3秒ぐらい。ペースが落ちた感じはしません。後半の5kmも失速を感じることなく、そのままフィニッシュ。ギリギリ41分台か42分ジャストかってとこです。去年11月の『東京トライアル ハーフ&10K』の10kmの時とタイムがほとんど同じ。後半もほぼ同じペースで走れたのは良いかもしれませんが、タイムが伸びなかったのは少々不満。怠け気味なので仕方ないか。

リトライ東京・ハーフ&10km.JPG

posted by ysdhrs at 22:57| Comment(2) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

第32回篠山ABCマラソン

先週の東京マラソンの本抽選で落選したので、代替としてエントリーした第32回篠山ABCマラソンでしたが、東京マラソンが二次抽選で当選という想定外のことがあり、2週連続のフルマラソンとなりました。

フルマラソンを走り始めてから3年で、半年に1回走るペースでしたので2週連続は辛いものがありました。途中リタイヤも嫌ですが、未出走も個人的には受け入れられなかったので走ることにしました。ただ、モチベーションは東京マラソンで使い切ってしまったので上がりませんでした。

早朝6時に大阪駅発のバスに乗車。約1時間半で会場に到着。眠いです。更衣室はまだ人は疎ら。場所を確保し、受付時間までぼーっと過ごします。8時前に受付に行きゼッケンの受け取り。更衣室に戻り、10時ぐらいまでまたぼーっと(笑)まったく緊張感なしですね。

10時に更衣室を出て会場に向かいます。思った程寒さは感じませんでした。スタートブロックに並びます。陸連登録の部なので、先頭のブロックです。スタートのゲートは目の前です。しばらく待ち時間がありましたが、10時40分スタート。ゲート通過は10秒足らず。今日は少し緩めに走ると決めていましたが、最初の1kmは4分30秒。ちょっと速いか?5km地点を21分30秒。先週の東京マラソン並になっていたので、意識してペースを落とす。ここのコースの高低図だとフラットところはほとんどなくアップダウンが多いようです。10~23kmまでは緩く登り基調。自然のペースが落ちるだろうと思いますが、余力を残しておきたいとですからね。

スタート時点では降っていなかった雨が、ぽつぽつと降り始めましたが、あまり気になる程ではありません。それよりもトイレに行きたくなり、頭の中は「トイレ、トイレ」です(笑)でも、仮設トイレが見当たりません。7kmあたりでようやく見つかり、待つことなく駆け込み。1分足らずですっきりして再スタート。途中でトイレに行くには今回が初めてです。

10km地点を45分ぐらいで通過。トイレに寄った時間が含まれていますが、ペースは落とせています。ここからアップダウンが増えてきます。10分後にスタートした陸連未登録の部のトップ先週が追い抜いていきます。2時間半ぐらいで走るにはこんな速いペースなのかと感心しました。緩いですがじわじわと登り基調。15km地点を1時間5分ぐらいで、20km地点を1時間30分ぐらいで通過しました。20~23kmが一番アップダウンが大きいところかな。

中間地点を1時間36分ぐらいで通過したと思います。ペースは悪くないと思いますが、それでも失速傾向に(笑)雨も強くなっていますが気になりません。25km地点を1時間55分ぐらいで通過。ここから対面走行区間ですが、トップ選手はまだやってきません。30km地点まで1番辛く感じた区間でした。トップ選手が通過し、その後続々と通過していきます。30km過ぎに折り返し地点があります。30km地点の通過時間は見ましたが忘れました。

折り返ししてから、再び脚が動き始めました。アップダウンはありますが、緩く下り基調だからかも知れません。意図的に前半突っ込まないようにペースを調整した効果もあるでしょう。35km地点を2時間46分で通過。3時間30分は切れそうだなと思いました。この後も少しペースアップできていたかな。

フィニッシュ近くになると前にランナーが集団でいたので、完走証の写真を意識し、気持ちペースを落とし間隔を開けて調整(笑)でも、前のランナーにフィニッシュ寸前にペースを落とされ・・・(-_-;)結果は3時間21分5秒でした。トイレタイムとフィニッシュ前のペース調整をしなければ3時間20分は切れたかもと思っても後の祭りですね。

第32回篠山ABCマラソン.JPG

posted by ysdhrs at 23:32| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

東京マラソン2012

2010年以来の2回目(2次抽選で予想外の当選!)の東京マラソン。2回目なので気持ち的には余裕があります。コースもわかっているし。出場が決まった時は、2010年に記録した自己ベストの更新を目標にしました。しかし、調整は失敗です。予想以上の体重増と、仕事が多忙だったことによる走り込み不足。1月と2月のハーフマラソンの記録の悪さ。何をとっても良い材料はありません。自己ベストの更新を諦め、3時間30分以内と目標を下方修正して臨みました。

時間に余裕を持ってスタートブロックに入ります。今回もAブロック(陸連登録者)で、スタート地点も近い位置。2010年は雨でしたが、今年は曇り。スタートまでの待ち時間が寒いですが、雨が降っていないだけでまだマシか。

9時10分スタート。頭上に紙吹雪が舞います。スタートラインを30秒弱で通過。周りの流れに乗って走ります。ペースが速いのか遅いのかイマイチよくわかりません。舞い上がっている?(笑)徐々に自分のペースに。新宿の多くの応援の中を走り抜けます。気持ち良いですね。緩やかな下り基調なのでしばらくは比較的楽に走れます。

5km地点を通過。21分台。意外とペースが速いかも。飯田橋を過ぎ、練習場所の皇居へ。見慣れた景色が広がります。日比谷方面に向かう途中の10km地点手前で、3時間のペースメーカーとそれを追う集団に抜かれる。自分にはまだまだ届かないペースです。とにかく3時間30分のペースメーカーに抜かれないことが目標なので、まだ余裕があります。

10km地点を43分台で通過。ここの5kmのラップも21分台。ほとんどペースが落ちていないことが不思議。感覚では落ちているのに。ここから品川の折り返し地点まで5km南下です。このあたりはあまり好きになれないコースですが、折り返してくるランナーが見えてくると気が紛れます。トップ集団が通過。前世界記録保持者のハイレ・ゲブレシラシエ選手の走りを一瞬だが見ることができた。

15km地点を1時間5分台で通過。そして折り返し。今度は日比谷に向けて北上。対面走行なので誰か見つけれないか意識はそちらに。3時間30分のペースメーカーの位置も確認。まだ大丈夫。でも気がつくと脚の疲労もなく走れているのが驚きでした。20km地点を通過。通過タイムに感想はなし(笑)。中間地点を1時間32分台で通過。1月と2月のハーフマラソンよりタイムが良い。それに2010年より5分ぐらい速いペースです。

銀座のど真ん中を走るのはやっぱり気持ち良いです。でも歩きたくても歩ける雰囲気ではないですね。銀座四丁目の交差点を北上。程なく折り返してきたトップ争いを目の前で見ることに。そして日本橋で川内選手が。トップと結構差が開いているが、周りは大声援。

25km地点を通過。当然というか脚の疲労感が出てきます。ペースが落ちているのがわかります。雷門が見えてくると折り返し。今年はスカイツリーがはっきりと見えます。銀座に向かって南下。かなり脚が辛くなってきていて、ちょっとした登りでも堪えます。ペースも一層落ちているのがわかります。30km地点を2時間15分ぐらいで通過。さらにペースが落ちることを想定して、フィニッシュタイムを計算。何とか3時間30分以内にいけそう。

銀座四丁目の交差点まで戻ってくると、築地方面へ。まもなく35km地点。2時間40分で通過。5kmのラップタイムはもうどうでも良く(笑)、残り7kmを何分で走れば良いかになっていました。佃大橋の登りがまた辛い、脚が前に出ません。40km地点を通過した時点で、3時間20分以内を目標に変更。あと少しですが、気持ちペースを上げたつもり(上がっていたかどうかは不明 笑)で、3時間18分でフィニッシュしました。

自己ベストを大幅に下回ることを予想していましたが、結果は2分遅れ。意外な結果でした。ラップタイムを確認すると、見事な下がりっぷりです(笑)2010年のラップタイムと比較したら、25kmまでは2010年のペースを約5分上回っていました。でも、それ以降が悪すぎました。たらればの話しをしてもしょうがないのですが、自己ベスト更新のチャンスがあったってことですね。来シーズンこそは・・・です。

東京マラソン2012.JPG

東京マラソン2012記録.jpg

posted by ysdhrs at 23:55| Comment(4) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

東京マラソンEXPO 2012

東京マラソン2012のゼッケン受け取りと東京マラソンEXPO 2012へ行ってきました。

19時半過ぎに会場に着きました。受付は混雑もなくスムーズ。受付が終わった後、東京マラソンEXPOの入口へ。入口が去年までの雷門のような(擬き)ゲートから変わっていました。ちょっと地味目か(笑)

東京マラソンEXPO 2012.JPG

今回は自分の中では少しお祭り気分?にするため、ウェアで使われているカラーと合わせて、ブルーのアームスリーブとゲイター、さらに5本指ソックスを買いました。さすがに全身真っ青にはなりません(笑)。シューズは当初予定していたadizero JAPANからadizero TAKUMI renに変えたので、ブルー系じゃなくなりましたけどね。

参加記念TシャツをEXPO会場の出口で受け取り。お腹のあたりにデザインが・・・。色といいちょっと個性的?(笑)

東京マラソン2012ゼッケン.JPG

posted by ysdhrs at 23:53| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

adizero TAKUMI ren & adizero JAPAN

ロードレース用シューズは2年前からadizero JAPANを履いています。練習用のadizero CSと比べるとフィット感も良く、当時はハーフもフルも自己ベストが出したシューズです。少し前、ウェアと同じカラーのモデルだったので、2足目のadizero JAPANを購入しました。

先日、adizero TAKUMIが登場。TAKUMI renのみワイドラストがあるので、実物を見にいきました。手に持ってみると、その軽さがよくわかります。試し履きしてみるとadizero JAPAN以上のフィット感がありました。もちろん軽さも実感です。

そして迷うことなく購入となりました(笑)。来週の東京マラソンは、2足目のadizero JAPANでの出走を予定していましたが、adizero TAKUMI renに変更。使い分けどうしようか・・・。

adizero TAKUMI ren & adizero JAPAN.JPG

posted by ysdhrs at 23:57| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

第3回東京・赤羽ハーフマラソン

好きになれない河川敷コースの大会。会場が家から近いことと、2週間後の東京マラソンに向けての調整目的でエントリーしました。ゼッケンとチップが事前に送られて来るので、、当日の受付はなし。スタート1時間前に家を出ても間に合います。

先月の千葉マシンマラソンと違って天気は良く、日向であれば寒さもあまり感じずに済みそうです。会場に着くと、荷物を預けスタートラインに並びます。目標タイム毎にブロック分けされています。一応、目標の1時間20分台のブロックに。

10時40分にスタート。スタートラインを20秒ぐらいで通過。人のこと言えないけど、実力と目標タイムが合ってない人が多く走りにくい。ペースが違いすぎ。蛇行すると疲れるので無理はしません。最初の1kmは4分半ぐらい。2kmを過ぎると、ようやく少し走りやすくなりました。ただ、スピードに乗れない。あまり調子が良くない感じ。4kmあたりで早くも脚が動かなくなり始める。5km地点を23分弱ぐらいで通過。

東京スカイツリーが前方に見えていますが、河川敷特有の単調な景色。気を紛らわせるものがなく苦しい走りです。10km地点を47分弱で通過。このペースだと1時間40分台まで落ち込む勢い。かといってペースが上がる訳でもなく・・・。残り5kmあたりから若干ペースが上がるようになったが、結構な向かい風。残り2kmを切ったところで土手までの上り。このあたりは脚が動きます。トレイルランのおかげか?

残り1kmで気持ちペースがあがったが、1時間38分12秒でフィニッシュ。1時間40分台は逃れたが、目を覆いたくなるような記録。できることなら、なかったことにしたい気分です。自己ベストから10分遅れ。先月の千葉マシンマラソン以降、調子が上向いてきたと思ったのですが、走り込みの足りていないのが見事に露呈しました。

東京マラソンまであと2週間。これからできることは限られていますが、仕事に忙しさがまだ続きそうなので、このまま当日を迎えることになりそうです。

第3回東京・赤羽ハーフマラソン.JPG

posted by ysdhrs at 22:40| Comment(0) | ランニング | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

ONE TOKYO プレミアムメンバー限定グッズ

昨年、東京マラソン財団公式クラブ「ONE TOKYO」発足と同時に、有料のプレミアムメンバーに登録しました。年会費4,200円ですが、東京マラソンの抽選確率が少しでも上げるための投資みたいなものです。

その甲斐があって、2次抽選で見事に当選。mixiのコミュニティを見る限りでは、かなりの確率で当選しているように感じました。噂が噂を呼んで、今後登録者が増えるかもしれません。

先日、そのONE TOKYOのプレミアムメンバー限定グッズというものが送られてきました。次年度のスケジュールと一緒にネックストラップとパスケース。東京マラソンEXPO2012で、これを提示すると専用の入口から入場できるそうです。

東京マラソンEXPOは金曜日の夜に行く予定なので、この時間なら特に待つことなく入場できると思います。過去2回の経験から。なので、私にとってはあまりありがたいものではないです。それともただの混雑回避のためではない?当日とりあえず持って行こう。

東京マラソン公式クラブ「ONE TOKYO」プレミアムメンバー限定グッズ.JPG

posted by ysdhrs at 01:28| Comment(2) | ランニング | 更新情報をチェックする