2017年03月20日

日光山 輪王寺・日光東照宮・日光二荒山神社

7年振りに日光二社一寺へ行ってきました。前回は世界遺産巡りでしたが、今回は御朱印集めです(笑)

久しぶりなので忘れてることもあります。東武日光駅を出てからバスに乗らずに歩きますが、こんなに遠かったかなと。途中で見つけた標識を見ると1kmちょっとあるらしい。少し登りになっている道です。見覚えのある場所に来るとそこが二社一寺のあるエリアです。

まずは日光山 輪王寺から。三仏堂は大修理中ということで覆われていますが、内部は拝観できます。ご本尊三体が期間限定の特別通路で通常とは違う高さで見学できるようになっていました。また、天空回廊として7階の高さまで上がって修理中の様子を見ることができるのですが、団体?の流れについていったら外に出てしまいました・・・。まあ、いいか。

日光山輪王寺_1.JPG

日光山輪王寺_2.JPG

次は日光東照宮。一気に人が増えます。拝観受付所は凄い行列。でも思った程時間がかからなかった。その後も行列はありますが、境内に入ると多少ばらけた感があります。神厩舎の三猿は前回来た時より鮮やかになっていました。

日光東照宮_1.JPG

陽明門もこの来ていなかった7年のうちに修理がされていて、3月10日に修理竣功式が行われたばかりでした。前回来たときは少しくすんだ感じだったと記憶がありますが、さすがにピカピカになっていました。

日光東照宮_2.JPG

日光東照宮_3.JPG

陽明門を潜ると正面の唐門と透塀ですが、前回は修理中で外観を見ることが出来ませんでしたが、4年前に修理が終わっていて今回は見ることができました。拝殿にはまだ足場のようなものが見えましたが。

日光東照宮_4.JPG

日光東照宮_5.JPG

眠り猫も塗り直しがされていました。その下を潜って奥宮まで行ってきました。200段の階段がありますが、結構な人が登っています。隙間を縫って前へ前へと。奥宮の拝殿は前回気付いていませんでした。その先の御宝塔も見て回ります。

日光東照宮_6.JPG

奥宮から戻ってから、鳴龍(薬師堂)へ。日光東照宮の境内にありますが、輪王寺だということを比較的最近知りました。その次に行った常行堂も輪王寺です。

日光山輪王寺_3.JPG

日光山輪王寺_4.JPG

引き続き、大猷院へ。ここも輪王寺です。拝殿に行くまでに階段がつづきますが、仁王門、二天門、夜叉門と改めて門の数が多い印象。どれも派手な装飾ですし。今回、二天門が修理中でした。日光の境内で1番大きな門とのこと。

日光山輪王寺_5.JPG

日光山輪王寺_6.JPG

日光山輪王寺_7.JPG

日光山輪王寺_8.JPG

最後は日光二荒山神社です。日光東照宮と比べると人は少なめです。神苑にも入りました。日光連山なる石積みがありました。前回来た時も見ていると思いますが興味はなかったと思いますが、今は目が行きます(笑)

日光二荒山神社_1.JPG

日光二荒山神社_2.JPG

日光二荒山神社_3.JPG

だいたい一回り出来たなと思いましたので、最後に残していた神橋を今回渡ってみることにしました。有料なので前回はパスしています。通り抜け出来ないので引き返すしかないのですが、橋の上はちょっと風情がない近代的なものが・・・(笑)

日光二荒山神社_4.JPG

日光二荒山神社_5.JPG

最後の最後、日光三社の1つ本宮神社が直ぐ近くにあったので寄りました。前回行った時のブログを見返すと、行き損ねていたと書いてありました(書いたことは覚えていませんが 笑)ので、行っておいて良かったです。前回は滝尾神社に行っているので、これで日光三社は全部行ったことになります。

日光二荒山神社_6.JPG

日光二荒山神社_7.JPG
posted by ysdhrs at 12:14| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

潮樓

香港ネタの最後。香港らしい食べ物を口にしたのは最終日の香港国際空港でです。

チェックインを済ませて、ターミナルビル内の店から香港らしいものを食べられる店を探します。目に入った「潮樓」店に入りました。潮州料理の店らしいのですが、潮州料理って何?ってところです。でも入ってから思ったのは、一人だと注文できる量も限られています。全部一人で食べなければなりません。

メニューとしばらく睨めっこ。写真付きで英語表記もあったので何となくイメージが湧きます。干物と豚の挽肉の粥の小さいサイズと、注文中に土壇場でもう一品注文。ちょっと計画性なし(笑)結果的に美味しかったので問題なしです。

悩んで決めた粥は「スモール」と言われた割には思っていたより大きいサイズでした。味も粥だけあってあっさりした味付けになっていました。完食しましたが、もうちょっと食べたいと思うぐらい美味しかったです。

潮樓_1.JPG

潮樓_2.JPG
posted by ysdhrs at 21:41| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

寶蓮禪寺

TransLatauフィニッシュ後の翌日、たっぷり寝たのでダメージを受けた脚は思っていた以上に回復していました。フィニッシュ後は、ホテルチェックアウト時間のギリギリまで休息しようと思っていましたが、取りやめてバスに乗って寶蓮禪寺へ行きました。元々行くつもりだったので、行く→行かない→行くに戻ったわけですが(笑)

梅窩から40分ぐらいの予定が少し早めに到着。途中乗り降りする人がいなかったので、ほぼノンストップ。時刻表より早い時間に追加しているのでは?バスを降りると目の前に牌坊があります。

寶蓮寺_1.JPG

寶蓮禪寺へ行く前に、先に天壇大佛へ行きます。世界最大の屋外大仏とのこと。結構な段数の階段を上らなければなりません。思った以上に回復した脚ですが、ちょっと辛かった。周りを見る限りでは、エレベーターもエスカレータも見当たりません。階段を登れない状態の人は下から眺めるだけなのかな?

寶蓮寺_2.JPG

階段を上って真下に来るとそんなに大きくは感じません。遠近感からだと思いますが。1989年に完成したようなので、最近と言えば最近。歴史的に貴重なものではないのかな。

寶蓮寺_3.JPG

大仏の下、台座の周りには左右三体ずつ六天母像が並んでいます。大仏に向かってお供え物を差し出しているように見えます。手にしているお供え物は全部違うようです。

寶蓮寺_4.JPG

寶蓮寺_5.JPG

大仏の中に入るのは有料。食券付きでなければ入りたかったです。食事はいらないですから。中は写真撮影禁止なのでネットのどこかに様子がわかるものはありません。気にはなります(笑)あと、寶蓮禪寺もこの高さからだと俯瞰できます。

寶蓮寺_6.JPG

階段をおりて、寶蓮禪寺の方へ。また牌坊があります。最初の牌坊と書いている文字が違います。

寶蓮寺_7.JPG

線香が大きさに驚く。様々な大きさがあるようですが、日本で見る線香みたいなものはなく、どれも大きいです。蝋燭のような太さを超えて巨大な打ち上げ花火でも出てきそうなものもあります。

寶蓮寺_8.JPG

寶蓮寺_9.JPG

中に入ると、大雄寶殿とその背後に萬佛寶殿があります。日光東照宮ような派手な色使い。これも日本寺院ではまり見られないようなものかと思います。萬佛寶殿は大きすぎて近くからだと見上げるしかありません。

寶蓮寺_10.JPG

寶蓮寺_11.JPG

寶蓮寺_12.JPG

一通り見終わったので寶蓮禪寺を出て、昂平市集(ゴンピンビレッジ)に行ってみました。テーマパークのようなところで、ショップや飲食店が並んでいましたが、気になるものはありませんでした。そのままバスターミナルまで進み、東涌のバスに乗ります。他に観光出来そうなところはないので、東涌からは空港行きのバスに乗り換え空港に向かいました。2回目の香港で初めて観光らしいことが出来ました。
posted by ysdhrs at 13:22| Comment(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

おぐ羅

先週金曜日から日曜日まで、TransLatauに出場のため香港へ行きました。朝9時前の出発便に乗るため、早めに羽田空港へ行き、ターミナルビル内の店で朝食をとることにしました。

早朝から開店している店が何店舗かあり、その中からおでん店「おぐ羅」へ行きました。銀座にある人気店の支店のようです。おでん店なので当然おでんを食べなければと「7品おでん定食」を注文。茶飯、お茶漬け用出汁も付いています。

7品のおでんは店がチョイスしますが、好きな厚揚げ豆腐が入っていて満足。お茶漬け用の出汁は、おでんの出汁ですが、違和感なく茶飯のお茶漬けを食べられました。まだ朝7時ですが、お酒が飲みたくなる気分になりました。休みなので飲んでもいいのでしょうけどね(笑)

7品おでん定食@おぐ羅.JPG
posted by ysdhrs at 23:35| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

ULTRA-TRAIL Mt.FUJI 2016 公式DVD

2016年はエントリーすらしませんでした。9月上旬にULTRA TOUR MONTE ROSAに出場するため夏休みを取得した後ということもありましたが、2015年の天候の悪さとコースコンディションの酷さで印象が良くなくなってしまったこともあります。でも公式DVDは購入です。

UTMFは最悪のコンディションで40数kmに短縮され、STYも天候は変わらずで途中終了になりました。そんなUTMFとSTYの公式DVDが発売されるのを知り、どんな映像になるのか興味もありました。話しは聞いていましたが、想像上の酷さでした。途中で中止になるのはやむを得ないと思いました。天気には勝てません。

実際悔しく思っている選手のほうが多いと思いますが、映像では楽しんでいる選手がメインな感じがしました。まあイメージを良くするでしょうね(笑)次は2018年、目指そうかな。

ULTRA-TRAIL Mt.FUJI 2016 公式DVD.JPG
posted by ysdhrs at 22:21| Comment(0) | トレイルランニング | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

圓教寺・一乗寺

今年2回目の西国三十三ヶ所巡り。今回は姫路城マラソンを走るついでにということになります。土曜日と日曜日に走り終わって帰る前にそれぞれ1ヶ所行く予定にしていましたが、マラソンによる交通規制のことを考えて、土曜日のうちに2ヶ所とも行くことにしました。

10時頃姫路駅に到着。バスターミナルから書写山ロープウェイ行きのバスに乗ります。ロープウェイに乗り換えて数分で到着。ここからちょっと急な参道を約1km歩きます。マイクロバスも運行していているようです。

歩き始めて直ぐに仁王門が現れますが、まだまだ先は長いです。

圓教寺_1.JPG

しばらく歩くと摩尼殿が見えました。崖の上に舞台が張り出して迫力があります。御朱印はここでいただきます。

圓教寺_2.JPG

圓教寺_3.JPG

境内はさらに奥があります。少し歩くと大きな広場があり、大きな建造物がコの字に並んでいます。大講堂、食堂、常行堂です。こちらが中心部なのでしょうかね。

圓教寺_4.JPG

圓教寺_5.JPG

さらに先があります。奥の院です。境内はここまで。広い境内ですが訪れている人は少ないように思いました。御朱印が目的の方は摩尼殿で引き返しているかもしれませんね。

圓教寺_6.JPG

圓教寺_7.JPG

圓教寺_8.JPG

奥の院まで行って引き返します。戻りながらちょっとずつ寄り道しながらです。ロープウェイ乗り場まで戻って来ると、ロープウェイで下山し、バスで姫路駅まで戻ります。今度は一乗寺へ向かうためのバスに乗り換えです。バスの本数が少ないので乗り損なうと行くことを諦めなければなりません。

バスには一乗寺に行くと思われる人が数名しました。法華山一乗寺というバス停で下車。境内の入口は目の前でした。長い階段が見えます。

一乗寺_1.JPG

階段の途中に常行堂、さらに登って三重塔と続きます。

一乗寺_2.JPG

一乗寺_3.JPG

本堂は正面に見えていますが、三重塔からさらに登る必要があります。本堂の裏側から奥の院へ行く道があるようでしたが、途中崩落して行けないようなことが書いてありました。帰りのバスの時間の都合もありますが、ちょっと残念です。

一乗寺_4.JPG

一乗寺_5.JPG

ここは広い境内ではないので、戻りは登って来た階段を下るだけです。ちょっと時間余りました。予定通りバスで姫路駅に戻って来られました。
posted by ysdhrs at 23:17| Comment(0) | 西国三十三所 | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

但馬牛 牛めし

世界遺産姫路城マラソンのフィニッシュ後、駅構内にある店で姫路おでんを食べるはずだったのですが、散々待たされた挙げ句、オーダーが通っていないことが発覚。帰りの新幹線の時間を考えると食べている余裕がないので返金となりました。

食べ損ねたので、駅弁を買って新幹線に乗ることにしました。はやり肉に目が行きます。「但馬牛 牛めし」を買いました。肉は甘辛い味付けです。冷めていても美味しく食べられる味付けですかね~。想像以上の美味しさでした。姫路おでん食べ損なったのは正解かも(笑)

DSCN2057 - コピー.JPG
posted by ysdhrs at 23:37| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

eN(えん)・タコピア・えきそば

世界遺産姫路城マラソンの前日、姫路で食べたものです。フルマラソン前日なので、どうしても控えめになります。軽め軽めで。

関西に来たらたこ焼きは外せません。夕方頃に大通りから外れた場所にある「eN」(えん)という店に行きました。無難にノーマルなたこ焼きを選択しますが、タレやトッピングが選べるようで、ここでも無難にタレはソース、トッピングはねぎにしました。好みの柔らかさで文句なし。店員のおねえさんも話しやすく楽しかったので、翌日のマラソン後に再訪しました。歓迎(?)してくました。

たこやき@eN.JPG

世界遺産姫路城マラソンの受付後にもう1店。eNのおねえさんが言っていた「タコピア」に行きました。たこ焼きは好きですが明石焼きはあまり好きではありません。その中間(?)の「明石焼風たこ焼」を注文。普通の明石焼きと違うのはたこ焼きにソースをつけ、さらにダシにつけて食べるというもの。意外といけました。

明石焼風たこ焼@タコピア.JPG

たこ焼き2軒の後、ホテルにチェックイン。ちょっと早めで軽めの夕食。eNのおねえさんが言っていた「えきそば」に行きました。その名の通り、姫路駅内にある駅そば店ですが、駅の外にもあります。「えきそば天ぷら」を注文したら1分もしないうちに出てきました。このスピードは駅の立ち食いそばと同じです。ラーメンで使いそうな麺に、日本のそばでありそうな出汁というアンマッチで不思議な感じですが、関西風の薄味が自分には合うものなので文句なしです(笑)

えきそば天ぷら@えきそば.JPG
posted by ysdhrs at 23:18| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』

Blu-rayで鑑賞。

『2012』に続きこれも監督がローランド・エメリッヒの作品です。前作『インデペンデンス・デイ』の続編ですね。前作に出演したキャストも多く出演しているようです。ウィル・スミスは出演していませんが。前作を見ていないとちょっとわかりにくいところがありそう。そういう人達に対しては親切さが足りないかも。

前作が良かっただけに、本作はガッカリ感たっぷりです。前作は本作から20年前の作品。今回見る前に見直しはしていませんが、どことなく記憶が残っています。前作との比較ばかりになってしまいますが、本作も巨大な宇宙船がやって来ますが、大きすぎなせいか、この手のものに見慣れたせいか、あまり迫力を感じません。

気持ち悪いエイリアンが出てくると現実味が一気になくなりますし、今作はえっ?これで?と言うぐらいあっけない展開で結末を迎えました。彼らは何しに来たのか・・・?これでは死んだ人が浮かばれないのではと思ってしまいます。

製作も中国資本が多く入っているからだと思いますが、中国人キャストの出演(本作は特に多いような・・・)や中国が舞台になっているのを多く見かけるようになりました。ちょっと露骨なところもあって目に付きますね。
posted by ysdhrs at 23:23| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

『2012』

Blu-rayで鑑賞。

ディザスター映画です。監督はローランド・エメリッヒ。ディザスター映画と言えばローランド・エメリッヒってイメージが強いのです。でも、実際はそんな映画ばかりではなく、それ以外のほうが多いようですが、他の監督と比べると多いのでしょうね。

映像は凄いの一言。大画面の劇場で見る映画だと思います。地震、津波、火山噴火とこれでもかと言うぐらい災害のてんこ盛り、範囲は地球全体で壮大です。壊れていく道路を走って逃げる車の動きは、あり得ないのではないかと思うぐらいちょっとやり過ぎ感がありましたけど(笑)そしてこの手の映画の定番テーマと言っていい家族愛もしっかりありますが、薄っぺらい感じがしました。

ラストは助かって良かったでおしまい。その後の生活のほうが大変なんじゃないかと思うのですが、そこの部分はまったく触れていません。ツッコミどころがいろいろありますが、約2時間40分という長さは気にならずに見られました。
posted by ysdhrs at 23:56| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする